桜Trickキャラクターソング「SAKURA♪SONG」。
2014年 02月 28日 (金) 21:37 | 編集
では、26日に発売となった桜Trickのキャラクターソング「SAKURA♪SONG」の感想を。

このキャラクターソング、作中のそれぞれのペアにちなんで3枚同時のリリースとなっています。


・SAKURA♪SONG 01

20140227sakurasong01s

「はるいろ乙女」(高山春香)
「YES?NO?ココロ」(園田優)


・SAKURA♪SONG 02

20140227sakurasong02s

「おはモニ*ハロりん♪」(野田コトネ)
「蝶々結びのI Love You」(南しずく)


・SAKURA♪SONG 03

20140227sakurasong03s

「Girl meets girl」(池野楓)
「快晴のステップ!」(飯塚ゆず)

≫ "桜Trickキャラクターソング「SAKURA♪SONG」。" の続きを読む...
「桜Trick」4巻。
2014年 02月 27日 (木) 17:13 | 編集
さて、今日は毎月のお楽しみ・KRコミックスの発売日ですね。そして、僕が今最も大好きな作品と言っても過言ではない、「桜Trick」(タチ先生原作)の最新4巻の発売日なのであります!!

年明けの1月からはアニメ放映も始まったこの作品。きららミラク読者以外にも徐々に知名度が上がって来たのではないかと思われます。


20140227sakuratrick01s

4巻の表紙、見つめあう春香×優が中心なのは3巻と同じですが、後ろの二人が3巻のコトネ×しずくから、4巻ではゆず×楓の二人になっていますね。

春香&優のこの二人の表情も勿論素晴らしいのですが、個人的にはこのゆず×楓のポーズだとかが彼女達らしいなぁと言う感じがして非常に好きです。この二人ならではの関係性がよく出てますよね。


しかしこの帯のアオリ文句…「絶賛放送CHUU!」ってなんだよwまあ間違ってはいないけど。


20140227sakuratrick02s

一方の裏表紙。

3巻では美月会長を挟んだゆず&楓と言う構図だったのが、今回は美月・理奈・澄の上級生トリオで来ました。これはちょっと意外なチョイスだったかも…。

また、スミスミ会長は制服だけれど、美月×理奈の二人は私服(美月会長はバイト先のスーツ)と言うのが大学に進学した彼女達を表しているなぁ、と言う感じがします。


さて。そうなるとコトネ×しずくの二人がどこにもいない…となってしまうのですがご安心を。彼女らはカバーの折り返し部分に隠れています…w

≫ "「桜Trick」4巻。" の続きを読む...
アニメ「桜Trick」第6話感想。
2014年 02月 26日 (水) 21:29 | 編集
では桜Trickのアニメ6話感想、行ってみましょう。今回、ツイッター等でもかなり評判の良かった回なのですが…なるほど確かにこれは「神回」認定されても不思議では無い回でした…。


まずAパート「文化祭だよ☆お泊まりです♥」。原作では2巻21ページからの、文化祭前夜のお泊まり会の話ですね。

この話の見どころですがまずは春香ちゃんの妄想シーン。しずく&コトネが一緒に暮らしている話を聞いて「好きな人と一緒に住むってどんな感じなんだろう…」と妄想する春香ちゃん。

原作だと24ページのこのシーン。原作で読んだ時も非常に頭おかしいよこのコ!! 頭おかしいよこの作品!!ってなったものですが、アニメで見ると破壊力が更に増していました…。

やってることは基本原作通りなのに、やはり動きと声が付くと破壊力が激増するものですね。

sakuratrick21.jpg

それにしてもこの赤ちゃんはどこから出来るのよホントに…でも春香ちゃんのことだから、本気で優ちゃんとの間に赤ちゃん作れると思ってそうな気もして怖いです。

あと、このシーン見てて思ったのですがこの夫婦ならぬ婦婦(?)って基本春香ちゃんばかり働いてないですか? 仕事行くのも春香ちゃんだし家事をするのも春香ちゃん…優ちゃんはただ家でごろごろしてるだけなんじゃ…w


