2009年を振り返って。
2009年 12月 31日 (木) 13:41 | 編集
と言うわけで、2009年も今日一日で終わっちゃうワケであります。なのでまあ、最後に今年一年を振り返ってみましょうかと。


(1)酒
今年はもうすっかりワイン熱が復活した年でした。何年か前にワインは凄く好きでハマってたことがあって、でもそこからはちょっと離れて日本酒や焼酎の方へ行ってたんだけれど、でもまたワインに戻ってきちゃった感じです。

このブログ見返してみると、1年の間に70種類ほど飲んでレビューした模様で。我ながらよく飲んだもんですねぇw


(2)鉄
年明け早々に米坂線二連発で始まった、今年の鉄旅でした。でもそれ以外は秋に山陰の方へ行った位か。以前はもっとこう、日帰りであちこち乗りに行ってたもんですけどねぇ。どうもそこまでの気力が無かった一年だったと言うか。

まあでも来年はまた、年明け早々に大糸線のキハ52と高山本線富山口のキハ58とに会いに行く予定ですし。旧型気動車の最後をあれこれ見送る年になるんだろうな。


(3)音
ハイ、相変わらず幸宏さんとボカロしか聴いてませんw 幸宏さんは春の再発ラッシュ祭りからライブ行ったりと今年は本当によく聴いたなぁ。てか、ライブとかイベント3つ行ったけど、そのどれもが幸宏さん目当てって…一体どんだけ幸宏さん好きなんだよ俺。

ボカロなんですが、以前は週間ボカランとか観て新着チェックとかしてたけど、最近はもうそこまでしなくなったなぁ。と言うか、正直「HMOタグ」やお知り合いさんの曲しか聴いてないですw

でもその分逆に(?)造る方にハマりだした…のかなぁ? でも昨年はたった2作しか出来なかったけれど今年はなんだかんだで5月に1つニコに上げてからはほぼ毎月ペースで何かしら造ることが出来ました。

そのうち、「精一杯の微笑み」なんかは(再生数は低いですが)気に入って頂けた方がいらっしゃった様で宣伝とかして頂いてしまったり、「ふわふわ時間」はニコ生のボカロアニメソング特集で取り上げて頂いたりと、なんだか色々とありがたい経験をさせてもらえました。

極めつけは今月に上げた「スカボローフェア」。ニコ生の「世界の新着動画」で取り上げて頂いておまけに無事に完走した模様で…おかげで再生数やマイリスも凄く伸びて…。本当に本当に嬉しかったです。

…まあ、「世界の新着動画」の存在知らなかったんで最初は本気で焦りましたがw
ニコ動のバグかとマジで思った。俺の動画がこんなに伸びるハズ無いと。

来年ものんびり、自分のペースで打ち込み取り組んで、あれこれウチのコ達に歌ってもらいたいなぁと思ってます。選曲はきっと今年同様に、無節操極まりない感じになると思いますが…w


(4)その他
いや…今年はもう「けいおん!」これに尽きるでしょう。今年がどんな一年だったかを四文字で表すのならもう「けいおん!」で決まりです。あ、「!」入れたら五文字かw

軽い気持ちで観始めたアニメだったんだけどねぇ…あんなにハマるとは自分でもビックリだ。

・BD全巻揃える
・BDで揃えたいが為にBDプレーヤを購入
・DTA(デスクトップアクセサリー)を購入
・コミックス揃える
聖地巡礼しちゃったw
・キャラソン全員分揃える
・「放課後ティータイム」名義のCDやサントラももちろん購入
・挙句の果てには楽譜買ってウチのコに「ふわふわ時間」とか歌わせる

うん。我ながら尋常じゃないハマりっぷりだよもう。数年前に「らき☆すた」観てた時もかなりハマってたけど、でもあの時はDVD揃える程度だったのに。キャラソンまでは手出さなかったのに…。

おまけにこの「けいおん!」ハマったせいで、原作載ってる「まんがタイムきらら」買い始める⇒萌え四コマそのものにハマると言う何この負のスパイラル。

ふと気づけば「けいおん!」以外にも

・うぃずりず1~3巻
・Sweet Home1巻
・ダブルナイト1巻
・あっちこっち1~2巻
・アットホームロマンス1~3巻
・ゆゆ式1巻
・チェルシー1巻

芳文社のコミックスこんだけ買ってたwでも多分まだまだ増えると思う。て言うか既に通販注文で取り寄せ待ち中なのが一つあるし。しかしアレだな、気に入った漫画の方向性がバラバラだなぁ俺。まあどれもに共通しているのは「かわいい」ってとこなんだけれど。

うん、可愛いものが好きなんですよ僕。そう。別に「萌え」とかじゃあない。単に「可愛いものを愛でているだけ」なんです。うん、そうだそうに違いない。ペットの犬や猫を愛でるのと同じだよ同じ。


ところで「まんがタイムきらら」なんだけれど、「無印」「キャラット」「MAX」と三つ読んでみて、イチバン最後に買い始めた「MAX」が実は一番僕の好みに合ってたかもしれないことに気づいたり。

なんと言うか、「MAX」は他二誌に比べてよりマニアックな感じがするんですよね。まあ全体的に百合度が高めってのもありますがwでもそれだけじゃあなくって、個性の強い作風のものが多い気がします。

「無印」「キャラット」のノリが少年誌のそれだとするんなら、「MAX」にはどこか青年誌っぽいノリを感じるんですよね。まあ「萌え四コマ」に少年誌も青年誌も無いだろって気もしますがw

とりあえず「MAX」はコミックス買おうかなと考え中の作品が既にもう4つもあるんだがwああ、一体どこまで増殖するんだろう萌えコミック。て言うか一体どこへ行こうとしているんだろう俺。


まあ、そんな感じで迷走を果てなく続ける僕とこのブログですが(苦笑)、本年一年間ありがとうございました。ではまた来年も宜しくお願い致します。


ブログ開始一周年記念。
2009年 12月 28日 (月) 23:02 | 編集
と言うワケで、このブログスタートしていつの間にやら一年経ってたので、その記念に過去の遺物をあれこれ晒して公開してみたり。

