2010年9月・日光・南会津の旅(4)
2010年 09月 19日 (日) 23:54 | 編集
- 湯野上温泉での一夜 -

AIZUマウントエクスプレスは16時45分に湯野上温泉に到着。ここで降ります。素晴らしい旅を提供してくれた、この素敵な車両との別れを惜しみつつ…。


さて、湯野上温泉駅は、こんな藁ぶき屋根の駅舎が特徴の駅。

201009_nikkoaizu_26

ここが最寄駅となっている「大内宿」に合わせた駅舎と言うことなのでしょう。


さて、ここから宿へと向かうのですが…行き方がよく分からない。宿に電話してみると、車で迎えに来てくれました。宿の人の運転の車に乗って、駅から5分もしないうちに到着。

201009_nikkoaizu_27

ここが本日の宿「舘乃湯」。こじんまりした宿で、旅館と言うよりは民宿と言った風情。


201009_nikkoaizu_28

部屋は純和室。造りはやや古め。窓が網戸にしてあって、天然の風がなかなかに心地良いです。

ところでこの宿。部屋には風呂はおろかトイレもありません。トイレは共同。古い温泉宿ではたまにありますよね。それ位なら別に驚かないですが、例えばバスタオルが部屋に無く別料金だったり、あとヒゲ剃りを自販機で買おうと思ったら自販機自体が壊れていたり…。

アメニティ面が若干心配になってきますw
(でもヒゲ剃りは宿の方に言ったら無料で頂けましたが)


まあでもとにかく、折角来たのだからまずは温泉へ。温泉は内風呂と露天とあって、内風呂は若干温度が高め。露天はぬるめのお湯で解放感は抜群。他に客の姿も無く、歌なんぞ歌ってのんびり入ってしまいますw

旅先で広い湯に浸かるのってなんとも言えなく気持ち良くってイイですよねぇ。

≫ "2010年9月・日光・南会津の旅(4) " の続きを読む...
「薩摩宝山(白麹仕込)」。
2010年 09月 19日 (日) 00:25 | 編集
このブログで何度か書いていますが、10月より東京を離れ、愛知へ戻ることになりました。つまり、東京生活も残すところもうあと半月ほど。

だから、東京で過ごす休みの日と言うのはもうあと数日しか無く、貴重と言えば貴重な休日なんですが…でもそんな休日の今日。ほとんど家から出ずに過ごしてしまった様な…。


あ、いや。午前中に一回アキバまで出かけてはいるんですけどね。ええ、今月号の「きららMAX」買いに某コミックショップまで…w

別に近所の普通の本屋で買えば良かったんですけどね、でもアキバにある某店だとイラストカードが特典で付いてくると言うのにつられてつい…ww


いや本当はそんなことしてる場合じゃないんですよ。

上に書いた様に東京生活はあと半月ほど。そろそろ引越しの準備だとかなんだとか進めないとまずいワケなんですよ!! だけどね…これがまだ引越し業者から段ボールとか届いてないから準備しようにも出来ないんだわw

まあ、今の引越しって例えば本とかCDとかDVDとか、そういう細かいものだけ自分でパッキン詰めしておけば後はほとんどやってくれるらしいんですけどね。洋服なんかもハンガーにかかったまま、あるいは洋服ダンスに入ったままで持って行ってくれるみたい。

つまり…あれ?引越し準備って言っても実際にはそんなにやることって無いんじゃ?w


そんなワケで結局今日一日部屋にこもってブログ書いたりなんだで終わってしまいましたwまあでも先日の旅日記とかあと「けいおん!!」最終回の感想とかあれこれ書いてますので興味のある方はよければどうぞ。


と、そんなところで本日のお酒。今日も焼酎にしました。


いや、一時期ワイン飲み過ぎたせいか若干胃を傷めたぽくて、今ワイン飲むとちょっとキツいんですよね…なので自分にとっては最も体に優しく感じる焼酎をチョイス。

と言うか、だったらそもそも飲むなって話ですが…(汗


鹿児島県は西酒造の芋焼酎「薩摩宝山」。

SYOCHU20100918_01

SYOCHU20100918_02

まあ、芋焼酎では定番どころの一つですよね。本当は何か変わった焼酎を…とか思ったんですが、酒買おうと思い立って買いに出かけた時間では既に珍しいもの売ってる近所の酒屋が閉まってて、別の酒屋行ったら定番ぽいのしか無くって…w

≫ "「薩摩宝山(白麹仕込)」。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...