(旅行記コーナー)
2037年 01月 01日 (木) 00:00 | 編集
最新の旅日記。

・2018年7月・東関東の旅(1)
・2018年7月・東関東の旅(2)
・2018年7月・東関東の旅(3)
・2018年7月・東関東の旅(4)
・2018年7月・東関東の旅(5)
・2018年7月・東関東の旅(6)
・2018年7月・東関東の旅(7)
・2018年7月・東関東の旅(8)
・2018年7月・東関東の旅(9)
・2018年7月・東関東の旅(10)
・2018年7月・東関東の旅(11)
・2018年7月・東関東の旅(12)


過去の旅行記。
・2018年1月・山陽地方の旅
・2017年9月・レストラン列車乗り比べの旅
・2017年6月・静岡ぶらり旅
・2017年3月・特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩の旅
・2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅
・2016年7月・北海道「日本最東端」の旅
・2016年2月・瀬戸内の旅
・2015年7月・九州鉄道旅
・2015年2月・山口鉄道旅
・2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅
・2014年2月・岡山と広島の旅
・2013年8月・四国鉄道旅
・2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅
・2012年5月・神戸・一泊二日のぶらり旅
・2012年2月・KTRとズワイガニの旅
・2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅
・2011年9月・琵琶湖と「けいおん!」の旅
・2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅
・2010年10月・福井オフと聖地巡礼の旅
・2010年9月・日光・南会津の旅
・2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅
・2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅


「なでしこドレミソラ」4巻。
2018年 11月 14日 (水) 13:46 | 編集
僕が今のきららフォワード、いや今の全きらら連載作品の中で最も大好きな作品、みやびあきの先生の「なでしこドレミソラ」なんですが、今月の12日に4巻と5巻が同時刊行されました。

そして実はこの5巻が最終巻となってしまいます…4巻と5巻と同時発売、これはきっと何か重大発表とかあるに違いないとか思っていたらまさかのこの展開…。

これに対しては思うこと、言いたいこと色々ありますが、まずはとりあえず4巻の方の感想から行ってみるとしましょう。


nadesora20181114_01s


4巻の表紙は香乃ちゃん。1巻が美弥ちゃんで2巻が陽夜ちゃん、3巻が恵真ちゃんと来ていたのでこれで、主役メンバー4人全員が表紙を飾ったことになりますね。

これまでの表紙と同様、香乃ちゃんと一緒に、その担当楽器の13弦の箏も描かれています。

それにしても改めて見ると制服女子高生×和楽器の組み合わせ…素晴らしい。この組み合わせを生み出したという点だけでもこの作品は偉大すぎます…!!


裏表紙はこちら。

nadesora20181114_02s

3巻の縁日の話で美弥ちゃん達が出会った、祭り囃子を奏でる姉妹の吟葉ちゃんと吟芽ちゃんが描かれていますね。

≫ "「なでしこドレミソラ」4巻。" の続きを読む...
リースリングとソーヴィニヨン・ブランのブレンドワイン。
2018年 11月 13日 (火) 22:37 | 編集
では、先週末の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「Chapel Hill Rhine Riesling Sauvignon Blanc 2017」
(チャペル・ヒル ライン・リースリング ソーヴィニヨン ブラン)

WINE_20181111_01s

WINE_20181111_02s

葡萄屋さんで買ったハンガリーのワイン。お値段は1580円とまあまあお手頃ですが…このワイン、なんとリースリングとソーヴィニヨン・ブランのブレンドというのが変わっています。

ソーヴィニヨン・ブラン、リースリング共に豊かな果実感と鮮烈な酸味が特徴の品種。ですが、この2つをブレンドしたワインというのはほとんど聞いたことがありません。

大体が単一で使われることが多い品種ですし、混ぜるにしてもソーヴィニヨンならセミヨン、リースリングならばピノ・ブラン等アルザス系品種と大体相手が決まっていますしね。

そんな二つの品種をセパージュさせたこのワイン、一体どんなワインになるのでしょうか。ソーヴィニヨン・ブランの青い香りやリースリングの石油香が一体どんな風に作用するのか…開ける前から非常に興味をそそられます。

≫ "リースリングとソーヴィニヨン・ブランのブレンドワイン。" の続きを読む...
「ワインガールズ」2巻。
2018年 11月 11日 (日) 16:57 | 編集
では、昨日10日に発売されたマイクロマガジン社コミックスの、真田一輝先生「ワインガールズ」2巻の感想っぽい記事、行ってみましょうか。

あのワイン好きの真田先生が手掛けられたワイン擬人化漫画ということで1巻の頃から気になりまくりで、コミックヴァルキリーweb連載の方も毎月楽しみに読んでいる本作、とうとう2巻が発売ですよ!!

