2011年を振り返って。
2011年 12月 30日 (金) 08:35 | 編集
毎年、年度終わり恒例のこの記事行ってみましょうか。


去年の秋に実家に戻って来て、そして今年一年ずっと実家で暮らして…なんとかようやく、田舎暮らしにも慣れたかなって感じがしますw

まあ、元々都会よりも田舎の方が好きなんですけどね。ただ、東京のあの便利さに慣れちゃってたからこの田舎の不便さ(主に交通とか)がなかなか慣れなくって…。

でもまあ、自分の精神面的には平穏な一年でした。と言うか、東京で過ごしていた数年間があまりに激動的過ぎたんだよな。特に仕事面において。


だけど、平和な一年だったけど年の最後に哀しい別れ。まあ、彼も長く生きたのだし、僕らも精一杯にかわいがってやれたのだからお互いに悔いは無かったのだと。そう思います。楽しい想い出をありがとう!!


では以下、ウチのブログ的にプラスアルファな振り返り。


(1)酒
相変わらず一向にワイン熱が冷めません。最近ちょっと酒日記の更新頻度が下がって来ちゃってはいますけど、でもそれは一度試した銘柄をまた飲んでるからと言うだけで、実際はほぼ休みの度にワイン開けてはいます。

色々な国の色々な品種のものを飲んでますけど、でも最近はやはりチリとかオーストラリアとか新大陸のものが増えている気はしますね。どうしても価格的な面でそっちに行ってしまう…w


(2)音
基本、高橋幸宏か初音ミクちゃんかアニソンしか聴いてないですねw

あ、でも自分の中でテクノ熱がちょっと戻って来た感はあります。クラブにも2,3回行きましたし実家戻って来てからずっと物置にしまってたタンテも引っ張り出して部屋に再設置。気が向いた時にたまにレコード回して遊んでます。

でもテクノは熱が戻ったって言っても新譜買おうとかは全然思わないですね。だって今のテクノとかクラブ系の主流ってクリック系とかそういうのなんでしょ? 全然いいと思わない。あんな音じゃ踊れるワケがない。

やっぱり僕は00年代初頭のテクノの音が好きなんですよね。自分が一番テクノ好きでハマって聴いてた頃のあの音。それだけで充分です。

この一年で買ったCDはほとんどアニソンばっかwでも今のアニソンてクオリティ高いですよねぇ。そんな中でいわゆるJ-POPの楽曲のレベルが下がる一方だったらそりゃまあ、音楽業界自体が下降線にもなるわw

自分的に今年買った盤でベストだったのは、

アルバム:「初音ミク sings ニューウェイヴ」
シングル:放課後ティータイム「Singing!」(「けいおん!」劇場版ED曲)

この二つがぶっちぎりですね。

「初音ミク sings ニューウェイヴ」はレビューも書きましたけど、ニューウェイヴとボーカロイドとの親和性にびっくり。と言うか、あの頃の音がボーカロイドと組み合わさることで最先端の音楽に化けてしまうと言うこの不思議。いやホント凄いよこれは。

「Singing!」はこれ、「けいおん!」ED曲の集大成とも言えるんじゃないかなぁ。前澤さんの創るED曲は僕はどれも好きなんですけど、でもこれは特に素晴らしいと思います。メロディーセンスのカッコ良さと疾走感とがハンパない。

曲自体も凄いけど、これが映画のEDの映像と合わさると更に凄いんですよね。ホントあのEDの映像を観る為だけに映画館へ行ってもいい位に素晴らしい。いや勿論映画の本編自体も最高なんですけどね。


(3)鉄
旧型気動車に会いに行く旅から始まった一年でした。でもこれで…北陸のキハ58もとうとういなくなってしまいました。気が付けばもう、定期で走るキハ58ってもういないんですよね。

と言うワケで、僕がずっとこの数年行っていた、旧型気動車を追う旅もひとまずこれで終了かな。これからは車両うんぬんじゃなく、あるイミで「純粋な」旅をしていければいいかな…なんて思います。

って「純粋な」旅の結果が「けいおん!」列車に乗る旅とかもうダメダメですよね僕w

あと、旧型気動車はまだ完全にいなくなったワケではないんですよね。キハ20系列の仲間達がまだ細々と幾つかの地方鉄道に生きていますし。特にいすみ鉄道さんのキハ52はいつかは乗りに行きたいなぁ。


