「コノスル」のレゼルヴァ(リースリング・カルメネール)。
2012年 12月 04日 (火) 20:59 | 編集
昨日は休みだったのですが一日ずっと部屋にこもってアニメBD観たり漫画読んだりしたら終わってしまいました…と言ういつもの怠惰な休日w

まあ、今月は二回ほど泊まりで遊びに行く予定があったりするので、それ以外の休みは極力おとなしくしてた方が良いかなと言うのはあります。体力的にも金銭的にも…。


とりあえず来週、会社の気の合う人達と忘年会と称して地元の島へ行く予定。旅館に泊まって新鮮な魚介に舌鼓を打ちながら飲みまくろうかと。

あとは下旬にはライブで東京遠征を予定しています…これが本当に楽しみ♪


と、そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。

チリの安旨ワインとして有名なコノスルのワインですね。コノスルのワインもうウチではすっかり定番としてしょっちゅう飲んでたりします。

で、ヴァラエタルはほぼ全種飲みましたし(このブログにも記事書きました)、レゼルヴァもあれこれ飲んだのですが…。

先日ビック酒販に久々に行ってみたら、これまで飲んだことない・買ったことのなかったレゼルヴァが幾つかあったので買ってしまいました。そのうちの二つを。


まずは白。

「ConoSur Riesling RESERVA 2011」
(コノスル・リースリング・レゼルヴァ)

WINE_20121203_01s

WINE_20121203_02s

お値段は1080円。リースリングはヴァラエタルの方を飲んだことがあって…と言うかコノスルのリースリング・ヴァラエタルは個人的には最もコスパの優れた、かつ良く出来たリースリングの一つだと思うんですよ。なのでウチではもはや定番の一本。

そのリースリングのレゼルヴァ。これは一体どんな感じなのか。

しかし今まで試したコノスルのワイン、特に白の場合、レゼルヴァよりもヴァラエタルの方がむしろ品種の個性が良く出ていて美味しく感じるパターンの方が多かったりもするので、そう考えると若干不安もありますが…。

≫ "「コノスル」のレゼルヴァ(リースリング・カルメネール)。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...