1巻の頃から実にたくさんの品種のワインガールズが登場していたこの作品ですが、2巻では更にワインガールズの数も増えて…なんと総勢40名以上と実にとんでもないことになっちゃってますね。

正直もう、読んでても覚え切れない…いや実際、あとがきでも真田先生自ら「前に描いたキャラを再度出すときはデザインやトーンの濃さなど確認しながら描いている」なんて書かれていますしね…w

真田先生と言えば、昔きららMAXで描かれていた落花流水も萌え4コマ作品にしては登場人物の多い作品ではありましたけど、今作はもう軽くそれを上回っていますよね…。


winegirls20181111_01s


2巻の表紙はこんな感じ。1巻はカベルネ&メルローの主役百合ップル(?)でしたけど、2巻ではピノ・ノワールちゃんにガメイちゃん、それに白ワインからはシャルドネちゃんをフィーチャーした表紙となっています。

そしてそれよりも帯が…帯にトルシエ氏!!

元・サッカー日本代表監督で今はワイナリーを営んでいるトルシエさんがなんと帯にでかでかと載っています。いや実際この2巻作中の小ネタでもトルシエさんのワイナリーに触れた話とかあったけどさ、でもまさかこんなコラボ来るとは…。

しかしこの帯、専門店(いわゆるオタショップ)の新刊コーナーでは明らかに異質な存在感を放ちまくっていましたね。ぶっちゃけ浮いていました…ww


裏表紙はこちら。

winegirls20181111_02s

こちらにはマカベオ・チャレッロ・パレリャーダの3バカトリオ…ならぬ3カバトリオが描かれています。この3品種、スペインのスパークリングワイン・カバを造る為に重要な主要3品種なんですよね。

今回の2巻では彼女たち3人がシャンパンに対抗意識を燃やしてピノちゃんやシャルドネちゃん達に戦いを挑んでくる(?)お話なんかもありましたね。

≫ "「ワインガールズ」2巻。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット’18年12月号」感想。
2018年 11月 09日 (金) 22:04 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみるとしましょうか。


kirara_carat201812s


・表紙
今月の表紙は「アニマエール!」。アニメ放映中ですし、当面はこの作品表紙で行くのでしょう。それにしてもこはね&虎徹というのはなかなかに珍しい組み合わせな気もします。

でも二人の満面の笑顔が可愛らしくて、見てるこっちも元気がもらえる感じで良いですね。

ところで「アニマエール!」のアニメ、個人的にはかなり楽しんで観ています。ただ、同じ動画工房作成のきららアニメという点で「三者三葉」や「NEW GAME!」に比べて作画にかなりアラが目立つのが気になるところです…内容自体は決して負けていないと思うんですけどね。

あと、放送局が少な過ぎるのが知名度とか売上とかそういうの的に大丈夫なのかなぁ…と余分な心配をしちゃったり。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット’18年12月号」感想。" の続きを読む...
甲州種・2018年の新酒。
2018年 11月 07日 (水) 12:00 | 編集
一昨日が休みで昨日が仕事、そして今日が休みと飛び石連休みたいになっています。もっとも昨日の仕事帰りに友人たちと飲みに行って遅くまで飲んでたので、今日は半分死んでいる状況ではありますが…w

と、そんなところで一昨日の夜に開けたワインの感想日記でも。


「サントリージャパンプレミアム甲州 新酒 2018」

WINE_20181105_01s

WINE_20181105_02s

サントリーが手がける日本産品種・甲州種のワイン。

地元のショッピングセンターで見つけて買ったもので、2018年の甲州種の新酒とのことですが、販売開始は11/3と、まだ本当に販売されて間も無いワインですね。

甲州種のワインは何度も試していますし、サントリーのジャパンプレミアムの甲州も飲んだことがあります。しかし「新酒」というのは初めて。いわば甲州種のヌーヴォーといったところですが、一体普通の甲州ワインとどう違うのでしょうか。

ちなみにお値段は1680円。甲州種ワインの値段としてはまあ、平均的なお値段ですね。

≫ "甲州種・2018年の新酒。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...