(4)その他
よくアニメ観る様になった一年だったなぁ…とw

ぶっちゃけこの数年でアニメ幾つか観てたと言っても、せいぜい一年に一本とか、多くても半年に一本とかそんなんだったんですよね。だけど今年は結構観てる。

思うにこれはテレビ買い替えた効果が大きいです。なにしろ東京に住んでた時はずっと年代モノのブラウン管を使ってましたから、よほど観たいと思うものじゃなければそうそう観る気にもならなかったんですが…。

でもこっち戻って来てからすぐに買ったテレビ。そこそこ画面も大きいし何よりホント画質綺麗。こんな綺麗だったら何か観ないと勿体ない…と言うワケでついついあれこれ録画して観ちゃいますw

あとはとにかく萌え四コマにハマり過ぎててヤバいです。うん。実際読んでてその面白さに気付いちゃったてのもありますが、これってコミックス集めるのもコレクター的な楽しさがあったりするんですよね。

そんなワケできらら読んでてちょっといいなと思った作品は片っ端からコミックス買う→本棚の圧迫がえらいことに。いやホント、収納問題は切実。来年はこの辺り考えていかんとな…と思ってます。


あ、あと。本当に年の終わりにメガネリニューアル。

megane20111229

買ったの自体はもうちょっと前なんですが、レンズ入れやら調整やらでようやく昨日、僕の手元に届きました。アランミクリのメガネ。

上半分がダークグリーンで下半分は鼈甲の様なカラーリング。ここのブランドのメガネってこういうカラーリングのセンスが独特で美しいんですよね。


と、そんな感じの一年でありました。

さて、僕は今日の夜に東京へと向かいます。でもって明日の大晦日は有明へ!! まあでも多分そうあちこち回らないとは思いますが。ヘタするとお目当てのサークルさん一ヶ所行って撤退かもしれませんがw


では皆さま、良いお年を。


お別れのクリスマス。
2011年 12月 26日 (月) 14:06 | 編集
昨日のクリスマスの朝、ウチで飼っていたオカメインコが天国へと旅立ちました。

僕が高校生の時にウチに来たから、もうかれこれ20年。だからきっと彼は、天寿を全うしたのだと思います。


振り返れば、この1、2年は体力も弱って、籠から出して遊ばせていた時には鳥のクセにロクに飛べなかったり…なんて姿を見ることも多々でした。だけどそれでもずっと元気で生きていたけれど。

今月の半ば頃から容態が急変。肩で苦しそうな息をする様になって、餌を取る量もめっきり少なくなって、また僕らの呼びかけにも反応することがなくなって…。


だからもう覚悟はしていました。


でもね。


この10日ほどの間にたまに元気な姿を見せることもあって、このまま回復してくれるんじゃ…なんて淡い期待も抱いたけれど、やっぱり…。


せめてもの救いは、彼を一番可愛がっていたウチの母の手の中で息絶えたこと。

昨日の早朝、彼の籠の中に母が手を入れるとそのまま手に乗ってきて、しばらくずっとおとなしく抱かれたまま息絶えたそうです。


僕は昨日、いつになく早朝に目が覚めてました。それはきっと、何か「予感」を感じていたのかもしれません。

そしてベッドの中で、居間から母の嗚咽を聞いて飛び起きました。駆け付けた時にはもう、彼はこの世にはいない存在となってました。でもその亡骸は、いつまでも、いつまでもずっと暖かかった…。


彼が僕らに与えてくれたもの、残してくれたもの。その大きさは計りしれません。思えば彼は本当に「家族」だったんだなぁ、と。

今までの人生で色々な生物を飼育しましたし、鳥も彼だけじゃあなく他にも何羽も飼いました。でも、こんな想いは初めてです。「ペットは家族の一員」。この言葉を本当にハッキリ認識させてくれたのは彼が初めてでした。

20年。一緒に過ごしたその時間の重さと密度は本当に計り知れないと思う。だって僕の人生の半分以上一緒だったのだから。途中で僕が東京転勤になって離れてたとは言え、それでも帰省する度に顔を合わせていたのだから。


