・2015年7月・九州鉄道旅(16)
2015年 11月 28日 (土) 22:18 | 編集
- 旅の終わりに -

7月26日(日)。いよいよ今回の旅行も終わり。九州を去る日がやって来ました。

まずはホテルのレストランで朝食を頂きます。この日頂いたのは熊本名物「だご汁」の定食。

201507kyusyu226s

「だご汁」のだごとはだんごのことで、小麦粉で作られた団子の入った野菜たっぷりの味噌仕立ての汁です。とっても優しい味で、すっと身体に染み渡ります。ああ、この旅行中ずっと暴飲暴食で疲れた胃が癒やされていく様…w


朝ごはんを頂いたら出発。もう今日はただ新幹線に乗って帰るだけなのですが、それでも最後の最後に一つだけ楽しみを残してあります。それは、新幹線「さくら」のグリーン車に乗車すると言うこと。

「さくら」は普通車指定席でさえ2+2のゆったりした座席配置の高グレードなのに、そのグリーン車となったら一体どうなってしまうのか。これは興味があります…。

≫ "・2015年7月・九州鉄道旅(16)" の続きを読む...
2015年7月・九州鉄道旅(15)
2015年 11月 21日 (土) 20:30 | 編集
- 五日目(後編)・熊本での一夜 -

大満足のイルカウォッチングを終え、松島港から船に乗って三角へと戻ります。そして三角駅からは16時20分発の特急「A列車で行こう」6号に乗車します。

201507kyusyu212s

数時間ぶりの「A列車で行こう」。こうして見ると黒く輝く車体がなんとも言えない独特の存在感を醸し出していますね。鉄道車両に黒色って意外と少ないんですよね…SLだとかを除けば。

乗車率は朝の便よりは少し少なめと言った感じ。とは言え、結構たくさんの乗客が乗っています。

ただ、朝の便では窓側席が取れなかったのが今度はしっかりと窓側席。なので車窓もバッチリと堪能できました。三角線の車窓はとにかく海が綺麗ですね。

201507kyusyu214s


車内では行きと同じくバーカウンターでハイボールを買ってしまいました。

201507kyusyu213s

朝とは別の味のハイボール。とても爽やかで甘酸っぱい。ジャズの流れるお洒落な列車の中で飲むハイボールと言うのもまたオツなものですw


さて、今回これでこの日乗った「A列車で行こう」を含め、九州の観光列車3種類を乗り比べることが出来ました。乗ってみた感じ、一番ゆったりとした旅を楽しめたのは宮崎の「海幸山幸」だったかなと思います。

まあ、沿線の関係上他の2つよりも乗客が少なかったと言うのはあるかもしれません。「ゆふいんの森」は言わずもがな由布院・別府がありますし、この「A列車で行こう」も天草巡りと言う観光ルートを持っています。

比べると「海幸山幸」の走る日南線は風景は良いけれど純粋なローカル線と言う色合いが強い様にも思えますね。

しかし3種類の観光列車、その旅はどれも楽しく甲乙つけがたいものでした。車両自体の素晴らしさと言うのももちろんですが、アテンダントさん初めJR九州の皆さんが楽しい鉄道旅を作り上げようとしっかり努力されているからこそ、だと思います。


そして「A列車で行こう」は17時に熊本駅に到着しました。ありがとう、楽しい旅だったよ!!

≫ "2015年7月・九州鉄道旅(15)" の続きを読む...
2015年7月・九州鉄道旅(14)
2015年 11月 17日 (火) 20:45 | 編集
- 五日目(中編)・天草のイルカウォッチング -

「A列車で行こう」終点の三角駅で降り、駅から徒歩数分の船乗り場へ向かいます。

201507kyusyu200s

船乗り場の隣にはこんな三角形の建物が。最初はこれが船の切符売り場とか待合室なのかなと思ったのですがそういうワケでも無く、今は何にも使われていない謎の建物の様です…。


船着場にいたお姉さんから切符を買って乗船。

201507kyusyu199s

ここからまず、松島へと向かいます。これからの目的のイルカウォッチングは、松島より船が出港する形となります。


松島へ向けてのクルージング。

201507kyusyu201s

201507kyusyu202s

ほんの20分弱のクルージングなんだけれど、青い海と青い空、綺麗な風景と心地良い潮風を感じながらのクルージングはとても気持ちが良いものですね。

≫ "2015年7月・九州鉄道旅(14)" の続きを読む...
2015年7月・九州鉄道旅(13)
2015年 11月 03日 (火) 23:25 | 編集
- 五日目(前編)・A列車で行こう -