まあそんなことして一体誰得なんだって気もするけれど、でも別にイイんだよ。だってそもそもこのブログ自体が俺の自己満足みたいなもんだし。



「キハ王子の旅鉄日記」

このブログの前にやってたブログ。基本的に旅日記のみに絞ってやってみた。でもそしたら一年で飽きたw やっぱり僕には、何か一つだけに絞ってとかよりも、自分の好きなコトや興味のあることなら何でもあれこれと雑多に駄文を書き連ねるスタイルの方が合ってるみたい。

この時は名前を「キハ王子」なんて名乗ってたけど、いわゆる「王子ブーム」に乗っかってw でもイイんだよ。俺の元々のハンドル「オウジー」がそもそも「王子」に由来してるんだから。しかもソレ、リアルあだ名だから。



「KANZLERAMTオタクの日々」

上のブログより前にやってたブログ。雑多にあれこれ書きつづると言うスタンスは今と変わらず。まあタイトルの「KANZLERAMT」って僕が昔好きだったドイツのテクノレーベルなんだけれどね。でもそのレーベルのことにはほとんど触れていないと言うこの矛盾w

まあ今のブログにしたって、「酒」はしょっちゅう書いてるけど「音」とか「鉄」なんてたまにしか触れてないし。しかもタイトルの写真とか「鉄」なクセに実は鉄ネタが一番少ないって言う看板に偽りあり過ぎる状況だし。



「experimentarhythm」

昔やってたテクノ系サイト。って言っても別に大したことしてなかったけど。ディスクレビューとかイベントレポとか。あとはDJミックスとか上げてた。ミックスはもう消しちゃったけど。

でもこのサイトやってた頃は、ネット×テクノの繋がりでどんどん知り合いが増えて行って、それが凄く楽しかったんだよなぁ。

そういう面白さがここ数年無かったのが、最近になって今度はニコ動だとかの絡みで知り合いが増えたりしてて、それがまた楽しくって…。ネットを通じて世界が(リアルなイミで)広がって行く、この感覚って好きなんだよなぁ。



「experimentarhythm内の日記」

上のサイト内の日記を途中からその上のブログにしちゃってたんだけれど、その前はHTMLでちまちま日記書いてたんだよね。内用は本当に日記。ただの日記でしかないw でも北海道旅行記とかはちょっと面白いかも。



しかしアレだな…。こうして過去の文章だとか読み返してみると、僕はネットやり始めた10年前から何にも進歩しちゃいないってのがよく分かるねw まあ別にイイよなぁ。何も変化があることだけが重要じゃあないし。変わらないことだって時には必要だよ?

ホラ、YMOもCMで言ってたじゃん。


「時代が変わっても変わるな」とかってさ。ってそりゃビールの話かw


「けいおん!」第3巻。
2009年 12月 27日 (日) 22:56 | 編集
と言うワケで、先日発売された「けいおん!」コミックスの最新刊。



「けいおん!」3巻 (かきふらい 著)


ke-on_03


表紙は律っちゃん。
目立つオレンジのカラーリングが律っちゃんの元気いっぱいなイメージとよく合ってますなぁ。



ちなみに「とら」で買ったんですが、特典でこんなの付いてきました。


ke-on_omake


CDジャケット。絵柄は澪ちゃん大プッシュでございますwてか、やっぱりこの作品って世間的に見ても創り手サイドから見てもイチバンは澪ちゃんなのね…。




元々、ふとした気まぐれでアニメを観てしまったことからハマってしまった「けいおん!」ですが、今ではすっかり原作の方も大好きです。と言うか、これがキッカケとなって「きらら」系雑誌を毎月買う様になって、気になった作品はコミックスもあれこれ買い始めてしまったと言う…。ああ、一体どこへ行くの、俺。


≫ "「けいおん!」第3巻。" の続きを読む...
「MEINKLANG GRAUPERT PINOT GRIS 2007」。
2009年 12月 26日 (土) 23:32 | 編集
どうもー。

先程の日記にも書いた様に「ねんぷち ボーカロイド RQセット」がやって来てテンションあがりまくりのオウジーです。


で、その「ねんぷちRQボカロ」なんですが、とりあえず先日やって来たねんぷちボカロ達と一緒のケースに入れてみました。本当はこのコ達は別ケースにしようかとも思ったんですが、とりあえず手持ちのケースが無いし、なんとか一緒に入れられる位のスペースもありそうだったので。



vocalo_all



うーん、カオスw

ちょっとたくさん居過ぎな気もしなくもないけれど、でもまあこれ位に賑やかな方がいいかな?


にしてもやっぱり、亞北とハクたんは可愛いなぁ。まあ一番は言うまでもなくミクなんですが。



さて、そんなところで今日のワイン。恐らくこれが、今年最後のワイン日記になるかと思います。

年末の30日か31日にも実家で両親とワイン開けるつもりなんですが、でもそれはもう既にここでレビューしちゃったものなんで…。
今まで飲んだ中で美味いと思ったのを厳選して送っておいたのだ。うーん親孝行な俺(?)



さて、そんな年末最後のワイン日記。この一本で。

「MEINKLANG GRAUPERT PINOT GRIS 2007」
(マインクラング・グラウパート・ピノ・グリ)

WINE_20091226_02

WINE_20091226_01

昨日、仕事帰りに新宿伊勢丹に立ち寄って買ったもの。お値段は2800円くらい。牛のイラストのラベルがなかなかに個性的な、オーストリアのワインです。

≫ "「MEINKLANG GRAUPERT PINOT GRIS 2007」。" の続きを読む...
「ねんぷちボーカロイドRQセット」がやって来たよ。
2009年 12月 26日 (土) 20:04 | 編集
先程、我が家にちょっと遅めのクリスマスプレゼントがやってまいりましたよ。





…ええ、グッスマ通販からやって来た「ねんどろいどぷち ボーカロイド RQセット」です!!


vocalo_rq_box


これ、カーレースチームとのコラボなんですよね。っても当方、車は全く分からないしカーレースもまるで興味とか無いんですが(汗)、でも我らがミクちゃん達がレースクィーンになると聞いちゃ、もう買わないワケにはいかない!!

