名古屋鉄道のマルチタイタンパー。
2013年 11月 06日 (水) 16:35 | 編集
毎日通勤で使ってる名鉄ですが、途中で通る某駅の構内に、数日前から気になる車両が停まっていたんですよね。

一度じっくり観たいなぁと思うものの、降りる駅じゃあなしに途中の通過駅なのでなかなか観ることも出来ず…ただ、今日の日中ちょっと出かける用事があったので、そのついでにその駅で降りて観てきました。


それがこちら。


20131106multi01s

20131106multi02s


「マルチプルタイタンパー」と呼ばれるもの。

列車が日々走行することによって生じる線路のゆがみ、それを直すための保線用の車両ですね。いやこれ正確には「車両」ではないらしいです。

一般的には車籍を有することはなく、機械扱いとされているのだとか。


これが某駅の一番端のホームの、更にその脇の引き込み線へ停まっていました。いや、某駅なんて書きましたがこれ、見る人が見ればどこの駅か丸分かりですよねw

≫ "名古屋鉄道のマルチタイタンパー。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...