2010年9月・日光・南会津の旅(8)
2010年 09月 24日 (金) 20:24 | 編集
- 旅の終わりに・東武特急「スペーシア」と -

さて、鬼怒川温泉に到着し、僕がこれから乗るのは東武鉄道ご自慢の特急「スペーシア」。

ただ、僕の乗るのは18時26分発のスペーシア「きぬ138号」。今の時間は17時20分ほど。まだ充分過ぎる程に時間があります。


なので駅を出てちょっと散策。

201009_nikkoaizu_67

なんと言うか鬼怒川温泉の駅、一昔前の温泉の駅って感じですねぇw


しかしこの鬼怒川温泉。日本国内でも有数の大きな温泉街のハズなんですが、実は結構潰れちゃったホテルとかあるみたいなんですよねぇ。先程乗ってた列車の車内から、何軒もそんな感じの建物が見られました…。


そして駅を出てぶらぶらしてみるも…何も無いw

うん、正直見るところって何も無いんですわ。駅前広場に足湯がある位。


仕方が無いので駅待合室でボーっとしたりで時間をつぶします。そして、帰りの列車用に駅弁や酒買おうとするも駅の売店は駅弁売り切れ、駅前のコンビニ見ても何も無く…。

そうこうしているうちに駅の売店は閉まってしまいw結局、駅前のコンビニで調達せざるを得なくなります。うーん、最後の最後が締まらないのが僕の旅、なんだよなぁ…。


≫ "2010年9月・日光・南会津の旅(8) " の続きを読む...
2010年9月・日光・南会津の旅(7)
2010年 09月 23日 (木) 23:55 | 編集
- 七日町・会津若松へ 折り返しの旅 -

雨の大内宿を後にし、バスに乗って湯野上温泉の駅へと戻って来ます。時間は13時過ぎ。

…が、雨が非常に強くなってきて、バス停で待っている間にかなり濡れてしまいました。気温も低くてとても寒い。湯野上温泉の駅では、朝は囲炉裏に火が起こっていたのにそれがもう消えていて…もう暖まる術がありませんw


シャツもパンツも濡れていて不快極まりないのと、このままだと本当に風邪をひきかねないのでもうここで着替えることにします。駅のトイレにパンツ(下着じゃない方)持ち込んで着替え…ww

いやでも、着替え多めに持ってきていて良かったです。今まで僕は旅先で雨に降られたことなんてほとんど無かったので考えもしなかったのですが、今後はこういう状況も想定して荷物を持つ様にしないといけないですね。


さて、僕の乗る列車は13時37分発の普通列車。これで会津若松方面へと向かいます。

201009_nikkoaizu_58

やって来たのはAT-650形。快速列車「AIZU尾瀬エクスプレス」としても使用される車両ですね。

201009_nikkoaizu_59

車内は転換クロスシートがずらりと並びます。昨日乗った「AIZUマウントエクスプレス」の様な目立った豪華さは無いけれど、クリーンな清潔感が感じられますね。

どちらにせよ、地方ローカル私鉄の車両としては充分過ぎる程のアコモデーション。

201009_nikkoaizu_60

「AIZUマウント?」と同タイプの、こんなテーブルも付いています。

≫ "2010年9月・日光・南会津の旅(7) " の続きを読む...
2010年9月・日光・南会津の旅(6)
2010年 09月 21日 (火) 18:55 | 編集
- ああ、雨の大内宿 -

塔のへつりの観光を終え、駅へと戻り列車に乗ります。

10時14分発の普通列車。車両はAT-500形。

201009_nikkoaizu_49

先程乗ったのと同じく野口英世モチーフなんですが、今度の列車は「新千円札発行記念列車」。前面に英世とそのお母さんとの写真がプリントされています。

列車に乗って5分。またもや湯野上温泉で降ります。今度はここから大内宿へと向かうわけです。


駅を出て左側のバス乗り場に、大内宿行きのバスが停まっていました。

201009_nikkoaizu_50

これがなんと、こんなレトロで可愛らしい車。

小さな車なので10人程度しか乗れないのですが、でもそれで充分な位のお客さんしかいません。まあなにしろこの天気じゃあ…ねぇ。


ちなみに乗っているのは、夫婦と思しき人達が一組と、あとはおばさん三人か四人のグループ。一人客は僕だけですけど何か?w

10時半にバスは出発。こんな小さなバスですけど、運転手さんだけじゃなくって車掌さん(?)もいます。そして大内宿の見どころだとか案内してくれて、更にバス時刻表だとか大内宿のマップだとかまで頂けちゃいます。意外にサービス満点…w

ちなみにこのバス、湯野上温泉⇔大内宿の往復で1000円。片道切符は無く、往復のみの購入と言うシステムになっています。


≫ "2010年9月・日光・南会津の旅(6) " の続きを読む...
2010年9月・日光・南会津の旅(5)
2010年 09月 21日 (火) 00:05 | 編集
- 塔のへつりをぶらりと -

湯野上温泉での一夜が明け、9月16日(木)。

目が覚めると宿のトタン屋根に打ちつける様な激しい雨音が聞こえてきます。まさか…!!

