「けいおん!アンソロジーコミック vol.1」。
2009年 12月 06日 (日) 09:28 | 編集
先月の終わりに買った、「けいおん!」の公式アンソロ本。

keon_ansoro

しかし、まさか公式でアンソロジー出るとか、本当に凄いね。普通、こういうアンソロ本とかって同人でもっとひっそりとやるもんだと思ってたんですが、まさか芳文社直々に公式で出しちゃうとはね…。
まったくもって「けいおん!」人気は一体どこまで行くんでしょう?


この本、総勢約20名もの作家さん達が「けいおん!」を題材にしたイラストやらコミックやらを提供してて、顔ぶれの大半はきらら系雑誌で連載持ってる方たちみたい。巻頭にイラスト集があって、それから後はコミック。以下、それぞれで個人的に気になったものやいいなぁって思ったものあれこれ。



まずは巻頭イラスト集の方から。


イラスト集のトップは石見翔子さん。「かなめも」の方ですね。この方の描く美少女絵って、なんと言うか透明感があって綺麗だなぁ。10代独特の初々しさ、繊細さ、はかなさ、そんなものが詰まってて。でもどことなく、同性愛的な雰囲気、言ってみればそう、マリーローランサンみたいな、あんな雰囲気を感じるんですよね。


…って、それは単に僕の考え過ぎ?
て言うか俺の目にうす汚れた百合フィルタがかかってるだけか!!w

でもって絵の構図からして、絶対にこの方、ムギちゃん好きだろうな…なんて思ったら、案の定巻末コメにムギちゃんがイチバン好きとありましたw


ところで「かなめも」と言えば、以前に「きらら」でゲスト掲載されたのを読んだ時には正直、あんまり何とも思わなかったんですよね。でも先月、初めて「MAX」買って読んだらなんか凄く良かったです。美華ちゃんがかわいい。古風口調にツンデレで、ちょっとだけ百合なのかな?でも凄くかわいい。

…しかしアレだな。最近俺がイイなと思ったコって、「ゆゆ式」の唯ちゃんとか「SWEET HOME」のわか姉とかツンデレ風味なコばっかだな。もしかして俺ってツンデレ好きだったのか?w



イラストだと、あと気になったのはシバユウスケさんのとか。この方の絵って独特のタッチしてますよね。でもどうせならこの方のはイラストだけじゃなくって、コミックで読みたかったかも。女子高生4人が、音楽をネタに繰り広げるボケとツッコミの応酬。て言うか、ボケまくる唯・律・ムギに、ツッコミつつ独りあきれる澪とかね。


…って、それこそどんなチェルシーだよ!!w


≫ "「けいおん!アンソロジーコミック vol.1」。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...