2012年5月・神戸・一泊二日のぶらり旅(3)
2012年 05月 14日 (月) 23:57 | 編集
- 神戸鉄旅を満喫・しかし思う様にはいかないもの -

さて、スプラッシュ神戸での神戸散策を終え、ひとまず駅へと向かいます。

元町の駅からJRに乗ってそして兵庫駅へ。ここでとある路線へと乗り換えます。その路線は…そう、和田岬線。兵庫から和田岬へのわずか一駅区間だけのいわゆる盲腸線です。

こういう路線ってなんとなく魅かれて…つい乗ってみたくなってしまうんですよねぇ。


さて、兵庫駅に着いて和田岬線のホームへと向かうと…ちょうど電車が着いたのかたくさんの人が改札を出てこっちへ向かってきます。時間は18時前。夕方の通勤ラッシュまっただ中ですね。

ちなみに兵庫駅構内の和田岬線ホームの手前に改札があるんですよ。実を言うと終点の和田岬駅には改札設備が無く、代わりにこの兵庫駅で改札業務全てを行っているんですね。

和田岬駅から乗る場合は兵庫駅に着いてから、改札手前で切符を買う形となります。


さて、和田岬線の車両は103系。

201205_kobe19

スカイブルーの塗装がなんとも鮮やかな103系。思えばこの車両も今となってはなかなかに貴重な車両です。まあまだJR西日本の管轄地区では走ってる姿が見られますが、他地域ではほぼ絶滅してますし。

でもこれが10年ほど前なら、もっと貴重で面白い車両がこの路線走ってたんですよね。その頃はこの和田岬線がまだ非電化で、通勤気動車のキハ35が走ってたんですよ。

キハ35と言うだけで今となってはかなりの希少価値ですが、この和田岬線のキハ35が凄いのはまずドアが片側しか無いと言うこと。和田岬線は駅がたった二つ、しかもホームのあるサイドが同じと言うことで逆サイドのドアを埋め込んで使えなくしちゃったんですよね。

更にこのキハ35、二両編成で運用してたんですが一両のエンジンを取っぱらっちゃってキハならぬキクハにしちゃうと言う荒技。

JR西日本って近年でも既存車両の魔改造を色々やってのけてますけど、思えばこの頃から既にその芽が出ていたんでしょうね…w


さて、103系の車内はこんな感じ。

201205_kobe20

いかにも「正しい日本の通勤電車」と言った趣きです。

ところでこの車内、ガラ空きなのが見て分かると思います。ラッシュ時なのに何故…と思われるかもしれませんが、この和田岬線って和田岬周辺の会社・工場に勤める人達の通勤輸送が主な役割なんですよね。

したがって朝は兵庫→和田岬、夕方は和田岬→兵庫の列車は混雑するけれど、逆方面の列車なんて利用客はほとんどいないと言うワケです。

ちなみに昼間帯は列車走ってすらいません。

≫ "2012年5月・神戸・一泊二日のぶらり旅(3) " の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...