「まんがタイムきらら'12年3月号」感想。
2012年 02月 11日 (土) 23:25 | 編集
では、一昨日発売の「まんがタイムきらら」3月号の感想行ってみましょう。


kirara_201203


・表紙
表紙は今号より連載再開の「棺担ぎのクロ。」ですね。ところで実を言いますと僕はこの作品知らなかったりします。なにぶん「けいおん!」できらら読み始めた様なにわかなもので…。ホントすみません(汗

しかし自分の知らなかった作品がこうして表紙に載ってると、それだけでなんだか違う雑誌の様な気もして新鮮だったりもしますね。

そして今月号の「きらら」はなんと通巻100号記念。その記念すべき100号で復活とか、なんとも不思議なものを感じます。


さて、今月は100号記念と言うことでオマケの小冊子が付いてました。

kirara_201203_100

「まんがタイムきらら100」と題して「100にまつわるエトセトラ」な漫画だとかきららの別の作品のコ達が出会ったらとか色々と載っています。これについてはまた後ほど。


では以下、気になった作品の感想だとかあれやこれや。

≫ "「まんがタイムきらら'12年3月号」感想。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...