てワケで前々から予約しておいたものが、ようやく本日やって来たんですな。クリスマス時期にやって来ると言う、なんともこのタイミングの良さw




さあ、早速あけちゃいますよ?。



まずは一人目。リンちゃん登場~。

vocalo_rq_lin

おへそ丸出しのセクシー衣装wでもこんなカッコしててもやっぱりリンちゃんって、元気一杯天真爛漫な女のコってイメージですなぁ。

ニコ動だとなぜかヤンデレにされちゃってることの多いリンちゃんですがwでもこうやって見てるとまるでそんな雰囲気無いですよね?
いや逆にこういう元気ムスメが黒化するからこそ萌えるのか。


二人目。ルカ姉さん登場でーす。

vocalo_rq_luka

元々がセクシーなお姉さまなだけに、レースクィーンの衣装が全く違和感ありません。うん、こういうカッコさせるんならやっぱこのコが一番似合うよねぇ。


そして三人目。我らが主役、ミクちゃん!!

vocalo_rq_miku

ああ…やっぱりミクはかわいいなぁ。
なんだかんだで僕はこのコがイチバン好きなんです。全世界の中で。





さて。このミクちゃんにはヒミツがあります。と言うかヤバいんです。






何がヤバイかって言いますと…。



≫ "「ねんぷちボーカロイドRQセット」がやって来たよ。" の続きを読む...
「ARTE LATINO CAVA BRUT」。
2009年 12月 24日 (木) 23:41 | 編集
「けいおん!」YMOの新作がもう面白過ぎて…。



と言うか、もう「唯ちゃん=moog」で決定なのねw

澪が細野さんで律が幸宏さん、ムギが教授で梓が香津美。と来れば唯ちゃんは松武ポジションかと思いきやmoogって…。メンバーじゃねぇどころか人ですらねぇよソレw
でもあるイミ一番重要なポジションではあるけれど。


しかし観てて思うのはやっぱり、唯ちゃんてホント可愛いですよねぇ。こんな妹が欲しいよマジで。って、MAD観ながら可愛さを再確認してるとか、なんかもう色々なイミで間違ってるよなぁ俺。








ところで。今日はクリスマスイブですね。


と言うワケで、せっかくなんで帰りにヴィノスやまざき寄ってスパークリング買ってきましたよ。やっぱりホラ、クリスマスと来ればシャンパンとかスパークリングとかあると、なんだかそれっぽくなるじゃないですか?





…まあ、もちろん独りで飲むんですけどねw




いやまあ、基本的にはクリスマスだとかのいわゆる「カップル文化」と言うか業界の陰謀的に仕組まれた行事ごととか嫌いなんですがね。でもソレにあえて乗っかってみるのもたまには面白いんじゃないか、と。うーんヒネくれてるなぁ俺。




まああとは、クリスマスと来れば2chのスレだとかでよくやってる様な感じで、モニターの中の彼女と乾杯してる姿とか写真に撮って載せたら面白いんじゃないかとか考えたんですが、さすがにそれはちょっとあまりにも痛過ぎるので自重しますw



買ってきたのはコレ。

「ARTE LATINO CAVA BRUT」
(アルテ・ラティーノ・カヴァ・ブリュット)

WINE_20091224_01

WINE_20091224_02

スペイン産のスパークリング。マカベオと言う、スペインでよく使われる品種主体らしいです。ハーフボトルでお値段は780円と大変にお得。

≫ "「ARTE LATINO CAVA BRUT」。" の続きを読む...
「DOMAINE GIBAULT SAUVIGNON BLANC 2008」。
2009年 12月 21日 (月) 23:24 | 編集
今日はアキバの「とらのあな」で「けいおん!」コミックス3巻買って来たんですけどね。そしたら店頭で芳文社フェアと言うのをやってたんですよ。

なんでもこれ、芳文社のコミックスを買うと、「きらら」系漫画のしおりがもらえる、と言うもの。しおりは全部で6種類ありました。



で、僕はもう、迷うことなく「Sweet Home」一択で。

sweethome_siori

…やっぱりやまぶき綾さんの絵って可愛いなぁ。て言うかもうどんだけこの漫画好きなのよ、俺w



でも…なんでしおりがわか姉じゃないんだ? 俺は陽向じゃなくってわか姉が好きなのに。て言うかむしろこの作品の正ヒロインはわか姉で決定だろ?

ちなみにこのしおり、裏には四コマが載ってます。あと、他の種類なんですが「あっちこっち」とか「ゆゆ式」とかありましたね。
「ゆゆ式」も欲しかったな。





さて。そんなところで今日のワイン。

「DOMAINE GIBAULT SAUVIGNON BLANC 2008」
(ドメーヌ・ジボー・ソーヴィニヨン・ブラン)

WINE_20091221_02

WINE_20091221_01

フランス・ロワール地方はトゥレーヌのソーヴィニヨンブラン。ヴィノスやまざきで2300円ほど。

≫ "「DOMAINE GIBAULT SAUVIGNON BLANC 2008」。" の続きを読む...
「終焉の時」への歩みはもう止められない。
2009年 12月 19日 (土) 23:48 | 編集
3月13日に行われる、今度の春のJRダイヤ改正。京浜急行さんトコ経由でその、細かい内容が発表されているのを見たんだけれど…。


遂に来るべき日が来てしまったか、と言う感じです。


寝台特急の「北陸」や急行「能登」が無くなると言うことが前々から世間では騒がれていて、それも残念ではあるんだけれど、でもそれよりも個人的に本当にショックだったのは、JR西日本改正内容のうちの一つ。





金沢支社のプレスを読んでもらえれば分かりますが、大糸線のキハ52引退…です。





まあ、車齢が高い車両だし、エンジン換装もされていないし、そしてここ1年ほどの間に大糸線でキハ120のテスト走行が行われていると言う噂もあったりしたので、いつかはこんな日が来るんだろうと思ってはいましたが…でもやっぱり、ショックです。



大糸線のキハ52と言えば、3年近く前に乗りに行ったんだよなぁ。あの時は道中、猛烈な腹痛に襲われて、でも大糸線キハ52は車内にトイレ無いし、かと言って途中駅も無人駅ばかりで降りたところでトイレがあるかどうかも分からず、更に降りたが最後、次の列車まで3時間待ちとかだから、何とか我慢して終点の糸魚川まで乗り通したんだっけ。

で、糸魚川に着いた途端にトイレへダッシュ⇒更に駅近くの薬屋へ駆け込んで下痢止め薬購入。とかやっている間に折り返し列車の出発時間になって、わざわざ糸魚川までやってきたのはトイレの為?みたいな、なんとも情けない展開になったんだよなぁw


