【高橋幸宏】ウチのミクちゃんと【愛はつよい】(再うp)。
2010年 02月 28日 (日) 01:37 | 編集
と言うワケで、先日ニコにあげた幸宏さんカヴァーですが、今日ちょろっと音の方を造り直して再度うpってきました。



先日上げたのは何度も聴き返すうちにどうも、ちょっと低音(ベース)とあとはエレピのアタックが強過ぎたかな…と言うのが気になって。


なので今日、会社帰ってきてからあれこれいじって造り直してみました。

具体的には、

・ベースの音量を少し下げる
・エレピの音量も少し下げる
・エレピのパン(定位)を少し左よりに
・サビ前のストリングスと、その対(逆サイド)で鳴ってる音を少し上げる
・サビ部分のボーカル音量を少し下げる

それとついでにボーカルもほんの少しいじって、気になった部分の発音矯正とあとはGENを55まで下げていたのを57に上げてみたり。

って、たった2変えただけじゃん!!wて感じなんですが、この辺りの範囲だとほんの少しいじるだけでも結構雰囲気変わるもんなんですよね。…いやホント、変わるんですよ? 女のコはちょっと化粧するだけでも感じが変わるのと同じ。ってコトにしておいて下さい。

それとあと、マスターにぶっさしたマルチバンドコンプをやっぱりCUBASE同梱のマキシマイザーに戻して、上げる音圧も若干低めに抑えました。

マルチバンドコンプは、音の雰囲気変わって面白いんだけれど、やっぱりどうも音が潰れちゃうような、そんな気がします。マキシマイザーの方が素直な出音のまま、音が大きくなるかな?
まあ僕の腕が未熟でマルチバンドコンプ使えないだけですが。


これだけやってみた結果として、まあ、音の雰囲気が尖った部分が無くなって丸くまろやかになったかな?て気はします。あと、ベースやピアノを下げた結果、相対的にボーカルが目立つ様にもなったかも。

まあ、劇的に何かが変わる!!て言う程のことをやったワケじゃあないですし、正直自分の中の自己満足の域なのかもしれないんですが、でも今回は、せっかく動画まで造ってみたので音の方も自分なりに納得のいく様にしてみたくって…。


そんな感じですが、皆さま良ければどうぞ聴いてやって下さいまし。


2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(9)
2010年 02月 28日 (日) 00:09 | 編集
- 旅の終わりは鍋で〆 -

西田幾多郎記念哲学館を後にし、七尾線に乗って金沢駅へと戻ります。

201002hokuriku_90

駅を出ると、なんだか巨大な門(?)みたいのが建ってて、なにやらちょっとカオスな様相を醸し出しちゃっている、そんな今の金沢駅w


金沢に着いた時点で時間は17時半。まずはここでちょっと土産を探しに行くことにします。向かったのは、駅から歩いてほんの数分のところにある「黒龍堂」さん。

201002hokuriku_91

九谷焼を専門に扱っているお店。以前に金沢を訪れた時もここで一つ杯を買っているんですよね。で今回も、どうせ金沢まで来たんなら何か記念に買おうかと寄った次第なワケです。

せっかくなので、自分用の杯だけじゃあなく、実家の両親にもプレゼント…と言うことで九谷焼の杯を3つ購入。そしたら二万円くらい使っちゃってました…wああ、最後の最後に思わぬ出費。

いや、この「黒龍堂」さん、普段使いの安い器から本当に目が飛び出る様な値段のものまで色々と取り揃えてあるんですよ。で、本当はもっと安いラインから探そうかと思ってたんだけれど…でもやっぱりある程度の値段するものの方が形も絵も綺麗なものが多いんですよね。

まあ、自分用のも両親へのプレゼント用のも、どちらも納得のいくものが買えたので良しとしましょうか。


時間はもういつの間にやら18時を回っていて辺りもすっかり日が暮れました。と言うワケでこの旅の最後のイベント、金沢の茶屋街での夕食を取るべく向かいます。

バスに乗って10分少々。向かったのは主計町(かずえまち)。

201002hokuriku_92

いかにも歴史のある老舗料亭、と言った趣の店ばかりがずらりと通りに並んでいるんですよ。

こんなところで飯食べたら一体幾ら取られるんだろう…と尻込みしてしまいそうになるんだけれどwでも、行っきまーす。

≫ "2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(9) " の続きを読む...
2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(8)
2010年 02月 28日 (日) 00:08 | 編集
- 西田幾多郎記念哲学館へ -

キハ52に別れを告げた僕は、糸魚川を後にして金沢方面へと向かいます。目指すは宇野気にある「西田幾多郎記念哲学館」。本当は、以前の北陸旅行で訪れるつもりだった場所だけれど、その時は結局、時間が無くって行けずに終わって…。

なので今回はリベンジと言うワケです。博物館だとか美術館と言った、○○館と言うものにとにかく興味魅かれてしまう僕としては、ここはやはり一度は行っておかなくてはならないマストなスポットなのであります。


まずは糸魚川から、12時54分発の特急「はくたか8号」に乗車。行きと同じく北越急行のスノラビたんはぁはぁスノーラビットがやって来ました。

201002hokuriku_80

グレー基調の車内は一見ビジネスライクにも見えるのですが、でも天井の間接照明の黄色い灯りだとかがさりげない高級感と落ち着きとを醸し出していて、なかなかに良い雰囲気。この中で金沢までのひとときをしばしくつろぎます。

そして時間はお昼どき。お腹も空いてきましたし、車内販売で駅弁でも買うとしましょうか。そして駅弁と車窓を肴に、昼間っから缶ビールでも飲んじゃいましょうか。うんうん、いいですねぇ。



…などと思ったのが運のツキ。いや駅弁は駅で事前に買っておくべきだったね。





車内販売はお弁当売り切れ(涙




菓子パンだとかサンドイッチだとか、そういった類も一切ナシ。お腹にたまりそうなものをムリヤリ探すと…あったありましたよお菓子がありました。ロッ○のト○ポってお菓子が売ってます。


と言うワケでこの日の僕の昼食はトッ○と缶コーヒーと言うメニューに相成りました。
ってソレご飯じゃねぇよ!!(血涙



…まあ、これでもとりあえずの空腹を満たすのには役に立ちましたけどね…一応。
無いよりはマシって程度だけれど。


≫ "2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(8) " の続きを読む...
2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(7)
2010年 02月 28日 (日) 00:07 | 編集
- 大糸線キハ52との大切なひととき -

今日のお相手の、国鉄色のキハ52はキハ52-115。

201002hokuriku_72

ところでこのキハ52-115、引退後に津山の方で保存されることが決まった様ですね。例え鉄路の上を走ることが無くなったとしても、形が消えずにその姿をずっと残し続けてくれる。それはとっても喜ばしいことだと思います。

特に、3両いる大糸線キハ52のうち、僕が今日こうして出会えて一両がそれに選ばれたと言うのは、なんだか運命的なものも感じ、尚更に嬉しく思います。


まだ出発まで間があるので、しばし写真撮影。

201002hokuriku_74

201002hokuriku_75

こんなフェティッシュ(?)なショットも。


ところでこのキハ52、間近で写真撮っていて気がついたのですが、塗装など綺麗に施されていてもやはり顔中ところどころに傷など見られるんですね。長年走り続けてきた、その老兵の「証」とでも言うべき傷。


「こんなになるまで…頑張ったんだね」


そう声をかけながら眺めていたら、なんだか胸にぐっとこみ上げてくるものがあって…つい目から熱いものがこぼれおちてしまいました。まだ走り出してもいないのに…でも、これで最後だと思うともう、泣けてきてしまって…。


さあ、いつまでも感傷に浸っていても仕方ありません。そう、時は待ってはくれないのだから。

≫ "2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(7) " の続きを読む...
2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(6)
2010年 02月 28日 (日) 00:06 | 編集
- 大糸線キハ58との邂逅 -

