(旅行記コーナー)
2037年 01月 01日 (木) 00:00 | 編集
いすみ鉄道・キハ52の旅。
2016年 12月 09日 (金) 14:27 | 編集
先日の日記に書いた通り、先週末にMETAFIVEのライブを聴きに東京まで行ってきたのですが、その翌日・日曜日に更に足を伸ばして千葉のいすみ鉄道を乗りに行ってきました。


やって来ました大原駅。ここがいすみ鉄道の始発駅です。

20161204isumi01s

時間は8時半くらい。ちなみに、朝のこの時間に大原に着きたかったが為に今回、ライブを観終わった後にそのまま京葉線に乗って千葉の大網まで出て宿泊→翌朝に外房線に乗って大原へ、と言う無茶をやらかしていますw

まあ、ライブ後に東京に泊まって翌朝移動…でも良かったんだけど、そうすると朝を相当に早くに出ないといけなくなるしねぇ。


駅で待つことしばらく、ホームに列車がやって来ました。

20161204isumi02s

旧国鉄のキハ20ソックリの顔立ちなんだけれどいすみ鉄道独特のカラーリングと言う何とも言えない車両。これもこれで面白い車両なのですが、でも今回の目的は彼ではありません。


しばらくして…やって来ました今日のお目当て!!

20161204isumi03s

いすみ鉄道ご自慢の旧型気動車、旧国鉄のキハ28+52の2両編成です。いすみ鉄道では現在、週末を中心にこの旧型車両2連を急行列車として走らせているんですよね。

ちなみに本日は「そと房」のヘッドマーク付き。このヘッドマークも何種類かあるみたいです。

ところで列車は2両編成でやって来ているものの、乗車位置を制限する関係でしょうか。ホームの後ろ寄りに停車する形となるのでキハ52の方はホームからはみ出てしまい、写真を撮ることが出来ませんw

≫ "いすみ鉄道・キハ52の旅。" の続きを読む...
天竜浜名湖鉄道の旅。
2016年 10月 21日 (金) 06:01 | 編集
19日の水曜日、久々に乗り鉄日帰り旅でもしてこよう…と言うことで、天竜浜名湖鉄道に乗りに行ってきました。東海近辺のローカル私鉄(第三セクター含む)はあらかた乗っていたのですが、そう言えば天竜浜名湖鉄道はまだ未乗車だったんですよね。

さて、まずは天竜浜名湖鉄道の起点、新所原へ。JRに乗って向かったのですが、この時豊橋から乗った普通列車がなんと373系でビックリしました。

20161019tenhama01s

確かに373系って特急東海だとかムーンライトながらだとかがなくなった今となってはあまり仕事が無さそうなイメージではありましたが、でもまさか平日朝の普通列車運用に入っていたとは…。

ちなみに久々に乗った373系、乗り心地はさすがに特急用車両と言った感じでした。何気にこの車両の座席って高スペックなんですよね。


さて、やって来ました新所原駅。ここが天竜浜名湖鉄道の始発駅です。

20161019tenhama02s

ちょっとびっくりしたのがこの新所原駅、JRの新所原とは駅舎もホームも完全に別に分かれているんですよね。大体、JR線に接続しているローカル私鉄の駅ってJRの駅を間借りしている様な造りになってるものが多いのですが、この新所原はそうじゃないんですよね。

天竜浜名湖鉄道に乗るためには一旦JRの駅を出て、外を少しだけ歩く必要があります。

≫ "天竜浜名湖鉄道の旅。" の続きを読む...
近鉄ビスタカーとか阪堺電車とか。
2016年 09月 09日 (金) 05:47 | 編集
先日の日記で書いたように、大阪へ艦これのオーケストラ・コンサートを聞きに行ったのですが、そのついでにちょっとした乗り鉄とか旅っぽいこともしてきました。


まず、大阪行きの手段として選んだのが近鉄特急。名古屋から大阪へ向かうには新幹線か近鉄特急か二つの手段があって、近鉄の方が時間はかかるけれど料金は安い。今回は近鉄をチョイス。

そして近鉄で行く場合、普通ならばいわゆる甲特急、アーバンライナーを使用したノンストップに近い速達列車を使用するのがセオリーですが今回はあえて乙特急をチョイス。


更に…なんとビスタカーですよ!!

20160906osaka01s

今となっては「しまかぜ」を初めアーバンライナーや伊勢志摩ライナーにすっかり看板の座を奪われている感のあるビスタカーですが、僕が子供の頃は近鉄特急の花型といえばこの車両でした。

名古屋駅を9時半に出発する難波行きの特急にこのビスタカーが使用されています。


このビスタカー30000系、なんと言っても特徴は2階建て車両。4両編成のうち真ん中2両が2階建ての車両となっているんですよね。

20160906osaka02s

このサイドビュー、なかなかに圧巻です。車高が高いのはインパクトありますよね。

≫ "近鉄ビスタカーとか阪堺電車とか。" の続きを読む...
長良川鉄道・郡上八幡の旅。
2016年 05月 30日 (月) 20:23 | 編集
先週の土曜日・28日の日に長良川鉄道に乗って郡上八幡まで旅してきました。長良川鉄道と郡上八幡は何年も前から旅してみたいと思っていたのですがなかなか行くことが出来ず…今回ようやく行ってくることが出来ました。

旅の初めは名古屋駅から。高山本線経由で美濃太田まで行くことになります。

201605gujo01s

201605gujo02s

久々の鉄道旅ですし…奮発して特急「ひだ」に乗ることにしましたw

しかし「ひだ」に使われるキハ85系、JR化後に出来た特急車両の中ではもはや最古参と呼べる部類ですが、今乗ってみても非常にクオリティ高い車両だなぁと感心します。

座席のリクライニング角度もシートピッチも在来線特急車両の中では最高レベルの大きさですし、床は全面絨毯張りとなっていて車内には落ち着きと高級感があります。

そしてやたらと広い窓…天地方向に窓が非常に大きく、更に座席部分がハイデッキ構造となっているのと相まって「ワイドビュー」の名は伊達じゃないことを見せつけてくれますね。

≫ "長良川鉄道・郡上八幡の旅。" の続きを読む...
日間賀島ショートトリップ(2016年度版)。
2016年 02月 28日 (日) 15:08 | 編集
昨日、日間賀島へ行って泊まってきました。毎年恒例となっている、冬ボーナスで両親へフグなどご馳走して…と言うアレですねw


島へは夕方くらいに到着。夕食の時間まで少しあったので、ちょっと島を散策してみました。

201602himaka01s

東港から海辺を少し歩くとこんな風に、ヤシの木が生えているスポットがあります。時間も夕刻と言うこともあって、夕日に浮かぶヤシのシルエットがまるでちょっとしたリゾート気分。


更に海の近くにはこんなアスレチックゾーンも。

201602himaka02s

親子連れの人たちが遊んでいました。


そしてアスレチックゾーンのすぐ横の高台へ登ってみるとこんなブランコが。

201602himaka03s

なんでも「ハイジのブランコ」と呼ばれているのだそう。このブランコ、乗ってみると海が真ん前に見えてなかなかに気分が良いです。ただ、一人だとそんなに高くへ漕げないので、連れがいる人は連れに押してもらった方が楽しめるかも?

(僕は一人で散歩してたので仕方なく一人で漕いでいましたがw)

≫ "日間賀島ショートトリップ(2016年度版)。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...