2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(13)
2009年 10月 31日 (土) 20:00 | 編集
- 旅の終わりに・そしてサンライズでの一夜 -

旅の終わりに訪ねておきたかった場所。それは、もう20年近くも昔に廃線となった、JR大社線の旧・大社駅。せっかくここまで来たのだから、やはり「鉄」としてこれは見ておくべきではないか、と。

そんなワケで、先程まで観ていた博物館から出雲大社・更に一畑電車の出雲大社前駅を抜けて向かって歩きます。でもこれが、地味に遠い…。出雲大社から15分位かかります。

一畑電車の駅なら出雲大社まで5分程だから、この差は歴然。そうなると、出雲大社アクセス路線としてはあまり用をなさなくなっちゃったんだろうなぁ…。


辿り着いた大社駅。

200910_sanin092

和風木造建築の、とっても立派な駅舎が建っています。

200910_sanin096
(クリックで拡大)

夕陽を浴びて輝きながらそびえ立つ、その姿にしばし見入ってしまいました。


≫ "2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(13)" の続きを読む...
2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(12)
2009年 10月 31日 (土) 19:30 | 編集
- 一畑電車と出雲大社と -

松江の町の観光を終え、今度は出雲大社へ。島根に来たからには、何を置いてもとにかくここには参っておかなくては!!

松江しんじ湖温泉の駅から、まずは一畑電車に乗ります。島根県内を走る私鉄路線と言えばこの一畑電車なんだけれど、変わっているのがその社名。だって一畑「電車」って…これ、変わってるよねぇ? 普通、○○鉄道とか△△電鉄とかて名乗るところが多いもんだけれど、ストレートに「電車」て、ありそうでなかなか無いネーミングだと思いますよ?

13時27分に松江しんじ湖温泉駅を出発する電車に乗ります。

200910_sanin083

200910_sanin084

車両は2100系。見ての通り、これ、元・京王の名車5000系ですね。この車両、京王本線を走ってた時はまるで乗ること無かったけれど(と言うか当時は東京在住じゃなかったし)、だけれどここ数年で何度か乗ってるなぁ。富士急行のとかに。

何と言っても前面の低窓パノラミックウインドウがデザインのキモですね、この車両。結構このマスク好きなんですよ。昔名鉄を走ってた、5500系なんかを思い起こさせるスタイルで。ちなみに名鉄ではイチバン好きな車両でした、5500系。

2両編成で、乗客は両者合わせて10人ちょい位かな? 僕以外はほとんど地元客っぽい。電車は駅を出て、しばらくは宍道湖沿いに走って行きます。ヒュィーンと、この時代の古いカルダン特有のモータ音を唸らせながら…。


≫ "2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(12)" の続きを読む...
2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(11)
2009年 10月 31日 (土) 19:00 | 編集
- 松江の城下町 -

2009年10月14日(水) 天気は少し曇り気味。天候に恵まれたこの旅行だったけれど、最後の最後でちょっと天気崩れてきたかな…。

そして朝、目が覚めると胃が少々ムカムカ…。やっぱり昨日ちょっと飲み過ぎたかな?w

とりあえず風呂に入って二日酔いを覚まし、そして朝食。和洋折衷のバイキングで、品数も多くってデザートまであったりと、かなり豪勢なバイキングでしたよ。と言うワケで、朝からガッツリ頂きます。って二日酔いはどこへ行ったの俺?w


朝、9時過ぎ。にホテルをチェックアウト。宍道湖温泉の駅で荷物を預け、ここから松江の町へと繰り出します。

松江の町は、静かで落ち着きのある、なかなかにイイ風情。町の真ん中に松江城があって、お城のお堀から続く川(堀川)が町中を通って、それが独特の情緒を造り出しています。

途中、土産物屋をのぞいたりしながら、まず僕が向かったのは「松江堀川遊覧船」。遊覧船に乗って堀川巡りが出来るのです。この遊覧船の乗り場は、町中に幾つかあって、僕は松江城に程近い場所から乗ってみることに。

200910_sanin076

遊覧船はこんな船。10人程度が乗れる位の、小さな船です。船上には屋根が付いているんだけれど、実はこの屋根がなんと可動式。と言うのも、堀川には無数の橋があって、そのうちの幾つかは川面からの高さがかなり低く、そういった橋を通る際には屋根が下へと下がって、橋に衝突しない様になっているんですよ。

これはなかなかに面白い。さあ、とりあえずまずは乗船。乗船券は1200円。なんだけれど、実は一枚買えば一日乗り放題。なので、この遊覧船はただ単に遊覧船として楽しむだけでなく、松江の町巡りの足としても使えちゃうんですね。お城近くの乗船場から乗って、別の、もっと町中の乗船場で降りて散策する、と言った具合に。


≫ "2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(11)" の続きを読む...
2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(10)
2009年 10月 31日 (土) 18:00 | 編集
- 宍道湖の夕日・松江の夜 -

松江の駅を出て、まずはぶらりと宍道湖を観に行ってみます。ぶらぶらと歩いて駅から15分ほどで宍道湖畔に到着。…歩くと地味に遠かったりしますw

宍道湖畔は散歩道の様に整備されていて、湖を眺めながら少し歩いてみます。大きな美術館も建っていたりで、この辺りは夕日の絶景スポットなのだとか。

200910_sanin067

なぜかよく分らないけれど湖畔にお地蔵さんが立ってる…w 遠くの対岸にはたくさんの大きな建物が見えるんだけれど、あのほとんどは宍道湖温泉のホテルや旅館なんでしょうね。