2010年2月17日(水)。北陸旅行の二日目。

前日、氷見での寒ブリ尽くし&富山の地酒痛飲→富山駅近くのホテルに戻ってからビール飲みなおしと結構な量を飲んだのですが、すっきりと起きられました。


さて、この日はいよいよ今回の旅の本当のメイン。大糸線のキハ52に会いに行きます。


8時半過ぎに富山駅へとやって来ると、改札寄りのホームにはキハ58が停まっていました。昨日の朝乗った、富山⇔越中八尾間を結んでいる高山本線のキハ58です。

201002hokuriku_65

でも今日は昨日の国鉄色のコじゃなく、高岡色のコが停まっていました。そしてこのコ、なんとパノラミックウインドウ車なんですよね。今となっては日本で唯一の現存する(恐らく)パノラミックウインドウのキハ58。とってもとっても美人さんなコです。

思わず、今日の旅の予定を全て取りやめてこのコに乗ってしまおうか…と心が揺らいじゃったりもしたのですがw、でもそこはグッとこらえて心を鬼にして(?)先へ進むことにします。まあ、実を言うとこのコには以前乗ってますしね。


僕が乗るのは、8時56分富山発の特急「はくたか5号」。ちなみに今回僕が使っている北陸フリーきっぷではこれから向かう糸魚川へはフリー区間外にあたるので、乗車券も特急券も別に買う必要があります。結構な出費になってしまうんだけれど致し方ありません。

特急「はくたか」は北越急行車の通称「スノーラビット」がやって来ました。

201002hokuriku_66

このコって美人さんですよね。同じ「はくたか」に使用される681・683系の中でも、JR西日本所属のよりもこっちの方がスマートでカッコ良くって綺麗だなって思います。
スノラビたんかわいいよスノラビたんはぁはぁ。


雪景色の車窓を眺めながら、富山を出て約50分で糸魚川へ到着。


駅構内にラッセル車が停まっているのがなんとも雪国らしいです。

201002hokuriku_68

ラッセル車の奥には、キハ52首都圏色の姿も…。


そしてこちらは、糸魚川駅の象徴とも言うべき存在・赤レンガの車庫。

201002hokuriku_67

中に入っている車両がキハ120なのがとっても興ざめだけれど仕方ありませんw

でも…この倉庫ももうすぐ無くなっちゃうんだよね…。こうやって、貴重な「鉄道遺産」がどんどんと失われていってしまう。時代の流れだから仕方の無いことなのかもしれないけれど、でもそれはやっぱり、とても悲しいことだと思うのです。

古き良き時代の鉄道旅を感じさせるものが、近い未来には全て無くなって消えてしまうのだろうか。そう考えると、胸が張り裂けそうに切ない気持ちになります。単なるノスタルジーだと割り切ってしまうのは簡単かもしれないけれど、でも…はたして、それで良いのでしょうか…。

「便利さ」「速さ」と引き換えに、もっと大切でかけがえのないものを我々はどんどん失ってしまっているのではないでしょうか? 一番大切なものは何か。それを考えるべき時に僕達は来ているのかもしれません。
≫ "2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(6)" の続きを読む...
2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(5)
2010年 02月 28日 (日) 00:05 | 編集
- 氷見での夜は寒ブリ三昧 -

五箇山・相倉合掌造り集落見学を終え、高岡へと戻り、そして僕が向かったのは氷見。冬の北陸と言えば日本海の海の幸満載なワケなんですが、その中でもとりわけ有名なのが「氷見の寒ブリ」。

となればもう、これは食べてみるしかないってもんです。


高岡⇔氷見を結ぶ氷見線はキハ40系列の気動車が走っています。そして中にはこんな「ハットリ君列車」も!!

201002hokuriku_50

201002hokuriku_51

車内はボックスシートが並び、一見普通のキハ40に見えるんですが、天井やら壁やらあちこちに藤子不二雄の漫画「忍者ハットリ君」のキャラクターが描かれているのでござる。

201002hokuriku_52

ハットリ君達が氷見の寒ブリに乗っているのでござるよ。ニンニン。


さて、僕がやってきたのはこちらのお店。「秀月」さん。

201002hokuriku_53

氷見の駅からタクシーで5分ほど。最初は腹ごなしの為に歩いて行こうかとも思ったんだけれどね…でもタクシーで行って正解でしたわ。歩くには微妙に距離がある上に、裏道っぽいところにあるのでちょっと分かりにくい。方向音痴な僕ならきっと辿り着けなかったに違いない…w

感じの良い女将さんに案内されてカウンター席へと通されます。そしてお店の大将とごあいさつ。「今日は寒かったでしょう?」と。大将曰く、今日はとりわけ寒い一日な様で…。どうやら僕、雪国にわざわざ寒い日を選んでやって来ちゃったみたいw

≫ "2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(5) " の続きを読む...
2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(4)
2010年 02月 28日 (日) 00:04 | 編集
- 冬の五箇山・相倉合掌造り集落 -

キハ58との時間を過ごした後、まずは富山駅構内で土産物を物色。まあ一応、会社やら実家やらにも土産を買わなくては…ね?

とりあえず会社は適当な菓子でお茶を濁しw実家と弟とあと自分用の土産で日本酒を購入。とかやってたらそれだけで1万を軽くオーバーしちゃいました…。何気に土産代って高いんだよなぁ。旅行にかかる経費の中でも相当な割合を占めている様な気がします。

そして軽く腹ごしらえ。そう言えば富山に到着してから何も食べてませんでしたからね。駅のホームの立ち食いソバで早めのお昼…と言うか遅めの朝ご飯と言いますか。かきあげ入りのソバを食べたんだけれどこれが結構美味しかった。澄んだ綺麗なおだしで。


さて、腹ごしらえも澄んで次へと向かいます。まずは北陸本線の普通列車で高岡へ。

201002hokuriku_36

北陸本線は未だに旧・国鉄型の車両が主力で走っています。て言うか普通列車ならほとんどの確率で昔の急行型車両がやってくると言う何この萌え鉄路線。


富山を出て20分ほどで高岡到着。

さて、ここで雨が降って来ました。朝、高山本線のキハ58に乗ってた時は雨なんてまるで降る気配なかったのに…。やっぱり日本海側の天気は変わりやすいのかな?


201002hokuriku_37

で、それはさておき駅にいるコレは何なのよ?w

≫ "2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(4) " の続きを読む...
2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(3)
2010年 02月 28日 (日) 00:03 | 編集
- キハ58に乗ってのショートトリップ -

キハ58の車内に入ってみます。

201002hokuriku_22

車内はこんな感じ。車端部がロングシート化されたのと、それに伴ってデッキが半開放構造に改造されてしまってますが、それ以外はオリジナルの雰囲気をよく残しています。

ボックスシートに腰かければ、往年の急行列車の趣そのもの…。


58,28共に内装にほとんど差は無いんだけれど、でも一か所大きな違いが。


それは、ロングシート部の吊り手。

201002hokuriku_23

201002hokuriku_24

58は三角形の吊り手なんだけれど、28は丸い吊り手がぶら下がってます。でもなんでこんな細かい部分をわざわざ変えたんだろう…?


201002hokuriku_25

車内撮影の傍ら、写真の練習。手前の座席持ち手にピントを合わせてみたら遠くがボケた写真が出来たよ!!wまあ一眼の様には行かないだろうけど、でもG10クンはそれなりに面白い写真撮れそうだよね。使いこなせれば。
≫ "2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(3) " の続きを読む...
2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(2)
2010年 02月 28日 (日) 00:02 | 編集
- やっぱりキハ58は可愛いなぁ -

寝台特急「北陸」での一夜を過ごし、僕は朝5時には目を覚ますつもりだった。そのつもりで携帯電話のアラームをセットしていたハズだった…。






「チャラリララリラン♪ララランラン…」(ハイケンスのあのメロディ)

「おはようございます…あと15分ほどで富山に到着です…」









やべぇもうすぐ富山だってよ!!








もうね、慌てて飛び起きる俺wいやまさかアラームに気づかんとは思わんかったわ…。本当に焦った。超焦りましたわ。もう速攻で着替えて降りる用意。まあおかげで眠気とか完全にふっ飛びましたけどね。

いやでもこれ、この車内放送なかったら完全に寝過してたよな…車掌さんGJ!!