でもそんなのも、今となってはイイ思い出。



最後にもう一回、会いに行こうかなぁ。





…うん、行こう。



今年の冬はどこへも旅に出ないつもりだったけれど、もうこうなれば行くしかないや。ついでに高山本線富山口のキハ58にも会いに行ってこようかなぁ。なんとなくだけれど、こちらも同じタイミング位でいなくなってしまいそうな予感がするし。


糸魚川⇔富山なら片道1時間位だからなぁ。こうなれば寝台特急「北陸」も含めて、冬の北陸路ノスタルジーの旅、計画してみるとしますか。

北陸フリーきっぷ使用で、寝台特急「北陸」で一路富山へ。早朝から午前中にかけて、高山本線のキハ58に揺られて富山⇔越中八尾間を二往復。午後からは例えば氷見辺りに足を伸ばして、その日の夜は氷見の寒ブリに日本酒を飲るも良し。

で、翌日は糸魚川へと移動し、糸魚川⇔南小谷をキハ52で1往復or2往復。再び富山へ戻り、フリーきっぷで特急「はくたか」と上越新幹線を使って帰路。


おお、なんか良さげなプランが出来たぞ!! 高山本線キハ58、それに氷見線はフリーきっぷの範囲内で乗れるから、余分にかかるのは富山⇔(糸魚川)⇔南小谷か。となるとやっぱり、キハ52は一往復かなぁ…。



まあでもとにかく、2月の終わりか3月の初めか。もう…行くしかない!!

どんなに悲しんだって、どんなに嘆いたって、もう時は止められないのだから。ならばせめて、後悔が無い様に精一杯彼らの最後の雄姿を見送るのみ。それが僕に出来る全てなのだから。


「BOECKEL SYLVANER ZOTZENBERG GRAND CRU 2006」。
2009年 12月 17日 (木) 23:29 | 編集
今日は「けいおん!」のBD6巻が届いたんで日中観てたんですけどね。


…いやぁ、やっぱ「けいおん!」面白いや。6巻て言うと、第11話と12話。つまり、最終回とその直前の回ね。


11話目の「ピンチ!」はかなりシリアス風味な内容の回で、ネットの評判だとか見るとかなり賛否両論みたいなんだけれど、僕としては結構好き。

まあ確かに「けいおん!」は基本的にはまったり安心して観れる萌えアニメなワケで、そういうのにシリアスは不要と言う気持ちも分からなくもないんだけれど、でも「けいおん!」は例えば「らき☆すた」なんかとは違って、『バンド活動と言う一つの目的に対して皆で向かう』、と言うテーマのある作品なワケで。

本当ならね、バンド…と言うか音楽活動って楽しいことだけじゃあないんです。音楽的な方向性の違いだったりからケンカになることだってあるしね。
俺も曲がりなりにもクラブイベントとかやってたことあるから分かるのよ。

まあそこは「けいおん!」。バンドメインな様で実はそうでも無い(笑)作品なだけあって、音楽的な部分での対立だとかは描かれないんだけれど、でもその代わりに(現実なら起こりうるハズの)メンバー間の衝突や葛藤をああいった形で描いたんじゃないか、と。そんな風に思うワケなんですよ。



…なぁんて言いつつ、僕がこの回好きなのはただ単に、後半パートの百合度の高さによるものなんですがねw



いや…あれはもう、どう考えても狙い過ぎでしょ?誰がどう見たって澪ちゃんと律っちゃんラブラブ過ぎだよもう。あれを百合と言わずして何と言うのだ。
あれを描きたいが故に前半がシリアス展開になってしまったんだよ、きっと。


いやでもホント、可愛い女のコ同士のきゃっきゃうふふはイイもんだね。


12話の「軽音!」は事実上の最終回。この回は本当に名作だと思うよ。アニメ史に残るべき名最終回。って言う程普段アニメ観ないんですけどね。

「ふでペン-ボールペン」がバックに流れながら、唯ちゃんがあれこれ思い返すシーンは本放送時にもすごくグッと来たけれど、今観返してみてもやっぱり凄くいいシーン。

視聴者として彼女らの足跡を追ってきた、それを思い返す自分の様と唯ちゃんの回想とが重なって、観ているうちにこうね、胸にじんわりと込み上げてくるもんがあるワケなんですよ。

で、最後、「ふわふわ時間」のアンコールでもう涙腺決壊。

いやまあ、イイ歳こいたオッサン大人が昼間っからこんな萌えアニメ観て涙してる姿は我ながら相当にキモいとは思いますけどね、でも良いものは良いんだからしょうがないんです。うん。


…と、まあオタクな日記はそれ位にして、本日のワイン

「BOECKEL SYLVANER ZOTZENBERG GRAND CRU 2006」
(ボエケル・シルヴァネール・ゾッツェンベルグ・グランクリュ)

WINE_20091217_02

WINE_20091217_01

ヴィノスやまざきで買ってきたもの。値段は3500円。結構いいお値段ですwでもまあ、ボーナス入った直後位は贅沢したってまあ、バチは当たらないでしょ?


≫ "「BOECKEL SYLVANER ZOTZENBERG GRAND CRU 2006」。" の続きを読む...
「A DAY IN THE NEXT LIFE/高橋幸宏」。
2009年 12月 16日 (水) 23:48 | 編集
は~い、物凄く久々のディスクレビューネタですねw

高橋幸宏さんの「A DAY IN THE NEXT LIFE」です。もちろん、春の幸宏さん再発ラッシュ祭りで買ったもののうちの一枚です。


a_day_in_the_next_life

1. ONLY LOVE CAN BREAK YOUR HEART
2. 震える惑星(ほし)
3. 愛はつよい stronger than iron
4. 360°
5. 空気吸うだけ
6. BETSU-NI
7. EVERYDAY LIFE
8. X’MAS DAY IN THE NEXT LIFE
9. 神を忘れて、祝へよ X’mas time
10. NIGHTINGALE IN HEAVEN


EMI期の三作目。オリジナル発売は'91年ですね。

透明で中に入ったCDが透けて見える、ジャケットのアートワークが風変わりな一枚です。


この作品、前からちょくちょく聴いてはいたんですけど、ここのところなんだかすっごく気に入って、それこそ今月に入ってからはずぅっとCDデッキの中に入りっぱなしだったりしますw