次の見どころとしてはしずくちゃん。初めての学校のお泊まりに照れながら、とまどいながらも色々頑張ろうとする彼女がとにかくひたむきで可愛かったですね。

で、彼女がどうして中学の頃とは違って今回の文化祭にこれだけ積極的に関わろうとしているのか。それは勿論コトネちゃんがいたおかげ。この辺りの二人のやり取り…いいですね。

原作通りに学校の屋上、星空の下でのやり取りだったのですが、この二人の関係ならではの親密さとか愛しさとか切なさとか、そんなのが非常によく出ていたと思います。

彼女らの関係性については恐らく、次週の話でも触れられるハズですね。

≫ "アニメ「桜Trick」第6話感想。 " の続きを読む...
2014年2月・岡山と広島の旅(2)
2014年 02月 25日 (火) 07:41 | 編集
- 一日目(中編)・水島臨海鉄道の旧型キハ -

さて、カキオコの町・日生を後にし岡山方面へと向かいます。

やって来た列車はなんと、国鉄色の115系!!

201402okahiro_16s

201402okahiro_17s

しかも、車内もオリジナルのボックスシートそのまんまです。JR西日本には113・115系が未だたくさん残っていますが、その多くが車内リニューアル改造等受けて原形をあまり留めなくなっているのでこれはかなり貴重…かも。

さて、この列車で岡山へと向かい、そのまま乗り換えて倉敷へと向かいます。倉敷に到着したのは15時半くらい。


倉敷まで来たのは水島臨海鉄道の旧型気動車に乗る為なのですが、お目当ての旧型気動車の出発時刻までは一時間ちょっとあります。

と言うワケで倉敷の町をちょっとぶらぶらと散策。

≫ "2014年2月・岡山と広島の旅(2)" の続きを読む...
2014年2月・岡山と広島の旅(1)
2014年 02月 24日 (月) 21:22 | 編集
- 一日目(前編)・日生のカキオコとユニークな美術館と -

先日、2月18日(火)~20日(木)の三日間、中国地方の岡山県と広島県へ旅行に行ってました。どちらも初めて訪れる県ですね。これで行ったことの無い都道府県が残り三県となりました…w


さて、出発日の2月18日。天気は若干曇りがち。前日までの予報では中国地方は雪が降る様なことが言われていたので天気がどうなるのかが若干心配ではあります…。

まずは早朝に家を出て、名古屋駅を7時06分発の「のぞみ97号」に乗車します。

201402okahiro_01s

そう言えばここ数年の西方面へ行く旅行では毎回この「のぞみ」に乗ってる様な…w

まあ、新幹線の旅は今更特筆するべきことも無いので、車内では持参した漫画本を読むなどしてのんびり…そして岡山には8時43分に到着。ここで降ります。

さて。岡山でまずはどこへ行くか…この日の目的としてお昼ご飯に日生のカキオコを食べると言うのがあります。岡山から日生へは電車で1時間ほどかかります。

従って、10時過ぎには日生方面へ向かう列車に乗りたいんですね。となると実質、今から岡山で過ごす時間は一時間程度…その時間で何が出来るのか。

観光案内所の方に相談してみると、勧められたプランが市電に乗って岡山城のふもとまで行き、岡山城を外から眺めて戻ってくると言うもの。なるほど…これなら確かにそんなに時間もかからずにこなすことが出来ます。

なおかつ、市電に乗れると言うことで鉄的にも美味しくまさに一石二鳥と言うワケですw

≫ "2014年2月・岡山と広島の旅(1)" の続きを読む...
「まんがタイムきららミラク'14年4月号」感想。
2014年 02月 23日 (日) 00:01 | 編集
では、ちょっと遅くなりましたけど今月のきららミラク感想、行ってみましょう。

