2020年2月・関西で歴史に触れる旅(6)
2020年 03月 25日 (水) 10:32 | 編集
- 二日目(後編)・特急さくらライナー、そして阿倍野橋の夜 -

飛鳥の歴史巡りを終え、ここから大阪阿部野橋へ戻ることとします。

僕が乗車するのは飛鳥17時10分発の特急「さくらライナー」。最近では「青の交響曲」に看板を奪われてしまっている感ありますが、元々は吉野特急のフラッグシップはこの電車だったんですよね。

202002kansai082s

ホームで待つことしばらく。やってきた「さくらライナー」こと26000系。運行開始から30年が経とうとしていますが、その外観は未だに観るものに鮮烈な印象を与えてくれます。

正直、「青の交響曲」よりもきちんと特急列車っぽい外観かも?

(まあ、青の交響曲は通勤電車改造だから致し方ありませんが)


ちなみにこの「さくらライナー」、今は全車がリニューアルされ、製造当初とは内装がかなり異なったものとなっています。

車内へ入るとまず、運転室直後にはフリーの展望スペース。

202002kansai083s

元々、この展望スペースはリニューアル前は無かったもの。リニューアル前は運転室直後にデッキは無く、座席からそのまま前面展望が出来る形となっていました。

それがリニューアルと共にデッキが新設され、デッキ部分が展望スペースとして整備された様ですね。

≫ "2020年2月・関西で歴史に触れる旅(6)" の続きを読む...
2020年2月・関西で歴史に触れる旅(5)
2020年 03月 13日 (金) 22:17 | 編集
- 二日目(中編)・飛鳥を巡る -

キトラ古墳とそれに関する博物館の見学を終え、再び自転車を走らせます。

今来た道をずっと戻り、そして今度は東の方角へと向かっていきます。

まず、その道中で一箇所立ち寄って見学したのがこちらの亀石。

202002kansai065s

202002kansai066s

キトラ古墳から自転車で20分か30分ほど。唐突に巨大な石がごろんと転がっています。

そばに「亀石」と説明文の書かれた石標もありますが、正直何の為の石なのかよく分かりません。実際、いつの時期にどういった目的でここに建造されたものなのか、幾つかの説はあるものの結論は出ていないのだそうです。


さあ、ここから更に自転車を走らせます。

≫ "2020年2月・関西で歴史に触れる旅(5)" の続きを読む...
2020年2月・関西で歴史に触れる旅(4)
2020年 03月 08日 (日) 16:27 | 編集
- 二日目(前編)・飛鳥に遊ぶ -

2月19日(水)、旅行二日目。天気は晴れ。昨日よりは陽気もずっと良さそうです。

さて、起きてまずは朝食。

202002kansai049s

湯豆腐に卵焼きに焼き鮭、煮物…いかにも和風旅館の朝食といった感じですね。ここにお味噌汁と白いご飯が付いてきます。

ところで僕は普段、朝ご飯は全く食べないあるいは食べても少量なのですが、この日は珍しくご飯おかわりまでしてしまいました…旅先の朝ご飯ってなんでこんなに美味しく感じられるのでしょうか。


さて、朝ご飯を食べた後部屋でのんびりして、そして9時半ちょっと過ぎに宿を出発します。行きは山頂駅付近から宿まで歩いてきましたけど、帰りは宿の方が吉野駅まで車で送ってくださるそうで一安心。

車に乗り込むと、外で宿の女将さんとご主人とが見送って下さいました。竹林院群芳園、歴史のある宿というだけでなく、暖かみを感じる宿でした。

車では、道中来た道とは全然違う道で降りていきます。なるほど、直接吉野駅へ向かうには行きのルートとは違う道があるのでしょう。

運転してくださった宿の方と車内で色々お話したのですが、宿の方が仰っていたのがとにかく、新型コロナが早く収束して欲しいということ。

吉野は桜のシーズンが一番人が来る季節なので、なんとかそれまでに収束して欲しいと仰ってました…新型コロナ、各地の色々なところに影響が出てきていますが、こういう観光業界の人たちが抱える不安は相当なものだと思います。

