2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(12)
2012年 11月 12日 (月) 08:40 | 編集
- 六日目(後編)・旅の最後は白いかもめで -

大満足のペンギン水族館から駅へと戻って来て時間は12時近く。さあ、今回の旅もいよいよ終わりが近づいてきました。

でも僕の旅は最後の最後まで楽しむが鉄則。今回はラストに「白いかもめ」と言う楽しみを用意しておきました。

僕の乗るのは12時20分に長崎を出る「かもめ22号」。

まだ少し時間はありますがとりあえずホームへと行ってみます。するとそこには!!


201210kyusyu126s


国鉄色キハ66・67キターーー!!!


ああ…最後の最後で凄いもの観てしまいました。

いや本当のこと言うとこの前日にも駅の引き込み線の方に停まっているのは見たのですが、まさかこうしてこんな間近で出会えるだなんて…!!


感激…もう思い残すことはありません(感涙)


≫ "2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(12) " の続きを読む...
2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(11)
2012年 11月 11日 (日) 07:08 | 編集
- 六日目(前編)・ペンギン水族館で癒しのひととき -

10/23(火)。今回の九州旅行もいよいよ最終日となってしまいました。天気は昨夜からずっと引き続き雨が降っています。

ああ…今回の旅行、最後の最後で降られてしまったなぁ。


まあそう言っても始まりません。とにかく今回の旅も今日で最後なのですから、思いっきり楽しんでこなくては。

そう思って気を取り直し、ホテルで昼食を取って8時過ぎに出発。今日は午後の列車に乗って帰るのですが、午前中一杯は空いているのでどこか一ヶ所くらいは観て回れそうです。

僕が選んだのは「長崎ペンギン水族館」。ペンギン中心の水族館と言うことで、聞いただけで癒されそう。旅の最後に癒されてから帰ると言うのも良いかもしれません。


ホテルから歩いてすぐのバス停からバスに乗り込みます。出発したバスは最初は長崎の街中を走って行くのですが、徐々に徐々に山道へ…。

あれ、大丈夫かな…もしかして乗るバス間違えていないかな…途中でちょっと不安になります。

そのままバスは走り続けて、結局長崎駅前を出て30分ほどで水族館へ到着。

意外にも街中から相当に遠いです、この水族館。


バス停を降りて水族館の駐車場を横切って行くとこんな看板。

201210kyusyu115s

カラフルな三匹のペンギンがお出迎えしてくれますw


さて、ここから水族館へと向かって歩いて行くのですが…実は駐車場から水族館までが結構距離があったりします。川沿いに小道をずっと歩いて…。

途中、道を横切る一匹のカニと遭遇。アカテガニでしょうか。雨が降ったので出て来たのかもしれません。

ちなみに、この時にはもう雨もすっかり上がっていました。こうして考えると今回の旅行は本当に天気に恵まれた旅だったと言えますね。


駐車場から5分ほど小道を歩いて…ようやく水族館に辿り着きました。

201210kyusyu116s

いかにも地方の水族館と言った感じで、建物自体はそんなに大きくはありません。

≫ "2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(11) " の続きを読む...
2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(10)
2012年 11月 09日 (金) 00:02 | 編集
- 五日目(後編)・長崎の街をぶらり、そして雑魚屋の旨い魚 -

市内観光バスのツアーを終えて、まずはホテルへとチェックイン。

201210kyusyu106s

今回の旅行、最後の宿に選んだのは「ホテルクォーレ」。長崎駅前すぐ近くのホテルで、とても便がいい場所にあります。部屋も綺麗でなかなか良い感じ。ただ…窓を開けたらすぐ隣が雑居ビルで何も景色は見えませんw

先程、グラバー園で鳥の糞にやられてしまった服を脱ぎ捨てw、楽な格好に。そしてベッドに横たわってきららMAXを読むなどしてのんびりと過ごします。


夕方、17時くらいになってから着替えて再び外へ。これからちょっとだけ長崎市内観光。

201210kyusyu105s

長崎市内は市電が走っているのでこちらに乗って出かけます。色とりどりの車両がたくさん走っていますが、見たところまだまだ旧型の車両が中心で走っている模様。

市内を古いチンチン電車が走って行く。一昔前なら割とどこの都市部でも見られた光景なのですが、今では限られた地区でしかもう見られないんですよね。

この路面電車、古い車両に乗ると当然釣り掛け駆動。最近の電車では絶対に味わえない、なんとも味のあるモータ音を響かせて走ります。

あとコンプレッサーの音がいいですね。ドコドコドコドコ…と、普通の鉄道車両よりも一際大きな音が車内に響き渡ります。


さて、路面電車に乗って向かったのはこちら。

201210kyusyu107s

めがね橋ですね。先程、市内観光バスツアーでも車内からちらりとは見ましたが、やはりここは直に訪れて近くまで行ってみませんと。

日暮れ時のめがね橋と言うのもなかなかに風情がありました。むしろ、日中よりも人通りが少なくてじっくり眺められて良かったかもしれません。


さて、本当はこの後夜景でも観に行こうと思ってたのですが…ここでとうとう雨が降り出して来てしまいました。今回の旅行、ずっと天気に恵まれていましたがさすがに最終日までずっと晴れ…とは行かなかった模様です。