まあ言い訳するワケじゃあないのですが今月のミラクに関しては雪の影響で入荷が遅れたし、その後自分も旅行に出かけたりでなかなか読む暇も感想書く暇も無かったので仕方ないのです…w


kirara_miracle_201404s


・表紙
今月の表紙も勿論「桜Trick」。冬の登下校のワンシーンと言ったところでしょうか。一つのマフラーを二人で共有しているのがいかにもこの二人らしくて良いですねw

そして背景がちょっと白くぼやけて…雪なのでしょうか。どこか幻想的な雰囲気が漂います。

その全体の感じだったり、二人の笑顔だったり…冬なんだけれど寒い冬ではなくって、どこか暖かな冬と言う感じがします。暖かい冬って言うとなんだか矛盾した表現に聞こえるかもですが、音楽で例えるのならスケッチショウのフォークトロニカの様なイメージですね。

…ってこの例えじゃますますワケが分からないですよねw


では以下、気になった作品の感想とか突っ込みとかもろもろ。

≫ "「まんがタイムきららミラク'14年4月号」感想。" の続きを読む...
アニメ「桜Trick」第5話感想。
2014年 02月 22日 (土) 00:01 | 編集
では、もう放映から1週間経っちゃってますけど(と言うか関東と比べたら二週間w)桜Trickのアニメ第5話の感想行ってみましょう!!


Aパートは「お姉ちゃんとお茶しよう!」。原作は1巻105ページからのお話ですね。

まず第一の見どころは、春香ちゃんが先に帰っちゃった(実際はゆずちゃん達とお茶しに行った)と聞いた時の優ちゃんの反応。

sakuratrick17.jpg

しずくちゃんに話を聞いてまるで石の様に固まってしまった優ちゃんの反応が面白かったですねw

このシーン、原作でも優ちゃんは相当な落ち込みぶりをしているのですが、アニメだとそれが一層強調されていた様に思います。

アニメでは春香ちゃんの優ちゃん依存度が原作以上に高くなってて、ある種ヤンデレでサイコレズな感じすらしていましたが、こうして見ると優ちゃんの春香ちゃん依存度もかなりのものですよね…。

つまり、共依存と言う最も危ない関係ですねこの二人はw


一方の春香ちゃん。ゆずちゃん楓ちゃん、そして美月会長と一緒にお茶しに来たのですが…この時の春香&美月が最初列に並ぼうとするも(おっぱいのせいで)列の先へ行けず結局ゆず&楓が…と言うくだり。

この辺りは原作よりもむしろ分かりやすく話が作られていたなぁと思います。

sakuratrick18

特にこの「かすりもしない」のゆずちゃん。ここはもしかすると原作とはニュアンスを変えてきているのかもしれませんが、でも逆に何が「かすりもしない」のか非常に分かりやすくなっていたと思いますw

原作ファンの間ですら色々と賛否両論言われてる桜Trickのアニメですが、この辺り見ると制作側は結構しっかりと原作読み込んで理解して造っているんだよなぁ…と思うのです。

(僕は桜Trickのアニメ完全に肯定派です、今のところ)

細かい部分だけど、注文取りに行ったゆず&楓が美月会長にメールしている辺りも、アニメだときちんと美月会長の携帯のバイブが鳴ってたりするんですよね。

≫ "アニメ「桜Trick」第5話感想。" の続きを読む...
岡山の日本酒飲み較べ。
2014年 02月 21日 (金) 21:45 | 編集
昨日・一昨日・一昨昨日と三日間、岡山と広島へ旅行に出かけてました。

岡山では日生のカキオコと倉敷・水島臨海鉄道の旧型キハとを堪能。広島はベタですが平和記念公園と宮島とを巡って…と、充実した楽しい三日間でした。

まあ旅行についてはまた、随時ブログに旅日記を上げていこうと思います。


とりあえずその前に、今回の旅行で土産に買った岡山の日本酒をさっそく昨夜飲んだので、まずはそちらの感想でもw


まず最初に、利守酒造さんの「酒一筋 山廃純米吟醸 時代おくれ」

sake20140220_01s

sake20140220_02s

sake20140220_03s

炭素(濾過)を一切使用していないらしく、そのせいか色が透明ではなく山吹色を帯びているのが特徴的。

しかしこの瓶の形と言いこのほんのりと黄色っぽい色合いと言い…ラベルを見なければ白ワインと思ってしまいそうですw

≫ "岡山の日本酒飲み較べ。" の続きを読む...
「マリッジ・バトル!」1巻&2巻。
2014年 02月 20日 (木) 16:51 | 編集
では今月の12日に2巻が発売されたミズタマ先生の「マリッジ・バトル!」の1巻2巻合わせて感想っぽいの行ってみましょう!!