と、まあ。なにはともあれ富山到着です。こっからが旅の本番ですよ。

201002hokuriku_14


ホームで「北陸」を見送って、それから少し待ってるとね、こんなのがやってきました。

201002hokuriku_15

ええ、急行「能登」です。ボンネットの先頭車両が印象的な「能登」。

これも「北陸」と同じタイミングでいなくなっちゃうんだよね。そしてこの「能登」が無くなると言うことは、JRの急行列車がまた一つ「絶滅」へ近づいてしまったことも意味します…。


「能登」を見送って、僕は富山駅の端っこ、三番線のホームへと一人移動します。

201002hokuriku_16

朝もやの中、一人たたずむホーム。他に誰もいません。っているワケないよなぁ。だって時間まだ朝の6時前とかだから。

僕がこのホームで一人待つ理由。それはただ一つ。





…そう。



俺の嫁キハ58がここにやって来るからに他なりません。


≫ "2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(2)" の続きを読む...
2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(1)
2010年 02月 28日 (日) 00:01 | 編集
- 寝台特急「北陸」での一夜 -

2010年2月15日(月)。この日はいよいよ北陸旅行へ出発の日。

今回の旅、そのテーマは「旧型気動車」それに冬の北陸ならではの「海の幸」。その2つを一緒に楽しんじゃおうと言う我ながらなんとも欲張りなプランでありますw


さて当日。日中は普通に会社へと行って仕事をこなし、夕方すぎに帰宅。そして夜22時にマンションを出て上野駅へと向かいます。

上野駅に着いたのは22時半くらい。僕の乗る寝台特急「北陸」は23時03分発。

201002hokuriku_01

と言うことでしばらく待ちます。

この「北陸」も来月のダイヤ改正で無くなってしまうと言うこともあって、かなり注目を集めている模様。ホームには結構な人だかりが出来ています。乗る人だけじゃあなく、撮る為、あるいは見る為にやって来たと思しき人もちらほらと。

いわゆる「鉄」ぽい人だけじゃあなく、普通のおばちゃんグループとかもいます。最後だから旅の記念に乗っておこうって感じなのかな?


待つことしばらく。22時40分を過ぎた位に「北陸」が入線!!

201002hokuriku_02

201002hokuriku_03

牽引機関車はEF64。そして客車は分散電源式の14系です。


そして機関車の周りには人・人・人!! 凄い人だかりで囲まれている!!w …いや上の写真だとその人だかりっぷりが分からないと思うんだけれど、ホント結構な人がいたんですよ。2月の半ばの平日でこれだと…3月入ってからの土日とか一体どうなっちゃうんだか。

ところで先に書いた様に「北陸」の14系は分散電源式なんですね。つまり、編成中の何両かは電源用のディーゼルエンジンを持ってて、その車両に当たってしまうと一晩中エンジンの騒音を聞かされるハメになってしまうと言う…。

まあ、気動車の場合はエンジンの騒音は萌え要素なんですけど、でも静寂がウリの客車?それも寝台列車でエンジン音は致命的な欠陥ですよね?w

どちらにしろ、僕の乗る「ソロ」の客車はエンジン積んでないので問題ナッシング。


さあ、それでは中に入ってみましょう。
≫ "2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(1)" の続きを読む...
「KWV ROODEBERG BLANC 2007」。
2010年 02月 25日 (木) 00:34 | 編集
昨日に引き続いて今日も休み。今日は先程の日記にあげた様にニコに動画うpって来ましたよ。幸宏さんのカヴァー曲で。その作業をあれこれやってたら一日の大半終わっちゃってました…。

いやでもねコレが、動画造り終えてmp4エンコまで終わった時点で歌詞テロップにショボいミス見つけて動画から造り直しとか、そんなアホなことやってたら時間かかっちゃって…wって毎回こんなんばっかです自分。


本当は旅日記も進めようと思ってたんですけどね…でも今日は全く書けず。まあ一度にあれこれやれる程器用でも無いからなぁ僕。だからまあ、動画出来ただけでも良しとしましょうか。


あとはベッドに寝転がってだらだらマンガ読んだりとかね…。

いや、アマゾンから先日買った「落花流水」を読んでたんですが、かなりツボりましたわコレ。さすがに長期連載作品だけあって、ネタが凄く安定してる。面白さにブレが無いって言いますか。

でも四コマの作家さんって凄いよなぁ。あれだけ多くのネタを長期に渡ってひねり出して描いているワケだから。


あと、なんと言うか想像以上に百合度が高かったwいや、「MAX」で読んでいて百合風味が強い作品だなってのは感じてたんですが、コミックスでまとめ読みしたらその破壊力たるや…ここまでストレートだとは思わなかったですw

この作品と「かなめも」の二つが存在しているせいで、「MAX」の百合度が凄いコトになっちゃっているんですよね。きっと。

いやまあ「きらら」系は全般的に百合度が高いんだとは思いますけど、でもそうは言っても例えば無印の「けいおん!」だとか「ゆゆ式」なんかは、それでもまだ仲の良い女のコがきゃっきゃうふふしているだけと言えるレベルに留まっていると思うんですよ。

でもなんつーか、この「落花流水」や「かなめも」のは完全に恋愛感情だよね。恋だよね恋。こりゃやっべえわ。でも「落花流水」は「かなめも」に較べると生々しさみたいのを感じないのは、描き手の性別の違いによるものなんでしょうとか勝手に納得。

あと、この「落花流水」の夕さん見てて思ったけれど、なんでこうも「きらら」系のお嬢様キャラは天然キャラ揃いなんだ? それでいてなんで多方面に無駄にスペック高い人ばっかなんだ?w


しかし…「百合」をフツーに受け入れられてしまう…と言うかむしろ今となっては大好物なあたり、俺の頭も相当に腐っているとしか思えません。これっていわゆる「腐女子」と変わらないよなぁ、ベクトル的に。


と、そんなオタクの戯れ言はさておき。今日のワイン行ってみましょう?。

ホントのコト言うと今日はちょっと二日酔い気味なんですけどね…なにしろ昨日のワイン、結局昨夜で全部飲みきってしまったので…wでも飲む。飲んじゃう。せっかくの連休の夜に飲まないワケにはいかないのです。

「KWV ROODEBERG BLANC 2007」
(KWVルーデバーグ白2007)

WINE_20100224_01

WINE_20100224_02

今日は夕方、銀座に行く用事があったんで、そのついでに松屋に立ち寄って買ってきました。あそこのワイン売り場って、規模はそんなに大きくないんだけれど、ちょっと変わったものが売ってるんで好きなんですよね。

今日のワインは南アフリカのものです。たまにはちょっと変わったお国のものでも飲んでみようと思いまして…。ちなみにお値段は1600円くらい。割にお値打ち。でも南アフリカのワインにしてはそこそこイイ値段かも。

≫ "「KWV ROODEBERG BLANC 2007」。" の続きを読む...
【高橋幸宏】ウチのミクちゃんと【愛はつよい】。
2010年 02月 24日 (水) 19:07 | 編集
と言うワケで、たった今ニコに動画うpってきました。

今回は半年ぶりにして二作目の幸宏さんカヴァー。中期EMI期の曲から「愛はつよい」を演ってみました。



幸宏さんのソロ曲って、なんと言うか「男の悲哀」とか、もっと言えば「男の情けなさ」みたいのが漂っている曲が多いんですが、この曲は全幸宏さんソロの中でも屈指の情けなさを誇る曲じゃないでしょうか?w

でもそんな、情けなさとか哀愁とかが凄く好きだったりします。そういうのに魅かれちゃうあたり、僕も歳取ったってコトなんだろうなぁ…。


原曲よりも音数…と言うか音の種類?少なくなっちゃってるかもしれませんが…すみません(汗 なにぶん耳コピとか出来ない人間なので、スコアに無い音とかほとんど取れないんですよね…orz

調教は色々頑張ってみましたが…うーん、やっぱりサビの英語、苦しいですね(汗) 思いつく限りのテクを使ってはみましたが、ウチのミクちゃんにはこれが限界な模様です。

あとは今回、最後の音圧上げと言うかミキシングに、フリーのマルチバンドコンプ使ってみました。普段はDAWにくっついているマキシマイザー使ってるんですけどね。

マルチバンド使うと(て言っても使いこなせないんでプリセット入れただけですが)、マキシマイザーと違って音の雰囲気も変化して面白いですね。各パートの音量とか聞こえ方とか、色々変わってくるみたい。まあその分、諸刃の剣っぽい気もしますが…。


