「ご注文はうさぎですか?」1巻。
2012年 02月 28日 (火) 17:03 | 編集
と言うワケで、「ご注文はうさぎですか?」コミックス1巻のレビューと言うか紹介です。

20120228_rabbit01

昨日発売のKRコミックスの一つのこの作品、僕はもうずっとずっと発売を心待ちにしていました。これだけ発売を楽しみにしていたコミックスは多分、去年の6月に出た「少女公団アパートメント」以来だったんじゃないかと。

この作品はまんがタイムきららMAXに掲載されているんですが、個人的には今のMAXで最も要注目株だと思ってます。いや、MAXだけじゃあなくきらら全般で見ても大変に注目すべき作品だと思いますよ?

表紙を見れば分かると思いますが、まずとにかく可愛い。可愛いだけじゃなくて絵が非常に丁寧で綺麗。その綺麗さはカラー絵や扉絵のカットだけじゃあなく、作中全体に行き渡っています。

もちろん、漫画的表現なディフォルメのコマもありますが、そんな場合でも決して絵が崩れることなく非常に丁寧に描かれてるんですよね。とにかく作画クオリティの高さがハンパない。

その美麗な絵で描かれるキャラクター5人の個性も魅力。ふわふわ天然なココアにロリ妹系ちびッ子でクールなチノ、軍人気質なのに乙女(かつお嬢様?)なリゼ、おっとり和風な千夜に庶民なのに気品あふれるシャロと皆キャラが立っていてなおかつ超が付くほどに可愛い!!

そんな彼女達の日常が舞台なんですが、きらら系によくある日常系と言うと学園モノが多い中、この作品がちょっと変わっているのは喫茶店が舞台。彼女達の勤める喫茶店(ココア・リゼ・チノは同じ喫茶店、他2人は別)での出来事を中心に話が展開していきます。

あと、世界観が独特なんですよね。全体に異国情緒が感じられると言うか。この辺り、コミックスの作者さんのあとがき読むとなるほどなと納得させられます。

また、これだけ絵が綺麗で可愛い作品にも関わらず、意外にも(と言っては失礼ですが)ギャグが非常に冴えている。ちょっとスパイスの効いたギャグと絵の綺麗さ・可愛さとのギャップがまた面白いんですよね。

≫ "「ご注文はうさぎですか?」1巻。" の続きを読む...
2012年2月・KTRとズワイガニの旅(5)
2012年 02月 28日 (火) 09:33 | 編集
- 酒鮮の宿まるやすでの一夜 -

北近畿タンゴ鉄道の「けいおん!」気動車・雪の天橋立・タンゴディスカバリー号と堪能してこの日の予定は全て終了。いや…一番の大目的がまだ残っています。

そう、それは日本海の冬の味覚・ズワイガニ(松葉ガニ)を味わうこと。


さあ、まずは宿へチェックイン。

2012ktr_040

今回お邪魔したのはこちらのお宿。「酒鮮の宿まるやす」。

一見、どこにでもある普通の民宿と言った趣きなのですが、ところがそうじゃない。「酒鮮の宿」となんとも変わった名前が付いていますが、「酒鮮」とは「酒仙」と「新鮮」とを掛け合わせた造語とのこと。

僕はたまたま、天橋立で良さそうな宿をネットで探していて見つけたのですが、宿のページを見るにこの宿、酒に詳しいこだわりのご主人(酒匠の資格所有)が、地元の美味い魚に美味いお酒を合わせてくれる…と、酒も魚も大好きな僕としてはこれはもう行ってみるしかないじゃありませんか!!


まずは中へとお邪魔します。

2012ktr_041

民宿だけあってこじんまりとした造りですが、しかし非常に綺麗に手入れされています。手前にある本棚には漫画本がびっしり。滞在中の楽しみにどうぞと言うことですね。


お部屋はこんな感じ。

2012ktr_042

純和室ですね。コタツがあると言うのがまたいい感じ。なんと言うか、非常に「正しい日本の冬の部屋」そんな様相の客室です。

ちなみに僕の泊まったこの部屋、なんとトレインビューの部屋。窓を見るとそこはちょうど天橋立の駅。たまに列車の汽笛の音なんかが聴こえてきて…なんともいい部屋じゃないですか。

また、僕が部屋に案内された時、部屋にはすでに暖房が効かせてあって、ぽかぽかととても暖かくなっていました。雪の降り積もる寒い中、こういう心遣いは本当にありがたいことだと思います。


さて、お楽しみの夕食…の前にまずはお風呂へ。天橋立と言えば温泉もあるところですがこの宿には内湯はありません。その代わり、歩いて1分のところに「天橋立 智恵の湯」と言う公共の温泉施設があるのでそちらを案内されます。

宿で割引券を頂いてそちらの湯へ。露天風呂へと入ってみるとこれが実にキモチいい。

風呂の端っこへ行って湯に横たわって顔だけ出して浸かっていると、顔に冷たい雪が当たるんだけれど、身体は湯の中で暖かくてそこへ顔に当たる雪がほどよくクールダウンしてくれて…ああ、いつまでも浸かりたくなってしまいますねえ。

またこの温泉。駅間近と言うこともあって列車の行きかう音が聴こえます。気動車のアイドリング音を楽しみながら浸かる露天風呂。なんとも素晴らしいじゃないですか。


温泉を満喫し、再び宿へ。さあ、いよいよお待ちかねの夕食です!!

≫ "2012年2月・KTRとズワイガニの旅(5)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...