「KURISAWA BLANC 2008」。
2010年 05月 31日 (月) 23:07 | 編集
先日実家に帰った際に、なぜか両親に潮干狩りに連れて行かれたんですよ。


いや、幼い頃に何度か行ったことはありましたが、まさかこの歳になって行くことになるとは全く思いもよりませんでしたわw

まあでも、久々にやってみたら結構楽しかったんですけどね。胴長と言うウエットスーツの親戚?みたいのを着てやったので泥の上だろうが海水の中だろうが気にせず座り込んだり出来ましたし。

アサリと言えど、「生き物」を「食べる」為に捕まえると言う行為に身を興じていると、何と言うか生物としての狩猟本能を呼び起こされると言うか、太古の昔に戻ったかの様な、そんななんとも言えない気持ちになりますね。


…まあもっとも。

僕はアサリ捕りそっちのけでもっぱら、ヤドカリ捕まえたりその他干潟の生物観察して遊んでたんですがねwでもヤドカリってじっくり観てると可愛くって…w
ああグラウコトエグラウコトエ。


てなところで本日のワイン。

今日は日中ぶらりと出かけてて、外出ついでに東京駅の八重洲地下街にある「リカーズハセガワ」と言う酒屋さんを覗いて来たんですよ。

初めて行ったお店だったんですが、そんなに大きくないお店にも関わらず他では見たことも無い様なワインがたくさん置いてあって…いや、非常に興奮しましたwやっぱりいつも同じ店ばっかじゃなくって、たまに全然違う酒屋見てみると面白いですね。

で、なぜこのお店に行ったかと言うと、お目当てのワインがあったからなんですよ。ちょっと前にmixiの某ワインコミュで教えて頂いたワイン。スペイン産のこんなワインなんですけどね。これに非常に興味をそそられまして。で、こちらのお店で買われたと言うことだったので。


…だけどね、行ってみたらありませんでした。ああ…売り切れちゃったんだろうなぁ。


まあでもその代わりに、これまた興味深いものを見つけて買ってこれたので良しとしましょう!! それが本日のワインであります。


日本は栃木県、ココ・ファーム・ワイナリーの「KURISAWA BLANC 2008」。

WINE_20100531_02

WINE_20100531_01

お値段は2500円ほど。

いやこれ、何が興味深かったかと言えば品種ですよ品種。ケルナー、ピノグリ、ゲヴュルツトラミネールそしてシルヴァーナと言う四品種のブレンド!!

日本産ワインと言えば山梨の甲州種か、でなきゃ大半がシャルドネだと思うんですがそんな中でこの品種のチョイスは大変に珍しい。しかもブレンドって!!

ちなみに元々買いたかったスペイン産のワインもブレンドワインなんですね。ゲヴュルツトラミネールにシャルドネやソーヴィニヨンブランだとかの。

目当てだったワインと同じくブレンド。しかも同じくゲヴュルツトラミネール入っている!! となればこれはもう、代わりにこれを買って行けと言う天の声だったのでしょう。うんうん。

≫ "「KURISAWA BLANC 2008」。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...