あとは今回、いつもの口パクじゃなくって、一枚絵をエフェクトで動かしたりとかしてみました。これがアドビのプリミエールってソフトでやったんですが、昨日の日記にも書いたんですが使い方がよくわからなくって大苦戦…w

イラストは、いつも口パクをお借りしていた相川良子。さんの+猫舌+からお借りしました。本当にいつもありがとうございます。すみません。


まあ下手の横好きでやっている打ち込みですが、ウチのミクちゃんは精一杯頑張って歌ってくれているので良ければどうぞ聴いてやって下さいまし。


「CHATEAU LAFITTE-TESTON CUVEE ERICKA 2008」。
2010年 02月 24日 (水) 00:33 | 編集
え~、まずは打ち込みの報告的なものを。

幸宏さんのEMI期の某曲(ダウナーな感じ)をここ最近ずっと打ち込みで造ってたんですが、一応音の方がいつも通りのへっぽこな出来ながら完成したので、今日の午後からはずっと動画造りの方をちまちまやってました。

今回はいつもの口パク動画じゃなくって、一枚絵をちょっとエフェクトなんか付けてやってみようと思ってます。


で、動画をアドビのプリミエールってソフトで造ろうとやってるんですが…このソフトって結構クセありますよね。てか、使い方が未だによく分からんw

いや今までは単純にLIPSYNCで造った口パク動画と音のWAVファイルをミックス→mpegだったりwmvに吐き出すって用途で使ってただけだったんで良かったんですが(それでも分からないことだらけでしたがw)、今回はこのソフトであれこれエフェクトとかやろうとしたらもう…。

どうやったら動画にアニメーション(って言っても全然大したもんじゃないけど)的な加工とか出来るのかサッパリ分からずに、PCの前で無駄にすること数時間w

でもあれこれやってたらなんとなくやり方が分かって、おかげで動画の方も目途が立ちました。

この勢いで、今日はもうずっと酒も飲まず飯も食わずで夜中まで作業しちゃおうか…などとも思ったんですが、やっぱり止めておきますwまあ別にそこまで焦ってやるもんでもないしねぇ。

明日も休みだったりするので、続きはまた明日…かな。

でも動画編集とかしているうちに、音(と言うかボーカル)の方もちょっといじりたくなってしまったので、そうなると明日中にはまだ完成しないかも…? なんだかんだで結局3月にもつれこんでしまいそうな悪寒…。


て、しかしここでこんなコト言ったところでまさに誰得っつーか何と言うか。僕みたいな弱小うp主のことなんぞ誰が気にかけてるワケでもないだろうし。

と言うかそもそも、やっぱりどうも僕は打ち込みで音楽やってるとかそういう気持ちが無いんですよね。単にミクちゃんやルカちゃんに遊んでもらっているだけって言うかw

うん、彼女達に相手してもらいたくって、その延長線上でDTMまがいのこととかやってるだけなんだよなぁ。って俺今フツーにキモいこと言ってるよね、たぶん。


まあ打ち込みの話はそれ位にして、北陸旅日記、昨夜と今朝とでまた上げました。

・2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(5)
・2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(6)

氷見の寒ブリ三昧と、翌朝の大糸線キハ52との邂逅です。良ければご一読を。


ではそんなところで、今日のワイン行ってみましょう。

「CHATEAU LAFITTE-TESTON CUVEE ERICKA 2008」
(シャトー・ラフィットテストン・エリカ白樽2008)

WINE_20100223_02

WINE_20100223_01

昨日の帰りにヴィノスやまざきで買ってきたもの。2500円くらいでした。

フランス南西部・マディラン地区のワインなんだそう。フランスでも有名なブルゴーニュやらボルドーやらから外れたところのワインが実は意外に面白いなぁ、と気付いた最近。このワインも一体どんなワインなのか興味をそそられて買った一本です。

≫ "「CHATEAU LAFITTE-TESTON CUVEE ERICKA 2008」。" の続きを読む...
「若鶴 純米吟醸 生粋」。
2010年 02月 20日 (土) 23:27 | 編集
今日はやりたいことのたくさんあった一日でした。

(1)ハンズから届く本棚の組み立て・本類その他の整頓
(2)ブログの旅レポを書く
(3)現在打ち込み中の某曲を完成させる
(4)アマゾンから届くコミックスを読書


(1)についてはまあ、無事に終了。組み立ては面倒なところもあったけれど、でもまあきちんと本棚が出来て、今までテーブルの上に積まれていたコミックスも収納出来てまあ良かったかな、と。でももう一つ、フィギュア類の置き方…と言うか見せ方を工夫したいなぁ。
まあ別に誰も見に来ないし僕の自己満足でしかないけれど。

(2)に関しては結局、旅の1日目午後の五箇山見学しか書けなかった…。本当は1日目分は全て書き切りたかったんだけれどなぁ。うーん。まあとりあえず今日書いた分がコチラ↓
・2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(4)

(3)に関しては一応、ボーカル(ミクちゃん)・オケ共に最後まで打ち込み終わり。だけどもうちょっと微調整あれこれしたいところ。まあオケに関してはどうせいつもの下手っぴこれ以上やりよう無いかもだけれど、ボーカルに関してはもっともっと幸宏唄法マネさせたいなぁ。

(4)に関しては「表色89x系」は読んだ。凄く面白かった。でも「落花流水」は全く手つかず。どうしても自分、本読むのが遅いんだよなぁ。四コマのコミックスですらこの遅さってどうなの俺?w


あとはハルヒの映画観に行きたいんだけれどなぁ…。一応来週の休みに行こうかと思っているんだけれど、事前に原作やらテレビシリーズやらで予習(?)しておいた方が良いのかしらん?


と、まあそんなところで。今日の酒。

今日は日本酒です。先日の北陸旅行で買ってきたもの。でもってイイ日本酒にはイイ杯を。ってコトでこちらもやはり北陸旅行で買ってきたものをね。てワケでまず先に本日の杯のご紹介~。


金沢駅近くにある「黒龍堂」さんって言う九谷焼のお店で買ってきました。

kutani20100220_00

きちんと木箱に入っちゃってますw



では、お披露目~。


kutani20100220_01a

平たい杯で、内側に花と鳥とが描かれています。九谷焼って、この色使いがイイですよね。赤に青、緑に黄…。基本的な色の要素が散りばめられているんだけれど、でも白の地が多く取ってあるおかげでくどさが無く、ただただ美しく愛らしい。

平たい杯と言うのも持っていなかったので僕にとっては新鮮。しかしこの鳥、何の鳥なんだろう? 鮮やかな色からインコ?とか思ったんだけれど、でも純和風の焼き物にそんなモチーフ使うワケねぇよなぁw



で、本日のお酒はこちら。

「若鶴 純米吟醸 生粋」

sake20100220_02

sake20100220_01

富山県は若鶴酒造株式会社さんのお酒です。実を言うと実家に同じお酒を送っておいたのだけれど、両親から「凄く美味かった」と電話があったので、味はきっと間違いないのでしょう。って親に毒見をさせてんのかソレって?w
なんと言う親不孝な俺…orz
≫ "「若鶴 純米吟醸 生粋」。" の続きを読む...
「TERRA NOBLE CHARDONNAY RESERVA 2008」。
2010年 02月 18日 (木) 23:04 | 編集
昨日・一昨日(正確には一昨々日の夜から)北陸旅行でした。旧型気動車と冬の北陸ならではの美味を求めての旅で、たった二日間だったけれど凄く濃いものになったなぁと思ってます。

個人的な満足度としては、秋に行った山陰よりも今回の方がずっと上かな? 日程はずっと短かったのにねw


まあ旅のレポは徐々に上げていきますので、良ければどうぞ読んでやって下さいまし。

とりあえず第1回~第3回まで。

・2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(1)
・2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(2)
・2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(3)

本当は一日目分位は全部書いちゃいたかったんですけどね…でもなかなかに文章が進まず、ここまでしか書けませんでした。まだこれ一日目の午前中までのことなんですよねw


と、まあ北陸旅行のことはさておき。





アルターのあずにゃんが可愛過ぎる件。




な…なんだこの異常なまでの可愛らしさはっ!! 今日帰宅してネット立ち上げるなりこれ見つけて、もう考えるよりも先に指先がマウスクリックしちゃってたよ!!wええ、速攻で予約ですとも!!

