2012年2月・KTRとズワイガニの旅(6)
2012年 03月 02日 (金) 14:20 | 編集
- 大雪・天橋立は素晴らしかったけど旅の最後が締まらない -

2月18日(土)。今回の旅二日目です。朝ゆっくりと起床してまずは朝食。昨夜ズワイガニと日本酒で楽しんだ、宿内の食事処へ向かいます。

2012ktr_054

朝から色々とたくさん出て来ます。ごはんにお味噌汁、干物に湯豆腐…。民宿や旅館によくある典型的な和朝食と言えばそうなんですが、どれもとても美味しい。

僕は普段は朝ご飯なんて全く食べないのですが、美味しくて食が進みます。

そしてご主人と色々会話。実は昨夜、夕食を頂いていた時にご主人に列車で行ける造り酒屋の情報だとか教えてもらってたんですよ。なんでも豊岡方面の甲山と言う駅近くにある酒造会社さんが良いのだとか。

元々、この日は一日乗り鉄して帰ろうと思ってたんですね。午前中は豊岡方面へと向かうつもりだったのでじゃあちょうど良い、予定に組み込んでしまえと。


そのつもりだったのが、ご主人曰く「豊岡方面は雪が深いから止めた方が良いかもしれない」とのこと。どうやら昨晩のうちに相当に雪が酷くなっていたらしく、北近畿タンゴ鉄道も朝から列車の遅れや運休が出ているらしいです。

それを聞いて予定を急遽組み直すことに…。確かに、豊岡方面は天橋立よりももっとずっと雪が深いんですよね。それは昨日タンゴディスカバリーに乗っていた時にも感じました。

となると、豊岡へ向かうのは危険。ヘタすると途中で列車が運休となって帰ることすらできくなる…なんてことも本気でありえます。


どうしようか考えているとご主人より提案。「雪の天橋立を観てきたら?」と。

昨晩の雪で天橋立が物凄く綺麗になっているんじゃないかとのこと。どうせ大雪の中に来てしまったのなら、その状況を楽しんでしまった方が良いんじゃないかと言うことです。


それもそうだなと気を取り直し、まずは天橋立を観に行ってみることにします。

≫ "2012年2月・KTRとズワイガニの旅(6) " の続きを読む...
2012年2月・KTRとズワイガニの旅(5)
2012年 02月 28日 (火) 09:33 | 編集
- 酒鮮の宿まるやすでの一夜 -

北近畿タンゴ鉄道の「けいおん!」気動車・雪の天橋立・タンゴディスカバリー号と堪能してこの日の予定は全て終了。いや…一番の大目的がまだ残っています。

そう、それは日本海の冬の味覚・ズワイガニ(松葉ガニ)を味わうこと。


さあ、まずは宿へチェックイン。

2012ktr_040

今回お邪魔したのはこちらのお宿。「酒鮮の宿まるやす」。

一見、どこにでもある普通の民宿と言った趣きなのですが、ところがそうじゃない。「酒鮮の宿」となんとも変わった名前が付いていますが、「酒鮮」とは「酒仙」と「新鮮」とを掛け合わせた造語とのこと。

僕はたまたま、天橋立で良さそうな宿をネットで探していて見つけたのですが、宿のページを見るにこの宿、酒に詳しいこだわりのご主人(酒匠の資格所有)が、地元の美味い魚に美味いお酒を合わせてくれる…と、酒も魚も大好きな僕としてはこれはもう行ってみるしかないじゃありませんか!!


