2013年8月・四国鉄道旅(6)
2013年 09月 01日 (日) 19:18 | 編集
- 二日目(後編)・高速振り子気動車と高松のフレンチと -

秘境駅・坪尻訪問を終えて市内へと戻って来ます。少し時間があったので「文学書道館」と言う場所を最後に見学し、そして徳島駅でminamiさんとお別れ。

さあ、今日はこれより高松へと向かいます。


僕が乗るのは17時28分発の特急「うずしお24号」。車両はN2000系。

201308shikoku067s

JR四国の誇る、俊足気動車ですね。

ちなみにこの「うずしお24号」、たったの2両編成です…特急なのに2両。


車内にはずらりとリクライニングシートが並んでいます。

201308shikoku068s

201308shikoku069s

座席自体に特筆すべき部分は無いのですが、シートピッチ・リクライニング角度共に充分にあるのでゆったりとくつろげます。

グレー系のシートモケットに、天井には大きなカバーの付いた照明が2本。飾り気の無い、実質本位な感じですが落ち着きのある雰囲気ですね。
≫ "2013年8月・四国鉄道旅(6) " の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...