20140215maribat01s

20140215maribat02s


この「マリッジ・バトル!」、きららフォワードの方で先月まで連載されていた作品ですね。僕はきらら誌の中でもフォワードだけは購読していないのですが、気になった作品は単行本の方で集めてたりします。

この作品はもともと知らなかったのですが、1巻発売当初にツイッターのフォロワーさんからオススメされて、買ってみたら非常にツボで気に入った…と言う感じですね。

≫ "「マリッジ・バトル!」1巻&2巻。" の続きを読む...
久々にブルゴーニュ・シャルドネなど。
2014年 02月 16日 (日) 08:03 | 編集
昨日・一昨日と全国的で雪で大荒れな天気でした。

と言っても僕の住んでる愛知県はもう一昨日の夜には雪が雨に変わって、更にその雨も昨日の昼にはすっかりあがってしまって雪の影も見られなくなってしまったんですよね。

だけど、思わぬところで雪の影響がありました。

と言うのも昨日は本来ならまんがタイムきららミラクの発売日だったのですが…なんと書店へ行っても売られていない!!

お店の人に聞いたところ雪の影響で荷物の到着が遅れているらしく、この日発売の本はいつ入荷になるか分からないとのことで…いやはや、全くこんなこともあるもんなんですねぇ。


そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。


まずは白。白は久々のブルゴーニュ・シャルドネです。

「BOURGOGNE CHARDONNAY 2012」
(ブルゴーニュ・シャルドネ)

WINE_20140215_01s

WINE_20140215_02s

マテュー・ルーさんという醸造家によるブルゴーニュシャルドネ。金山KALDIで1480円。

ブルゴーニュのシャルドネは例え値段がそんなに高くないものでも、他の国・地方のシャルドネよりもちょっと高級なイメージがあります。それはイメージの問題だけじゃなくって実際飲んだ時にそう感じるものが多いんですよね。

≫ "久々にブルゴーニュ・シャルドネなど。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら’14年3月号」感想。
2014年 02月 14日 (金) 00:23 | 編集
ではちょっと遅くなりましたけど、今月きららの感想行ってみましょう。


kirara_201403s


・表紙
今月の表紙は「棺担ぎのクロ」。今月の表紙だけ見る分にはなにやらほんわかゆるゆるファンタジー作品っぽくも見えますが、でも本編全くそんなんじゃないですよね…。

これってもしかして、いわゆる表紙詐欺…?


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとかあれこれ。

≫ "「まんがタイムきらら’14年3月号」感想。" の続きを読む...
チリ「リオ・アルト」のワイン。
2014年 02月 13日 (木) 22:22 | 編集
アクリル製のポスターフレームを買いました。

買ったのは何度かフィギュアケースなども注文したことのある「アクリ屋」さんと言うお店。仕上がりの綺麗な品を迅速に届けてくれるのでなかなかお勧めのショップです。

で、ポスターフレームに入れてみたのがこちら。

ll_poster01s

夏くらいにラブライブ!のユニット別シングルが発売された時に連動特典で貰ったクリアポスターですね。貰ったものの長いことタンスの肥やしになっていたのがようやくこうして日の目を浴びることに…。

しかしやはりクリアポスターにはアクリルフレームがよく合いますね。またこの冬のクソ寒い時期にあえて水着のポスターを飾ると言うのが良いんです。

そしてこのポスターを飾ったのが自分のベッドの足側の方の壁の割と高めの位置。つまり寝る時ベッドに横たわると自然とこのポスターが目に入るというなんともナイスな位置。

これで毎晩りんぱな妄想が捗るってもんです(?)


