2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(7)
2011年 02月 09日 (水) 01:13 | 編集
- 旅の終わりに -

キハ58に別れを告げ、まずはここで軽く昼食。ホームの蕎麦屋で天ぷらそばを頼みます。…ええ、昨日と全く同じパターンですねw

ところでこの日は朝から雪が凄かったのですが、その影響で新潟方面からの列車が全て遅れているのだとか。僕が乗る予定だった特急列車も相当に遅れていていつやって来るのか分からない状況…なので、とりあえずやって来た普通列車に乗り込みます。


車両は413系。

201101hokuriku67

201101hokuriku68

急行型車両の台車に、近郊型の車体を新製して載せたと言う車両。一応「近郊型」ではあるものの扉数が2扉なので、車内がちょっと広々として急行型に近い印象も受けます。


乗っていると途中の停車駅で、「後続の特急退避」のアナウンス…。

しまった、富山で特急待つべきだったか…と思ったのですが、結局特急列車はやって来ずにそのまま出発。なんだったんだ…?もう現場も何がなんだかわからない程にダイヤ乱れていると言うことでしょうか。


この普通列車は高岡止まり。と言うことでここで列車を待ちます。

≫ "2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(7) " の続きを読む...
2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(6)
2011年 02月 07日 (月) 15:13 | 編集
- キハ58との最後の旅(2日目) -

1/20(木)。今回の北陸旅行も今日が最終日。

昨日同様に早起きします。朝6時前には起床し、そして6時半にはホテルを出て富山駅へ…。そう、今回の旅の目的であるキハ58と一緒に過ごす時間。その為だけに。


天候は昨日よりもかなり悪い感じで、降りしきる雪がときおり吹雪の様になります。そんな雪が叩きつけるホームにキハ58は今日も待っていてくれました。

201101hokuriku56

車両は昨日と同じく、高岡色パノラミックウインドウのキハ58-1114。


と言うことは相方は当然、高岡色のキハ28-2346。

201101hokuriku57

そしてこの顔を見て下さい。前面一面に貼りついた雪…。いかに本日の天候が厳しいかを物語っているかの様です。


最後のキハ58。その姿をしっかりこの目に、心に焼き付けようとホームをぐるぐる周り、そして写真を何枚も何枚も撮り…。

そうしているうちにいつの間にか僕のダウンジャケットも雪まみれに。仮にもホームにはきちんと屋根あるのに、そんなのお構いなしで横から殴りつけてくる猛吹雪。今日の天候、本当にかなりヤバイ感じがします…。


≫ "2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(6)" の続きを読む...
2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(5)
2011年 02月 02日 (水) 01:11 | 編集
- 魚津にて美食の夜 -

富山へ戻り、とりあえずはちょっとホテルで休憩。ちなみにホテルは昨日も泊まった「アルファワン」。こんな感じのごく普通のビジネスホテルです。

201101hokuriku46

201101hokuriku47

部屋は綺麗だけれどお世辞にも広いとは言えない感じ。だけど、男一人で泊まる分には全然充分でしょう。値段が安いのと、それでいて大浴場付きなのが今回ここのホテルを選んだ決め手でした。


旅行は、例えば温泉宿に泊まってのんびりくつろいで、出される夕食を愉しむのもいいけれど、でもこういうビジネスホテルに泊まって自分で地元の居酒屋なんかに飲みに行く方が好きなものが食べられて良いかもな、なんて最近は思います。


ホテルで1時間ほど休んで、時間が17時を回った頃。再び出発です。今日はこの辺りの飲み屋じゃあなく、ちょっと足を伸ばして魚津まで行くことにします。

201101hokuriku48

富山駅でやって来た普通列車は元急行型の475系。北陸地区って本当に国鉄型車両の宝庫ですよね。だけどこの光景も、たぶんあと数年で見られなくなっちゃうんだろうなぁ…。

ところでこの475系。車内の暖房が効き過ぎてて暑かった位でしたwでも寒い雪国だけにこれ位に効いてた方がありがたいかもですね。と言うか僕の地元の某名鉄とかに見習ってもらいたい位です。暖房ケチり過ぎなんだよなあの鉄道会社…。

≫ "2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(5)" の続きを読む...
2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(4)
2011年 01月 28日 (金) 14:31 | 編集
- 富山の鉄道乗りつぶし・ああ食パン電車よ -

キハ58に別れを告げ…そう言えば朝から何も食べていなかったことに気付きここでかなり遅めの朝食と言うか早めの昼食タイム。ホームの駅蕎麦で簡単に済ませちゃいますw

まあ昨日の夜散々美味いもん食いましたし今夜もたくさん飲み食いしちゃうでしょうし。だからせめてお昼くらいは軽めのものにしておきませんと、ね。


駅蕎麦で腹ごしらえして、その後まず向ったのは富山駅北口。ここから富山ライトレール・ポートラムに乗ってみようと思います。

実を言うとこのポートラム、前に富山に来た時にも乗ったことあったんですけどね。でもその時は途中駅で降りちゃったんですよ。今回はせっかくなんで終点まで乗り倒してみます。

