2013年8月・四国鉄道旅(9)
2013年 09月 07日 (土) 17:43 | 編集
-三日目(後編)・坊っちゃん列車と道後イタリアン -

松山市内観光を終え、これから道後温泉へと向かいます。道後温泉へは路面電車で行けるのですが、どうせなら普通の路面電車ではなく、伊予鉄道ご自慢の「坊っちゃん列車」と言うのに乗ってみましょう。

まずは一旦、大街道から路面電車に乗って松山駅前へ。ここで預けていた荷物を取りだします。

さて、「坊っちゃん列車」は松山駅前からも乗れるのですが、その一つ手前の古町が始発とのことで、せっかくなら始発から乗ってみようと古町へ行ってみます。後になって思えばこのチョイスが大正解でした。


古町の駅は、路面電車の電停と市内電車(普通の電車)の駅とが一緒になった造りで、構内には列車の車庫らしきものもあったりとなかなか大きな駅です。


待つことしばし。坊っちゃん列車がやって来ました!!

201308shikoku108s

これが伊予鉄道の坊っちゃん列車です。

見た目は完全にSLですね。小型のSL。その後ろに一両、小さな客車が付いています。

この坊っちゃん列車、夏目漱石の小説「坊っちゃん」の中でも出てきた、その当時に走っていた小さな蒸気機関車がけん引していた列車。それを現在に復刻させて走らせているものなんですね。


従って、これ見た目とは違って実は蒸気機関車じゃあありません。ディーゼルなんです。

現代の街中で蒸気機関車を走らせるワケにはいきませんからね…煙の公害だとか色々と…。

≫ "2013年8月・四国鉄道旅(9) " の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...