青い瓶が印象的な日本酒3種飲み比べ。
2018年 06月 08日 (金) 21:59 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたお酒の感想日記行ってみましょうか。

地元のショッピングセンターで少し前から扱われていて、ちょっと気になっていた日本酒達。


金沢・福光屋さんの「やわらか、するする」

sake20180605_01s

sake20180605_02s

米、米こうじ共に石川県産。精米歩合は60%。


京都・伏見の玉乃光酒造さんの「からくち、するする」

sake20180605_03s

sake20180605_04s

米、米こうじ共に京都府産で精米歩合は60%。


山梨県・萬屋醸造店さんの「あまくち、するする」

sake20180605_05s

sake20180605_06s

米、米こうじ共に山梨県産で精米歩合は60%。


どれも値段は720ミリ瓶が1280円、300ミリ瓶が598円。
(今回は「やわらか、するする」を720ミリで、他を300ミリで買ってます)

そしてどれもが純米吟醸酒の生酒。しかし同じ瓶、同じラベルに同じコンセプトで味わいの方向性の違うお酒を一つの酒造会社じゃなく、3つの酒造会社がコラボして(?)造っているというのが実にユニーク。

こういう取り組みって今まであまり見たことがありません。

≫ "青い瓶が印象的な日本酒3種飲み比べ。" の続きを読む...
地元・愛知のお酒「蓬莱泉 美」。
2018年 04月 24日 (火) 22:20 | 編集
では、先週末に飲んだお酒の感想日記を。


貰い物のお酒ですが…地元・愛知県奥三河のお酒。

関谷醸造さんの「蓬莱泉 美 純米大吟醸」

SAKE_20180421_01s

SAKE_20180421_02s

蓬莱泉は何種類か飲んだことありますが、この「美」は初めてですね。

ラベルと見るとアルコール度数は15度、原材料は米、米こうじ共に国産、精米歩合は45%とあります。

それにしても淡いピンクのラベルがなんとも綺麗、実に春らしい雰囲気のお酒じゃありませんか。「美」と言うネーミングもシンプルながら実に洒落ています。

≫ "地元・愛知のお酒「蓬莱泉 美」。" の続きを読む...
地元の日本酒・尊皇飲み比べ。
2018年 04月 04日 (水) 22:11 | 編集
では、先月末に飲んだ日本酒の感想を。

地元のショッピングセンターで買ってきた、「尊皇」を2本。この「尊皇」、地元・三河、愛知県西尾市西幡豆町・山崎合資会社さんが手がけるお酒ですね。


まず「尊皇辛口純米 活鱗」

sake20180330_01s

なんだか紙にくるまれてちょっと物々しくも良いお酒と言う雰囲気が漂っていますw

紙をはがすとこんな感じに。

sake20180330_02s

sake20180330_03s

原料米は愛知県産若水100%と地元にこだわっていますね。精米歩合は70%、アルコール度数16度。値段はレシートを捨ててしまったので幾らで買ったのか分かりませんが、ネットで見ると小売希望価格が720ミリ瓶で税込み1231円。

≫ "地元の日本酒・尊皇飲み比べ。" の続きを読む...
岐阜県産にこだわった日本酒「美濃菊」。
2018年 03月 21日 (水) 22:07 | 編集
では、先週末に飲んだお酒の感想日記でも行ってみましょうか。

先週末は日本酒を開けました。


岐阜県養老郡、玉泉堂酒造さんの「美濃菊 純米大吟醸 飛騨誉」

sake20180318_00s

先日、母が滋賀県の方へ日帰り旅行へ行ってきて、その土産で買ってきたもの。きちんと化粧箱に入れられていますね。


箱から出すとこんな感じ。

sake20180318_01s

sake20180318_02s

原料米は岐阜県産のひだほまれを100%使用とのこと。精米歩合は50%に日本酒度は+3。あと、仕込み水も養老山系伏流水と、とにかく地元産にこだわった造りのお酒って感じですね。

しかしなぜ滋賀県へ旅行に行ってきたのに土産が岐阜のお酒なんだ…w

≫ "岐阜県産にこだわった日本酒「美濃菊」。" の続きを読む...
山口県の獺祭飲み比べ。
2018年 01月 23日 (火) 08:51 | 編集
さて、二日間続けての日本酒日記です。昨夜は先日の旅行で買ってきたお土産日本酒の残り、獺祭の方を開けました。

獺祭と言えば岩国市・旭酒造さんのお酒ですが、今や山口県を代表する日本酒と言っても良い位に有名なお酒ですよね。この獺祭ですが、色々な種類があります。


今回買ってきたのは…まず、食前酒代わりにちょっと変わり種のこちら。

「獺祭 磨き三割九分 スパークリング」

sake_20180122_02s

sake_20180122_01s

獺祭は獺祭でも、スパークリング日本酒と言うちょっと変わった獺祭です。磨き三割九分、つまり精米歩合39%と言うことなので、かなり磨きをかけたお酒と言うことですね。

原料は米、米こうじ共に国産、アルコール度数は14度。ちなみにお値段の方は、300ミリの小瓶サイズで1550円とかなり良いお値段します…w
≫ "山口県の獺祭飲み比べ。" の続きを読む...
山口県の日本酒飲み比べ。
2018年 01月 22日 (月) 09:31 | 編集
18日(木)から昨日、21日(日)までの4日間、山口県・広島県・岡山県と山陽地方を旅してきました。広島県の江田島など艦これ聖地巡り的なものが中心の旅でした。

旅日記はまたおいおい書き起こしていきますが、とりあえずは旅の土産に一日目の山口県で買った日本酒を昨夜飲み比べてみましたので、その感想などを。


まず1本目。岩国市、村重酒造さんの「日下無双 純米60」

sake_20180121_01s

sake_20180121_02s

真っ赤な瓶がなんとも鮮烈で強烈で目を引きます。買ったお店でこのお酒見つけた時、思わず「これって瓶が赤いだけですよね?」と確認してしまいましたw

原材料は米、米こうじ共に国産とあります。アルコール度は16度に精米歩合は60%。ちなみにお値段の方は、720ミリ瓶で1400円でした。
≫ "山口県の日本酒飲み比べ。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...