2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(7)
2011年 12月 05日 (月) 23:17 | 編集
- 京都観光・そして旅の終わりの超ハプニングと -

さて、京アニショップ見学を終え、時間はお昼前。まだ帰るには早過ぎるのでちょっと京都観光でもしてみることとします。

思えば京都は何度も来たことがあるのですが、でも一人で来たのは初めて。当然、一人で京都の街をぶらついてみるのも初めてです。


まずは京阪電車の終点、出町柳の駅へと向かい、そこから叡山電車に乗車。

201111kansai_66

乗ったのは叡山の看板列車「きらら」。これ、展望車輛なんですよね。側面の窓が非常に大きくって、また座席が窓方向を向いて設置されていて景色をよく見える様になっているんですね。

ところで叡山にも実は「けいおん!」電車が走っていたりします。本当はそれに乗りたかったのですがこの日は結局出会うことが出来ず…。


ちなみにその「けいおん!」電車は「きらら」じゃない一般車両が使われているんですが、個人的にはこの「きらら」を「けいおん!」電車にしちゃえば良かったのにって思います。なぜかって?

だってホラ、「けいおん!」原作が載ってる雑誌って「きらら」て名前でしょ。同じきらら繋がりっつーことでww


向ったのは出町柳から3駅か4駅、時間にして10分ほどの修学院駅。

201111kansai_67

何の変哲もない駅と思うなかれ。ホラこの風景、何か見覚えあるでしょ?


「けいおん!」オープニングでムギちゃんが降りて来る駅なんだよここは!!


それが見たくてここまで来たのでしたw


さて。


せっかく修学院の駅まで来てこのまま戻るのも面白くない。と言うことで、何か駅最寄りの名所旧跡でも…と言うことで修学院離宮まで行ってみることにします。

歩いてみるとこれが地味に遠い。それに空は段々と曇って来て、いつしか小雨が降り出してきて身体がひんやりと冷えます…。


そんな中なんとか15分ほど歩いて辿り着いてみるとそこには。



「見学は事前予約が必要」の看板。



Oh…なんと言うことだ。じゃあ俺は一体なんの為にここまで歩いて来たんだ。


これぞまさに骨折り損のくたびれ儲けってヤツですわw


≫ "2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(7)" の続きを読む...
2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(6)
2011年 11月 29日 (火) 15:37 | 編集
- 聖地・京アニショップ訪問 -

さて、中書島で一旦電車を降りた僕。ここで宇治線に乗り換え、木幡と言う駅へと向かいます。そこに何があるのか-そう、そこにはあの「京都アニメーション」の直営ショップがあるのです!!

テレビアニメの「けいおん!」にドハマりしていた(今もしているけどw)僕。その僕にとって制作会社の京都アニメーションが経営するアニメショップ。それはもう「聖地」と言う他ありません。

是非とも一度訪れてみたかったのです。


まずは宇治線の電車に乗車。

201111kansai_51

車両は2600系。ちょっと古めかしい雰囲気の車両です。何と言っても前面のマスクが独特。なかなかないですよね、この左右非対称で、しかも運転台と逆側の窓が開閉式と言うスタイルは。


201111kansai_52

車内はごくオーソドックスなロングシート車と言った雰囲気。


201111kansai_53

でも天井には…昔懐かしいファンデリア。僕、このファンデリアって好きなんですよね。鉄道車両の通風器の中では最も好きだったりします。だけど最近の車両には無いんですよねこれ…。


中書島を出て4駅。時間にして10分ほどで木幡の駅に到着。さあ、ここに僕の目指す京アニショップがあるのです。

≫ "2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(6)" の続きを読む...
2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(5)
2011年 11月 28日 (月) 10:22 | 編集
- 京阪特急「エレガントサルーン」の旅 -

ザ・ビートニクスのライブから一夜明け、11月21日(月)。天気は晴れ。この日は大阪を後にし、京都へと向かいます。

まずはホテルで朝食を済ませ、そして出発。


日本橋の駅へと歩いて向かいますが、その道中でこんな自販機を発見。

201111kansai_39

なんと言う…なんと言う萌え萌えな自販機wwさすがに日本橋。オタクの街だけあります。


自販機正面へと回ると…。

201111kansai_41

ん? 何やら見覚えのある姿が…。



201111kansai_42

「喉が渇いたのかい??
だったらお金を入れてボタンを押せば契…ゲフンゲフン、飲み物が購入できるよ!」




ちょwキュゥべえ何やってんのwww

さりげなく「契約」とか言い掛けてるしこの野郎www



さすがは日本橋。あなどれない…あなどれないぜ!!


