2018年1月・山陽地方の旅(11)
2018年 04月 16日 (月) 07:13 | 編集
- 四日目・美術館観て、庭園観て、そして旅の終わり -

1月21日(日)、今回の旅もいよいよ最終日。天気は今日も良さそうです。

さて、まずはホテルで朝食。和食と洋食と選べたのですが、昨夜洋食を頂いたこともあって気分的に今朝も洋食でしょ、て感じだったので洋食プレートの方をチョイス。

201801sanyou185s

トーストにオムレツにオレンジジュース、そしてコーヒー…極めてシンプルな洋朝食のスタイルですね。朝はむしろこれくらいにシンプルで良いかな、という感じもします。


さて、朝食を食べ終えて出発。まず今日は午前中、奈義町現代美術館を見学に行きます。田舎町にある美術館ながらなかなかに個性的で面白そうな美術館なので是非訪れてみよう、と。

ホテルをチェックアウトし、まずは徒歩で津山の駅へ。

201801sanyou186s

駅からはバスで。津山の駅前は実はバスターミナルみたいになっていて、色々な行き先へのバスがあちこちの発着場から出る様になっています。

8時半出発のバスに乗車。バスに乗ってしばらく、津山の街を抜けるともう景色はすっかり田舎の風景。何も無い中をひたすらにバスは走っていきます。そして津山を出て40分ほどで現代美術館前のバス停に到着。

しかしバス停を降りてもビックリするほどに何もなくってちょっと不安になります。果たしてこんなところに本当に美術館が…。

≫ "2018年1月・山陽地方の旅(11)" の続きを読む...
2018年1月・山陽地方の旅(10)
2018年 04月 12日 (木) 14:54 | 編集
- 三日目(後編)・津山の夜はフレンチで -

さて、津山での観光を終えて時間は17時前くらい。ホテルへ向かいます。と言っても本日泊まるホテルは、つい先程まで見学してた「つやま自然のふしぎ館」のすぐそば。と言うかほぼ隣くらいです。

201801sanyou172s

本日の宿は津山国際ホテル。ビジネスホテルよりワンランク上のシティホテル、と言った感じ。

201801sanyou173s

ちょっと年季が入った感はありますが、こういうゆったりとしたロビーがあるのがビジネスホテルよりもちょっと格上感を醸し出してますね。

201801sanyou174s

まあ、部屋はシングルなのでお世辞にも広いとは言えませんが…wでもまあ、一晩泊まるだけなら充分なんですけどね。無駄に広い部屋もそれはそれでかえって落ち着かないと言うか。

≫ "2018年1月・山陽地方の旅(10)" の続きを読む...
2018年1月・山陽地方の旅(9)
2018年 03月 27日 (火) 06:17 | 編集
- 三日目(中編)・津山観光でマニアックスポットを -

さあ、やって参りました津山駅。

201801sanyou153s

田舎のちょっと大きな街の駅、といった風情の駅ですね。さて、今日はこのまま津山に宿泊の予定なのでこれからぶらりと津山の街を観光と行ってみます。


まず向かったのはこちら。

201801sanyou154s

鉄道好きなら津山観光では絶対に外せないスポット。それが「津山まなびの鉄道館」。

場所自体は津山駅のすぐそばなのですが、ただ、駅を出てぐるっと回り道をして向かう必要があるので実際には津山駅から歩いて10分くらいかかります。

受付で入場券を購入します。

201801sanyou155s

するとなんと、こんな硬券で入場券を貰えました。これは鉄道好きにとっては実に嬉しい!! もうこれだけでテンションが上がってしまうと言うものですw

≫ "2018年1月・山陽地方の旅(9)" の続きを読む...
2018年1月・山陽地方の旅(8)
2018年 03月 22日 (木) 07:59 | 編集
- 三日目(前編)・ノスタルジーの旅 -