このアルバムって、あるイミでは凄く12月向きの一枚だと思うんですよね。



…と言うのも、クリスマスソングが2曲も入っているんですよ。



まあ、曲名で分かっちゃうとは思いますが(笑)、
8. X’MAS DAY IN THE NEXT LIFE
9. 神を忘れて、祝へよ X’mas time
この2つがクリスマスソングですね。


でも、クリスマスって言ってもそこはただの甘ったるい、恋人たちのスウィートなラブソングじゃない。切なく憂いのある、思いっきり幸宏流なクリスマスソングに仕上がっています。


≫ "「A DAY IN THE NEXT LIFE/高橋幸宏」。" の続きを読む...
「特別純米 不昧公」。
2009年 12月 14日 (月) 23:27 | 編集
今日は久々~に服買いました。

LAVENHAM(ラベンハム)のキルティングジャケット。

20091214_lavenham

会社へ行く時の、スーツやジャケットの上に羽織る防寒着用に。ラベンハムのキルティングは一着持ってたんですけどね、でも去年のシーズンにひっかけて一か所穴が開いてしまって…orz

だから今シーズンに買い直さなきゃとずっと思ってて、で、なんとかボーナスも支給されたので本日買ってきたと言うワケであります。ちなみに買ったのは銀座のSHIPSにて。

あとはSHIPSオリジナルのウールのパンツも一本買ったり。


しかしなぁ…例年なら、ボーナス出た直後ならそれこそ服バカ買いとかしてたもんなんだけどなぁ。今日も本当は銀座SHIPS以外に幕張アウトレットだとか見に行ったりもしたんですけどね、でもなんとなく気分が乗らずに何も買わず…。結局この2着だけで買い物終了となりました。

不況でボーナスが少ないとか、そういうのもあるんだろうけど、でもそれだけじゃないなぁ。やっぱりどうも服だとかに対する興味が薄れてきてるっぽい。

まあ最近は休みの日はあまり外出ずに部屋にこもってネットやったり打ち込みやったり(萌え)マンガ読んだりとかばっかですからねぇ。外出ないんなら別に新しい服買う必要も無くなっちゃうしwってこりゃ本格的に色々とマズいなぁ、俺。


まあそんなワケでとにかく、今日も酒、なワケです。


島根は国暉酒造の「特別純米 不昧公」。

sake20091214_01

sake20091214_02

10月の山陰旅行に行った際に買ったお酒が、実はまだ1本冷蔵庫に入れたまま取ってあったんですね。いや、別に忘れてたとかじゃあないですよ?w まあでもさすがに、年明ける前に飲んじゃわないとねぇ。


≫ "「特別純米 不昧公」。" の続きを読む...
いやもう…何がなにやら!!
2009年 12月 13日 (日) 02:42 | 編集
今朝(と言うかもう昨日の朝か)ニコ動へ上げた、ルカちゃんの「スカボローフェア」。


今日の日付が変わった段階では、再生数が50位にコメントが5、マイリスが4とかそんな感じだったんですよ。だったんですよ…。





なのに、なのに。












夜中の1時半を回った位に見たら再生が2000オーバーとかマイリスが150近いとか、もうイミ分からん状況になっとる!!!!!!














おかしい…何かがおかしい。






ニコ動のバグだとか、誰かが不正操作で再生増やしてるんじゃないかとか、あれこれ考えまくってしまいましたわ。
まー不正操作って、誰がそんなことして得するんだかw









で、結局。これ、ニコ動の新機能「世界の新着動画」とかによるものみたいですね。

これ、運営側主催の生放送で、その日に投稿された新着動画がランダムに選ばれてカテゴリーごとに放映されていくと言うもの。で、放映後一定時間ごとに「続きを観たいかどうか」のアンケートが行われ、過半数を得られなければその動画の放映は終了して次の動画に移って行くと言うものみたいなんですね。





それでどうやら私の動画、放映された揚句、無事に最後まで完走してしまった模様で…。



いやでもホント、ビックリしました。一日で再生が2000超えるとか、マイリスやコメント100オーバーとかまるでもう未知の世界だったもので…。今でもこの状況が夢か現かピンと来ていない様な感じですw


でもとにかく、最後まで観て下さった方々、本当にありがとうございました!!


でもこんな機能出来てただなんてマジで知らんかった…(大汗)


たこさん、たこさん、たこルカさん?♪
2009年 12月 13日 (日) 01:10 | 編集
と言うワケ、ウチにたこルカさんがやって来ました。


takoluka_01

ご存じ巡音ルカさんの派生キャラ(持ち物?)たこルカさんの、チャームでございます!!


本来なら携帯ストラップ代わりにしたり、バッグやら何やらにつけるものなのかな?

でもコレ、ちょっと前にウチにやってきたねんぷちボカロファミリーの、ルカちゃんの横にでも並べたら楽しいかな?なんて思って買ったんですけどね、でも見たらなんだかこのままパッケージに入ってる姿が可愛らしいのでとりあえず出さずに置いておきますw



ねんぷちボカロファミリーと一緒に記念撮影(?)

takoluka_02

うーん、らぶりーw



そういやねんどろいどのルカちゃんにはなんと、たこルカが付いてくるらしいんですよね!! でもねんどろいどルカちゃん、うっかり予約忘れてたんだよなぁ…orz ネット上あちこち探しても、もう予約受け付けてるところなんて無いし。

ああっ今更になって凄ぇ欲しくなってきた!! でも転売屋をもうけさせる様なマネなんてしたくねぇしなぁ…。二次出荷を待つしかないのか、クソっ!!



ところでこういう、ボカロの派生キャラだったり持ち物だったりって、凄く面白いなぁと思うんですよね。キャラクターを創造した側が発信しているものじゃあなく、使い手やファン、いわば「受け手」側の方から半ば自然発生的に生まれてきたって言う、その流れがユニークだなぁ、と。

元々の初音ミクちゃんのネギにしたって、一つの動画の中ではちゅねにネギを振らせてみたのがウケて、それがニコ内だとかで広まって、いつの間にやら世間に定着して果てはフィギュアやらコミックやらの中でもネギ持たせるのが当たり前になってしまったと言う、そういう流れって今まで無かったことだと思うんですよ。

かつては文化って、造り手側が一方的に発信して、受ける側はただそれを受動的に受けるだけだったものが、そうじゃ無くなってきているんですよね。

ネット上で、不特定多数の人間の様々な想像力と創造力とが重なり合うことによって、一つのものから全然違う新しいものが生まれる。それってすごく面白いなぁ、と。そう思うんです。


でもしかし、このボカロの「持ち物」に関しては本当に斜め上に行ってしまうのがなんとも…ねwミクのネギが定着したもんだから、リンレン双子が出る時には何を持たせるかと話題になって、タマネギとかバナナとか色々と出たものの蓋を開けてみればロードローラーwww

ルカちゃんにはマグロと言う説が濃厚だったのが、いつの間にやらたこルカに全てを持って行かれているしwまあでもたこルカ可愛いからイイけどね。
でも個人的にはマグロ持ったルカさんと言うのも捨てがたいw


ウチのルカちゃんと【SCARBOROUGH FAIR】。
2009年 12月 12日 (土) 08:48 | 編集
と言うワケで、ついたった今ニコ動に動画あげてきました。


ウチの巡音ルカちゃんに歌ってもらった英語曲。
曲はサイモン&ガーファンクルの「スカボローフェア」!!