まずは中へとお邪魔します。

2012ktr_041

民宿だけあってこじんまりとした造りですが、しかし非常に綺麗に手入れされています。手前にある本棚には漫画本がびっしり。滞在中の楽しみにどうぞと言うことですね。


お部屋はこんな感じ。

2012ktr_042

純和室ですね。コタツがあると言うのがまたいい感じ。なんと言うか、非常に「正しい日本の冬の部屋」そんな様相の客室です。

ちなみに僕の泊まったこの部屋、なんとトレインビューの部屋。窓を見るとそこはちょうど天橋立の駅。たまに列車の汽笛の音なんかが聴こえてきて…なんともいい部屋じゃないですか。

また、僕が部屋に案内された時、部屋にはすでに暖房が効かせてあって、ぽかぽかととても暖かくなっていました。雪の降り積もる寒い中、こういう心遣いは本当にありがたいことだと思います。


さて、お楽しみの夕食…の前にまずはお風呂へ。天橋立と言えば温泉もあるところですがこの宿には内湯はありません。その代わり、歩いて1分のところに「天橋立 智恵の湯」と言う公共の温泉施設があるのでそちらを案内されます。

宿で割引券を頂いてそちらの湯へ。露天風呂へと入ってみるとこれが実にキモチいい。

風呂の端っこへ行って湯に横たわって顔だけ出して浸かっていると、顔に冷たい雪が当たるんだけれど、身体は湯の中で暖かくてそこへ顔に当たる雪がほどよくクールダウンしてくれて…ああ、いつまでも浸かりたくなってしまいますねえ。

またこの温泉。駅間近と言うこともあって列車の行きかう音が聴こえます。気動車のアイドリング音を楽しみながら浸かる露天風呂。なんとも素晴らしいじゃないですか。


温泉を満喫し、再び宿へ。さあ、いよいよお待ちかねの夕食です!!

≫ "2012年2月・KTRとズワイガニの旅(5)" の続きを読む...
2012年2月・KTRとズワイガニの旅(4)
2012年 02月 26日 (日) 22:58 | 編集
- 雪の天橋立とタンゴディスカバリーと -

さて、今回の旅の目的の一つ・「けいおん!」気動車も満喫したので、ここでちょっと天橋立観光といってみることにします。

駅を出て、雪のちらつく中を船着き場へ。

2012ktr_030

ここから出ている観光船に乗りこみます。船に揺られること約20分。一の宮桟橋で降りて数分歩くと神社があります。そしてその神社の奥にケーブルカーの乗り場があります。


2012ktr_031

本当に神社の境内の奥にあるんですよね、このケーブルカーの乗り場。歩いて向ううちに「本当に乗り場あるんだろうか?」と心配になりますが、でも本当にあるんですw


ケーブルカーに乗って5分ほど。山頂の傘松公園に到着です。天橋立は周りに幾つものビュースポットがありますが、この傘松公園のそのうちの一つ。

この日は曇りがちでときおり雪が吹雪くと言う天候で、正直景観はあまり望めないかも…と思っていました。確かに景色全体にもやがかった様な感じになっています。

が、たまにそのもやが途切れて、一本に延びた天橋立のその雄姿が拝める瞬間があって…。

2012ktr_032

その、姿が見えた一瞬は正直感動すら覚えました。

真冬の悪天候だからこその、たまにしか見えないからこその良さ。まるで墨絵を思わせるわびさびの世界観。ここまで上がって来た甲斐があったと、そう思わせる光景でした。

≫ "2012年2月・KTRとズワイガニの旅(4)" の続きを読む...
2012年2月・KTRとズワイガニの旅(3)
2012年 02月 24日 (金) 11:35 | 編集
- 北近畿タンゴ鉄道・けいおん!気動車の旅(後編) -

乗り込んでみた「けいおん!」気動車の車内。

2012ktr_014

一見、普通そうに見える車内ですが、もちろん全然普通じゃない。普通じゃないよ!!


