2013年初の酒日記はアルザスのクレマンなど。
2013年 01月 05日 (土) 11:05 | 編集
正月三が日はずっと仕事でした…。

が、その代わりに昨日・今日・明日と三連休です。と言うワケで昨日は遅ればせながら初詣っぽいものに行ってきましたよ。

まず訪れたのは祖父江にある善光寺。

20130104_zenkoji_s

以前も一度来たことがありますが、大きな本堂のあるとても立派なお寺です。

また、このお寺は地下の回廊を巡るかいだん巡りと言うのがあるのですが、ここのが変わっているのは暗闇の中に突如として「極楽」が訪れるんですよね。あの仕掛けは初めて見た時は驚きました。

善光寺の後はおちょぼ稲荷こと千代保稲荷神社へ。ここも以前訪れたことあるのですが、さすがに正月と言うこともあって凄いにぎわいでした。いやはや…三が日終わったと言うのに…。

と言うワケでここはあまりに人が多過ぎて写真撮れてませんw


そんなところで昨夜飲んだお酒の感想でも。

せっかくの新年あけまして…と言うことでまずは乾杯用にスパークリングワインを。

WINE_20130104_01s

WINE_20130104_02s

「CREMANT D'ALSACE PRESTIGE BRUT Wolfberfger」
(クレマン・ダルザス・ウォルフベルジェ・プレスティージュ)

いわゆる「クレマン」。

スパークリングワインだとシャンパンが有名ですが、でもシャンパンってシャンパーニュ地方で造られたものしか名乗れないんですよね。そんな理由もあってか値段も高め。

だけどクレマンなら、シャンパンと製法もほぼ一緒なのに値段は半額以下。と言うワケでもう近年ではシャンパンなんて買うことなくなりました。クレマンか、あるいは他の国のスパークリングか。

そしてこのクレマンはアルザス産のクレマン。先日、クリスマス前にもアルザスのクレマン開けましたけど、こちらはそれとはまた違うもの。

作り手は同じですが、「プレスティージュ」と名乗ってます。つまりちょっと上級なクレマンと言うワケですね。ちなみにビックカメラ酒販で3280円でした。

ところで先日のはピノグリで造られたと言う珍しいクレマンでしたけど、こちらは品種が記載されていないので分かりません。まあ、アルザスの品種でクレマンに使われそうと言うとピノブランかピノノワール辺りでしょうか…?

≫ "2013年初の酒日記はアルザスのクレマンなど。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...