湖を眺めてぼんやりのんびり。しばらく時を過ごし、16時半に近づいたところで再び駅の方へと戻ります。そしてそのまま、松江駅から徒歩5分ほどのところにある、遊覧船の乗船場へ。宍道湖と言えば夕日が有名なんですが、なんでも遊覧船のサンセットクルーズと言うのがあって、船上から夕日を存分に満喫出来るのだとか。

本日のサンセットクルーズ、出向は17時10分とのこと。乗船場で待つことしばらく、船がやって来ました。

200910_sanin068

遊覧船と言うから、大きな船が来るかと思いきや、意外とそうでもない。割とコンパクトなサイズの船がやってまいりました。ちなみに乗船料金は1300円。

今日の乗客は10人弱ほど。ほとんどがカップルですwでも僕と同じ様な独り客が一人だけいたなぁ。しかも若い女の子だったけど。

乗り込むとすぐに出発。川をゆっくりと下って、やがて宍道湖へと入って行きます。船は前方が客室、後方が開放式のデッキとなってるんだけれど、誰も客室の方へは入らずにデッキに待機。そりゃ、せっかくの綺麗な夕日を楽しむんだから、船室よりも外の方がイイですよね。

宍道湖へ入ってしばらく。今度はなんと、船室の上が開放されます。この船、船室の上へとハシゴで上がれる様になっていて、そこから夕日を眺められる様になっている模様。もちろん、上へと上がっちゃいます。ほとんど全員の人が上ってましたね。


≫ "2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(10)" の続きを読む...
2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(9)
2009年 10月 31日 (土) 17:00 | 編集
- 爆音ディーゼル・187系特急「スーパーおき」 -

鳥取砂丘からバスで鳥取駅へと戻り、ここから今度は島根県・松江を目指します。

当初は、15時22分発の特急「スーパーまつかぜ」5号に乗るつもりだったのだけれど、砂丘観光が予定よりもかなり早く終わってしまったので、1本前の13時44分発「スーパーおき」5号に乗ることにします。

時刻は13時30分ちょっと手前位。売店で缶ビールを買ってホームへと上がると、既に列車は停まっていました。…が、その隣のホームにとんでも無いヤツの姿が!!



200910_sanin062



ま…まさかの「サロンカーなにわ」!!



バブル期って豪華絢爛な、全車グリーン車のジョイフルトレインが12系やら14系やらの客車を改造してあちこちで造られて、団体列車や臨時列車として日本全国走りまくってたもんなんだけれど、でもそういう車両って最近はもうあまり見かけなくなって…。

いや勿論、最近でもジョイフルトレイン的な要素のある列車ってたくさんあるんだけれど、でもそれは大抵はもっとこう、カジュアルで親しみやすい雰囲気だったり、走る線区の特徴や沿線の風景などに合わせた趣向をふんだんに盛りこんだ列車だったりすることが多いんですよね。例えばJR九州の肥薩線あたり走っているのとかがまさにそう。

なんだろう、バブル期のジョイフルトレインって、本当に限られた層の為だけのものだったのが、今のはもっとこう、ファミリーやカップルをターゲットに、いやその土地へ来てくれた人全てを対象にしている様な、そんな感じですよね。





…て言うかさ。




まだ生きてたんだねこの車両って。



いやだって、同時期に生まれたサロンエクスプレス東京もユーロライナーも、もう既に廃車されてなくなっちゃってるから、だからサロンカーなにわもとうの昔に消えたもんだと思ってたよ…。

このサロンカーなにわ、一部車両の塗装のはげがちょっと痛々しかったけれど、でも時代の流れに負けずにめげずに頑張れー!!


≫ "2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(9)" の続きを読む...
2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(8)
2009年 10月 31日 (土) 16:30 | 編集
- 鳥取砂丘に遊ぶ -

2009年10月13日(火) 鳥取の天気は少し曇りがち。でもとりあえず、雨にはならなさそう。今日は鳥取と言えばこれ-そう、有名な鳥取砂丘へと向かいます。

宿での朝食を済ませ、バス停へ。時刻は朝の9時過ぎ。空は曇りがちで、うっすらと肌寒さまで感じます…。10分ほど待った所でバスが到着。乗りこんでほんの5分ほどで終点、砂丘会館へと到着。

辺りには土産物屋が立ち並び、この辺りが鳥取砂丘観光の起点となるところなんでしょう。まずは大きな荷物(キャリー)を預け、そして土産だとかを購入。そしていよいよ砂丘へ!!


土産物屋が立ち並ぶすぐ近くに砂丘への入口があります。階段を上って行って、ゲートを抜けるとそこには!!

200910_sanin055

ああ…一面に広がる砂・砂・砂…。砂と空しかありゃしない。いやもうこれ、砂丘てよりは砂漠ですよ、うん。砂丘と言えば昔、名古屋に住んでた頃に静岡の中田島砂丘に行ったことあるけどね、でもスケールが違い過ぎるよ…。


ふと横を見ると、そこには…。





ラクダ!?

200910_sanin056


そう、そうなんです。この鳥取砂丘、なんと野生のラクダが生息しているのです!!



…ごめん大ウソ。観光用のラクダねwなので写真撮るのにもお金かかるんですwでも、せっかくなんで僕は乗ってみましたよ、このラクダにね!!

料金が1800円とちと高いんだけれど、このラクダの背に乗って、砂丘の入口付近をのんびり散歩出来ちゃったりするんですよ。まあ、馬とかなら日本全国どこ行っても乗れるけれど、ラクダにはなかなか乗れないだろうってコトで。何事も経験、経験。


≫ "2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(8)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...