ってまた我ながら渋過ぎる選曲と言うか、前作との方向性があまりに違い過ぎてもう(苦笑


今回もまたまた、動画エンコだとかで大苦戦(調教や音造りにも勿論苦戦してるんですが)。いつも口パク動画を最初にavi出力して、それをmp4だとかに圧縮→音と合わせてwmvへ。最後にニコ用に合わせた仕様で再びmp4変換、て感じでやってたんですね。

で、wmv造るのはadobeのprimiere、mp4変換とかのエンコードはフリーのmedia coderでやってたんですが、どうしてもwmv造る際に動画の導入部分とか最初の数秒の画質が汚くなるのが気になってて…。

で、wmvでなくmpeg形式に出力してみたらこれがすっごく綺麗!! やった!!と思ってそれをmp4へエンコしたらなぜか口パクと音が大きくズレて…orz


結局、wmv→mp4と言う普段通りのやり方にしたんですが、でもwmv出力をいつもは2パスでやってたのを1パスにしてみたらなんだか動画が綺麗に出力されましたwうーん、2パスの方が綺麗に出るんだとばかり思ってそっちでやってたんですが、本当にもうよく分かりません。


まあ、そんな感じの動画ですが(どんな感じだ?)、皆さま、良ければどうぞ聴いてやって下さいまし。


「紫師魂」を一升瓶で買ってみた。
2009年 12月 09日 (水) 22:50 | 編集
今日ネットしてて見つけたんですけど、こんなのあるんですねぇ。


「ブログ通信簿」



面白そうだったんで、僕もやってみました。結果。


tushinbo_20091209


うーん、なんと言うかコレって、このブログってよりもまるで俺自身のコト言われてるみたいなんだけれどw「もっと自分の意見を」とか「ものごとの良い面にも目を」とかね。

確かに僕って、言いたいことあっても自分の中に引っ込めちゃう部分あるし、基本的にマイナス思考であまり物事を良い風に考えられなかったりするとこあるしなぁ。


そしてなによりグサっと来たのがこの一文。

「良いリーダーを見つけて、ブレインになりましょう」


いや…自分自身でずっと認識はしてたんですよ。自分はリーダーを張れる器じゃあない。自分にはNO.2が一番良く合っている。優秀なリーダーがいて、その人を全力でサポートし、その人の為に尽くして仕事をする時に一番自分自身の全力を発揮できる。僕はそんなタイプなんだろうってね。

…でもまさかね、それをこんな「ブログ通信簿」ごときに言われるとは思いもしませんでしたわw


案外とブログって、その書き手の奥底の部分が出ちゃうもんなのかもしれないですねぇ。
いやこの結果はまあ、偶然だろうけど。


さて。そんなところで今日の酒。

普段飲み用のお酒を兼ねて、焼酎一升瓶で買ってきました。

鹿児島は小正醸造の芋焼酎「紫師魂」。

SYOCHU20091209_02

SYOCHU20091209_01

近所の酒屋で、一升瓶で2300円位、だったかな? この焼酎、芋焼酎でも通常のコガネセンガンじゃあなく、「パープルスイートロード」と言う紫芋を使用したものです。


≫ "「紫師魂」を一升瓶で買ってみた。" の続きを読む...
「LAWSON'S DRY HILLS GEWURZTRAMINER 2007」。
2009年 12月 08日 (火) 23:21 | 編集
今日は東京に来て初めて図書館へ行ってしまいましたよ。それも本借りるんじゃなしに勉強しに。

と言うのも、ふとしたことから「第二種衛生管理者」の資格を取らなくちゃいけないハメになり、これがちょろっとテキスト読んでみたらなかなかに難しい。会社の昼休憩だとかに軽ーく本読んで…なんて感じじゃとても受かりそうも無いと言うことで、きちんと勉強するかと、休日の今日に図書館なんぞへ行ってみたんですね。

自分の住んでる区にある図書館。初回と言うことで、まずは図書カードを造ってもらい、それで学習室の席を取ってもらって(学習室の席が予約制)、いざ勉強。

…まあ、勉強したのは正味2時間位でしたけどwでもなかなかにはかどったかな?家でやってもいいんだけれど、でもどうしても家だと色々な誘惑があり過ぎて集中できないんですよね。

そこは図書館の学習室はさすがに勉強する為の部屋。周りの誰しもが静かだから、自然と集中してやらざるを得なくなって良い具合です。
もっとも寝てる人とか結構いましたがねw

しかし平日のまっ昼間だからなのか?図書館の学習室はおっさんばっかでした。…いやむしろ平日のまっ昼間なのにあの人達仕事はどうしたんだろう?って、俺も傍から見りゃそうかw


帰り路、ぶらぶらと散歩がてら歩いていて、そしたらウチのマンションのすぐ近所に小さなギャラリーがあるんですけど、そこでなにやら酒器の展示をやってたんですね。

杯とか好きなのでつい外から眺めていたら、そこの人に「どうぞ」と中へ案内されて…。気付けば杯一つ買っちゃってましたw

sakazuki20091208

でもこういうのってホント、「出会い」のものだからなぁ。ふとビビっと来るともう、欲しくなっちゃうんですよねぇ。まあこの杯、お値段も安かったし。

それと何故か利き酒をギャラリー内でやっていて、土佐の大吟醸を一杯頂いたんですが…これがとても美味しかった。華やかな吟醸香がふわっと漂う、優美なお酒で…。

まあとにかく、この杯は次に日本酒飲む時にでも使わせて頂くとしますかな。


あとは夕方、近所の整体へ行って腰をほぐしてもらい、リラックスついでにたまには広い湯にでも浸かるか、と、これまた近所の銭湯へ。銭湯って言ってもスーパー銭湯とかじゃないですよ?昔は町のあちこちにあった、そんな小さな銭湯。