これ…OPでムスタングぎゅうって抱えてる絵そのまんまに再現されてるよね…凄い、凄いわアルター。ビックリだよホントに。


いやぁでも「けいおん!」関連のフィギュアは後から出るものほど格段にクオリティ上がって言ってませんか? て言うかさ、先日のねんどろいどと言い、各社やたらとあずにゃんだけ力入れて造ってません?w

しかしこのアルターのとねんどろいどのせいで、なんだか僕の中であずにゃん株が急上昇中ですよ。いや正直今まで、あずにゃんなんてたいして何とも思ってなかったんですけどね。まあ律っちゃんよりは可愛いかな?て位で。(謝れ、律っちゃん隊員に謝れ!!)

でもそれが、今やもう唯ちゃんに迫る勢いです。すみませんがもう自分の中では澪とムギ超えました。あ、でも原作ならムギちゃんがイチバンですよ? 毎回毎回言ってることですが。


あと先程何気なくアマゾン見てて、気づいたら「落花流水」1~4巻と「表色89X系」1巻をクリックしていた件。いやだってさ、「落花流水」の1巻在庫1冊だけありとかって出てたから、じゃあもう買っとくしかねぇかと。



…ああ、ホントに一体どこへ行くんだろう俺。




まあそんなところで本日の酒。

旅行中ずっと日本酒ばっかり飲んでたので、今日はワインが欲しいのです。体がワインを欲しているのであります。

と言っても、あまり難しいのとか飲みたくないんで、簡単で分かりやすくてそこそこリーズナブルで、それでいてハズレが無さそうなものを…と言うことでチリのシャルドネをチョイス。

「TERRA NOBLE CHARDONNAY RESERVA 2008」
(テラノブレ・シャルドネ・レゼルヴァ2008)

WINE_20100218_01

WINE_20100218_02

近所の酒屋で1600円位でした。チリのシャルドネでこの値段ならそこそこにレベル高い方と期待。一応「レゼルヴァ」て書いてあるし、少なくともこのワイナリー内では格上のランクなんでしょう、きっと。
≫ "「TERRA NOBLE CHARDONNAY RESERVA 2008」。" の続きを読む...
「TSUNO WINE CHARDINNAY UNWOODED 2008」。
2010年 02月 14日 (日) 23:16 | 編集
ニコでつい先日見つけたこの動画が凄くイイです。



知る人ぞ知る「おにいちゃんCD」て言うサンプリングCDがあるんですね。延々と一時間もの間、色々なシチュエーションでの「おにいちゃん」を聞かされ続けると言う、妹萌え属性持ちじゃないと何も楽しめないという困ったCD。

で、その「おにいちゃん」ボイスとミニマルテクノとを合わせたらなんか面白そうだよなぁ…なんて思ってたんですが、まさか本当に造った方がいらっしゃったとは…。

いやでも、これテクノトラックとして凄く良く出来てます。造られた方はテクノと言う音楽を凄く良く理解されてるなぁともうひたすら感心、リスペクトですよ!! こんなのもしクラブでかかったらきっと俺、物っ凄い気持ち悪い笑顔で萌え萌えニヤニヤしながらハードダンスしまくると思うw


同じ造り手さんが、ミクちゃんfeat.で造られたテクノトラック。



こちらも凄くカッコイイ。90年代終わり~2000年頃の、ちょっと懐かしいミニマルテクノって雰囲気です。ミニマルではミニマルでもトライバル系ではなく、ピコピコ電子系のミニマルって言うか。映像も凝ってて素敵。


意外にテクノ系でカッコイイ曲や動画が埋もれてたりするんですよね。これだからニコニコはやめられないw


テクノ系と言えば、以前にHMOさんの飲み会でお知り合いになった、げっぺータローさんもテクノ~エレクトロ系で素敵な曲を造って上げられているのでオススメ。



最新作のこちらは、Aquestoneと言う人工音声を使ったもの。ミクとかのボカロとはまた違った雰囲気なんだけれど、澄んだ綺麗な声がステキ。浮遊感あるサウンドとも凄く良くマッチしてます。

他にも良い曲をたくさん上げられていらっしゃるので、テクノ系がお好きな人は是非ぜひ聴いてみてください。


…てなところで、本日のワイン行ってみましょうか。

「TSUNO WINE CHARDINNAY UNWOODED 2008」
(都濃ワイン・シャルドネ・アンウッド2008)

WINE_20100214_01

WINE_20100214_02

昨日の仕事帰りに、新宿伊勢丹に立ち寄って買ってきたもの。顔見知りの店員さんがいたので「2500円くらいでふくよかで変わった感じのものを」と尋ねたらオススメしてきたものです。

宮崎県は都濃ワインと言うワイナリーのシャルドネ。「アンウッド」とある通り、樽を使わずに仕込んだシャルドネのワインです。

日本のワインもあれこれと飲んだことはあるけれど、でもほとんどが山梨とか長野とかの甲信越地方のものばかり。南国・宮崎県のワインはどんなものなのか、興味がそそられます。

≫ "「TSUNO WINE CHARDINNAY UNWOODED 2008」。" の続きを読む...
「LA SELVA VERMENTINO 2007」。
2010年 02月 10日 (水) 22:31 | 編集
昨日は「聖地巡礼」に行った帰りにアキバに寄ったんですね。でもって「ひだまり」のエンディングと今月号の「きらら」をゲット。

…って、鷲宮神社⇒アキバってどんだけオタまっしぐらなコースなんだよw


「ひだまり」のEDなんですけどこれすっごくイイ曲ですよね。

hidamari_cd02

個人的にはオープニングよりもしかすると好きかも。エレキのアルペジオの音が気持良くって。これスコア出たら多分買うと思う。でもってウチのミクに歌わせるw


今月号の「きらら」なんですが、「けいおん!」がやっぱり面白かった。つか、ムギちゃんの性能がチート過ぐるwwまさかさわ子ウィルスの風邪菌にも負けない抵抗力の強さをお持ちとは。もうね、ムギちゃん色々な意味で強過ぎるよ。多分「けいおん!」中最強キャラだと思う。

・大金持ちのお嬢様
・美人
・ブロンドで碧眼
・スタイルも良ろし(澪の次にぼいーん)
・成績優秀
・ほんわり癒し系な性格
・紅茶を入れるのが上手い
・百合妄想癖
・コスプレ好き(しかも似合う)
・読心術が使える
・関西弁を使いこなせる
・突然皆の前から姿を消せる(テレポーテーション?)
・凶悪ウイルスにも負けない強靭な体←NEW!!

…うん。どっからどう見てもチート過ぎるねwでもそんなムギちゃんが凄く好き。何度も何度も繰り返し言ってるけれど、「けいおん!」原作で一番可愛いのはムギちゃんだよ、うん。


と、まあそんなところで。本日のワイン行ってみましょうか。


…しかしさぁ、ワイン日記の前にこうやってオタクっぽいネタとか書くのってどうなんだろうね。いや、ワインの情報知りたくって検索かけてきた人が辿り着いちゃって読んだらビックリだよね。つかドン引きだよねw

今日のワインは本当なら昨日飲もうと思ってたものです。まあ昨日は日本酒にしちゃいましたけれどね…それもアレなラベルのものを…w


「LA SELVA VERMENTINO 2007」
(ラ・セルヴァ・ヴェルメンティーノ2007)

WINE_20100210_02

WINE_20100210_01

久々にイタリアワインであります。ヴィノスやまざきで2100円くらい。品種はヴェルメンティーノ。このヴェルメンティーノって、元々はイタリアの地場品種らしいんですけどね。

ヴェルメンティーノのワインは、前に一度、カリフォルニアのを飲んだことがあって、でもそれがなんと言うかちょっと掴みどころのないワインだったんですよね、今思い返してみると。どんな特徴の品種なのかイマイチよく分からない。