そう思い部屋の窓を開け、外を見ると…ああ、見事に雨降ってしまっています。なんと言うこと…東京生活最後の旅行でまさか雨にたたられてしまうだなんて…。


と言うか、僕の晴れ男パワーどこ行った?w


実を言うと僕、結構な晴れ男で今まで旅先で雨に降られたこととかほとんど無かったんですよ。前日まで天気悪くても当日になるとカラッと上がったり、旅先でにわか雨に会ってもたまたまそのタイミングで室内にいて難を逃れたり…。

いつもそんな感じだったんですね。なのに今回は…見事に雨に当たってしまいました。ああ…。


まあ、そうは言っても仕方ありません。雨が降ろうとなんだろうと、計画通りに旅行の日程をこなします。と言うことでまずは朝食。宿での朝食はごく普通の温泉宿の朝食と言った感じ。でもこれが妙に美味しく感じるんですよね。

普段全く朝食なんて取らないのに、ご飯おかわりとかしちゃいましたもんw


さて、朝ごはんも食べて出発。時間は9時前。雨降りなので傘をどうしよう…そう思っていたら、宿のおばちゃんがビニール傘を差し出してくれました。かなりボロボロの傘だったけどwでもこれは凄い助かる!! なにしろ周りにコンビニなんて無いですし、傘を買える店が近くにあるかどうか…。

今回泊まった「舘乃湯」。正直、最初たどり着いた時の印象は微妙でしたけどwでも総合的にはなかなか良いお宿でした。ご飯美味しかったですし、この古さ素朴さも良い味わいかな、と。


さて、まずはタクシーに乗って湯野上温泉の駅へ。

201009_nikkoaizu_36

駅の待合室では、なんと囲炉裏に火が起こっていました。寒いからサービス…なのかな?そう、寒いんです。雨が降って気温が下がってしまったのでしょうね。昨日よりも一層冷え込んでいるのを感じます。本当に長袖着てきて良かった…。

待合室、囲炉裏だけじゃなくってその奥に本棚。そして漫画本がびっしり詰まっています。どちらかと言うと青年漫画が主な感じ。「きらら」系作品寄付してレパートリー増やしてあげようかとか思ってしまいましたw


201009_nikkoaizu_37

それと駅構内にはこんな売店もあります。会津特産品の土産やお菓子なんかが売られていますね。


≫ "2010年9月・日光・南会津の旅(5) " の続きを読む...
2010年9月・日光・南会津の旅(4)
2010年 09月 19日 (日) 23:54 | 編集
- 湯野上温泉での一夜 -

AIZUマウントエクスプレスは16時45分に湯野上温泉に到着。ここで降ります。素晴らしい旅を提供してくれた、この素敵な車両との別れを惜しみつつ…。


さて、湯野上温泉駅は、こんな藁ぶき屋根の駅舎が特徴の駅。

201009_nikkoaizu_26

ここが最寄駅となっている「大内宿」に合わせた駅舎と言うことなのでしょう。


さて、ここから宿へと向かうのですが…行き方がよく分からない。宿に電話してみると、車で迎えに来てくれました。宿の人の運転の車に乗って、駅から5分もしないうちに到着。

201009_nikkoaizu_27

ここが本日の宿「舘乃湯」。こじんまりした宿で、旅館と言うよりは民宿と言った風情。


201009_nikkoaizu_28

部屋は純和室。造りはやや古め。窓が網戸にしてあって、天然の風がなかなかに心地良いです。

ところでこの宿。部屋には風呂はおろかトイレもありません。トイレは共同。古い温泉宿ではたまにありますよね。それ位なら別に驚かないですが、例えばバスタオルが部屋に無く別料金だったり、あとヒゲ剃りを自販機で買おうと思ったら自販機自体が壊れていたり…。

アメニティ面が若干心配になってきますw
(でもヒゲ剃りは宿の方に言ったら無料で頂けましたが)


まあでもとにかく、折角来たのだからまずは温泉へ。温泉は内風呂と露天とあって、内風呂は若干温度が高め。露天はぬるめのお湯で解放感は抜群。他に客の姿も無く、歌なんぞ歌ってのんびり入ってしまいますw

旅先で広い湯に浸かるのってなんとも言えなく気持ち良くってイイですよねぇ。

≫ "2010年9月・日光・南会津の旅(4) " の続きを読む...
2010年9月・日光・南会津の旅(3)
2010年 09月 18日 (土) 19:43 | 編集
- AIZUマウントエクスプレスは最高!! -

さて、日光観光を終え、時間はお昼の13時半ごろ。駅へと戻り、東武鉄道に乗って下今市経由で鬼怒川温泉へと向かいます。

途中、列車の中でお昼食べたりしながら、鬼怒川温泉に14時40分に到着。ここからいよいよこの旅のメインとも言える、快速「AIZUマウントエクスプレス」に乗車します。


このAIZUマウントエクスプレス、鬼怒川温泉から野岩鉄道・会津鉄道を抜けてJR磐越西線の会津若松(土日は喜多方)まで足を延ばす、会津鉄道自慢の快速列車。

以前は元・名鉄の「北アルプス」ことキハ8500系気動車が使われていたのだけれど、老朽化に伴って引退。そして今年の5月からは会津鉄道が新車として製造した車両が走っています。


駅で待つことしばらく。15時頃、AIZUマウントエクスプレスがホームへとやって来ました。


201009_nikkoaizu_15

これが新生・AIZUマウントエクスプレス。車両はAT-700とAT-750の二両編成。真っ赤な車体がなんとも鮮烈な印象を植え付けます。


201009_nikkoaizu_16

車体横には「あかべぇ」の姿もあります。
≫ "2010年9月・日光・南会津の旅(3) " の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...