しかし…さすがにアニメのポスター部屋に貼りだしたの知ったら両親が嘆くかも…ってまあ既にフィギュアとか色々見られてるんで今更なんですけどね。


そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。

金山KALDIで買ったチリ「リオ・アルト」のワイン。レシート紛失しちゃったのでハッキリとした値段覚えてないけどおそらく900円前後ぐらいだったと思います。


まずは白。

「RIO ALTO CLASSIC SAUGIVNON BLANC 2013」
(リオ・アルト・クラシック・ソーヴィニヨン・ブラン)

WINE_20140212_01s

WINE_20140212_02s

品種はソーヴィニヨン・ブラン。チリの白と言うとシャルドネが多いですが、ソーヴィニヨンブランもなかなかに侮れないんですよね。

≫ "チリ「リオ・アルト」のワイン。" の続きを読む...
アニメ「桜Trick」第4話感想。
2014年 02月 12日 (水) 09:27 | 編集
ではアニメ「桜Trick」第4話の感想です。

前回3話終了後の予告編観た時に今回の4話では「コミックス1巻末の描き下ろしエピソード入れてくるんじゃ…」と言う予想はしていたのですが…。

sakuratrick12


まさかのアバンにぶっこんでキター!!


あの、春香が放課後寝てる→起こしても起きない→じゃあ色々なところにキスしちゃえ(優)というエピソードをいきなりアバンにぶっこんできやがりました。

アバンの時点で視聴者をキマ死昇天させようだなんて…本当に、本当に恐ろしいアニメです!!


そして本編が始まるなりいきなり春香&優のディープなキスシーン。

sakuratrick13

いや原作で読んでる時からこの二人のキスは軽いキスじゃない、ディープなキスだってのは分かってましたけど、でもアニメで改めて観直すと本当にディープですね。だってこれ、絶対に舌入ってますよね?

これだけディープなキスしちゃってると言うことはこれきっと、身体の他の部分も色々と反応しちゃってますよね絶対の絶対に(アカン)

≫ "アニメ「桜Trick」第4話感想。" の続きを読む...
イタリアの微発泡赤・ランブルスコ。
2014年 02月 09日 (日) 07:21 | 編集
昨日、とうとうPCを買い換えました。

もともとXPのサポート問題があるのでいずれ買い替えなくては…というのもありましたし、何よりもうかなり重たくなっていたので…。

まあ普通にネットとか使う分には良かったのですがCUBASE立ち上げてボカロエディタ立ちあげながらツイッター…とかしてるとしょっちゅう落ちてたのでさすがに変え時かな、と。


というワケでIIYAMAのPCを購入。

WINE\WINE_20140208_00s

今まで使ってたDELLのPCよりかなり高さがあるのと、またディスプレイもデカいのに変えたことによってモニタースピーカの位置が今までのPC横じゃなくてPCよりも一段上の棚に。

まあ、音の聞こえがちょっと変わっちゃうけど仕方ないですね。

とりあえずPCそのものは快適です。昨日中にほぼなんとか、必要なソフトのインストールなんかも済ませましたし…。


と言ったところで昨夜飲んだワインの感想でも。昨夜はちょっと変わったワインを用意してみました。

「ランブルスコ」と言うイタリアの天然弱発泡性の赤ワイン。品種もまさに「ランブルスコ」と言う品種から造られているらしいですね。


「LAMBRUSCO SECCO GIUSEPPE VERDI」
(ランブルスコ・セッコ・ジュゼッペ・ヴェルディ)

WINE_20140208_01s

WINE_20140208_02s

金山KALDIで買ったもので998円。裏ラベルを見ると品種は「ランブルスコ・マエストリ、ランブルスコ・マラーニ」とあります。ランブルスコと言う品種の中にも色々なバリエーションがあると言うことなんでしょうか。
≫ "イタリアの微発泡赤・ランブルスコ。" の続きを読む...
「スイーツどんぶり」2巻。
2014年 02月 08日 (土) 08:29 | 編集
では先月発売のKRコミックスより「スイーツどんぶり」2巻の感想を。


20140105swdn01s


きららMAX2月号で最終回を迎えたFBC先生による「スイーツどんぶり」。MAX読者の方なら皆さんご存じだと思いますが、これは大変な問題作だったと言って良いでしょう!!(注:もちろん褒めてます)

まず大体、どうですこのコミックス表紙?