「本当に大切なものは失って初めて分かる」その言葉の意味もようやく分かった気がします。


今は凄く哀しいし寂しいし切ない。だけどでも…それ以上に感謝の気持ちが大きいです。いやそうじゃなくては申し訳ない。そうじゃなくてはいけない。

彼が与えてくれた想い出を糧に僕らが一生懸命生きること。それが勤めなのかな、と。


彼を一番愛した母の手元で息絶えたのも、父・母・僕と家族三人一緒にいる時に息絶えたのも、全て彼が自分の「死に時」「死に場所」を考えて頑張って耐えたんだろうと思います。

あんな小さな身体で最後の一瞬まで精一杯に頑張ってたのだから。それを思えば身体の大きな人間がほんのささいな悩みで死にたいだとか、そんなこと軽々しく言っちゃいけない。絶対にいけないんだよ。


とにかく今はありがとう。そしてさようなら…また、来世で会おうな!!


コート・ド・デュラス「ベルティコ」のワイン。
2011年 12月 22日 (木) 11:07 | 編集
そう言えば何気に昨日・今日と連休だったりします。でも何も予定無しw

昨日は久々にブログに記事起こしたのとあとは会社から出された研修のレポートやったりとか年賀状少し書いたりとかで終了。

今日は起きてから、録画してあったアニメの消化とかしてましたが…あとは何も予定なし。昼から美容院行ってサッパリしてこようかなぁ、とか考え中だったりします。


と、そんなところで昨晩飲んだワインの感想でも。


ビックカメラ酒販で買った、フランス、コート・ド・デュラスのワインですね。まあコート・ド・デュラスて言っても僕も正直よく分からないんでちょっと調べてみたら、どうやらワインに関してはボルドーとほぼ同じ品種・造りをしてるっぽいですね。


まずは白。

BERTICOT SAUVIGNON 2006
(ベード・ベルティコ・ソーヴィニヨン)

WINE_20111221_01

WINE_20111221_02

ラベルに「ソーヴィニヨン」とあります。ボルドーと同じ品種…と言うことからしてもソーヴィニヨンブランを使ったワインと言うことで間違いないでしょう。もしかするとソーヴィニヨングリとかかもしれませんがw

ちなみにお値段は880円でした。フランスワインでこの価格はかなり安いと思います。

≫ "コート・ド・デュラス「ベルティコ」のワイン。" の続きを読む...
「まんがタイムきららMAX'12年2月号」感想。
2011年 12月 21日 (水) 15:10 | 編集
気が付けば10日以上もブログ放置してしまってました…すみません(汗

別に忙しかったとか言うワケじゃあなく、単に書くことが無かっただけなんです!!(キリッ


と、そんなところで久々のブログ。一昨日発売の「きららMAX」感想行ってみます。


kirara_max_201202


・表紙
今月号の表紙は「きんいろモザイク」。


ってなんだこの素晴らしい表紙は!!


素晴らしい…素晴らし過ぎるだろう…。まさにエクセレントと言わざるを得ない。

晴れ着姿のブロンド娘二人。カレンちゃんもアリスたんもどっちももう本当に最っ高に可愛過ぎて眺めているだけで呼吸困難を起こしそうだぜ!!

ここで普通なら、和服の一番合いそうなシノや綾を出してきそうなところを敢えてブロンド娘二人だけと言うのがニクい。愛らしいブロンド娘と和の美学の結晶たる和服との組み合わせ。ミスマッチの中のベストマッチ。まさに和洋折衷!!(意味不明

二人の表情もいい感じ。初めての和服(?)に照れがちなアリスたんと、ノリノリで元気いっぱいなカレンちゃん。作中でも性格にかなり差のある二人だけれど、それがここにもしっかり現れていますね。

また作品タイトルや作者名のロゴもいいですよね。和を感じさせるはんなりとした色合いで。新年を飾るにふさわしい素晴らしい仕上がりの表紙だと思います。

きらら系の表紙はどれも毎回毎回可愛らしいのを出して来んですが、しかし今回のはもう過去最高に可愛い出来だと思います。少なくとも僕が買い始めてからの中では間違いなく最高。


ところで僕はきらら系の雑誌を買う際、出勤途中で立ち寄れる金山駅構内の書店で買って行くことが多いのですが、今回はWonderGOOにて購入。

なぜかって? WonderGOOならばこの表紙と同絵柄のポストカードが付いて来るからさ!!