中へ入ると地元のおじちゃん(おじいちゃん?)達ばっかりで、しかも皆顔見知り同士みたいな、そんな本当に地元の人の為の銭湯。まあ僕もこの地域の住人と言えばそうなんですけど、でも自分独りだけ浮いてるみたいな、完全にアウェーな感覚なんですよね。

だけどこのアウェー感は決してイヤな感じじゃない。独り湯船に浸かっていると、自分の住んでいる町のハズなのに、どこか遠くへ旅に来てしまった様な、そんな不思議な感覚に陥るんですよ。自分の知らなかったこの町の姿発見みたいな、そんな感じもあって、なぜかワクワクしちゃう変な感覚。


と、まあ、今日は一日自分の住んでる区内…と言うかむしろ町内をぶらついていただけなのに、なぜか結構充実感のある良い休日だったなぁ。まあ何も遠くへ出るのばっかが「旅」じゃないんですよね。地元を探検してみるのだって立派な旅と言えるのかも。


と言ったところで本日のワイン。

「LAWSON'S DRY HILLS GEWURZTRAMINER 2007」
(ローソンズ・ドライヒルズ・ゲヴュルツトラミネール)

WINE_20091208_01

WINE_20091208_02

「ローソン」てあるけど、コンビニじゃないですよ?w

ニュージーランドはマルボローのワインです。品種はゲヴュルツトラミネール。


≫ "「LAWSON'S DRY HILLS GEWURZTRAMINER 2007」。" の続きを読む...
「けいおん!アンソロジーコミック vol.1」。
2009年 12月 06日 (日) 09:28 | 編集
先月の終わりに買った、「けいおん!」の公式アンソロ本。

keon_ansoro

しかし、まさか公式でアンソロジー出るとか、本当に凄いね。普通、こういうアンソロ本とかって同人でもっとひっそりとやるもんだと思ってたんですが、まさか芳文社直々に公式で出しちゃうとはね…。
まったくもって「けいおん!」人気は一体どこまで行くんでしょう?


この本、総勢約20名もの作家さん達が「けいおん!」を題材にしたイラストやらコミックやらを提供してて、顔ぶれの大半はきらら系雑誌で連載持ってる方たちみたい。巻頭にイラスト集があって、それから後はコミック。以下、それぞれで個人的に気になったものやいいなぁって思ったものあれこれ。



まずは巻頭イラスト集の方から。


イラスト集のトップは石見翔子さん。「かなめも」の方ですね。この方の描く美少女絵って、なんと言うか透明感があって綺麗だなぁ。10代独特の初々しさ、繊細さ、はかなさ、そんなものが詰まってて。でもどことなく、同性愛的な雰囲気、言ってみればそう、マリーローランサンみたいな、あんな雰囲気を感じるんですよね。


…って、それは単に僕の考え過ぎ?
て言うか俺の目にうす汚れた百合フィルタがかかってるだけか!!w

でもって絵の構図からして、絶対にこの方、ムギちゃん好きだろうな…なんて思ったら、案の定巻末コメにムギちゃんがイチバン好きとありましたw


ところで「かなめも」と言えば、以前に「きらら」でゲスト掲載されたのを読んだ時には正直、あんまり何とも思わなかったんですよね。でも先月、初めて「MAX」買って読んだらなんか凄く良かったです。美華ちゃんがかわいい。古風口調にツンデレで、ちょっとだけ百合なのかな?でも凄くかわいい。

…しかしアレだな。最近俺がイイなと思ったコって、「ゆゆ式」の唯ちゃんとか「SWEET HOME」のわか姉とかツンデレ風味なコばっかだな。もしかして俺ってツンデレ好きだったのか?w



イラストだと、あと気になったのはシバユウスケさんのとか。この方の絵って独特のタッチしてますよね。でもどうせならこの方のはイラストだけじゃなくって、コミックで読みたかったかも。女子高生4人が、音楽をネタに繰り広げるボケとツッコミの応酬。て言うか、ボケまくる唯・律・ムギに、ツッコミつつ独りあきれる澪とかね。


…って、それこそどんなチェルシーだよ!!w


≫ "「けいおん!アンソロジーコミック vol.1」。" の続きを読む...
「RAOUL CLERGET BEAUJOLAIS NOUVEAU 2006」。
2009年 12月 05日 (土) 23:18 | 編集
今日は午前中、新宿と渋谷の東急ハンズへ。と言うのも、コレクションケース(フィギュアケース)を買おうと思ったんですな。

先日、「ねんぷちボカロ」の為のケースを買ったんだけれど、それがUVカット加工のついているものだったんですね。なら、どうせなら今ウチにいる、ねんどろいどミク&グッスマ1/8ミクの入ってるアクリルケースも、それぞれUVカットのものに買い変えてあげようかなぁ、と。

で、探してみたんですけどね…うーん、結局あまり目ぼしいものは見つからず。


先日買ったケースと同シリーズのものならあったんですけどね。でもそれで、1/8ミクが入るものってなるとサイズがちょっと大きくなり過ぎてしまって…。でもどうせ近々、唯ちゃんも来るハズなので、だったら一緒に入れるって考えで大きいのを買ってしまうのもアリか。

2体、あるいはねんどろミクも含めて3体を同じケースに入れられればその分スペースも少なくって済むし。でもその為にはまとめて置く置き場所をどうしようか…やっぱり本棚を買ってそこに萌えコミックと一緒に収納…



って、イカン!! もう部屋のカオス化が収まんないよコレ!!w



ところで今日、新宿→渋谷への移動に副都心線初めて乗りました。曲がりなりにも「鉄」なクセして実は副都心線未体験だったんですねwあれは線内急行運転してるのがイイですね。ちょっとワクワクしますwでも来る車両は基本的に有楽町線と同じだからなぁ。

