ドイツ・リンゲンフェルダーのゲヴュルツトラミナー。
2018年 06月 18日 (月) 20:43 | 編集
昨日・一昨日と連休でした。土日に連休だなんて非常に珍しい、貴重な休みだったなぁ…と。まあ二日間とも家にこもってだらだらとゲームとかやってただけなんですがw

さて、そんな連休の初日に開けたワインの感想日記でも。


「LINGENFEDER GEWURZTRAMINER 2016」
(リンゲンフェルダー・ゲヴュルツトラミナー)

WINE_20180616_01s

WINE_20180616_02s

葡萄屋さんで買ったワインで、ドイツのゲヴュルツトラミネールですね。この品種は大好きで世界各国あちこちのを色々試していますけど、でもそう言えばドイツのゲヴュルツってあまり飲んだことなかったっけ…と買ってみました。

このワイン、裏ラベルに「ゲヴュルツトラミナー」とありますが、フランス語読みだと「トラミネール」でドイツ語読みだと「トラミナー」てことなんでしょうかね。

個人的にドイツの白ワインはどうも甘くて苦手だったりするのですが、逆にこの品種ならばその甘さが良い方向に作用するのではないかな…とちょっと期待。

ちなみにお値段の方は1650円。それにしてもラベルが綺麗ですね、このワイン。ドイツワインって結構印象的なラベルのものが多い様な気がします。

≫ "ドイツ・リンゲンフェルダーのゲヴュルツトラミナー。" の続きを読む...
イスラエル・ヤルデンのピノ・グリ。
2018年 06月 15日 (金) 22:08 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「YARDEN PINOT GRIS 2017」
(ヤルデン・ピノ・グリ)

WINE_20180613_01s

WINE_20180613_02s

この間は葡萄屋さんで買ったイスラエル・ヤルデンのゲヴュルツトラミネールを試しましたが、今回は同じヤルデンのピノ・グリです。

ピノ・グリも今や色々な国、地域で造られていますが、果たしてイスラエル産のピノ・グリはどんな感じなのでしょうか。先日のゲヴュルツトラミネールがとても美味しかっただけに期待が高まります。

ちなみにお値段はゲヴュルツと同じく2,750円でした。

ところでイスラエルのワインについて色々とネットで調べていたら…なんと世の中にはヤルデン専門のショップなるものもあるみたいですね。イスラエルワイン専門店ならまだ分かりますが、ヤルデン専門店ってあまりにも狙いがニッチ過ぎる…w

≫ "イスラエル・ヤルデンのピノ・グリ。" の続きを読む...
イスラエル・ヤルデンのゲヴュルツトラミネール。
2018年 06月 12日 (火) 22:03 | 編集
では、先週末のお休みの夜に開けたワインの感想日記でも行ってみましょうか。


「YARDEN GEWURZTRAMINER 2016」
(ヤルデン・ゲヴュルツトラミネール)

WINE_20180609_01s

WINE_20180609_02s

葡萄屋さんで買ったワインで、なんとイスラエルのゲヴュルツトラミネール!!

ゲヴュルツは大好きな品種であれこれ買って試してますけど、でもイスラエル産のものは初めて。と言うかイスラエルのワイン自体が初めてですね。果たしてこのゲヴュルツはアルザスみたいなこってり系なのか、それとも新大陸系のさっぱり系なのか…。

ちなみにお値段は2750円とそれなりのお値段がしましたw

≫ "イスラエル・ヤルデンのゲヴュルツトラミネール。" の続きを読む...
お値打ちな仏・プロヴァンス産のロゼ・スパークリング。
2018年 06月 05日 (火) 09:00 | 編集
では、先日の休みの日に開けたワインの感想日記でも。今回はスパークリングですね。


「BARON DE BREBAN BRUT ROSE 2016」
(バロン・ド・ブルバン ブリュット ロゼ)

WINE_20180601_01s

WINE_20180601_02s

葡萄屋さんで買ったフランス、プロヴァンス地方のロゼ・スパークリングでピノ・ノワール100%で造られたロゼとのことです。

ピノノワ100%のスパークリングもなかなか珍しい気がしますよね。それもロゼとか。

ちなみにお値段は1290円。フランスの泡って高いイメージありますけど、シャンパーニュを外して選べば結構お値打ちなものがたくさんありますよねw

≫ "お値打ちな仏・プロヴァンス産のロゼ・スパークリング。" の続きを読む...
なかなかに珍しい?ドイツのソーヴィニヨン・ブラン。
2018年 06月 01日 (金) 08:24 | 編集
では、今週頭の休みの日に開けたワインの感想日記でも。

段々と春というよりは初夏という感じになって、気温も湿度もあがってきて…こうなるとワインもさっぱり爽やか系のものが欲しくなりますよね。例えばソーヴィニヨン・ブランとか。

と言うことで今回は、地元のショッピングセンターで見つけたこのワインを。


「MAYBACH SAUVIGNON BLANC 2014」
(マイバッハ・ソーヴィニヨン・ブラン)

WINE_20180528_01s

WINE_20180528_02s

ソーヴィニヨン・ブランはソーヴィニヨン・ブランでも、なんとドイツのソーヴィニヨン・ブラン!!

ドイツの白と言えばまずはリースリング、あとはケルナーとかシルヴァーナとかその辺りのイメージが強いですが、ソーヴィニヨン・ブランなんかも造っていたんですね…初めて知りましたわ。

ドイツの白ワインは個人的には割と甘口、あるいは中辛口のものが多いイメージがありますが、果たしてドイツのソーヴィニヨン・ブランは一体どんなお味なのでしょうか…?

ちなみにお値段は1180円。まあまあリーズナブルですね。

≫ "なかなかに珍しい?ドイツのソーヴィニヨン・ブラン。" の続きを読む...
トルコのスパークリングワイン。
2018年 05月 17日 (木) 22:07 | 編集
さて、月曜に引き続き飛び石で昨日もお休みだったのですが…昨夜飲んだワインの感想日記でも。

真にどうでも良い話ですが、実は明日・明後日も連休だったりするので、今週はなんか休んでばかりの一週間だったなぁと言う感じではあります…w


「KAVAKLIDERE BRUT」
(カヴァクリデレ ブリュット)

WINE_20180516_01s

WINE_20180516_02s

葡萄屋さんで買った、トルコのスパークリングワインになります。

品種はエミル種100%と、トルコの地場品種で造られていますね。トルコのスパークリングワインも初めてだし、当然エミル種のスパークリングワインも初めて。一体どんな雰囲気なのか想像がつきません。

ちなみに製造方法はシャルマ方式だとか。お値段の方は2,490円。これもまた結構な良いお値段ですね…w

≫ "トルコのスパークリングワイン。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...