新潟の日本酒・越後桜。
2017年 02月 24日 (金) 21:55 | 編集
では、一昨日の夜に飲んだお酒の感想日記でも行ってみましょうか。

一昨日は日本酒を開けました。


新潟県阿賀野市の越後桜酒造さんの「越後桜 大吟醸原酒 新酒しぼりたて」

sake20170222_01s

sake20170222_02s

実は「越後桜」自体は普段飲みによく買ってるお酒だったりします。地元のショッピングセンターで常に売られていて、安いのに美味しくて飲みやすいので常に冷蔵庫に小瓶をストックしてあったりしますw

ただ、この越後桜は「大吟醸原酒」なおかつ「新酒」、更に「限定品」と言うもの。初めて見かけたので気になって買ってみました。値段は…720ミリ瓶で確か1000円ちょいとか位だったと思います(うろ覚え)

≫ "新潟の日本酒・越後桜。" の続きを読む...
旅の土産・石川県の地酒飲み比べ(2)
2017年 01月 31日 (火) 21:47 | 編集
さて、それでは一昨日の夜に開けたお酒の感想日記でも。先日の能登半島旅行で買ってきたお酒のうち3本を先日の酒日記で触れましたが、残りの2本を昨夜開けました。


まず1本目は能登のお酒。

能登半島、鹿島郡中能登町の鳥屋酒造株式会社さんの「純米 池月」。

sake20170129_01s

sake20170129_02s

値段は720ミリで1458円。精米歩合は55%と、純米酒と言いつつ吟醸酒なみにしっかりと磨いてありますね。

酒器に注ぐと色は薄っすらと黄みを帯びています。鼻を近づけてみるとほんのりと吟醸香が感じられますね。ただ、吟醸香と言ってもフルーツ系ではなく、割と日本酒らしい、アルコール感のある香りです。

口に含んでみると、酸味は淡く、しっかりと辛口のお酒。スッキリと切れ味の良い、一見淡麗な辛口のお酒と言った印象を受けます。

が、あっさりしている様でいて実は意外にコクがあります。ボディも豊かで米の旨味のしっかりと感じられるお酒ですね。それでいて全然クセがなく、するするっと飲めちゃいます。飲み飽きしないお酒だと思います。

≫ "旅の土産・石川県の地酒飲み比べ(2)" の続きを読む...
旅の土産・石川県の地酒飲み比べ(1)
2017年 01月 25日 (水) 08:45 | 編集
昨日まで石川県・能登半島の方へ旅してました。

今回は観光列車と美食をテーマにした旅で色々と堪能してきました…またその辺りは旅日記を徐々に書き起こしていこうと思いますが、まずはその前に。旅の土産に買ってきた日本酒を昨夜飲み比べてみましたので、その酒日記でも。


まず1本目は能登のお酒。

鳳珠郡能登町、数馬酒造さんの「竹葉 能登純米」。

sake20170124_01s

sake20170124_04s

720ミリ瓶で1512円。

酒器に注ぐと色はうっすらと黄みを帯びています。と言ってももちろん黄色過ぎる感じじゃなくって日本酒によくある色合い。

口に含むと…うん、甘酸っぱくて芳醇。甘み、酸味どちらも割と強めな印象を受けます。とりわけ甘みの方を強く感じます。

それでいてあくまで舌触りはサラリとしてあっさりとした飲み口。だけど、あっさりなんだけれど淡麗とかすっきりと言う感じではなく、味わいはとても濃いんですよね。しっかりとしたお酒です。

そしてメロン系の含み香がほんのりと感じられるのがとても心地良いです。盃に注いだ時点で特に香りらしいものが感じられなくても、口の中でふわっと香るの、良いですよね。

≫ "旅の土産・石川県の地酒飲み比べ(1)" の続きを読む...
2017年飲み始め(日本酒編)。
2017年 01月 03日 (火) 20:53 | 編集
昨日の日記でこの新年に飲んだスパークリングワインの感想記事をあげましたけど、今度はこの年末年始で飲んだ日本酒の感想記事と行きましょうか。


まずは地元・愛知県西尾市のお酒から。

山崎合資会社さんの「純米吟醸原酒 尊皇 初しぼり生酒」。

sake20170101_01s

sake20170101_02s

地元のショッピングセンターで買ったもので、720ミリ瓶で1,490円。愛知県で造られたお酒と言うだけでなく、原材料の米も全て愛知県産のものを使用しているとのことです。

ちなみに「原酒」なので度数は17.5度と、ちょっと高め。

≫ "2017年飲み始め(日本酒編)。" の続きを読む...
信州のお酒2種飲み比べ。
2016年 12月 11日 (日) 22:12 | 編集
では、一昨日の休みの夜に開けたお酒の感想日記でも。

母が先日、信州の方へ旅行に出かけてその土産に買ってきた日本酒を2本、飲み比べてみました。どちらも長野県のお酒ですね。


まず1本目。

長野県北安曇郡は大雪渓酒造株式会社さんの「山の生一本大雪渓純米吟醸」。

sake20161209_05s

sake20161209_06s

原材料は長野産米とあります。アルコール度数は15度。精米歩合は55%。

≫ "信州のお酒2種飲み比べ。" の続きを読む...
愛知県・半田市の「どぶろく」。
2016年 11月 29日 (火) 22:14 | 編集
先日、地元のショッピングセンターでちょっと面白いお酒を見つけたので買って飲んでみました。

それがこちら、地元愛知県産の「どぶろく」。


半田市は中埜酒造株式会社さんの「純米造りどぶろく」。

sake20171127_01s

きちんと化粧箱に入っていますね。お値段は720ミリ瓶で1620円。いわゆるにごり酒と言うのは何度も買って飲んだことありますが、こちらはにごり酒ではなくわざわざ「どぶろく」と名が付けられています。にごり酒とはどう違うのか…これは是非とも試してみなくてはいけませんw


箱から出すとこんな感じ。

sake20171127_02s

sake20171127_03s

にごり酒同様に真っ白な液体が瓶の中に入っています。

≫ "愛知県・半田市の「どぶろく」。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...