豊橋鉄道の路面電車に乗って来た。
2013年 03月 15日 (金) 10:13 | 編集
と言うワケでこの春の乗り鉄第一弾(?)、豊橋鉄道の市内線に一昨々日乗って来ました!!

豊橋鉄道の市内線と言えば…そう、路面電車です。今となっては日本全国でも珍しくなってきている路面電車、それがまだ地元にも残っていると言うことで一度きちんと乗ってみなければと思ってたんですよね。


豊橋鉄道市内線に乗るにはまず名鉄電車に乗って一路豊橋へ。

豊橋駅を出てすぐのところに豊橋鉄道の切符売り場があるのでまずはそちらで一日乗車券を購入します。一日乗車券の値段は400円。

ちなみに市内線は乗車距離に関わらず一回乗車で150円。つまり、途中下車などして3回以上乗れば一日乗車券を買った方がお得と言うことになりますね。


切符を持って乗り場で待ちます。列車はかなりの高頻度で運転されているので、5分かそこらも待てばすぐにやって来ます。

ところでこの、豊橋駅前の市内線乗り場で待っていると5分置き位になにやらアナウンスが流れてきます。俳優の松平健さんの声で市内線の歴史やら何やらが話されるアナウンスは必聴!!w


さて、待つことほんの数分。列車がやって来ました!!

toyotetsu20130308_01s

やって来たのは「ほっトラム」の愛称を持つT1000形。市内線の最新車両にして看板車両ですね。

市内線は現在は5種類の車両が走っています。どれがやって来るは運次第なのですが、最初にいきなり看板車両が来ると言うのはこれはなかなか幸先良いかも。


このほっトラム、3両編成の連接構造になっています。

toyotetsu20130308_02s

車内へ入ると真ん中の車両がロングシートで両端の車両はクロスシートと言う構成。新しい車両だけあって内装も非常にモダンな雰囲気。天井や壁面には木目をふんだんに用いて、小洒落ていながら暖かい空間を作り出しています。


クロスシート部分。

toyotetsu20130308_03s

一見シートはかなり小さめに見えるのだけれど、座ってみると意外にそうでもない。背もたれは低いのですが、ポールが伸びて枕が付いているのでしっかりと身体を預けて座る事が出来ます。

≫ "豊橋鉄道の路面電車に乗って来た。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...