だから今回、改めて本場イタリアので試してみようか、と。

≫ "「LA SELVA VERMENTINO 2007」。" の続きを読む...
「純米酒 豊明 限定『らき☆すた』ラベル」。
2010年 02月 10日 (水) 00:07 | 編集
まあ今日は先程の日記に書いた通り、遅ればせながらの初詣と言うかいわゆる聖地巡礼的なものに行ってきたワケでありますが、家に帰ってきたら通販で頼んでたアクリルケースが届いてました。

いや、ウチの1/8ミクちゃんだとかねんどろいどミクちゃん&ルカちゃんを今まで、ハンズあたりで買ってきたアクリルケースに入れて飾ってたんですけどね。でもどうせなら同じアクリルケースでも、UVカットのものがイイなぁと思ってあちこち探してたんですよ。

で、先日ネットで見つけて、とりあえず1/8ミク用のだけ試しに頼んでいたんですね。それが届いたと言うワケなんです。


で、凄く感じ良く仕上がってました。このアクリ屋さんてとこで頼んだんですけどね。

UVカット加工の関係で、通常のアクリルケースよりも若干黄色みを帯びてはいるんだけれど、とは言っても全然気にならないレベル。

さすがに専門店だからなのか、ハンズで買ってきたのよりも重厚感と言うか、どこか高級感ある雰囲気に仕上がってるんですよね。気に入ったので、追加でねんどろ用サイズのもオーダーしちゃいました。

…まあ、オーダーなんで結構なお値段にはなっちゃうんですけどねw


で、ケース入れ替えのついでに1/8ミクちゃんをちょっと撮ってみたり。

MIKU20100109

いや…改めて見ると凄い造形美だよね。このグッスマ1/8ミクってホント凄く良く出来てる。個人的にはこう、ワキとかあと絶対領域の辺りがもうたまらねぇっす。



…と、まあそんなところで本日の酒。

今日はホントはワイン飲もうと思ってたんだけれどね…そのつもりで昨日の会社帰りにヴィノスやまざき寄って一本買っておいたんだけれどね。

でも予定変更。日本酒にします。




だってさあ。





sake20100209_01

sake20100209_02



こんなの見つけたら買うしかないじゃん!! 飲むしかないじゃん!!!w



と言うワケで本日の戦利品(?)

鷲宮神社すぐ近くの酒屋さんで売ってた日本酒であります。

石井酒造?の純米酒「豊明(ほうめい)」の「らき☆すた」限定ラベルwお値段は1050円とやっぱりこれも良心的な値段。なにより、ラベル頼りじゃなくってきちんと純米酒ってのがイイですね。それも単なる純米酒じゃなくって地元産の「白目米」を使ったお酒なんだそう。

これでも酒にはウルサイ男なんでこれが純米酒じゃなくって、醸造アルコールぶちこんだまがいものだったりしたらラベルに釣られて買ったりはしてませんでしたよ?w

≫ "「純米酒 豊明 限定『らき☆すた』ラベル」。" の続きを読む...
2010年の初詣…と言うか「らき☆すた」神社訪問記(後編)。
2010年 02月 09日 (火) 19:55 | 編集
さて、お参りも済ませたら…あとはそう。



絵馬を拝見しなくては。






201001019_luckystar_11

もうね、パッと見ただけでもアニメ系の絵馬とか多いのが分かりますw


201001019_luckystar_12

目立つのは「らき☆すた」関連。まあそりゃ当たり前。


201001019_luckystar_17

カラーで鮮やか。いいですね。


201001019_luckystar_16

みゆきさん二枚。下のみゆきさんはなんだか画風が里好先生っぽい…? 髪の毛のウェービーさ加減がりずっちっぽく見えるからかな?


201001019_luckystar_30

新キャラの若瀬いずみ可愛いよね。隠れオタってのがイイw


201001019_luckystar_15

こちら、有名な参拝者さんの絵馬みたいですね。綺麗な絵。


201001019_luckystar_14

「この絵馬見た人達全員に素敵な恋人を」

こういう、自分自身の願いだけじゃなくって他人にも幸せをって素晴らしいですね。でも「恋人」って二次元限定になってしまうのかしらん? あと、隣の絵馬が何気にカオスw



…と、まあ、この辺りは序の口です。ええ。「らき☆すた」神社なんで「らき☆すた」の絵馬がたくさん架けられているのは想定の範囲内です。

でもね…こんなもんじゃなかった。もうね、こっからはあるイミ酷いw



さあ、本当のカオスへ突入だ!!


≫ "2010年の初詣…と言うか「らき☆すた」神社訪問記(後編)。 " の続きを読む...
2010年の初詣…と言うか「らき☆すた」神社訪問記(前編)。
2010年 02月 09日 (火) 18:40 | 編集
てワケで今日、遅ればせながら2010年の初詣に行ってきました。ってもう初詣って時期じゃあないですねw

で、どこへ行ってきたとかと言いますと、TVアニメ「らき☆すた」の舞台として一躍有名になってしまったあの「鷲宮神社」であります。いや、今まで気になってたものの行ったこと無かったんで、一度行っておきたかったんですよねー。


まずは北千住の駅から東武鉄道に乗って一路鷲宮へ。

201001019_luckystar_01

201001019_luckystar_02

やってきた車両は50050系。オレンジのマスクが印象的な、今後の東武鉄道のスタンダードになっていくであろう車両ですね。内装はオーソドックスにロングシート。

本当はクロスシートの車両に揺られて行きたいところなんだけれど…まあでも伊勢崎線系統は特急「りょうもう」以外はクロスシート車走ってないので仕方ないですな。


途中、久喜の駅で乗り換えて、北千住から約45分ほどで目的地「鷲宮」に到着。

201001019_luckystar_03

で、この鷲宮の駅。


電車から降りて、ホームから階段上がって改札口の方へと行くとそこには!!


201001019_luckystar_04




…いきなりカオスwww


なに…なんなの?「らき☆すた」神輿…?ww




さあ、いよいよ神社へと向かいますよー。


≫ "2010年の初詣…と言うか「らき☆すた」神社訪問記(前編)。" の続きを読む...
雪ミクさん、待ってます!!
2010年 02月 08日 (月) 00:25 | 編集
ただ今グッスマ通販サイトで、ねんどろいど雪ミクさんの予約完了ー。


今回は受注生産だから、まあ楽勝だったんだけれど…でもやっぱりサイト重かった気がする。みんな焦ってるのかな?w



で、先日の先行発売分がゲット出来なかった悔しさからなのか、ついカっとなってしまった模様。





うん。







三体予約した。








え? 三体もどうするんだって? 転売? まさかそんなコトするワケないでしょ!! 


三つとも俺のもんだ!!

こんな可愛いコを他人になんぞくれてやるもんか…!!







まあ、一つはフィギュアケースにでも入れて大事に大事に飾りますよ。

で、もう一つは箱に入れたまんま永久保存w



もう一つは…どうしよう…w







まあ、イイよね?


可愛いコは何人いても可愛いんだ!! 多けりゃ多い方がイイんだ!!



