2016年2月・瀬戸内の旅(11)
2016年 04月 28日 (木) 15:37 | 編集
- 旅の終わりにアンパンマン列車 -

2/21(日)。いよいよ今回の旅行も最終日です。と言ってもこの日の日程は帰るだけ…なのですが。とは言っても帰りまで手は抜きません。しっかり乗り鉄を楽しもうと思いますw

朝起きて、ホテルで朝食を取って…さあ、出発です。

201602setouchi151s

朝の松山駅。青空の下に駅舎が映えますね。ああ…どうして昨日にこの天気じゃなかったのか。それが悔やまれます…。


松山駅のホームにはアンパンマンの大きなぬいぐるみ。

201602setouchi152s

201602setouchi153s

そしてゴミ箱にもやはりアンパンマン。

昨日乗った予讃線の普通列車・キハ54もヘッドマーク代わりにアンパンマンのキャラクターが描かれたりしていましたが、ホントJR四国は至る所にアンパンマンとのコラボレーションが見られますね…。

≫ "2016年2月・瀬戸内の旅(11)" の続きを読む...
2016年2月・瀬戸内の旅(10)
2016年 04月 22日 (金) 20:25 | 編集
- 三日目(その4)・伊予灘ものがたりの旅、そして松山の夜 -

車内で美味しい紅茶とスイーツのアフタヌーンティーセットを頂きながらの伊予灘ものがたりの旅。列車は海沿いをゆっくりと走っていきます。

ここで改めて車内をもう一度観てみましょう。

201602setouchi137s

デッキ部分にはのれんがかかげられていて、「和」のイメージを醸し出しています。


座席の合間にはこんな洒落た照明器具も。

201602setouchi138s

こういうの、ちょっと小洒落た飲み屋さんや料亭みたいなところだとしばしば見かけますけど、列車の中には普通置いてありませんよね…?


一方でこんな可愛らしいぬいぐるみも飾られていたりw

201602setouchi139s

伊予灘ものがたりの車内、床や壁面、窓枠や荷物棚など至るところに木材が使用されているのもあって、本当に暖かみのある雰囲気に仕上がっていますね。

あと、車内でずっとBGMが流れているのも洒落ています。そのBGMも決して大きな音量ではなくあくまでさりげなくと言った感じで、それが一層この列車を単なる列車ではなく、レストランや洒落たカフェの様な雰囲気に仕立て上げていますね。


それにしてもこのインテリアの改装具合…本当に徹底されています。キハ40系列改造の観光列車だと昨年の冬にJR西の「瀬戸内マリンビュー」「みすゞ潮彩」に乗りましたけど、あれらも素晴らしい車両でしたけどこの伊予灘ものがたりの方がインテリアの凝り具合は明らかに上ですね。

JR西のあの2車両に関して言えば、キハ40本来のむき出しの冷房装置がそのまま残っているのが大きなマイナス…まあ愛嬌とも言えますがw

≫ "2016年2月・瀬戸内の旅(10)" の続きを読む...
2016年2月・瀬戸内の旅(9)
2016年 04月 12日 (火) 20:29 | 編集
- 三日目(その3)・伊予灘ものがたりに乗車 -

八幡浜の駅で、乗車予定の「伊予灘ものがたり」到着を待ちます。僕が乗るのは16時06分発の伊予灘ものがたり道後編。本当は、お昼に松山を出る八幡浜編に乗りたかったのですが速攻売り切れで切符が取れず…それで道後編にしたんですよね。

八幡浜の駅構内、至る所で「伊予灘ものがたり」を盛り上げようと言うのが分かります。こちらは待合室の入り口。伊予灘ものがたりののれんが掲げられています。

201602setouchi124s

201602setouchi125s

改札の方にも、きちんと「1番のりば 伊予灘ものがたり」と大きく分かりやすく出ていますね。


ホームに行ってみると…足元にしっかりと伊予灘ものがたりの乗車口。

201602setouchi126s

201602setouchi127s

きちんとカーペット敷き。しかも、車両の色に合わせて1号車は赤、2号車は黄のカーペットになっているんですよね。凝ってる…!!