どう見てもバトル系作品にしか見えません。間違っても萌え4コマ誌「きらら」に載っている作品のコミックスとは思えませんね。


1巻の表紙の時からして大概でしたが、2巻ではより方向性が突き詰められている様に思えます。真ん中には一応ヒロイン3人組を配してなんとかきらら作品の体裁を保っているものの、その下には強敵(?)七ツ星のカット。

そして上の方に見える十字傷は作中最大の敵・王臨堂ですよね。

帯の文句も効いています。

「食わせてやるぜ、最高の料理!!!」「世界で一番"燃える"4コマ、ここに完結!!」

そう…この作品は明らかに「萌え」よりも「燃え」なんです!!


少年ジャ○プなんかでは定番のバトル物。その展開と手法を見事にきらら系4コマ誌に取り込んで昇華してしまった、類稀なる4コマだと言えるでしょう。


20140105swdn02s

裏表紙は一応きらら作品っぽく、ヒロイン3人だけのカットとなってはいますが…でも柿崎さんのこの不敵な笑みだとか、やっぱりどう考えても普通の「萌え」的なきらら作品には見えませんw

≫ "「スイーツどんぶり」2巻。 " の続きを読む...
オーストラリア・マクウィリアムズのワイン。
2014年 02月 06日 (木) 22:33 | 編集
今月の中ごろ、3連休を貰えたので急遽広島と岡山へ行ってくることに決定。

いや特にこの2県で何か観たいと言うコダワリがあるワケじゃないのですが、ただとりあえず行ったことの無い県なのでこの機会に行っておこうかな、と。この2県に行けばこれで残り3県になるんですよね…。


とは言え、行く以上は目いっぱい楽しんで来ようと思います。

岡山は水島臨海鉄道の旧型キハに乗るのと、あとは今の時期であればやはりカキでしょう。岡山市内からはちょっと遠いのですが日生と言うところの名物・カキオコ食べに行きたいな、と。

広島はベタですが宮島・厳島神社とそれに平和記念公園。

そんな感じで回ろうと思ってます。とりあえず宿も押さえましたw


と、そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。昨夜はオーストラリアのワイン。ビックカメラ酒販で買ったもので値段は1180円。


まずは白。

「McWILLIAM'S CHARDONNAY 2012」
(マクウィリアムズ シャルドネ)

WINE_20140205_01s

WINE_20140205_02s

白はシャルドネですね。オーストラリアの白と言えばやはりシャルドネでしょう。

≫ "オーストラリア・マクウィリアムズのワイン。" の続きを読む...
アニメ「桜Trick」第3話感想。
2014年 02月 05日 (水) 09:38 | 編集
では、桜Trickのアニメ第3話の感想行ってみましょう。1週以上遅れの感想だろうがなんだろうがそんなの気にせずに書き続けますが何か?

さて。今回の第3話。Aパート「会長はお姉ちゃん」。原作では1巻57ページからの話ですね。

今までの春香&優、しずく&コトネ、ゆず&楓に加えてこれからこの作品を色々なイミで引っかきまわして行く超重要人物な「あの人」が遂に登場する回だったりします。


ええ…。


とうとう美月会長が登場です!!

sakuratrick07

起きぬけにいきなり(優ちゃんによって)眼鏡壊されちゃった美月ちゃんかわいい。


sakuratrick08

その後のすっかり涙目になっちゃってる美月ちゃんもかわいい!!


