オタカフェ巡り(後編)。-しんみさと夢空間カフェ編-
2010年 09月 11日 (土) 00:18 | 編集
さて、グッスマカフェを後にした僕は再び列車に乗り、常磐線普通列車で新松戸へ。そしてここで武蔵野線に乗り換えて新三郷へと向かいます。新三郷のららぽーと、そこに次なる目的地があるのです。

ところで武蔵野線の205系って、ロングシートのサイドに透明なプラスティック板が貼ってあるんですね。目隠し?それとも車内保温の為でしょうかね?


松戸から30分か40分ほどで新三郷に到着。駅を出てすぐ、目の前にららぽーとがあります。

20100909cafe_11

ここに何があるのか?


実はここにはあの「夢空間」が展示されているんですよね。夢空間と言うのは、JRが平成元年に造ったまさに夢の様な超豪華寝台列車。展望食堂車・ラウンジカー・豪華寝台車の三両編成。

たった三両しか造られなかったと言うことで試作車的な意味が強かったんでしょうか。結局10年ほどしか使われなかったんですよね。そして、線路から引退した夢空間の車両のうち、寝台以外の二両が今、ここのららぽーと内に展示されているんですよ。


そしてそして…。


その夢空間の車両を使って今、期間限定でのカフェがオープンしているんですよ!! あの夢空間の車内でお茶のんだりしてのんびり過ごせる。うん、こんな機会はめったにないですよ。これはもう行ってみるしか無いってもんです。


≫ "オタカフェ巡り(後編)。-しんみさと夢空間カフェ編-" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...