「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」1巻。
2013年 04月 28日 (日) 13:53 | 編集
毎月のお楽しみKRコミックスが一昨日の26日に発売となったのですが、今月のラインナップの中から僕がイチオシしたいのがこの作品になります。


きららMAXで連載中、火曜先生の「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」


20130428karedoko01s


まず始めに目を引くのはその表紙。まっすぐこっちを見つめている涙目の女の子がとっても可愛らしいですよね。彼女が茅野亜梨香ちゃん。この作品のヒロインにして主人公ですね。

そしてセンセーショナルなそのタイトル。

「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」

どうです…なかなかに人目を引くタイトルだと思いませんか?

更にこの単行本の帯のキャッチフレーズ。「誰かこの子を幸せにしてやれ!」

これだけだともう一体全体どんなお話なのかサッパリ分からないですよね…?w


裏表紙を見るとこんな感じ。

20130428karedoko02s

簡単に作品のあらすじが書かれています。

これ見ると要するに、彼氏いない歴=年齢のお嬢様な主人公の親友にある日突然彼氏が出来ちゃって…と言う話なんですが、でもそう言われてもやっぱり何のことか分からないですよね?

≫ "「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」1巻。" の続きを読む...
ストライクウィッチーズ。
2013年 04月 27日 (土) 00:33 | 編集
今更なんですがストライクウィッチーズに大ハマりしてしまいましたw


今からもう5年ほど前に放映されていたアニメなのですが、最近ツイッター上で絡んでる方々にこの作品を好きだと言う方がちらほらいらっしゃって。

更に最近になって観始めてみたと言う方も数名いて、そういった方々に勧められて試しにレンタルして一気に観てみたら…もうね、見事にハマりました。


で、気がついたらいつの間にかブルーレイのボックスを買っていたと言う始末w


strikewitches_box00s


いやこのアニメ、放映当初から存在知ってはいたんですよね。

でもその頃はまだ今ほど深夜アニメをチェックして観る習慣が無かったのと、例の「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」のフレーズや「ストパン」て略称だけが目立っちゃってて単なるネタとしてしか認識してなかったんですよね。

だけどこのところの皆さまのオススメで実際に観てみたら…違いました。全然違いました。


これはね…萌えと燃えとが上手い具合にミックスされた素晴らしいアニメですよ!!

≫ "ストライクウィッチーズ。" の続きを読む...
ジェイコブスクリークのシャルドネ他。
2013年 04月 25日 (木) 23:17 | 編集
連休二日目の昨日は酷い天候だったので当然一歩を家から出ず…。

家にあるDVDやらブルーレイやら引っ張り出してあれこれ観ていたら一日終わってしまってたとさw

久々に、昔買ったYMOのDVDなんぞ観てみたけどやっぱりいいですね…。

ヴィジュアルベスト盤みたいなのを観たのですが、ライブ映像だけじゃなくってプロモーションとかCMとか、テレビ出演した時の映像だとか貴重な映像のオンパレードで。

せっかく色々ソフト類持ってるのだからたまには観直してみなきゃですね。


と、そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。


まずは白。

白はオーストラリア・ジェイコブスクリークのワイン。確かここのワインは前に、リースリングか何かを飲んだことあるんですよね。それもちょい高めのレゼルヴァのものを。

「JACOB'S CREEK CHARDONNAY 2012」
(ジェイコブス・クリーク・シャルドネ)

WINE_20130424_01s

WINE_20130424_02s

今回はレゼルヴァじゃない、普通のランクのもの。それもオーソドックスなシャルドネで。ちなみに買ったのは地元のショッピングセンターで値段は1180円。

≫ "ジェイコブスクリークのシャルドネ他。" の続きを読む...
オーストラリアのピノグリとシラーズと。
2013年 04月 24日 (水) 08:52 | 編集
実は昨日・今日と連休だったりします。でも家に引きこもってますw

本当は昨日はどこか乗り鉄にでも行こうかな…と思ってたのですが、でもイマイチ寒そうだしなぁと言うことで引きこもり。今日はもう天気が最悪なので当然に引きこもり。

まあでも最近ハマってしまった某アニメのブルーレイとか観てればそれで二日間退屈せずに過ごせてしまいそうなのでそれもそれでいいかな…とw


そんなところで昨夜飲んだワインでも。昨夜はオーストラリアのワインを。


まずは白。

「MOUNT CRAWFORD PINOT GRIS 2012」
(マウント・クローフォード・ピノ・グリ)