ホームで列車を待っていると、雨はすっかり止んで次第に晴れ間も見えてきました。良かった…これなら伊予灘ものがたりからの車窓も楽しめそうです。

≫ "2016年2月・瀬戸内の旅(9)" の続きを読む...
2016年2月・瀬戸内の旅(8)
2016年 04月 04日 (月) 21:29 | 編集
-  三日目(その2)・下灘駅 -

さあ、やって参りました下灘の駅。

201602setouchi112s

201602setouchi115s

駅のホームに降り立って観てみると一本の国道を挟んですぐ向こうに海が見えます。ただ、かつてはこの国道もなくホームのすぐ隣が本当に海だったのだとか。文字通り、正真正銘「海に一番近い駅」だったと言うわけです。

ただ、国道を挟んで海すぐそばでなくなったとは言え、それでもこの駅の魅力が色褪せることはありません。


こんな構図の写真がこの駅のカットとしてはよく観られるかと思います。

201602setouchi113s

こうして見るとやっぱり…本当に海に近い駅なんだなぁ…と言う感じがしますね。ホームの手前に綺麗に手入れされた花壇があるのがまた良い感じです。あとは天気が…これで天気が晴天だったらばなぁ…。

晴天ならばこの下灘駅のホーム、海の青と空の青の中でさぞかし綺麗に映ることでしょう。

≫ "2016年2月・瀬戸内の旅(8)" の続きを読む...
2016年2月・瀬戸内の旅(7)
2016年 03月 30日 (水) 07:05 | 編集
- 三日目(その1)・周防大島から松山、そして下灘の駅へ -

2/20(土)。今回の旅行も三日目となりました。そして天気はあいにくの雨模様…昨日の昼過ぎから曇りがちになってはいましたが、とうとう本格的に降り出してしまいました…。

この日は周防大島を出て、四国の松山へと向かいます。まずはホテルで朝食。朝食はバイキング形式のスタイルでしたけど、自家製のクロワッサンがとても美味しかったです。外側パリッサクッ、そして内側はふんわりと言う食感でバターの風味たっぷり。


朝食を済ませ、ホテルの方に港の方まで送って頂きます。松山への船は伊保田の港から出港するのですが、伊保田の港は昨日訪れた陸奥記念館よりも更に向こう。ホテルからは車で20分ほどかかります。

雨の中、車を出して送って下さったホテルの方に感謝。改めて、サンシャインサザンセト、良いリゾートホテルでした。


伊保田の港。

201602setouchi096s

簡素な待合室があるだけの、なんとも寂しい港です。でもここから松山行きのフェリーが出るんですよね。


そしてこれがフェリー。でかいです!!

201602setouchi097s

201602setouchi098s

船内は1F部分が車を積める様になっていて、上が客室になっています。そして客室なんですが通常の座席だけじゃなく、寝台列車のゴロンとシートみたいに寝そべってくつろげる区画が真ん中にあるんですよね。

結構たくさんの人がこの区画に、靴を脱いであがってくつろいでいました。

ちなみに写真は松山到着後に撮ったので無人ですが、実際には結構たくさんの乗客がありました。それも伊保田から乗った人は少数なので、大半が柳井からの乗客なのでしょう。

≫ "2016年2月・瀬戸内の旅(7)" の続きを読む...
2016年2月・瀬戸内の旅(6)
2016年 03月 28日 (月) 20:03 | 編集
- 二日目(後編)・周防大島での一夜 -

陸奥記念館の見学を終えホテルの方へと戻ります。と言っても時間はまだ昼過ぎ。まっすぐにホテルに戻るにも早過ぎるので途中ぶらぶらと寄り道していくことにします。

バスに乗ってまずは、「サザンセトとうわ」と言う道の駅へ。

201602setouchi081s

周防大島では間違いなく一番大きな道の駅。と言うかたぶん、道の駅この一箇所ですよね…w


小腹が減っていたので軽く昼食。

201602setouchi082s

2Fのレストランでそばを食べたのですが、意外にも(と言っては失礼ですが)普通に美味しかったです。そばの触感や香りも良くって。ただ、ちょっと汁が甘めの味付けな気もしたのですが、恐らくこれが周防大島の味、と言うことなのでしょう。


更に外のソフトクリーム屋さんでデザート代わりにソフトクリームを。

201602setouchi083s

これが普通のソフトクリームじゃあない。周防大島産のさつまいもを使った芋ソフト!!

食べてみるとめっちゃ芋!! すごく芋!! とろっとろの口当たりの中にしっかりと芋の繊維や食感、風味や味わいを感じます。僕は旅行へ行くとついその土地ならではの食材を使ったソフトクリームを食べてしまうのですが、これは非常に美味しかったです。素材の味が活きてる!!

≫ "2016年2月・瀬戸内の旅(6)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...