≫ "2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(5) " の続きを読む...
2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(4)
2011年 11月 28日 (月) 09:19 | 編集
- ザ・ビートニクスのライブ。そして大阪の夜はお好み焼きで -

関空特急「ラピート」の旅を満喫し、難波へ戻って来たのは16時10分くらい。さて、これからまずはホテルへと向かい、それから今回の旅の一番の目的「ザ・ビートニクス」のライブを観に行きます。

駅のコインロッカーに預けた荷物を取り出し、外へ。ホテルへ向かおうとするもののサッパリ方向が分からずにタクシーを捕まえます。基本、方向音痴なので知らない街でいきなり歩きだすのは危険。


そしてホテルへと向かってもらうものの、道が結構混んでいてあまり進まず。おまけに駅周辺は一方通行だとか多い様でホテルに着くまでに結構な時間がかかってしまいました。

ホテルは「ホテルヒラリーズ」と言う、街中にある小綺麗なホテル。

201111kansai_32

部屋はごく普通のビジネスホテル風ですが、一晩過ごすには充分充分。


ちなみにホテルの場所は難波と日本橋のちょうど中間くらい。日本橋と言えば大阪ではオタクの街として有名なところだったと記憶していますが、その為かホテルの窓からはこんな風景が。

201111kansai_40


でかいガンダム看板www


さて、ホテルでのんびりしているヒマはありません。荷物を部屋に置いて、すぐに出発。これからザ・ビートニクスのライブへと向かいます。

ライブの開演は17時半。今は16時45分…正直時間は全然ありません。


≫ "2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(4)" の続きを読む...
2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(3)
2011年 11月 25日 (金) 00:20 | 編集
- 関空特急「ラピート」を満喫 -

さて、折り返しの「サザン」に乗って和歌山港を後にし、再び難波方面へと向かいます。しかし難波までは行かず、一歩手前の新今宮で下車します。ここでいよいよお待ちかね、南海ご自慢の関空特急「ラピート」へ乗り換え。

なぜ難波じゃなく新今宮で乗り変えたかと言うと、時間の都合なんですね。「サザン」が難波に到着したわずか2分後に「ラピート」が出てしまうので正直乗り換え時間が心もとない。

それを一歩手前の新今宮で乗り換えることにすれば5分以上時間が取れて安心、と。


さて、新今宮で「サザン」と別れ待つことしばし。やって来ました「ラピート」!!


201111kansai_20



お…おおおなんじゃこりゃカッコイイ!!


この「ラピート」こと50000系車両。登場当初は話題にもなりましたし未だ有名な存在ですから僕も雑誌やネットで姿は何度も見ています。が、実物は迫力が違う。まさに鉄仮面。まさに鉄人28号!!


思えばこの「ラピート」、ずっとずっと乗りたいなぁと思っていた車両の一つでした。以前東京へ赴任する前にも何度か大阪遊びに行くことがあって、その都度乗ろう乗ろうと思っていたもののなかなか都合がつかず…。

ようやく今回乗れることとなったのです。ホント、10年以上越しの恋がかなった気分w


さあ、いよいよ「ラピート」でのショートトリップのスタートです!!

≫ "2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(3)" の続きを読む...
2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(2)
2011年 11月 24日 (木) 11:16 | 編集
- 南海特急「サザン」乗車体験 -

近鉄の難波駅を後にし、駅構内の通路をずっと歩いて…さあやって参りました南海の難波駅。

201111kansai_07

今日の目的は夕方のザ・ビートニクスのライブなワケなんですが、それまでまだまだ時間はたっぷりあります。今から南海電車に乗って久々の乗り鉄満喫してしまおうというワケなんです。


コインロッカーを探して荷物を預け、そして切符を買ってホームへ。

本当はここで11時30分発の空港特急「ラピート」に乗るつもりだったのですが、ロッカー探したりとかしてる間に乗り逃がしてしまったのでその後の和歌山行きの特急「サザン」に乗ることにします。

「ラピート」はまた後の楽しみに…。


ホームに停車中の特急「サザン」。

201111kansai_08

なんですが、僕が乗るのはこっちの車両じゃあない。「サザン」は8両編成で、難波寄り4両が通勤車両使用の自由席、和歌山寄り4両が特急用車両使用の指定席となっています。

こちらは自由席ですね。4扉ロングシートの、ごくごく一般的な通勤電車です。

≫ "2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(2)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...