2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(10)
2017年 03月 08日 (水) 06:25 | 編集
- 四日目・ 最後まで旅を堪能 -

1月24日(火)。今回の旅行もいよいよ最終日となりました。

201701noto155s

窓から外を見ると真っ白。どうやら今日は割と本気で雪模様の天気となりそうです。


さて、起きてまずは朝食。昨夜と同じ食事処へと向かいます。

201701noto152s

随分とたくさん、色々と出てまいりました。

なかでも特筆すべきは、鍋が2つも付いてくるんです。朝食なのに!!w

201701noto153s

201701noto154s

さっぱりとした湯豆腐に、それから自分で溶き卵を流し入れて作る、魚の卵とじ鍋。どちらもじんわりと美味しかった…やっぱり雪国には鍋が良いですよね。身体が暖まります。

しかし、朝からこんなものが出てくると飲みたくなってしまうのでいけませんですね…ww

≫ "2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(10)" の続きを読む...
2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(9)
2017年 02月 27日 (月) 05:47 | 編集
- 三日目(後編)・和倉温泉「能州いろは」の夜 -

のとじま水族館での観光を終え、バスに乗って和倉温泉の温泉街へとやって来ました。ちなみに和倉温泉、列車の駅と温泉街のある辺りは離れているので、バスで降りるのも和倉温泉駅ではなく、和倉温泉のバス停になります。

そしてバス停から歩くこと数分。本日の宿に到着。

201701noto133s

こちらが本日お世話になる宿、「能州いろは」さん。結構大きな建物に見えるのですが、和倉温泉の中では割とこじんまりした部類の旅館になるみたいですね。

(和倉温泉はやたらとバカでかい建物の旅館が多いですw)


中に入ると純和風。ロビーからして完全に和風です。

201701noto134s

そしてこの宿、まず玄関で靴を脱ぐのですが、その後は素足もしくは靴下で過ごす形になります。館内は風呂などを除き、エレベータ内に至るまで全て畳敷きとなっていて、そのためスリッパ等も無く素足でどうぞおくつろぎ下さいと言うことなんですよね。

なるほど…これはくつろげます…足元が完全に開放されるとすっきりしますよね…w


部屋も純和風。広々とした和室です。

201701noto135s

201701noto136s

海側の部屋だったので景色も良いです。まあ、実際には泊まってご飯食べたらあとは寝るだけなので景色の良し悪しもあまり関係ない気もするのですが…でも、チェックインして部屋に入った瞬間にこう、窓の外に海が広がるのいいですよね。

≫ "2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(9)" の続きを読む...
2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(8)
2017年 02月 25日 (土) 06:10 | 編集
- 三日目(中編)・のとじま水族館に遊ぶ -

観光列車「のと里山里海号」での旅を終えて和倉温泉までやって来ました。まだお昼過ぎと時間も早く、このまま温泉へ行っても仕方ないのでまず、のとじま水族館へ遊びに行ってみることにします。

駅で50分ほど待った後、バスがやって来たので乗車。

201701noto114s

そしてやって来ました能登島。のとじま水族館は和倉温泉周辺の観光地としては有名なのですが、和倉温泉のすぐ近くにあるのではなく、能登島と言う島にあります。のとじま水族館までは和倉温泉駅からバスで30分ほど。

それにしても、和倉温泉に着いた時は天気は晴れだったのに、バスに乗っていたら能登島に入った辺りから雪がひっきりなしに振り始めて…。


これがのとじま水族館。

201701noto115s

地方の水族館にしては敷地も広く、幾つかの建物に分かれて展示がなされている様です。


さて、まずは見学の前に腹ごしらえ。敷地内の一角に寂れた食堂街があるのでそちらへ行ってみたのですが、ラーメンを頼んだところ予想外にハイクオリティなのが出てきてビックリ。

201701noto116s

具材たっぷりで大きなエビまで乗ってます。スープもあっさり出汁でじんわり美味しい。寂れた雰囲気の場所だからと侮ってはいけませんね…ごちそうさまでした。

≫ "2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(8)" の続きを読む...
2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(7)
2017年 02月 17日 (金) 05:31 | 編集
- 三日目(前編)・ 再びの観光列車「のと里山里海号」 -

1月23日(月)。天気は朝から良い感じに晴れています。今回の旅も三日目となりました。

朝起きて、まずはホテルで軽く朝食を済ませます。それから輪島の街へ。輪島は朝市が有名とのことなので、せっかくなのでそれを観に行ってみることにします。

ところで外に出てみると、昨夜降っていた雪が路面で完全に固まって、カチンカチンに凍っていて道路がつるつる滑る…普通に歩いているだけでも転びそうでヒヤヒヤしましたw

さあ、やって来ました輪島の朝市。

201701noto094s

この時点で時間は8時を回ったくらい。朝市の賑わいを楽しむにはまだ少し早かったのかもしれません…一応道路の両側に露天が並び、営業始めているところもちらほらありますが、お客さんの通りもまばら…。

大体の店が8時に始まるとのことなので、始まってから1時間、9時前後くらいにやって来た方が賑わいが楽しめて良いのかもしれませんね。まあ、この後のスケジュールだとかもあるので致し方ありません。


朝市を観終えた後はホテルへ戻り、そして荷物を持ってタクシーで輪島の駅へ。輪島のバスが出発するところは元々、のと鉄道の輪島駅があったところで、今はバス停と道の駅や観光案内所などがあるのですが…。

201701noto095s

201701noto096s

一角にはこんな風に線路と踏切、それにホームまでが残されていて、今でも向こうからのと鉄道のディーゼルカーが走ってきそうな、そんな錯覚に囚われます。

それにしてもこのホームにある駅票、輪島の次の駅が「シベリア」って一体…?w

≫ "2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(7)" の続きを読む...
2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(6)
2017年 02月 10日 (金) 06:06 | 編集
- 二日目(後編)・輪島の絶品フレンチ -

輪島での観光を終え、ホテルへとやって来ました。

201701noto075s

本日の宿はホテルルートイン輪島。ルートインと言えば全国各地にある、有名なビジネスホテルチェーンですが、この輪島のルートインは外見がちょっとおおよそルートインらしくないと言うかビジネスホテルらしくない雰囲気。

輪島と言う土地にちなんでか、和の雰囲気を前面に押し出した作りとなってるみたいですね。


201701noto076s

客室の方も広々として、また深い色調の木目調が多用されていて、非常に重厚感のある落ち着いた雰囲気になっていました。ハッキリ言ってかなり快適ですw

さて、このルートイン輪島、ビジネスホテルながら大浴場があるので入ってのんびり。お風呂を出てからも部屋でのんびりと過ごします。今日の夕食は19時で店を予約してあるのでそれまではのんびり…こういう旅先で何もせずに過ごす時間もまた、贅沢ですよね…。

≫ "2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(6)" の続きを読む...
2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(5)
2017年 02月 07日 (火) 06:07 | 編集
- 二日目(中編)・のと里山里海号で穴水へ、そして輪島 -

観光列車「花嫁のれん」でやって来た和倉温泉駅。降り立ってみると待合室の手前にこんなのれんがあります。

201701noto059s

そしてこののれん、「ご自由におくぐりください」とありますw

僕もせっかくなのでくぐってみましたww


また、駅の出口付近にはこんなゆるキャラの姿も。

201701noto062s

「わくたまくん」と言う、和倉温泉のマスコットキャラみたいですね。


さて、和倉温泉までやって来ましたけど本日はここで終わりではありません。まだこの後も観光列車に乗って先へと行くのです。

今度はのと鉄道の観光列車「のと里山里海号」に乗車します。

≫ "2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(5)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...