吉野と高野山の日本酒飲み比べ。
2020年 02月 25日 (火) 22:13 | 編集
現在旅日記をこのブログで書いている様に先日、関西の吉野と高野山へ旅行に出かけてきたのですが、その際にお土産で買ってきた日本酒をあれこれ飲み比べてみましたのでその感想日記を以下に。


まずはこちら。高野山の酒屋で買ったお酒。

和歌山県伊都郡、初桜酒造さんの「高野山般若湯 純米吟醸」

sake20200223_01s

sake20200223_02s

高野山、仮にも霊場で聖地だから酒屋なんて無いと思っていたのですが…町中に普通にあってびっくりしました。しかし売られていたお酒が「般若湯」と言うネーミングなのが高野山らしいと言うかなんというかw

アルコール度数15度~16度、原材料は米、米麹ともに国産、精米歩合は60%。300ミリの小瓶で800円くらいだったと思います。


酒器に注ぐと色はほぼ無色透明。香りはほんのりと、いわゆる吟醸香と言うよりは日本酒っぽい香りが感じられますね。

飲んでみると…非常にしっかりとした造りのお酒。ボディが強く、コシがあります。口に含んだ瞬間はかなり辛味を感じるのだけど、あとで甘みが広がってくる感じ。

非常に味のエキス分の濃い、味の強いお酒です。

あまり純米吟醸っぽくない、強い味わいとボディ感のあるしっかりとしたお酒だなぁ、という印象を受けました。いわゆる淡麗ではない、濃醇なお酒といった雰囲気。

≫ "吉野と高野山の日本酒飲み比べ。" の続きを読む...
郡上のお酒飲み比べ。
2020年 01月 14日 (火) 22:35 | 編集
さて、それでは先日の休みの夜に開けたお酒の感想日記を。

今回は日本酒を。先月の下旬に郡上へ遊びに行った時に土産に買ったお酒ですね。


まずはこちら。

郡上市大和町、平野醸造さんの「純米吟醸母情」

sake20200109_01s

sake20200109_02s

原材料は米、米麹ともに国産米。米は五百万石100%、精米歩合55%、アルコール度数15度。

≫ "郡上のお酒飲み比べ。" の続きを読む...
2019年飲み納め。
2020年 01月 01日 (水) 23:29 | 編集
皆様、新年あけましておめでとうございます。本年も当ブログを宜しくお願いいたします。

というところで昨夜、大晦日の晩に開けたお酒の感想日記でも。


昨夜は弟夫婦が遊びに来て、家族皆で日本酒をあれこれ開ける大酒宴(?)となりました。

ちなみに飲んだ日本酒は全て、親戚から頂いたものばかり。


まずは九州、福岡県の酒造会社いそのさわさんが手掛ける「中洲 純米大吟醸」。

sake20191231_03s

sake20191231_04s

酒器に注ぐと色は綺麗に透き通っていて完全にまっ透明。黄みのかかった様な感じはありません。

香りはとてもフルーティ。盃に注いで、そこに鼻を近づけるとふわっと甘い果実香が漂います。

しかし飲んでみるとこれが…味わいはしっかりしている。フルーティではあるのだけどすっきりとか爽やかとかそういった日本酒ではなく、味わい濃厚、どっしりと旨さのある、芯のしっかりした日本酒だなぁと感じました。

≫ "2019年飲み納め。" の続きを読む...
ツガニと三重県の銘酒「作」と。
2019年 09月 28日 (土) 09:38 | 編集
さて。昨日・今日と連休です。

というわけで昨夜飲んだお酒の感想日記でも。

昨日はこの季節のお楽しみ、四万十川のツガニがあったので日本酒にしました。


三重県鈴鹿市、清水清三郎商店さんの「作 恵乃智 純米吟醸」。

sake20190927_01s

sake20190927_02s

地元のショッピングセンターで売られていた、ちょっと良いお酒。

米、米麹共に国産米でアルコール度数は15度、精米歩合は60%。720ミリでお値段2480円とかなり良いお値段しますw

まあでもせっかくツガニに合わせるのだから、日本酒も良いもの買いませんとね。

≫ "ツガニと三重県の銘酒「作」と。" の続きを読む...
秋の味覚ツガニと「醸し人 九平次」。
2019年 09月 07日 (土) 22:35 | 編集
では、先日の休みに開けたお酒の感想日記、行ってみましょうか。

まだまだ暑い日々が続きますが9月になりました。一応秋。ということで毎年恒例秋の味覚…今年初のツガニを。

sake20190903_03s

これこれ、これですよ。四国・四万十川流域から直送の活きたツガニ。これが来ると秋を迎えたなぁって気分になりますねw


さて、記念すべき今年初のツガニには当然日本酒を。

それも今回は奮発して、ちょっと良いお酒を買ってしまいました。


名古屋市緑区、萬乗醸造さんの「醸し人 九平次 純米大吟醸」。

sake20190903_01s

sake20190903_02s

「九平次」って最近かなり有名でよく名前を聞くお酒ですが、地元のショッピングセンターで売られていたので買ってみました。

値段の方は720ミリ瓶で3480円とかなりお高い。僕が買う日本酒の値段としては最高峰の部類。旅先の土産でもこれだけの値段のものなんて多分買ったことないぞ…?

原材料は山田錦100%、精米歩合は50%。あと、ラベルにきちんと「2018」とあるのがこだわってるなぁ、と。日本酒でヴィンテージ書いてあるお酒なんて普通ないですからね。

(製造年月日は必ず記載されているけど)

≫ "秋の味覚ツガニと「醸し人 九平次」。" の続きを読む...
志太泉酒造さんの「寸又の峡」。
2019年 07月 29日 (月) 22:43 | 編集
前回の酒日記では先日の静岡旅行で買ってきた土産の日本酒のうち、焼津の「磯自慢」について書いたのですが、寸又峡で買ったお酒の方も試してみたので今日はその感想日記の方、行ってみるとします。

買ったお酒は全て、藤枝市・志太泉酒造さんの「寸又の峡」。


まずはこちら。

「寸又の峡 吟醸」

sake20190725_01s

sake20190725_02s

米・米麹は国産、アルコール度数は15度。精米歩合50%。中瓶で1650円でした。

≫ "志太泉酒造さんの「寸又の峡」。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...