あとは三体ともハコから出して揃えて飾ると言うのもアリか。
三人いればジェットス●リームアタックとか出来るしな!!w
いや出来ねぇって。


旅行計画やら、今月は他にもやりたいことだらけで。
2010年 02月 07日 (日) 23:24 | 編集
今月の半ば、16・17日で北陸へと行ってきます。お目当てはもちろん旧型気動車。今年の三月で遂に引退になってしまう大糸線のキハ52に会いに行ってきます。それと、高山本線富山口のキハ58にもね。(まあこっちはまだあと一年の猶予がありますが)

あとはそのついでに、冬の北陸ならではの風景だとか美味だとかあれこれ楽しんじゃおうってな感じで考えています。


一応、こんな予定。

15日(月) 
夜に出発。乗るのは勿論、上野発の寝台特急「北陸」。ソロ個室でお酒飲みつつ北国への旅路を楽しみます。でも翌朝早いからあまり夜更かし出来ないんだよな…。

16日(火) 
早朝に富山着。午前中は高山本線のキハ58に乗ってひたすら往復wDMH17Hエンジンの音に酔いしれまくります。あとキハ58ならではの匂いとかくんくんしたり。キハ58かわいいよキハ58。

午後からは富山→高岡経由で城端線へ。そして終点の城端からバスで五箇山へ。合掌造りで有名な五箇山・相倉あるいは菅沼の集落を見学してこようと思います。一面の銀世界の中の合掌集落。綺麗なんだろうなぁ…凄く寒そうだけれど。

で、その後は城端線経由で再び高岡、更に氷見線に乗って氷見へ。氷見の冬の名物、寒ブリに舌鼓を打ってきちゃおうかと。宿泊は富山駅近くのビジネスホテルだとかで。

17日(水)
朝、富山から糸魚川へ。今回の旅行のメイン、大糸線のキハ52とご対面。もちろん乗りますとも。糸魚川⇔南小谷間を往復。午後からは富山へ戻り更に金沢へ。金沢郊外の西田幾多郎記念館でも見て哲学にふける一時でも過ごしてみようかと。

で、夜は金沢の風情ある町並みの中、鍋でもつつきに行こうかと。そして行きと同様に寝台特急「北陸」のソロ個室に乗って帰ってくる、と。


うん。一泊二日の小旅行(もっとも車中泊含めれば三泊二日)だけれど、なかなかに濃い旅になりそうな予感。旧型気動車に会えるのは凄く嬉しいけれど、実はそれよりも寒ブリが楽しみだったりもします。じゅるり。って旅の本来の目的見失いかけてるよ俺。


しかし…今月は何気に多忙…と言うか、やりたいコトだらけなんですよね。

上に書いたとおり旅行に出るのは勿論、あとやりたいことが大きく三つ。

・ニコにミク(orルカ)動画造ってうp
・初詣でらき☆すた神社
・ハルヒの映画

うん。見事にオタ臭漂ってるもんばっかだw

ニコの方は頑張って音造り進行中。幸宏さんのEMI期の某曲(暗め)をミクちゃんfeatで。でもサビの英語調教で苦戦しそう。つか、ここだけルカちゃんに手伝ってもらおうかしらん。

初詣なんだけれど、まあ今更初詣も何もあったもんじゃないけれどwでもどうせ行くんならついでにあの「らき☆すた神社」行ってしまえと。まだ行ったことなかったからねぇ。出来れば次の休みあたり行きたいなぁこれは。

ハルヒなんだけれど、実はよく知らんのよねハルヒ。テレビではほんの1話か2話観たことがあるだけだし原作なんて勿論読んだことないし。そんな感じで映画観に行って果たして楽しめるのかしらん? あ、でも長門が可愛いってのは知ってる。長門かわいいよ長門。

つか、長門って「らき☆すた」のみなみちゃんと中の人一緒だよね。みなみん可愛いよみなみん。て言うかみなみんと長門ってキャラ被ってね? 無口なトコだけじゃなくってショートカットとかあとつるつるぺったんああゲフンゴフN。


さあ、あと40分ほどでまた戦争の時間だ。っても今回は受注だし別に戦争にはならないか。


「八鶴 立春朝搾り 特別純米生原酒 平成二十二年庚寅二月四日」。
2010年 02月 06日 (土) 23:39 | 編集
えー、たまには打ち込みの進行状況なんぞ。

…ってもまあ、こんな弱小うp主のことなんて気にしている人は誰もいないと思いますが…てか、このブログ見に来る人でボカロ目的の人とかほとんどいないだろw


何をやろうかあれこれ色々な曲にとっかかっては途中で放置…が続いていたんですが、とりあえず幸宏さんのEMI期の某曲にターゲットを絞って造っています。

オケに関しては、音の雰囲気はもう大体出来ました。もうシンセの音造りが苦手過ぎてワケ分からないんでw諦めてDAW同梱のデジタルシンセのプリセットのみでやってるんですが、エフェクトとかでごまかせばなんとかソレっぽくなるもんですね。

で、とりあえずワンコーラスだけオケと歌と合わせてみたんですが、案外とイイ感じ…かも。ボーカルにかけるエフェクトとかも毎回悩むんですが、3種あるディレイをあれこれ聴き比べたりしながらやってたら、まあ何とかいい具合になりました。

調教はまあまあ…かな?


ただこの曲、問題はサビが英語詞なんですね…。日本語部分の調教に関してはおそらく問題無いレベルに仕上がりつつあるのかなとは思ってるんですが、この英語部分がどうも…。ミクちゃんで英語歌わせるのはやっぱりしんどいですw

更にここ、コーラスで三声で歌ってるので、そうするとどうも音が上手く混ざらないって言うか。コーラスの時のエフェクトとか、どうやったら上手くかかるんでしょうねぇ。あとはとにかく、英語の調教を頑張らないと。


…まあ最悪、サビだけルカちゃんに歌ってもらうと言う荒業もアリかもしれないんですがw



と、まあそんなところで。

本日の酒、行ってみましょうか。


今日は日本酒。はるばる青森県からやって来ました。

「八鶴 立春朝搾り 特別純米生原酒 平成二十二年庚寅二月四日」

sake20100206_01

sake20100206_02

これ、去年も飲んだんですよね。八戸酒造の「八鶴 立春朝搾り」。

先日、八戸の酒屋「木津商店」さんから電話がかかってきたんですよ。で、「今年も立春朝搾りいかがでしょうか?」て。せっかくなので買っちゃいましたよ。去年と同じく2本ね。

しかしこの「木津商店」さんは本当に凄い酒屋ですよ。もう今から2年前…なのかな? 冬の青森へ旅行に行った際に偶然に見つけてふらりと入った酒屋さんなんですけどね。とにかくその日本酒の品ぞろえに圧倒されました。そしてその保管方法に感心。全てきちんと冷蔵庫に入れてあって、照明を落としてあって…。

一目で「ああ、ここはきちんと酒のことを分かっているお店だな」と感じましたよ。まあその辺りは昔やってたブログのこの記事あたりで。


しかし…今思い返してもこの時の青森旅行、楽しかったなぁ。僕も随分と色々な旅をしましたが、この青森旅行は今までで一番楽しかったものの一つです。

≫ "「八鶴 立春朝搾り 特別純米生原酒 平成二十二年庚寅二月四日」。" の続きを読む...
勝った…。
2010年 02月 06日 (土) 12:41 | 編集
今度の戦争には…勝てた!!



いや…案の定サイト重くって注文中に何度も落ちたけれど、注文画面幾つかブラウザで開いておいて同時進行で進めてみたらなんとか最後まで行けました。







と言うワケで。









澪ちゃんゲットであります!!








まあ8000円ってちょっと高いけれどそこはアレだ。おっさんオトナの財力をなめるな!!w

でも発売開始は7月かぁ…まだまだ先だなぁ。でもタイミング的には二期が終わって一抹の寂しさを感じてる位の頃合いか。ちょうどイイと言えばちょうどイイのかな?



いやぁでもしかしコレ…可愛いっすよ。

京アニ通販の専用ページでようやくその全貌を拝めたんだけれどね、なんだろう。他社さんの澪フィギュアがどっちかって言うと可愛いってよりはカッコイイとか凛々しいって感じの造りだったのに対して、これはストレートに可愛らしいっすね。うん、エンディングの澪ちゃんそのまんま。

澄ました様な、それでいてちょっと「キョトン」とした様な表情がたまらんです。うん。


あとはもうこのクオリティで唯ちゃんとムギちゃん出してくれることを切に祈ります。特に唯ちゃん。エンディングのあの白ワンピの唯ちゃんかわいいよ唯ちゃん。






…しかしアレだな。


もう美少女フィギュアとか買うのに何の抵抗も感じなくなってるぞ俺。ヤバイ。本格的にヤバイ。多分色々なイミでもうダメなんだと思うわ。あっはっはw

ぶっちゃけ今一番欲しいのはオタ友だったりする。日常の中じゃあオタ系の話とかしたくても出来ねぇしなぁ。


たまには渋く(?)ウイスキー「ボウモア12年」。
2010年 02月 05日 (金) 00:39 | 編集
いつもなら休みの日の夜はのんびりゆったりとワインを開けて、この時間にはもう大抵かなりぐでんぐでんに酔っぱらっていたりするんですがw、今日はまだシラフでございます。まだ一滴たりとも飲んでいません。


