アーサーメッツ・アルザスのブレンドワイン。
2017年 04月 18日 (火) 22:18 | 編集
では、一昨日の夜に開けたワインの感想日記を。

一昨日も、前にビックカメラ酒販でまとめ買いしたアルザスワインの中からのチョイス。


ARTHUR METZ ALSACE 2014」
(アーサーメッツ・アルザス)

WINE_20170416_01s

WINE_20170416_02s

「アルザス」と書かれたアーサーメッツのワイン。普通、アルザスのワインってラベルに品種名を明記することが多いのですがこれは「アルザス」とだけ。変わっています。

要はブレンドのワインですね。アルザスには単一品種でなく数種をブレンドして造られたワインもありますが、このワインもそういうワイン。裏ラベルを見ると使用品種が書かれています。

どうやらミュスカ、シルヴァネール、ピノ・ブランそしてリースリングをブレンドしているみたいですね。ちなみにお値段は1,598円。この時まとめ書いしたワインの中では最も安かった一本だったりします。

≫ "アーサーメッツ・アルザスのブレンドワイン。" の続きを読む...
アルザス・ヒューゲルのピノ・ブラン。
2017年 04月 15日 (土) 22:02 | 編集
では、一昨日の夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。

一昨日は、少し前にビックカメラ酒販でまとめ買いしたアルザスワインの中からチョイス。


「PINOT BLANC HUGEL BLANC de BLANCS 2012」
(ヒューゲル アルザス ピノ・ブラン)

WINE_20170413_01s

WINE_20170413_02s

アルザスでは有名な造り手の一つ、ヒューゲルのピノ・ブラン。お値段は2,138円。

さて、ピノ・ブランと言うと自分の中では、アルザスでよく使われる品種の中でも他の品種、ゲヴュルツトラミネールやリースリング、ピノ・グリなんかと比べてイマイチ掴みどころの無い品種と言う印象があります。

果たしてこのワインはどんな感じでしょうか…?

≫ "アルザス・ヒューゲルのピノ・ブラン。" の続きを読む...
シャルドネ単一で造られたスパークリング。
2017年 04月 11日 (火) 20:07 | 編集
さて、それでは一昨日の夜に開けたワインの感想日記、行ってみるとしましょうか。


前回のワイン日記ではちょっと変わったスパークリングワインについて触れましたが、今回もまた前回に引き続いて、ちょっと変わったスパークリングワインを飲んでみました。


LOUIS DES VICOMTE CHARDONNAY SPARKLING WINE」
(ルイ・ドゥ・ヴィコント・シャルドネ)

WINE_20170409_02s

WINE_20170409_01s

地元のショッピングセンター内のCALDIで見つけたもので、値段は1490円。

フランスのスパークリングワインなんですがこれ、ラベルにある様にシャルドネ単一で造られたスパークリングワインなんですよね。シャルドネと言えば全世界的に有名な葡萄品種で、生産量・知名度共に白ワインの王とでも呼ぶべき品種。

スパークリングワインの品種としても、他の品種と混ぜて補助的に使われていたりすることはよくありますが、でもこうやってシャルドネ「のみ」を前面に押し出して造られたスパークリングと言うのはかなり珍しいのではないかと。少なくとも僕は初めて見ました。

≫ "シャルドネ単一で造られたスパークリング。" の続きを読む...
ちょっと変わり種、ピノ・グリージョのスプマンテ。
2017年 04月 06日 (木) 22:11 | 編集
では、一昨日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


一昨日はちょっと変わったワインを開けました。

「LA JARA ORGANIC PINOT GRIGIO ROSE」
(ラ・ジャラ ピノ・グリージョ・ロゼ スプマンテ)

WINE_20170404_01s

WINE_20170404_02s

ビックカメラ酒販で少し前にアルザスワインをあれこれ買った時に一緒に買ったもの。これはアルザスじゃなくてイタリアですが、品種がピノ・グリージョ(ピノ・グリ)と言うことでアルザスゆかりの品種だから一緒に買ってしまえ、とw

それにしてもこれは珍しいですね。ピノ・グリージョのスプマンテ。しかもロゼと言う。ちなみにお値段は1814円でした。

≫ "ちょっと変わり種、ピノ・グリージョのスプマンテ。" の続きを読む...
北海道産・バッカス種のワイン。
2017年 03月 29日 (水) 22:10 | 編集
では、こないだの日曜日の夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。

先日は久々に日本産のワインを開けました。それも北海道のワイン。北海道のワイン自体、飲んだことがほとんどありません。


サッポロビール株式会社の「グランポレール北海道バッカス2015」

WINE_20170326_01s

WINE_20170326_02s

ラベルには「北海道限定」てありますけど、地元のショッピングセンターで普通に売られていました。ちなみに値段は1490円。

北海道のワイン自体飲んだ経験があまりないのですが、その中でもバッカス種は恐らく初。このバッカスと言う品種、なんでもシルバーナとリースリングを交配したものに、ミュラー・トゥルガウを交配させて生まれた葡萄らしいですね。ドイツで主に造られているのだとか。

≫ "北海道産・バッカス種のワイン。" の続きを読む...
クジラの瓶が印象的なオーストラリアのソーヴィニヨン・ブラン。
2017年 03月 14日 (火) 21:55 | 編集
では、こないだのお休みの日・先週の土曜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「THE HIDDEN SEA SAUVIGNON BLANC 2014」
(ザ・ヒドゥンシー・ソーヴィニヨン・ブラン)

WINE_20170311_02s

WINE_20170311_01s

オーストラリアのソーヴィニヨン・ブラン。このワイン、結構前に地元のショッピングセンターでおつとめ品として安くなってたのを買ったものの、ずっと忘れてそのまま放置していたものw

ちなみにお値段は、元々が2000円ちょいだったのが1509円になってました。

それにしてもこのワイン、瓶が実に印象的ですね。普通、ワインのボトルって紙のラベルが貼り付けられているものが多いのですがこのワインは瓶に直に銘柄等がペイントされています。

そしてなんと言ってもクジラ(マッコウクジラ?)のイラストが目を引きますね。とてもインパクトのあるボトルです。

≫ "クジラの瓶が印象的なオーストラリアのソーヴィニヨン・ブラン。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...