WINE_20130423_01s

WINE_20130423_02s

白はピノグリ。ピノグリと言うとアルザスが有名ですが、オーストラリアのもなかなかに美味しいものが多いので期待。

ちなみに金山KALDIで1780円と、ここ最近で僕が買うワインの中では結構なお値段w

≫ "オーストラリアのピノグリとシラーズと。" の続きを読む...
「まんがタイムきららMAX'13年6月号」感想。
2013年 04月 23日 (火) 09:20 | 編集
では19日発売のきららMAX感想、行ってみましょう。


kirara_max_201306s


・表紙
今月の表紙は「きんいろモザイク」。まあアニメ化決定で当面はずっとこの作品が表紙のままなんでしょうけど…いや他の作品の表紙も見たいなぁというのが本音だったりします。

もちろん「きんモザ」は大好きですよ。原先生の可愛らしくて美麗なイラストが表紙で見られるのはとっても嬉しい、幸せなことだけれど…でも一つの作品に縛られない、ある種の雑多感がこの雑誌の魅力の一つだとも思ってますので。

これ、ちょっと前のMAXなら今月は単行本発売記念で「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」辺りが表紙に来たんじゃないかなぁ、と言う気もします。LSDやカレー王女が表紙に来てたあの頃ならば恐らくきっと…。

そう思うと余計に残念な気が。

それはまあそれとして、今月の表紙。春らしさ満開の表紙ですね。満開の桜と、それを見上げるシノとアリスと言う構図。タイトル文字がカラフルなのも華やかでイイですね。

後ろで見切れているのはこれ…カレンちゃんですよね…? なぜ見切れてしまったのかw

しかしこうして見ると原先生のカラー絵は独特の透明感みたいのがありますね。アリスの瞳やシノの髪に特にそれを感じます。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららMAX'13年6月号」感想。" の続きを読む...
「まんがタイムきららミラク'13年6月号」感想。
2013年 04月 18日 (木) 00:42 | 編集
では一昨日発売のきららミラク感想、行ってみましょう。


kirara_miracle201306s


・表紙
今月の表紙はGood night!Angel。表紙いっぱいに大きく描かれたユリちゃんのバストアップが眩しく、美しく可愛らしいですね。

きらら系の表紙ってキャラクターの全身が描かれているものがほとんどなので、こういう構図って何気にかなり珍しいんじゃって気がします。

またアオリ文句がいいですね…。

「君の瞳が産む衝動」

うん、凄いよこのフレーズ。何がと言われると分からんけどとにかくなんか凄い。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららミラク'13年6月号」感想。" の続きを読む...
気まぐれディスクレビュー・石野卓球のCDあれこれ。
2013年 04月 16日 (火) 16:03 | 編集
はい。では気まぐれディスクレビューのコーナー行ってみますよ。

ええ、一応このブログは本来鉄道旅と酒と音楽について主に書くつもりだったんですよね…酒と鉄道旅に関してはまあそれなりの頻度で触れてますけどこのところ音ネタがあまりに少なかったのでw

今後は一ヶ月に一度くらいはディスクレビュー的な記事書こうと思います。
思ってるだけで終わる可能性も大ですが。


さて今回は石野卓球でも取り上げてみましょうかね。まあ取り上げるっても別にあえて取り上げるワケじゃなくって実際このところよく聴いてるだけなんですが。

石野卓球と言えばまあ有名なのでテクノとか知らない人でも名前くらい聞いたことある人も多いんじゃないでしょうかね。

ピエール瀧とのユニット・電気グルーヴやってたり国内最大のテクノイベント・WIREの主宰やってたり以外にも色々なアーティストの曲手掛けてたりとかね。

僕自身は電気グルーヴ含めて卓球の生のプレイは数回観たことあります。と言っても実際はフロアの後ろの方で遠くから聴いてるだけとかが大半ですが。

と言うのも卓球が回すって言うとそれだけでやたらフロアが混んじゃうのが…ねぇ。まあこの辺り実際にテクノのイベントとか行く人なら分かると思いますが。

それも本当にテクノと言う音楽が好きな人達だけで混み合うのなら仕方ないのだけど、卓球と言うネームバリューに釣られただけの人とか、あと追っかけがウザいと言うか…なぁ。とかあんまりこういうこと書くと怒られちゃいますかねw

あ、あくまでこれは僕がクラブによく通ってた頃の話なんで今がどうかはよく知りません。


さて、最近よく聴いてるのがこのDJF400ってミックスCD。

takkyu_djf400s

このDJFってミックスCDはシリーズものなんですよね。出たのは98年とかそれくらい。卓球以外にもヘルとかクロード・ヤングとか、あとカール・コックスなんかもメンツにいましたっけね…。

≫ "気まぐれディスクレビュー・石野卓球のCDあれこれ。 " の続きを読む...
オーストラリア「クールウッズ」のワイン。
2013年 04月 12日 (金) 23:59 | 編集
4月入ったのになんだか寒いですね…このところ数日寒いです。