ちなみに今日、僕が乗ったのは西武線の車両でした。6000系ってやつ。しかしあの車両のインバータって物凄い音しますよね。ポォ?ンと響く上昇音が独特過ぎる。


あと、打ち込みの方なんですが、次にやろうと思ってるルカさんの英語曲(有名曲)は音自体は8割方造り終わりました。でも最後の微調整がね…。調教もなんだけれど、ボーカルにかけるエフェクトで悩み出したらキリが無いって言うか。リバーブとかディレイの綺麗な掛け方が何度やってもよく分りません。

で、煮詰まったので先に動画(口パク)の方を造り始めちゃったりwでも口パク動画って、お手軽そうに見えてあれもあれでやり出すとなかなか奥深いんですよね。VSQそのまま当てるだけだとイマイチ口の動きが不自然に感じるところがあって、そこをあれこれ調整したりね。

あと、まばたきだったり微妙な表情付けをあれこれやって、いかに可愛らしくしようかとか考えてると時間があっと言う間に経ってしまうのです。

ちなみに僕、実は音を造るのよりも口パク動画造る作業の方がずっとず?っと好きだったりします。だって萌えられるからw



…と、そんなところで本日のワイン。

「RAOUL CLERGET BEAUJOLAIS NOUVEAU 2006」
(ラウル・クラージェ・ボージョレ・ヌーヴォー)

WINE_20091205_02

WINE_20091205_01

ボージョレ・ヌーヴォーです。2006年の。





…って、

それもうヌーヴォー(新酒)じゃねぇよ!!




まあ、なんでこんなの持ってるかって言うと、当然それにはワケがあります。


≫ "「RAOUL CLERGET BEAUJOLAIS NOUVEAU 2006」。" の続きを読む...
「BEAR REPUBLIC CHARDONNAY 2007」。
2009年 12月 02日 (水) 22:54 | 編集
久々に(?)、ここの酒日記にてニコの動画紹介とか。ってもまあ、最近はニコもHMOタグ位しか追っかけてないんですけどね。


HMO(初音ミクオーケストラ)って、「中の人」さんを初めとして「p名」のついた有名な方が5人ほどいらっしゃって、その方々が造る動画がどれも凄いクオリティなのは勿論なんだけれど、それ以外の、無名(と言っては失礼なんですが)の方の動画でもたま?に素晴らしいのが出て来るんですよね。

最近ちょっと凄いな、と思ったのがこちらの動画。



「前奏」と「後奏」て渋い選曲もさることながら、アレンジがイイんですよね。音色の雰囲気とかかなり原曲に近い感じで、だから原曲に準じた感じなのかなと思いつつ聴いていると、「後奏」の途中からオリジナルには無いリズムパートが出てきて、でもそれがすごく気持ち良くって…。

そこに乗ってるミクさんの声がまた、伸びやかで素敵なんですよね。

そしてまた、映像が効いてる。軍艦島の、あの廃墟の雰囲気が曲のイメージとあまりにマッチし過ぎてて…。こうやって映像と音とを綺麗に合わせたのが本当の意味での「動画作品」なんだなぁって思わされます。


このうp主様のは、ちょっと前にあがってたこちらも個人的には凄くツボでした。



YMOの「HAPPYEND」なんだけれど、オリジナルの「BGM」収録バージョンと言うよりは教授ソロあるいはウィンターライブのが元ネタっぽい。でもかなりアレンジが加えられてます。ファミコンぽい音が入ったり、それでいて全体にロシアンテイストだったり…。

また、これは映像が可愛いんですwドット絵のミクちゃんが一生懸命歌ってるのがホント可愛らしくって。この動画はUPされて割とすぐに見つけたんですが、即効マイリスでした。


さあ、僕ももうちょっと打ち込み頑張らないと。でないとホント、せっかくウチにやって来てくれたミクちゃんとルカちゃんにも申し訳が立たないよ。



さて、そんなところで今日のワイン。

今日は、先程の日記に書いたとおり昼間にヤツメウナギ+薬酒と言う、かなりインパクトのあるものを食べてきたワケなんですけどね。なので、それに負けない様な性格の強そうなワインを選んでみました。

「BEAR REPUBLIC CHARDONNAY 2007」
(ベア・リパブリック・シャルドネ)

WINE_20091202_01

WINE_20091202_02

カリフォルニアのシャルドネ。ヴィノスやまざきで2000円くらいでした。


≫ "「BEAR REPUBLIC CHARDONNAY 2007」。" の続きを読む...
ヤツメウナギ食ってきた。
2009年 12月 02日 (水) 16:17 | 編集
ちょっと前の酒日記の折、「ヤツメウナギを食べてみたい」なんてことを書いたんですが、つい先ほど浅草まで行って食べてきましたよ。

秋晴れの気持ちの良い陽気の中、ぶらりと地下鉄銀座線に乗って浅草へ。浅草なんて来たのは実に2年ぶりくらい。駅を出てみると、平日の昼間だと言うのに観光客が大勢でずいぶんなにぎわい。外人さんの姿も多く、浅草って東京を?いや日本を代表する観光地なんだなぁ、などと改めて思ってみたり。


さて、僕が向かうのは「八ッ目鰻本舗」。ヤツメウナギの蒲焼専門の店として結構有名みたい。事前にネットで道すじもバッチリ調べておいたので準備万端。のつもりで向かうんだけどね…。







すぐに道に迷うorz




ああ…やっぱりここで俺の特殊能力(迷子)発動か…なんでこういっつもいっつも迷うんだろう俺。



まあこのままやみくもに歩いて探しても辿り着けそうにも無いので、すぐに駅へ引き返して側の交番にて道を聞きます。と、僕が向かってた方向とはまるで違う方だったwじゃあ一体俺が事前に調べた行き方はなんだったんだ?




そんなこんなで無事にお店に到着。

yatume_01

店入り口の右側ではヤツメウナギを焼いてて、で左側は漢方薬材が売られています。入り口から奥へと進むとテーブルが幾つかあって、そこでヤツメウナギを戴ける模様。

ちなみにこのお店、食事処じゃあなく本来は漢方薬材のお店なんですね。だからメニューはヤツメウナギのみ。それも蒲焼はあっても丼は無し。普通のうなぎ屋と間違えてやって来る人がいるのか(?)お店に入る際に、おばちゃんに「ご飯はありませんよ」としっかり念を押されます。


…でもご心配なく、そんなことは重々承知。

こっちは端っからヤツメウナギが目的で来てるんですから!!


≫ "ヤツメウナギ食ってきた。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...