…と言うのも今日は大事なミッションがあったので。日付が4日→5日に変わると同時に発生する大事な大事なミッションが。




そして今しがたそのミッションを終えてきました。


結果から言ってしまえば…まあ、その…。




負けたんですけどねorz



詳しくは先程の日記に。ああ…雪ミクさん冬の間に会いたかったなぁ…(涙






さて、そんなワケで今日の酒。

今日はもう、ミッションに備えて(?)夕食も早々と取ってしまったので、食後酒なものをちびりちびりと飲るとしましょう。日中、新宿まで行く用事があったのでついでに伊勢丹に寄ってウイスキー買ってきちゃいました。


「ボウモア」の12年。

ブレンドではなく、シングルモルトのウイスキーです。お値段は4000円ほど。

何やら小洒落た円筒形のケースに入っています。

WHISKY20100204_01


WHISKY20100204_02

WHISKY20100204_00
≫ "たまには渋く(?)ウイスキー「ボウモア12年」。" の続きを読む...
ま、負けた…。
2010年 02月 05日 (金) 00:21 | 編集
雪ミク戦争に勝てなかった…orz




0時になるより前にグッスマ通販サイトで待機してて、0時になる直前より「雪ミク」のページを幾つかタブで開いてそれぞれF5連打とかやって、で、物凄く繋がりにくかったんだけれど一回つながったんだ。

で、注文画面までちゃんと行ったからそこできちんと注文情報全部入れて、最後まで…最後まで行ったんだ。なのに…なのに…。





最後の注文確定画面まで行ったところでサーバーエラー…orz。





そっから再度画面を開きに行くもなかなかつながらず…やっとつながったと思ったら画面には無情にも「売り切れ」の文字。って開始後まだ10分しか経ってないんだぜ!! どんだけ瞬殺なんだよ…。


そっから尚も諦めきれずに再度画面開いたりF5連打とかしてみたんだけれどね、今度はもう全く繋がろうともしないっす。あはは…。




と言うワケでもう諦めて酒飲みます。




ええ、ヤケ酒だヤケ酒!!


今日は度数の強い酒買ってきちゃってるしな…キケンキケンーw




まあ、雪ミクさんに関しては今日がダメでもまた数日後にチャンスあるからイイんですけどね。しかもそれは受注生産だから確実に手に入るし。ただ、手元に来るのが6月と遅いけれど…。

今日の先行分だったら今月中には入手できるってコトで、まあどうせなら冬の間に手に入れておきたかったなぁって気もしますけどね。


グッスマさんありがとう!!
2010年 02月 03日 (水) 22:42 | 編集
いやはや…ビックリしました。

今ね、仕事から帰ってきてamazonで「ねんどろいど 梓」とかって検索かけたんですよ。昨日予約失敗したばっかなんでダメ元…と言うかもう絶対ムリなの分かってて、でもそれでもやっぱり諦めきれなくって。




でもね。神は見捨てなかったんだ。






まさかの二次出荷キタ!!!





いやはや…昨日の今日でまさかの二次出荷決定ですよ!!

もうね、このグッスマさんの英断には拍手を送らざるを得ないです。と言うか本当にありがとうございます!! 昨日の日記で「販売方法考え直すべき」とか生意気言ってホントすみませんでした…(汗


しかしこうなるってコトは…やっぱり今回の瞬殺っぷりは本当に異常だったってコトですよね? だって予約開始日の翌日に二次出荷決定とかもう前代未聞でしょう。本当に欲しくて買う人は勿論イイんですが、転売目的の方々は本当に遠慮なさって欲しいもんです。て言うか遠慮しやがれこのバカちん共が!!



しかしこのねんどろあずにゃん…本当に可愛いにゃあ…。

他のコと比べて何が違うんだろう?て思ったんだけれど…うん、表情が凄くイイんだよね。あずにゃんぽさがきちんと出た上で物凄く可愛らしく仕上がってる。

「けいおん!」ねんどろいどなんだけれど、個人的には最初に出た澪と唯はあまり似てないなぁって感じで、次の律とムギは割と似ている…結構よく出来てるかも?て感じ。で、今回のあずにゃんで完成形キタ!!て感じですね。

あとはあずにゃんのキャラ造形自体が、他のメンバーに比べてねんどろいど向き(=デフォルメ向き)てコトなのかもしれないですね。


まあ何にしろ、ともかく。楽しみであります。


…ってもまあ、実際に届くのはまだまだ先なんだけれどね…w 

6月下旬みたいだから、そうなると「けいおん!」二期の放送終盤で盛り上がってる頃位に届くのかな? うん、あるイミ良いタイミングと言えばそうなのかも。


祝い酒?それともヤケ酒?「BOECKEL GEWURZTRAMINER 2007」。
2010年 02月 03日 (水) 00:53 | 編集

祝!! 第二種衛生管理者合格!!



と言うワケで、先日受験した「第二種衛生管理者」の資格、無事に合格しました。まだ合格証とか届いてはいないんですが、今日の朝ネット上で合格発表がされてて…見に行ったら、自分の番号きちんとありました。

まあ、受けた時の手ごたえからして、よっぽど大丈夫だろうとは思っていましたが…でもまあこれで本当に一安心。毎週休みの度に図書館行って勉強してた甲斐があったと言うもんです。何はともあれ、めでたしめでたし。






まあ、それは良かったんだけれどね。でも…。








あずにゃん予約し損なった…orz




いや、ねんどろいどのあずにゃんなんですけど、今日からネット予約開始って言われてて、まあおそらく昼位に予約受付始まるだろうから、僕が仕事から帰った頃にはアマゾンは終わってるだろうとは思ってたんですね。

でもアマゾンだけじゃなかった…。

他のホビー系通販サイトあちこち見たけれどどこも終わってる…orz


いや正直ナメてたわ。前にミクちゃんのねんどろかフィギュアかどっちか忘れたけれど、アマゾンで予約終了しててもネットあちこち探したら他で受け付けててそれで無事に買えた経緯があったから、そのつもりでいたんだけれど…でも全然甘かった。甘アマだったよオイラ。

ネット上で見るに、今回はこれまでに無い位の瞬殺っぷりだった模様で。てかさ、アマゾン見に行ったら瞬殺で終わってるどころか、早々と転売屋がありえない値段で出品してやがんの。何アレなめてるの? ああいう輩はマジで×△ばいいと思う。


…しかし、こんなコトになるんならいっそ今日は仕事サボれば良かったよ。でもって一日家のPCの前にかじりついて通販サイトを幾つもタブで開いておいてF5連打とかね。つか、その為に会社休んだらマジでもう終わりだよな俺。
まあ、もう既に終わっていますけどね。


まあでも、今回のねんどろあずにゃん。確かに瞬殺なのもうなずけるよなぁ。だってアレ可愛い過ぎるんだもん。「けいおん!」ねんどろの中で、あずにゃんだけがずば抜けてクオリティ高過ぎると思うよ。だからあずにゃん派じゃ無い俺が物凄く心動かされちゃったんだもん。

しかし、アマゾンのレビューか何かにもあったけれど、ここまでの人気瞬殺っぷりだと販売方法マジで考え直した方が良いんじゃないでしょうかねぇ、グッスマさん? 

とりあえず「雪ミク」はもう何が何でも絶対に手に入れてやる…。



そんなワケで今日の酒。

仕事帰りにヴィノスやまざき寄って買ってきました。

「EMILE BOECKEL GEWURZTRAMINER 2007」
(エミール・ボエケル・ゲヴュルツトラミネール2007)

WINE_20100202_01

WINE_20100202_02


僕の大好物のアルザス・ゲヴュルツトラミネールですよ。ええ、本当はコレをね、勝利の美酒にしようと思ってたワケなんですよ。今日は朝から「衛生管理者」合格が分かって良い気分でうかれてましたから。


…でもそれが帰ってきたらコレですよ。一気に天国から地獄の底へと突き落とされた気分です。



だからもう、勝利の美酒撤回。



ヤ ケ 酒 であります。



≫ "祝い酒?それともヤケ酒?「BOECKEL GEWURZTRAMINER 2007」。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...