こんな可愛い二人…表紙だけで終わらせておくにはあまりに勿体ない。出来ればポストカードだけじゃなくって色々と商品化して欲しい位。グッズ出たら多分あれこれ買い漁ると思うw


それにしても…本当に可愛いなぁ二人とも。ああっ神様こんなかわいいコを僕にも下さい。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららMAX'12年2月号」感想。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'12年1月号」感想。
2011年 12月 09日 (金) 17:28 | 編集
では本日発売の「まんがタイムきらら」感想、行ってみます。


・表紙

kirara_201201

表紙は今月は「あっちこっち」。鮮やかなカラーや季節を意識したレイアウトが多いきらら表紙にあって、白基調と言うのもなかなか珍しくて新鮮な感じがあって良いですね…。


とか、そんなこと言ってる場合じゃない。


あっちこっちアニメ化決定!!


ちょwマジか!!!


いやはや…これはビックリです。

まあそりゃ「あっちこっち」はきらら連載の中でもかなりの人気作ですしアニメになっても何の不思議もないですよ。キャラたくさんいて話も造りやすそうですし、あのディフォルメ調のキャラは上手く動かせばかなり可愛らしい感じになりそうですし。

でもこれだけ長く続いた作品が、単行本4巻も出た後にようやくアニメ化されると言うのがまず驚き。大体きららでアニメになる作品ってもっと早い段階で決まることが多い気がしますし。

それより何より…。


ドラマCDの呪いは無かったのかよ!!


うん、一番ビックリしたの実はここ。きららでドラマCD化された作品はアニメにならないと言うジンクスがあったじゃないですか。でもこれでそれが打ち破られたってことですよね。

じゃあもしかしたら「ホイップノート」なんかもアニメ化される可能性がまだ完全にゼロになったんじゃないと思っていいんだな…。


以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'12年1月号」感想。" の続きを読む...
ドイツのゲヴュルツとイタリアのネッビオーロ。
2011年 12月 07日 (水) 21:56 | 編集
なんか急遽、年末に東京へ行くことになってしまいました。目的は何かって…そんなもんアレに決まってるじゃないですかアレに。年末の東京でそれ以外に何があると言うのだ!!
ええ、有明で行われるアレですw

元々全然行くつもりは無かったんですけどね…でもありがたいことに、お声掛けして一緒に行こうと誘って下さった方がいらっしゃって行くことに。それに合わせて仕事の休みも無理矢理変更。まあシフト制の強みと言いますか何と言いますか。
でも普通の企業なら年末はもう休みに入ってるんですけどね…。

30日の夜、仕事終えてから新幹線飛び乗って東京へ。着くのは多分22時半とかになっちゃうけど、そこから誘って下さった友人さんと合流。

でもってその日は軽く飲むなりなんなりして、翌日、大晦日に有明へいざ!!

そんな感じのプランでいます。

でも実際、有明行っても別にそんなにあれこれサークル回ったりするワケでもないんですけどね。ヘタしたら一ヶ所しか回らないかも…。あ、でも芳文社の企業ブースは見たいな。


そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。

今回はちょっといつもと違う店でワイン買いました。仕事帰りに偶然見つけた金山駅構内の小さなお店。

本当はコーヒー豆なんかのショップみたいだけど、一角にワインコーナーがあって意外に種類が豊富。しかも見たことない銘柄のがたくさんあって…。

その中から選んだ二本。


まずは白。

「LINGENFELDER HARE-LABEL GEWURZTRAMINER 2009」
(リンゲンフェルダー・ヘア・ラベル・ゲヴェルツトラミナー)

WINE_20111206_01

WINE_20111206_02

これ、ドイツのゲヴェルツトラミナー(ゲヴュルツトラミネール)なんですよね。ゲヴュルツと言えば僕の大大大好きな品種。それのドイツ産なんて飲んだことないですし、見たのも初めて。これはもう是非とも飲んでみるしかありますまい。

ちなみにお値段は1400円ほど。ドイツのゲヴュルツ自体見たのも買ったのも初めてなんでこの値段が安いのか高いのかも分かりませんw

≫ "ドイツのゲヴュルツとイタリアのネッビオーロ。" の続きを読む...
2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(7)
2011年 12月 05日 (月) 23:17 | 編集
- 京都観光・そして旅の終わりの超ハプニングと -

