イタリアのシャルドネ・ソーヴィニヨンブレンドのワイン。
2020年 03月 26日 (木) 13:17 | 編集
昨日・今日と連休です。まあ、コロナ騒ぎもあるしどっこも出かけずにひたすら部屋にこもってだらだら過ごしていますが…w

と、そんなわけで昨夜飲んだワインの感想日記でも。


「San Patrignano AULENTE 2018」1431円
「サンパトリニャーノアウレンテ」

WINE_20200325_01s

WINE_20200325_02s

KALDIで買ったイタリアワインで値段は1431円。

品種はシャルドネとソーヴィニヨン・ブランのブレンド。この2つって共に白ワイン品種を代表する品種だけど、でもこの2つのブレンドってあまり見かけない気がします。どういうわけかイタリアワインではしばしば見かけますが…。

≫ "イタリアのシャルドネ・ソーヴィニヨンブレンドのワイン。" の続きを読む...
オーストラリア・ミルトンパークのシャルドネ。
2020年 03月 21日 (土) 22:15 | 編集
さて、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記でも。


「MILTON PARK CHARDONNAY 2017」
(ミルトンパーク・シャルドネ)

WINE_20200319_01s

WINE_20200319_02s

このところずっと、休みの日に開けるワインは割と変わり種のものを開けることが多かったので、今回は久々に超プレーンなワインでも…と思って選んだ一本。

オーストラリアのシャルドネでKALDIで1351円でした。

しかしラベルがなかなかに派手で印象的…とりあえず味の方は、オーストラリアのシャルドネと言うことでオーソドックスに樽の効いたものを期待。

≫ "オーストラリア・ミルトンパークのシャルドネ。" の続きを読む...
爽やかスッキリ、チリのゲヴェルツトラミネール。
2020年 03月 11日 (水) 22:49 | 編集
では、先週末の休みに開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「Vicar Aves del sur Gewuerztraminer Reserva 2018」
(ビカール デル・スール ゲヴェルツトラミネール レゼルバ)

WINE_20200308_01s

WINE_20200308_02s

葡萄屋さんで買ったワインで、チリのゲヴェルツトラミネール。ペンギン親子の描かれたラベルがなんとも印象的。1010円と破格のお値段でした。

ゲヴェルツトラミネールは物凄く好きな品種なのですが、そう言えば久々に飲みますね。

同じゲヴェルツでもアルザスのはとにかく甘みたっぷり濃厚だけど、チリのゲヴェルツはコノスルに代表される様に、もっと爽やかスッキリ、酸味が効いている印象がありますが、果たしてこのワインはどうでしょうか…?

≫ "爽やかスッキリ、チリのゲヴェルツトラミネール。" の続きを読む...
誕生日はシャンパーニュでお祝い。
2020年 03月 03日 (火) 23:29 | 編集
さて、私事ですが昨日は誕生日でした。と言うわけで誕生日祝いにシャンパーニュを。


「PAUL GOERG RESERVE」
(ポール・グール・ブリュット・レゼルヴァ)

WINE_20200302_01s

WINE_20200302_02s

WINE_20200302_03s

まあ、今更誕生日を祝う様な年齢でも無いのだけど…でもやっぱり誕生日はちょっと良いシャンパーニュとか開けてみたくなるのが心情と言うもの。

そんなわけで地元のKALDIで買ってきたのがこちら。値段は4379円とまあまあ良いお値段。でもシャンパーニュって考えればお値打ちな方でしょうか? 品種はシャルドネとピノ・ノワールが50%ずつのブレンド。

ちなみに何年か前の誕生日に、こちらのシャンパーニュのロゼの方を開けたことがあるみたいですね。でも白は初めて。果たしてそのお味や如何に…?

≫ "誕生日はシャンパーニュでお祝い。" の続きを読む...
久々のヴィオニエは爽やか系だった。
2020年 02月 17日 (月) 22:44 | 編集
では、先週末の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「Anthony Paret Viognier 2018」
(アントニー・パレ ヴィオニエ)

WINE_20200215_01s

WINE_20200215_02s

久々のヴィオニエ。葡萄屋さんで買ったもので、値段は2110円。

フランス、ラングドックのヴィオニエですね。ヴィオニエも本場コンドリュー辺りのだと相当にお値段張ってしまいますけど、ラングドック辺りのだとそこそこお手軽な値段で飲めるのが良いですよね。

さて、ヴィオニエと言えばとにかく芳香豊かな品種ですが、今回のヴィオニエは果たしてどんな感じなのか…期待しつつ飲んでみましょう。

≫ "久々のヴィオニエは爽やか系だった。" の続きを読む...
ルーマニアの爽やかな白ワイン。
2020年 02月 14日 (金) 21:56 | 編集
さて、それでは先週末の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「Byzantium Blanc de Transylvanie 2016」
(ブランク・デ・トランシルバニア)

WINE_20200209_01s

WINE_20200209_02s

増税前に葡萄屋さんで買っておいたワインで、値段は2250円。

これ、ルーマニアのワインなんですよね。あの辺りの東欧のワインって地場品種を使っているものが多いですが、このワインはラベルを見ると地場品種のフェテアスカだけでなく、ソーヴィニヨン・ブランやシャルドネもブレンドされているのが分かります。

と言うわけで、他の東欧品種のワインとは一味違った雰囲気になっていそう。さあ、一体どんなワインなのか…?

≫ "ルーマニアの爽やかな白ワイン。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...