201101hokuriku37

これがポートラム。色々なカラーリングの車両が走っているんですが、僕の一番好きな色・グリーンの車両がやってきたのがちょっと嬉しいw


201101hokuriku38

ポートラム車内。路面電車なんだけれどクロスシート中心なので結構快適なのです。


さて、富山駅北を出たポートラムはまず道路の中をゆっくりと走って行きます。いかにも路面電車と言った趣き。だけどそれは昔ながらの懐かしの…と言う感じではなく、新世代の交通機関としての「新しい路面電車」の姿ですね。

しかし「路面電車」なのはわずか2駅ほどの間だけ。あとはもう専用軌道へと入って行きます。そしてこのポートラム、意外と乗客が多いんですよね。立ち客が出る程じゃあないんだけれど、あちこちの駅で乗降が絶えません。

確実に「地元の足」として根付いているのが見てて伺えます。地元密着の利便性重視のダイヤの賜物でしょう。これこそがまさに新世代の公共交通機関のあるべき姿。鉄道の明るい未来の姿。その一例がここにはあります。


さて、20分少々の乗車で終点の岩瀬浜へと到着。が…辺りを歩いてみるも何も無く。いや本当は海水浴場とかあるみたいなんですけどね、この雪の降り積もった中海水浴場とか行く人いると思う?w


と言うワケで少し辺りを散策して折り返します。

201101hokuriku39

折り返しには青のポートラムがやってきました。そして富山駅へと戻ります。

≫ "2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(4) " の続きを読む...
2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(3)
2011年 01月 28日 (金) 08:30 | 編集
- キハ58との最後の旅(1日目) -

1/19(水)。早朝に起きて早々とホテルを出て、6時半にはもう富山駅へと降り立ちます。昨日はホテル戻ってからもビールの観直したりとかなり飲んでしまいましたけど…でもなんとか無事に起きられて、二日酔いとかもなく一安心w

高山本線の出る、2番線ホームへと行ってみると…いました、キハ58が!!


201101hokuriku22

今回、僕の旅の相手をしてくれるのは高岡色のキハ58たち。

ちなみにこちらは正確にはキハ58ではなくキハ28。キハ58のエンジン1つ(その代わりに冷房装置用の電源積んでる)ヴァージョンですね。

201101hokuriku25

形式はキハ「28 2346」。


さて、もう一両、高山方面よりの方へと回ってみますと…。


201101hokuriku23


パノラミックウィンドウ車ktkr!!

現役で残ったわずかなキハ58のうち一両に、貴重なパノラミックウィンドウ車が残ったと言うのがなんだか凄いと思いませんか?


201101hokuriku24

ちなみにこちら、形式は「キハ58 1114」。


さあ、車内へと乗りこみましょう。

≫ "2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(3) " の続きを読む...
2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(2)
2011年 01月 24日 (月) 09:21 | 編集
- 雪の飛騨古川、そして富山・美食の夜 -

飛騨古川の駅で降り、町をぶらぶらと散策してみます。

飛騨古川は10年程前に一度訪れたことがあって、「飛騨の小京都」と言われる通りにとても情緒ある町並みだったことを覚えています。


これが雪景色となるとまた別世界。

201101hokuriku11

古い町並みに小川のせせらぎ…そこにしんしんと雪が降り積もって。辺り一面はただただ静寂に覆われて、なんとも言えない風情のある光景が広がります。

そして、風が全く無いせいなのかこんなに雪が積もっているのにまるで寒さを感じません。ただ、足元がつるつると滑るので歩くのに非常に気を使いますがw


201101hokuriku12

大きなお寺のお堂。


201101hokuriku13

こちらは造り酒屋の渡辺酒造店さん。雰囲気のある建物に魅かれて入ってみたら酒造店で、あれこれと日本酒試飲させてもらって…お土産も買ってしまいました。その酒レビューはこちらをどうぞ。

しかし僕…ビールにワインに日本酒と、もう飲み過ぎですよね?w


201101hokuriku14

最後に訪れたのは「飛騨古川まつり会館」。飛騨古川の祭りで使われる山車などが展示され、実際の祭りの様子が立体映像で上映されていたりもします。

この日は僕の入った時、他にお客が全くおらず…その為か係員さんが付きっきりで色々と解説だとかして下さってとても親切でした。展示自体も面白いので飛騨古川を訪れるならば行っておきたいスポットです。


ただ…3Dの立体映像で「はだか祭り」な映像見せられても…屈強な漢(おとこ)達の肌と肌とのぶつかり合いが画面から飛び出して…アッー!!w


飛騨古川で2h程滞在し、再び特急「ひだ」に乗っていよいよ富山を目指します。

≫ "2011年1月・冬の北陸・最後のキハ58に別れを告げる旅(2) " の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...