天井に目をやるとそこには…。

2012ktr_015

びっしりと貼りだされた「何か」。

これ、「けいおん!」劇場版の色々なシーンがそのまま貼りだされてるんですよね。


≫ "2012年2月・KTRとズワイガニの旅(3) " の続きを読む...
2012年2月・KTRとズワイガニの旅(2)
2012年 02月 24日 (金) 10:22 | 編集
- 北近畿タンゴ鉄道・けいおん!気動車の旅(前編) -

さて、西舞鶴駅でいよいよ北近畿タンゴ鉄道へと乗り換えます。

僕が乗るのは10時29分発の普通「タンゴ悠遊」1号。この「タンゴ悠遊」号、普通列車ながらも観光列車の意味合いのある列車なんですね。

北近畿タンゴ鉄道沿線には風景の良い場所・名所が幾つかあるんですが、そういった場所で留まったりゆっくり徐行したりして車窓を楽しませてくれる、そういう列車なんです。


そして今回のこの「タンゴ悠遊」1号、単なる「タンゴ悠遊」じゃあない。





そう。そうなんです。





2012ktr_006a





「けいおん!」気動車キタ━━━━!!!




これですこれ…これに乗る為に今回わざわざここまでやって来たんだよ!!




この「けいおん!」気動車、「タンゴ悠遊」運用に入る時は特製ヘッドマーク付き。


2012ktr_007a



頑張り過ぎだ…頑張り過ぎだぜ北近畿タンゴ鉄道さんよぉ!!!


≫ "2012年2月・KTRとズワイガニの旅(2) " の続きを読む...
2012年2月・KTRとズワイガニの旅(1)
2012年 02月 24日 (金) 09:28 | 編集
- 旅立ち・北近畿へと向かう旅路 -

2012年2月17日(金)・18日(土)と北近畿・天橋立まで旅をしてきました。

目的は北近畿タンゴ鉄道に乗ることと冬の日本海の美味・ズワイガニを食すこと。


前日まで東京出張でその直後の旅行、また行ってみたら雪深くて色々大変なことになったりとなかなかに疲れた旅行でしたが、でも色々と濃い楽しい旅でした。

以下、その旅の想い出なんかを綴っていこうと思います。


**********************************************************


2012年2月17日(金)、名古屋の天気は晴れ。

前日までの東京出張だとか仕事で色々あって忙しい中、それでも連休が取れてしまったので急遽計画して行くことにした今回の旅行。大きな目的は二つあります。


一つは北近畿タンゴ鉄道に乗ること。第三セクターの中でも専用の特急車両を持っていたりとちょっと変わった毛色のこの路線、実はまだ乗ったことが無かったんですよね。

そして、この北近畿タンゴ鉄道が期間限定で「けいおん!」列車を走らせているとのこと。しかもその期日がちょうど今回取れた連休の直後まで。じゃあもうこれは乗りに行くしかないじゃないか!!

そんなノリっで急遽行くことに決めてしまったと言うのが本当のところだったりしますw


もう一つの目的は冬の日本海を代表する美味・ズワイガニを食すこと。これについては元々は考えてはいませんでした。

が、行くことを計画し宿を探していた時。ちょっと他とは違う面白そうな宿を見つけてしまったんですよね。で、その宿のプランを見ると当然、ズワイガニのプランもある。

じゃあどうせ行くんなら奮発してズワイガニ食べてしまえ!!と、これもまたそんなノリで今回の目的の中に含めてしまいましたw

そんなノリだけで決めた今回の旅、果たしてどんなものになるのか…。


まずは新幹線で名古屋から京都へと向かいます。名古屋からほんの35分ほどで京都到着。京都って自分が子供の頃は結構遠いイメージありましたが…今となっては近いもんですねぇ。

京都に着いたのは朝の8時半。ここからいよいよ、北近畿地方へと向かいます。


僕の乗る列車は東舞鶴行きの特急「まいづる」1号。

2012ktr_001

車両は最新型の287系。

683系「サンダーバード」や285系「サンライズ」の系統を組む顔立ち。ああ、JR西日本の正統を引き継ぐ特急列車と言う印象ですね。

さあ、この列車に乗って、いよいよここからが旅の始まりです!!

≫ "2012年2月・KTRとズワイガニの旅(1)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...