「まんがタイムきらら'19年2月号」感想。
2019年 01月 19日 (土) 14:51 | 編集
では、9日発売のまんがタイムきらら感想、行ってみましょうか。


kirara201902s


・表紙
今月の表紙は「ゆゆ式」。主役3人揃い踏みの表紙で、今月末には単行本10巻が発売予定、しかもなんとこれで連載10年にもなるらしいですね。考えたらきららで10巻、連載10年ってほんと凄いことですよ。

それも「ゆゆ式」ってちょっと独特と言うか、間違っても万人受けするタイプの漫画じゃないのにそれがこれだけ長く続いている、その辺りに「きらら」という漫画雑誌のある種の懐の深さみたいのを感じますね。

(ここで言う「きらら」は無印に限らず姉妹誌含めて、という意味で)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'19年2月号」感想。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'19年2月号」感想。
2019年 01月 08日 (火) 23:02 | 編集
では、先月末発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat201902s


・表紙
今回の表紙は「アニマエール!」。アニメもとうとう放映終わってしまいましたが…最後まで観ていて思ったのは、原作の「読んでて元気になる感じ」を上手くそのままアニメに落とし込んだ出来だったなぁ、と。

まあ個人的に作画がちょっと気になるところではありますが、でもチアシーンの作画をCGに頼らずにきちんと描いていた辺りは凄いと思いました。

さて今月の表紙、アニメ放映終了記念ということでしょうか、5人勢揃い、それもチアの衣装に身を包んでの登場ですね。今回の表紙を見て改めて思ったのはやっぱり、彼女たちはチアをしている時が一番輝いているなぁ、と。全員キラキラ輝いてとても可愛いし美しいです。

ああ…青春に一生懸命な女の子は美しい…。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'19年2月号」感想。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'19年1月号」感想。
2018年 12月 24日 (月) 00:02 | 編集
では、今月7日に発売の無印きらら感想、行ってみましょうか。なぜか今月、7日と発売がやたら早かったんですよね。


kirara_201901_s


・表紙
表紙は今月で最終回を迎える「三者三葉」。本当に長きに渡る連載の終了…なんだかきららの歴史が一つ終わってしまった感ありますね。

それにしても今月の表紙、まさかこの作品で「きららジャンプ」とは…いくらアニメ化もされたとは言え、一番そういうのやらなさそうな作品なのにあえて最後にやってしまうと言うのが逆にむしろこの作品らしい…と言えるのかもしれませんね。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'19年1月号」感想。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'19年1月号」感想。
2018年 12月 15日 (土) 07:08 | 編集
では、先月末発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat201901s


・表紙
今月の表紙も「アニマエール!」。アニメも放映中ですしね。それにしても今月の表紙、チャイナドレス姿のこはねちゃんとひづめちゃんがとってもキュートで良いですね。

しかし「アニマエール!」て漢字表記…と言うか中国語的表記だと「動物応援」てなるのか…正直何のことやら全く意味が分からんぞ…w


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'19年1月号」感想。" の続きを読む...
「がんくつ荘の不夜城さん」2巻。
2018年 12月 02日 (日) 15:10 | 編集
では、先月末発売のKRコミックスの中から、鴻巣覚先生「がんくつ荘の不夜城さん」2巻の感想っぽい記事行ってみるとしましょうか。


20181202gankutsu01s


きららミラクから雑誌の休刊にともなって無印きららに移籍したこの作品。無印に移ってからもミラク時代と変わらずにやりたい放題やりまくって、ある意味保守的な無印の誌面の中で異彩を放っていますねw

さて、今回のこの2巻ですが、表紙には不夜城さんと白仙ちゃんの2人。

思えば1巻の表紙は不夜城さんソロだったのが、2巻ではこうして白仙ちゃんとペアになっていると言うことはやっぱりそれだけ2人の仲も親密になって、また不夜城さん的にも白仙ちゃんが大切な存在になってきたということなのでしょう。

しかし不夜城さんに抱きついている白仙ちゃんがよく見ると実は水着姿という…この辺りは裏表紙のカバー下で裏話というか補足と言うか、おまけ漫画が描かれていますね。


あと今回、なんと言っても目立つのは帯の「2巻乙回避」の文字。

きらら系と言えばよほど人気が出ないと大体の作品は単行本2巻で終わってしまうことが多く、それをファンの間では「2巻乙」と言って嘆いたり悲しんだりするのが通例となっていますが、まさかそれを単行本の帯でネタにするか…と。

まあそもそも、きらら系あるあるネタというかきらら的なメタネタ、それもかなり危ないネタを作中でも色々とぶち込んできているこの作品ですが、まさか帯でまでやらかしてくるとはさすがに思わなかったぞ…w

思えば作者の鴻巣先生自身、前作は2巻乙で終わっていますので、そう考えるとこれはメタネタでなおかつ自虐ネタと言える…のかもしれません…?


裏表紙はこんな感じに。

20181202gankutsu02s

不夜城さんの元アシスタント・金髪美少女漫画家のジェーニャちゃんに、不夜城さんの編集羊ヶ丘さんの妹・めざめちゃんとが描かれています。

≫ "「がんくつ荘の不夜城さん」2巻。" の続きを読む...
「キモノ少女」。
2018年 11月 30日 (金) 12:25 | 編集
みやびあきの先生が先日のコミティアで出されたイラスト本「キモノ少女」を手に入れましたので、その感想みたいな記事をちょこっと。


kimonogirl01s


みやびあきの先生と言えば、きららフォワードで連載されていた「なでしこドレミソラ」にドハマリしてしまって、それからと言うもの自分の中でも一番の推し作家さんの一人なわけですが、そんなみやび先生が出されるイラスト本、これはなんとしても欲しい。

だけどコミティアには行けないしな…と思っていたらメロンブックスで委託されてたので、早速取り寄せてしまいましたよw


ちなみにメロンで買ったらイラストカードも付いてきました。

kimonogirl02s

黒髪三つ編み少女と朝顔柄の浴衣の取り合わせ、実に素晴らしいですね…(うっとり)

≫ "「キモノ少女」。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...