さて、京アニショップ見学を終え、時間はお昼前。まだ帰るには早過ぎるのでちょっと京都観光でもしてみることとします。

思えば京都は何度も来たことがあるのですが、でも一人で来たのは初めて。当然、一人で京都の街をぶらついてみるのも初めてです。


まずは京阪電車の終点、出町柳の駅へと向かい、そこから叡山電車に乗車。

201111kansai_66

乗ったのは叡山の看板列車「きらら」。これ、展望車輛なんですよね。側面の窓が非常に大きくって、また座席が窓方向を向いて設置されていて景色をよく見える様になっているんですね。

ところで叡山にも実は「けいおん!」電車が走っていたりします。本当はそれに乗りたかったのですがこの日は結局出会うことが出来ず…。


ちなみにその「けいおん!」電車は「きらら」じゃない一般車両が使われているんですが、個人的にはこの「きらら」を「けいおん!」電車にしちゃえば良かったのにって思います。なぜかって?

だってホラ、「けいおん!」原作が載ってる雑誌って「きらら」て名前でしょ。同じきらら繋がりっつーことでww


向ったのは出町柳から3駅か4駅、時間にして10分ほどの修学院駅。

201111kansai_67

何の変哲もない駅と思うなかれ。ホラこの風景、何か見覚えあるでしょ?


「けいおん!」オープニングでムギちゃんが降りて来る駅なんだよここは!!


それが見たくてここまで来たのでしたw


さて。


せっかく修学院の駅まで来てこのまま戻るのも面白くない。と言うことで、何か駅最寄りの名所旧跡でも…と言うことで修学院離宮まで行ってみることにします。

歩いてみるとこれが地味に遠い。それに空は段々と曇って来て、いつしか小雨が降り出してきて身体がひんやりと冷えます…。


そんな中なんとか15分ほど歩いて辿り着いてみるとそこには。



「見学は事前予約が必要」の看板。



Oh…なんと言うことだ。じゃあ俺は一体なんの為にここまで歩いて来たんだ。


これぞまさに骨折り損のくたびれ儲けってヤツですわw


≫ "2011年11月・関西・鉄と音とオタクの旅(7)" の続きを読む...
「けいおん!」映画初日観て来たのと初スマホ買ったのと。
2011年 12月 03日 (土) 15:25 | 編集
今日は雨の降る中、朝イチで名古屋まで行ってみてきましたよ。ええ「けいおん!」の映画です!!


k-on_movie


いや…ずっと楽しみにしてたんですよねこの映画を。しかしまさか、公開初日の初回を観に行ってしまうとは我ながら思いもしませんでしたわwと言うか、人生初ですよそんなことしたの。

名古屋駅前のミッドランドスクエアの中の劇場へ行ったんですが、僕が席を予約していた朝一番の回は9時10分スタート。と言うワケで8時半ごろに劇場着く様に行ったんですけどね…。


でも早くももう、ロビーは溢れんばかりの人・人・人!!


勿論皆「けいおん!」の映画観に来た人ばかり。朝早くから皆さん御苦労さまです…いやはやしかし、改めてこの作品の人気の凄さを見せつけられた気がします。

グッズコーナーも覗いてみましたけど、朝イチの回が始まる前だったのにも関わらず売り切れ商品が結構出てました…恐るべし!!
ちなみに僕はパンフとムギちゃんストラップだけ買いましたw


客層は若い人が多かったですね。高校生から大学生くらいが中心。もっと下の年齢層もちらほらと見かけました。

男女比で言えば男の方が多かったですが、でも女の子も結構いましたね。

オッサンは…あまりいませんでしたwでも多分、公開から時間が経って平日の昼間とかの空いている時間帯にはオッサン率が上がりそうな、そんな気がします。


あと気になったのが、意外と一人で来ている人が少ない。いや、劇場内入って自分の席に座ってみると周りの客は皆友達同士で連れ立って来ている人達ばっかでした。


…あれ?おかしいな。オタクは友達いないとかぼっちとかあれって嘘だったんですかねw


では以下、軽く感想など。あまりネタバレしない様に書きますが、でも多少はネタバレするかもなので、まだ観ていない人は読まない方が良ろしいかと思います。すみません。


≫ "「けいおん!」映画初日観て来たのと初スマホ買ったのと。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...