1/20(土)。今回の旅行も三日目となりました。天気は今日も晴れの模様。

まずは宿で朝食を頂きます。

201801sanyou130s

湯豆腐など、朝から結構たくさん出てきました。あと、フルーツポンチにヨーグルトと何気にデザート系が2皿もあったりします…w

朝食を取って、そしてタクシーを呼んでもらって宿を出発。

サンビーチおきみ、とても良い宿でした。夕食の牡蠣づくし本当に美味しかったですし、部屋も綺麗で海沿いで景色も良くって、江田島に泊まるのなら是非ともオススメの宿だと思います。

ただ、やはりちょっと遠いのがネックでしょうか…宿からタクシーで最寄りの港・三高港まで向かったのですが、金額にして2000円以上かかります。最寄りの港からこれだと、自分で車を持ってきている人じゃないと確かになかなか厳しいかも…ですね。


さあやってきました三高の港。

201801sanyou131s

随分と小さな、田舎の港と言った風情です。待合室も小さな感じ。

ただ、その待合室に…いましたw

201801sanyou132s

この娘はレパルスちゃんと言うらしいですwどうやらイギリスの巡洋戦艦らしいですねww

江田島はもう完全に萌えに侵されてしまったな…どうやら手遅れの様だ…。

≫ "2018年1月・山陽地方の旅(8)" の続きを読む...
2018年1月・山陽地方の旅(7)
2018年 03月 15日 (木) 05:57 | 編集
- 二日目(その4)・江田島・サンビーチおきみでの一晩 -

観光タクシーでの江田島巡りを終え、本日の宿へとやってまいりました。時間は大体、15時半くらいといったところ。

ここが本日の宿、「サンビーチおきみ」さん。

201801sanyou108s

休暇村グループの宿と言うことで、一応公共の宿みたいな扱いなのですが、実質リゾートホテルみたいなものです。海沿い、と言うか海間近に建っていて、宿を出ればそこはもうすぐ砂浜。

201801sanyou109s

青い海と空が広がってリゾートムード満点!!

≫ "2018年1月・山陽地方の旅(7)" の続きを読む...
2018年1月・山陽地方の旅(6)
2018年 03月 04日 (日) 17:01 | 編集
- 二日目(その3)・観光タクシーで江田島を回る -

第1術科学校の見学を終え、時間は13時。ここからは、迎えに来てくれたタクシーで江田島をぶらぶらと回ってみることにします。一応、観光タクシー的な感じで一台タクシーをチャーターしておいたんですよね。

ところで、今回来たタクシーの運転手さんがかなり高齢の方(おじいちゃん)で、正直最初は大丈夫かな?なんて思ったりもしたのですが、結果的には江田島の生き字引的な感じで色々なお話も聞けたりしたのでとても良かったです。

さて、タクシーに乗って走り出します。僕がリクエストとして伝えたのは利根資料館と、あとは砲台山の二つだけ。その他にも道中で回れるところを色々と見せてくれるみたいです。


まず、着いたのがなにやら船のスクラップを行っている現場。

201801sanyou83s

作業船の様な大きな船が何艘も並んでいます。

201801sanyou84s

そしてこちら。奥の方にまさに今、壊されている状態の船が見えますが…この船、東京都が石原都知事時代に導入したものの結局一度も就航することなく引退したスーパーライナーオガサワラと言う船らしいです。

使われることのないまま江田島に運ばれてきて、そして長らく放置状態だったのが、つい最近になってスクラップされ始めたのだとか。

運転手のおじいさん曰く、小池都知事に変わってこの船のことを突っ込まれて、それで慌ててスクラップにしているとかなんとかw

しかし…一度も使われることのないままスクラップとかホント勿体無いです。それも色々と特殊な技術を結集した船だから値段だって相当なものだろうに…全く、なんて無駄使いをしてくれたんだ東京都はw


それにしても海辺をちょっと歩いてみると、海がとても綺麗です。冬と言うこともあってか水が澄んでいて、小魚がたくさん泳いでいるのが見えます。運転手さんいわく、メバルなんだそう。

また、季節になるとイワシの大群が押し寄せて、それを追って大きな魚達がやってくるとのことでした。

≫ "2018年1月・山陽地方の旅(6)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...