オーストラリア・ストーンブリッジのピノ・グリ。
2018年 02月 19日 (月) 21:54 | 編集
では、先週末に飲んだワインの感想日記行ってみましょうか。


「STONE BRIDGE PINOT GRIS 2014」
(ストーンブリッジ・ピノ・グリ)

WINE_20180217_01s

WINE_20180217_02s

地元の酒屋ビックで買ったオーストラリアのピノ・グリ。ピノ・グリと言うと本場はフランスのアルザスで、あとはイタリア(ピノ・グリージョ)が有名ですが、他の国でも結構作られているんですよね。

でもそう言えば、ニューワールド系のピノ・グリってあまり飲んだことなかったなぁ…と。好きな品種なんですけどね。ちなみにお値段は2,246円。僕が買うワインにしてはまあまあのお値段しますねw

≫ "オーストラリア・ストーンブリッジのピノ・グリ。" の続きを読む...
ジョージア(グルジア)のスパークリングワイン。
2018年 02月 16日 (金) 22:02 | 編集
では、先日の火曜の休みの夜に開けたワインの感想日記を。

今回はちょっと変わりダネのスパークリングワインです。


「Old Tbilisi Sparkling Brut」
(オールドトビリシ スパークリング ブリュット)

WINE_20180213_01s

WINE_20180213_02s

葡萄屋さんの年末のスパークリングワインフェアの時に買っておいたもの。

これ、ジョージア(グルジア)のスパークリングワインなんですよね。品種はルカツィテリ100%。

ジョージアのワイン、そしてルカツィテリのワインはこの葡萄屋さんで買ってスティルワインの方は飲みましたが、スパークリングは初めて。一体どんな味のスパークリングワインなのでしょうか…? ちなみに御値段は1,740円。

≫ "ジョージア(グルジア)のスパークリングワイン。" の続きを読む...
久々にブルゴーニュのアリゴテを。
2018年 02月 06日 (火) 22:11 | 編集
では、先週末に開けたワインの感想日記を。


「PIERRE MOREY BOURGOGNE AIGOTE 2014」
(ピエール・モレ ブルゴーニュ アリゴテ)

WINE_20180202_01s

WINE_20180202_02s

葡萄屋さんで買ったもので、値段は2,180円。久々のアリゴテです。

と言うかアリゴテって、外で飲んだことはたまにありますけど買ってきて家で飲んだ経験ってほとんど無いですね。実際、ウチのブログ内を調べてみてもはるか以前に一度取り上げたっきりでした。

まあ、アリゴテってブルゴーニュの中でもかなりマイナー品種ってイメージありますもんね。普通の人ならブルゴーニュで白ワインならばシャルドネ選んじゃうでしょう、て言う。

≫ "久々にブルゴーニュのアリゴテを。" の続きを読む...
スペイン産、ヴェルデホのフリッツァンテ。
2018年 01月 29日 (月) 22:11 | 編集
では、昨夜開けたワインの感想日記を。


「SANZO VERDEJO FRIZZANTE」
(サンソ・ヴェルデホ・フリッツァンテ)

WINE_20180128_01s

WINE_20180128_02s

スペインのフリッツァンテですね。スペインらしく、品種はヴェルデホ100%とのこと。ヴェルデホのみで造られたフリッツァンテなんてどんな味がするのか楽しみです。

あれ、でも本当はフリッツァンテってイタリアの微発泡ワインだよね…スペインでもそうやって呼ぶのかしら。ちなみに地元の酒屋ビックで買ったもので、御値段は1512円でした。

≫ "スペイン産、ヴェルデホのフリッツァンテ。" の続きを読む...
魚介に合う?スペインのアルバリーニョ。
2018年 01月 15日 (月) 19:32 | 編集
では、昨夜開けたワインの感想日記を。


「VIONTA ALBARINO 2014」
(ビオンタ・アルバリーニョ)

WINE_20180114_01s

WINE_20180114_02s

スペインの白ワインですね。品種は「アルバリーニョ」。地元のショッピングセンターでおつとめ品として少し安くなっていたのを買ってきました。1641円になっていたので、元値は多分1800円~2000円くらいなのかな、と。

ところでこのワイン、わざわざ「魚介専用白ワイン」「海のワイン」なんて書かれていますね。

WINE_20180114_03s


昨日の夕食はあんこう鍋と、本来ならどう考えてもワインよりも日本酒を合わせるべきものだったのですが…まあでも「魚介専用」とまでわざわざ書かれているワインだからなんとかなるでしょう、とチョイスしてみましたw

≫ "魚介に合う?スペインのアルバリーニョ。" の続きを読む...
アルザスのクレマンとコート・デュ・ローヌの赤。
2018年 01月 10日 (水) 22:22 | 編集
では、順番が前回の酒日記と前後してしまいますが…先週の土曜日の夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。

今回もスパークリングワインで。年末のワイン日記からずっと泡系が続いていますが、まあ年末年始ってそういう時期だってことで。


「CLEMENT KLUR CREMANT D'ALSACE BEUT CUVEE MANEKINEKO」
(クレマン・クリュール クレマン・ダルザス ブリュット キュヴェ・マネキネコ)

WINE_20170106_01s

WINE_20170106_02s

年末の葡萄屋さんのスパークリングワインフェアで買ったうちの1本。いわゆるクレマン、それも僕の好きなアルザス地方のものですね。「MANEKINEKO」の名の通り、ラベルに招き猫っぽい黒猫が描かれているのがチャーミングですね。

ちなみにお値段の方は3,380円とまあ結構良いお値段。普段の僕ならまず手を出さない値段ですが、まあせっかくのスパークリングワインフェアだったので。

≫ "アルザスのクレマンとコート・デュ・ローヌの赤。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...