「まんがタイムきららMAX'13年2月号」感想。
2012年 12月 20日 (木) 15:09 | 編集
では、昨日発売のきららMAX感想…行ってみます!!

今月号できららMAXは創刊100号!! 色々と特別な号…スペシャルですね!!


kirara_max_201302_s


・表紙
今月の表紙は「きんいろモザイク」。仲良く5人での登場です。今まで何回も表紙を飾って来たこの作品だけれど、何気に5人勢ぞろいてのは結構珍しい気がします。

さて、一見すると仲良く並んで立っているだけに見える表紙だけれど、あれこれ細かく見て行くと色々と気付かされますね。

まずカレンちゃんのユニオンジャック。これはいつものことですけど、でも逆サイドに立ってるヨーコの背にはしっかり日の丸。この作品がきちんと「日英ミクスドコメディ」なんだと改めて認識させられます。

で、真ん中に立ってるアヤヤに対してヨーコよりもカレンちゃんの距離が近いんですよね。それにちょっと戸惑ってる様な表情のアヤヤ…これはもしや、カレン×アヤヤのフラグ…?

そして何より、アリスとシノの手に注目。ちゃんと恋人握りしてるんですよこの二人!! これ気付いた時にもう歓喜の声あげそうになりました(百合脳)

ああ…女の子と女の子が仲良くしてるのって本当に素敵ですよねぇ…。


さて。表紙の左側にもデカデカと書かれていますが…ええ。きんいろモザイクアニメ化です!!


・きんいろモザイクテレビアニメ化決定
前々から噂されていた「きんいろモザイク」のアニメ化。一部では今月の創刊100号に合わせて発表来るんじゃないかとまで言われていましたけど…まさか本当にそうなってしまったとは…。

今回のアニメ化発表、ツイッターなんかの反応見ていると喜んでいる層が大半の様ですね。まあそりゃファンならば自分の好きな作品がアニメ化されて喜ぶのが普通なのでしょうが…。

でも僕自身は正直、あまり素直に喜べないなぁと言うのが本当のところだったりもします。

なんでしょうねぇ。元々は僕もこの作品のアニメ化を望んでいた方なのですが、いつの間にやら考えが完全に逆転しちゃってました。

アニメ化って喜ばしいことであると同時にリスクも非常に大きいんですよね。万が一アレな出来だと叩かれて…いや別にアニメ自体が叩かれるのは何ともないんですけど、最近はその流れで原作まで貶める心無い人達もいたりしますし。

かと言って逆に売れ過ぎるとそれはそれでおかしなファン(いわゆる厨)が付いて雰囲気が悪くなったり、またアニメ終了後にすっかり冷え込んでしまったり…と色々と原作に対する影響の高さを考えるととても怖いなと、最近はそんな風に思ってしまいます。

あと今回のアニメ化に関しては色々と準備が良過ぎて怖いなぁと。100号に合わせての発表もそうでしたけど、そこからアニメ版サイトが出来るまでの早さとかがもう異常な感じで…。

うーんなんだろう。よく分からないけど漠然とした不安みたいなのしかよぎってこねぇw

きらら読み始めてから幾つかの作品のアニメ化発表見て来ましたけど、正直ここまで不安を感じるのは初めてだったりします。でもそれも、作品が好きだからこその不安…なんですよね。

とは言え、せっかくアニメ化が決まったのなら、不安はあっても最終的にはファンとしては応援するしかないですし。あとは精一杯良いものを造って頂きたいなぁと、制作サイドさんにはそれを切に望みます。


・100号記念付録
今回、創刊100号記念と言うことでメモリアルカバーが付いてきました。これについては予想以上に素晴らしいものだったので写真付きで別に記事上げようと思います。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららMAX'13年2月号」感想。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...