名鉄3300系。
2009年 02月 27日 (金) 23:57 | 編集
昨日・一昨日と実家のある愛知へと帰省していた。


僕の実家は、名鉄の西尾線と言うローカルな路線の沿線にあるのだが、その西尾線でこんな車両を見かけたのだから驚いた。

20090226_01

名鉄の最新鋭通勤車両3300系。

名鉄と言えば長らく、赤い電車と言うイメージだったのだが、それを覆すステンレス車体。


思えばこの西尾線と言う路線。

昔(20年ほど前)、まだ名鉄に旧型車が大量に残っていた頃はやって来るのはその古い車両ばかりで、それらが廃車になり、本線がVVVF搭載の3000系列運用が多くなると、そこから溢れた6000系列がやって来て…。

と、「本線のお下がり」が投入されているイメージが強かったもんだが。

しかしそれが、こんな新型がやって来る様になるとは。


時代は変わったものだ。


西尾線自体も高架駅が増え、複線区間が出来たりと変わって行く。


ちなみにこの3300系。

そのステンレスの車体が名鉄っぽく無いからなのか、名鉄ファンの間ではあまり人気が無さそうなのだが、個人的には嫌いじゃあない。

20090226_02

セミクロス配置で、転換クロスシートが並ぶ車内は結構快適だ。

シートモケットがパープル、ポールがサーモンピンクと色使いにやや奇抜な部分はあるものの、それも今風の車両ぽいと言えばそうだ。

ロングシート化されて無個性になってしまった6000系列や、元々無個性な3000系列よりはよっぽど面白みのある車両だと、そう思うのだが。


copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...