吉野なんてホント、桜の時期が一年で最大の稼ぎ時でしょうし、その時にまだ収束してなくてお客が来ないなんてことになったら大打撃でしょう…なんとか収束して欲しいものだと、僕も心より願わずにはいられませんでした。

≫ "2020年2月・関西で歴史に触れる旅(4)" の続きを読む...
2020年2月・関西で歴史に触れる旅(3)
2020年 03月 01日 (日) 22:07 | 編集
- 一日目(後編)・吉野、歴史ある宿での一夜 -

さて、本日の宿へとやってまいりました。

202002kansai034s

202002kansai035s

本日の宿は「竹林院群芳園」さん。元々はこの竹林院というのも寺院の様ですね。寺院の宿坊が大本で現在の旅館に至る…て感じでしょうか。

とにかく、歴史を感じさせる立派な建物。せっかく歴史の町、吉野へ来たのなら、こういう趣のある宿に泊まらないと、ですよね。

≫ "2020年2月・関西で歴史に触れる旅(3)" の続きを読む...
2020年2月・関西で歴史に触れる旅(2)
2020年 02月 26日 (水) 22:02 | 編集
- 一日目(中編)・吉野の寺社巡り -

さあ、吉野駅までやって来ました。

202002kansai018s

吉野駅、山間のひなびた駅と言った感じでなかなかに良い風情です。


さて、ここからはロープウェイで吉野の山の方へと向かうのですが…実は冬季はロープウェイはお休み。代わりに代行バスが走っているのでそちらに乗車します。

ちなみに実はロープウェイがお休みなことを知らなくて、先程の「青の交響曲」の車内で他のグループ客の会話を聞いてロープウェイ休業と代行バスがあることを知ったと言うなんともなダメっぷり…w


駅前から出ている代行バスに乗り込みます。吉野駅で結構な人が降りたのにも関わらずバスに乗り込んだのは僕一人だけ。皆さん、一体どうされるつもりなんでしょうか?

そしてバスに揺られること10分か20分。吉野の山の、本来ならロープウェイの山頂駅となっている場所へと到着しました。

202002kansai019s

動いていないロープウェイの姿が見えますね。

≫ "2020年2月・関西で歴史に触れる旅(2)" の続きを読む...
2020年2月・関西で歴史に触れる旅(1)
2020年 02月 23日 (日) 12:55 | 編集
- 一日目(前編)・近鉄特急「青の交響曲」 -

2020年2月18日(火)~2月22日(土)までの間、4泊5日で関西方面へ旅行に出ていました。今回の目的地は吉野と高野山。どちらも歴史のある土地ですね。今回は歴史に触れる旅。僕の旅にしては結構真っ当というか普通なテーマの旅ですねw

あとは勿論鉄分もしっかりと。きちんと乗り鉄を堪能してきました。その旅日記をこれより綴っていこうと思います。


出発の2月18日(火)、天気は曇りがちの晴れ。ただ、前日までと比べて気温がぐっと下がっています。この日の目的地は吉野。山の方なのでとても寒いのではという予感がします…。

地元を6時半位の電車で出て、名古屋に7時半過ぎに到着。そして名古屋駅を7時52分に出る新幹線のぞみに乗って新大阪に8時40分に到着。

ここで、地下鉄御堂筋線を使って天王寺まで出るのですが…いきなりトラブル発生。

なんと、御堂筋線が人身事故でストップ!!

最近、旅の初っ端にトラブルに見舞われるケース多いな…w


とりあえずその場ですぐに別ルートを検索。まず東海道本線で大阪まで出て、そこで大阪環状線に乗り換えれば天王寺まで出られることが分かったのでそのルートで向かいます。

202002kansai001s

大阪環状線の新車、323系に乗ることも出来たので結果的には良かった…かな?

天王寺の駅を出て、すぐ目の前が近鉄の大阪阿部野橋駅。

202002kansai002s

さあ、ここからが今回の旅、本当のスタートです!!

≫ "2020年2月・関西で歴史に触れる旅(1)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...