おかげで昨日は休みだと言うのに部屋から一歩も出ませんでしたわ。
まあ寒くても寒くなくても引きこもりがちですが。

で、一日ずっとアニメのDVD観てた様な…このところツイッター上で絡んでいる方々から数年前に放映された某アニメを勧められたので試しに借りて観てみたんですよね。

そしたら思いの他面白くてなるほどこれは確かにハマりそう…。

あとは冬アニメでハマってた某作品のブルーレイ、とりあえず1巻だけ手元にあるのでそれを繰り返し観ていたり…うん、もうどっからどう観ても典型的なヒキオタの休日ですねこれは。


そんなワケで昨夜飲んだワインの感想でも。


昨日はオーストラリア・クールウッズのワイン。金山KALDIで850円とかなりお安いですねw


まずは白。白はリースリング。

「COOL WOODS RIESLING 2012」
(クールウッズ・リースリング)

WINE_20130411_01s

WINE_20130411_02s

オーストラリアのリースリングは値段に関わらず美味しいものが多いので期待。

≫ "オーストラリア「クールウッズ」のワイン。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'13年5月号」感想。
2013年 04月 11日 (木) 09:49 | 編集
では一昨日発売のきらら感想、行ってみましょう。


kirara_201305s


・表紙
今月の表紙は「ゆゆ式」。いよいよアニメ放映開始と言うことですし、当面はこの作品が表紙を飾って行くのでしょう。草むらにシート敷いてそこに仲良く座ってる三人の図がなんとも微笑ましくて良いですね。

それと草の緑に三人の周りに散ってる桜の花びらとが春めいた感じで季節感出てるのがイイ。

僕はこのテの雑誌の表紙には季節感も非常に重要だなぁと思うのです。少年漫画や青年漫画の表紙にそれはあまり必要じゃないと思うけど、きららみたいな雑誌には季節感って大切だよね。


・企画特典
ゆゆ式アニメ化企画ってことで今月から三ヶ月間、付録が付いて来る様です。今月はクリアカレンダーしおり。三人だけかと思いきや、おかーさん先生にあいちゃん、それにあと二人(おい)もきちんと付いて来ているのがいいですね。

このテの付録が付くと雑誌の値段が上がるから付けないでほしいと言う向きも多いと思いますが、個人的には付けてくれる分には全然嬉しいと言うかウェルカムカモーンなワケです。きららの付録って何気にクオリティ高いものが多いですし。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'13年5月号」感想。" の続きを読む...
全国萌えキャラフェスと大垣ショートトリップと。
2013年 04月 07日 (日) 17:11 | 編集
さて、今日は日帰りでぶらりと遊びに出かけて来ました。昨日の嵐の様な天候から完全回復…とまでは行かずに結構な風が吹いたり時折小雨が降ったりと言うイマイチなコンディションではありましたが…。


まず訪れたのは岐阜県の大垣・その更に二駅先にある美濃赤坂駅。

大垣から二駅分だけ伸びている、いわゆる「盲腸線」の終着駅ですね。こういう盲腸線とその終着駅って気になる存在なんですよね。

この美濃赤坂、昔から存在は知ってたけど訪れたことは無くって…。

20130407moefes01s

実際に訪れてみると、木造駅舎がなんとも風情のある雰囲気の良い駅です。


旅客列車が止まるホームは一本だけなんですが、向こうに別のホームが見えます。

20130407moefes02s

恐らく貨物列車専用のホーム…なんでしょうかね。


とにかく「終着駅」のムードむんむんの、なんとも良い感じの駅でしたよ。

ただ残念だったのは、折り返しまでの間が10分も無くって駅に滞在できた時間がごくごくわずかだったと言うこと。その次の列車を待つとなると二時間後とかになっちゃうんですよね…。

≫ "全国萌えキャラフェスと大垣ショートトリップと。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'13年5月号」感想。
2013年 04月 05日 (金) 10:13 | 編集
では…非常に遅れてしまいましたが(汗)先月号のキャラット感想行ってみましょう。

いやこのところ仕事が忙しかったりなんだりで書く時間全然取れなかったのよ(言い訳


kirara_carat_201305s


・表紙
今月の表紙は「キルミーベイベー」。何と言うかぶっ飛んだ表紙ですねw

うん、ぶっ飛んでる。それ以外に言葉の言い様がありません。構図やデザインもそうだけど、金色をふんだんに使った大胆な色使いが凄いですね。とりあえず普段のキャラット表紙とは全然雰囲気が違うなぁと感じます。

「ひだまり」表紙のキャラットと見較べたら同じ雑誌とは思えなさそうw


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'13年5月号」感想。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...