なので夜景は諦めて、早々に飲みに行くとします。
まあよくよく考えれば一人で夜景観たって仕方ないですしねw

≫ "2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(10)" の続きを読む...
2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(9)
2012年 11月 08日 (木) 00:20 | 編集
- 五日目(前編)・長崎市内観光バスツアー -

九州旅行も遂に五日目。もう残すところあと二日間となりました。

10/22(月)。今日も天気は快晴。宿で朝食を済ませて出発。今日は長崎へと向かいます。


島原外港を8時27分に出る諫早行きの列車に乗車。

201210kyusyu93s

ちなみにこの列車、なんと「急行」だったりします。

非電化ローカル私鉄で急行運転してるのってかなり珍しいですよね。まあ実際のところ急行と言っても途中で先行の普通を追い抜かすとかは無いですし、所要時間もさほど変わりは無い様ですが…w


諫早に9時28分に到着し、ここでJR線に乗り換え。9時56分の普通列車に乗ります。

201210kyusyu94s

車両は817系。ブラックフェイスが印象的なこの車両、何気にこのところ九州来る度に毎回乗っている気がします。

201210kyusyu95s

顔立ちの印象もさることながら、車内が実に印象的ですよね。

レザーとウッドを使用した転換クロスがずらりと並んでいます。特別料金を必要としない、近郊型車両でレザー貼りの座席使用している車両なんて他に無いですよね…w


諫早を出て30分ほど。10時24分に長崎の駅へと到着しました。

さて、ここで僕にはやるべきことが一つありました。


それは…。


まんがタイムきららMAXを買うこと!!


てっきり20日の日に手に入れられると思っていたきららMAX、流通の関係でその日には店頭に並んでいるのを見かけることなく…この日まで入手が伸びてしまいました。

さあ、まず長崎駅隣接のショッピングビルへ。中に入っている本屋さんへと行ってみると…あったあったよありました!! たった一冊しか置いて無かったですがありました!!

と言うワケでここできららMAXを入手して、そのまますぐ近くのファミレスへ。少し早目の昼食取りつつ読むきららMAX…ああ、なんとも幸せな時間がそこにはありましたw

≫ "2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(9)" の続きを読む...
2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(8)
2012年 11月 07日 (水) 00:10 | 編集
- 四日目(後編)・島原を満喫 -

さあやって来ました島原!!

201210kyusyu78ss

島原の駅はちょっとお城とかそんなのを意識した駅舎が特徴的ですね。城下町だから…と言うことなんでしょうか。

さあ、これから半日かけて島原の町をゆっくり観て回ろうと思います。


まずは駅を出てどんどんと歩いて…10分ほど歩いて武家屋敷に到着。

201210kyusyu80ss

この辺りは昔、武家屋敷が建ち並んでいたところになるのでしょうか。細長い通りの両側には古い家がずらりと建っています。


その大半は普通に人が住んでいる住居なのですが、三軒ほど無料公開されている武家屋敷があり、内部を覗くことも出来ます。

201210kyusyu79ss

茅葺の屋根と言うのが往時をしのばせますね。


一軒の武家屋敷には休憩所が併設されていて、ちょっと小腹が空いていたのでここでおやつ。

201210kyusyu81s

島原名物の「かんざらし」。白玉団子を冷たい糖蜜の中に浸したもの。素朴で懐かしい、どこか心がほっとする様な味ですね。旅先ではやはり、こういうその地ならではのものを色々と食べてみたくなります。

≫ "2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(8) " の続きを読む...
2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(7)
2012年 11月 04日 (日) 20:01 | 編集
- 四日目(前編)・キハ66・67との再会、そして島原へ -

九州旅行四日目。10月21日(日)。今日も天気は快晴。今回の旅も折り返し。昨日の午後からは一人旅モードに突入し、今日は島原へと向かいます。

ホテルで朝食を済ませて出発。本日の出発地は佐世保。

201210kyusyu64s

思えば昨日の午後はここから松浦鉄道に乗って日本最西端の駅を目指したのでした。


さあ、今日はJRの列車に乗ってまずは諫早へと向かいます。

僕が乗車するのは7時53分発の快速シーサイドライナー。ホームに行って待つことしばらく。列車がやって来ました。


201210kyusyu65s

キハ66・67来たあああ!!!


ああ、この車両…この車両に乗りたかったんですよ!!

国鉄形気動車がどんどんその数を減らしている昨今。その中にあって、このキハ66・67はまだ車齢が比較的若い(国鉄形にしては、だけど)こともあって、佐世保地区で現役でバリバリ走っているんですよね。

実はこの車両には個人的に結構な思い入れがあったりします。

今回の旅行で最初に訪れた祖父の家。幼い頃は母に連れられて毎年夏に遊びに行ったものですが、その当時、祖父の家のある沿線は非電化路線で気動車が走っていたのですね。

当時は気動車は当然、国鉄形の古い車両ばかりで…キハ58は勿論ですが、キハ52やその他色々な車両が混結して走っていたのを覚えています。


そんな中にあって、このキハ66・67は他の気動車達よりもまだ新しく、幼い僕の目にも一際輝いて見えました。この車両が来ると喜んで乗っていたのを覚えています。

懐かしいなぁ…実に、あの頃から数えると20年ぶり…いやもっと経ってるんだよなぁ。

≫ "2012年10月・九州・焼き物と魚と鉄道の旅(7) " の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...