7月25日(土)。昨日に引き続き天気は晴れ。とても良い天気となりました。今回の旅行、明日はもう朝の新幹線に乗って帰るだけなので、実質はこの日が最終日となります。

起きてまずはホテルのバイキングで朝食。どうやら今回の旅行初の二日酔い気味…やはりワインフルボトル1本開けてそのあとカクテル2杯は多すぎましたか(その後部屋でもハイボール飲んでますしw)

だけど二日酔いの時には味噌汁だとかの、汁物系がありがたいですよねぇ…朝食にそういうのをいただくとちょっとスッキリします。


朝食を取って少しゆっくりして…ホテルから駅へと向かう、8時半のシャトルバスに乗車。今回泊まった鹿児島サンロイヤルホテル、なかなかに良いホテルでした。駅から遠いのがネックですが、その分逆にリゾート気分を味わえてゆったりのんびり出来ます。


鹿児島中央駅にて、9時02分発の新幹線「さくら」546号に乗車。これで熊本へと向かいます。

201507kyusyu187s

201507kyusyu188s

「さくら」の指定席は2+2の座席配置でゆったりしているのが良いですよね。実質、グリーン車と大差無いのではと思ってしまいます。

鹿児島を出てしばらくすると…車窓はトンネルばかり。本当にトンネルが多いです。東海道山陽新幹線もトンネルが多い印象ありましたけど、それ以上に多いのでは…なので正直、車窓はあまり面白くありませんw

鹿児島を出て1時間弱。9時58分に熊本到着。ここで降ります。

ホームに降りて構内のコインロッカーに荷物を預け…そしてそのまま、三角線のホームへと向かいます。本日はこれより、三角線の観光特急「A列車で行こう」に乗車します。

≫ "2015年7月・九州鉄道旅(13)" の続きを読む...
2015年7月・九州鉄道旅(12)
2015年 10月 05日 (月) 23:09 | 編集
- 四日目(後編)・鹿児島の夜はフレンチで -

鹿児島中央の駅について、さっそくタクシーに乗って今夜の宿へと向かいます。

タクシーで10分ほど。鹿児島の海辺の方にある「鹿児島サンロイヤルホテル」が本日の宿です。

201507kyusyu171s

真っ白なリゾートホテル。ロビーへ入ってみるとスタッフの方たちが皆スーツではなくアロハシャツ姿でお迎えしてくれて、本当にリゾートな気分になりますw


201507kyusyu172s

まあ、リゾートホテルと言っても部屋は簡素なシングル。多分、もっと良い部屋もあるのでしょうけれど、男の気ままな一人旅なんでこれくらいでむしろ落ち着きます。


≫ "2015年7月・九州鉄道旅(12)" の続きを読む...
2015年7月・九州鉄道旅(11)
2015年 09月 30日 (水) 23:57 | 編集
- 四日目(中編)・783系に初乗車 -

フェニックス自然動物園を満喫し、ここで小腹が減ったので園内の食堂で一休み。

201507kyusyu156s

お昼ごはん代わりに(?)チョイスしたのは日向夏のソフトクリーム。これが柑橘系のソフトだからてっきりシャーベットタイプかと思いきや…ミルクたっぷりのしっかりとしたソフトクリーム。

ミルク分は濃厚なんだけれど、でもきちんと柑橘の甘酸っぱさも感じられて、これはとても美味しいソフトクリームでした。


さて、腹ごしらえも済んで時間は13時ぐらい。宮崎の駅へと戻ります。行きは宮崎駅から動物園まで直行のバスがあったのですが、帰りのこの時間は直通のバスがありません。

まず、動物園からイオンまで運行されているシャトルバス(無料!!)に乗って、イオンから市バスに乗り換えて宮崎駅へと戻る形になります。このシャトルバスが近辺のリゾート施設をあれこれ回って走って行くのですが、道中の景色がなかなかのものでした。

201507kyusyu157s

海辺にヤシ科の木々。ああ…なんだかとってもリゾートな気分になりますね。

ところでイオンでバスの乗り換えと書きましたが、実はシャトルバスの着く場所と市バスの発車場とがまるで正反対の場所にあるんですね。しかもこのイオンがやたらとでかくて広くて…なんとか乗り換えに間に合いましたがちょっと大変でしたw


宮崎駅に戻ってバスを見るとちょっと面白い表示が出ていました。

201507kyusyu158s

「すみません回送中です」

こんな表示見たことがありません。こういうのって大概事務的に「回送中」とだけ出ている場合が多いものですが、こんな風に「すみません」と書かれるとなんだかほっこり和む様な不思議な気分になりますw

≫ "2015年7月・九州鉄道旅(11)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...