と言うワケで今回のAパート。まず第一の見どころはとにかく美月会長かわいい。この一言に尽きるのでは無かったでしょうか。勿論出番もたっぷりで、原作の美月会長ファンは大満足だったのでは?

個人的には美月会長のCVが藤田咲さんで、僕の中では藤田さんと言うと初音ミクちゃんの中の人と言うイメージが強くって、美月会長はもっと大人っぽい声かなと言うイメージもあったので…と期待半分不安半分と言う感じもあったのですが、見事にハマっていたと思います。

ああ、藤田さんってこういうトーンの声も出せるんだなぁ…と、やっぱり本職の声優さんって凄いなぁと感心した次第。

≫ "アニメ「桜Trick」第3話感想。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'14年3月号」感想。
2014年 02月 04日 (火) 22:25 | 編集
では、遅くなりましたが先月28日発売のキャラット感想行ってみましょう…!!


kirara_carat201403s


・表紙
今月の表紙は「GA芸術科アートデザインクラス」。何と言うか、溢れんばかりの季節感が素晴らしい表紙だと思います。ちらつく雪の描写、後ろのぼやけた背景…作品の性質にふさわしい、とても「アート」な雰囲気の表紙に仕上がっていますね。

あと、「GA」のロゴもふわふわした雪の様で可愛らしくて良いですw


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'14年3月号」感想。" の続きを読む...
「桜Trickアンソロジーコミックvol.1」感想。
2014年 02月 03日 (月) 22:31 | 編集
では先月発売のきららコミックスの中から、「桜Trickアンソロ」の感想行ってみましょう。

まあ、きららレーベルの場合作品がアニメ化されるとそれに引き続いてその作品のアンソロジーコミックスも刊行されると言うパターンが定例化していますが、しかし今回は何と言っても「桜Trick」のアンソロ。

ちょっと他の作品とは異なるアンソロになるのではないでしょうか。

執筆陣の中にもちらほらと(色々なイミで)気になる方がいらっしゃいますし…ね…w


sakuratrkanthlo20140129_01s

表紙はこんな感じ。

桜Trick自体のコミックスは(1巻はそうでもなかったけれど)2巻・3巻は向き合う春香&優を中心にかなり耽美的で扇情的な雰囲気を醸し出していたのですが、今回は全くそんな感じしないですね。

春香&優の二人も向き合っていないですし、そして周りには他の面々も勢ぞろい。思えばこの作品で表紙に全員集合ってのも初のパターンでは…?

(まあ1巻の表紙は当時の主要メンバー全員いましたけど)


sakuratrkanthlo20140129_02s

裏表紙はいたってシンプル。

掲載作家さん達の名前が連ねられています。ちなみに右側のカットは巻頭のカラーイラスト集の中にも入っていますが小波ちま先生によるものですね。

≫ "「桜Trickアンソロジーコミックvol.1」感想。" の続きを読む...
桜Trick主題歌「Won(*3*)Chu KissMe!」「Kiss(and)Love」。
2014年 02月 01日 (土) 00:35 | 編集
と言うワケで桜Trickアニメの主題歌が先月の29日(水)に発売になりました。


wonchukissme_01s


1.Won(*3*)Chu KissMe!
2.Kiss(and)Love(春香&優)
3.Kiss(and)Love
4.Won(*3*)Chu KissMe!(からおけ)
5.Kiss(and)Love(からおけ)


収録曲は5曲。オープニング主題歌とエンディング主題歌、エンディングの方は5人バージョンと春香&優だけバージョンと2パターン入っています。そしてそれぞれのカラオケ。


このオープニング主題歌の方はアニメ放映が始まる前から番宣PVで何度も耳にして凄く良いなぁと思ってたのですが…実際にこうしてCDでフルコーラスで聴いてみると本当に良いですね!!

最初の出だしの部分こそアニメのオープニングとちょっと違うので、最初の1,2回聴いた時は戸惑いもしましたがでも本当に良い。

このピコピコなテクノポップ感満載なサウンドがたまらないです。特に間奏の部分に入ってるスクエア波っぽいシーケンスのサウンドが個人的にもうツボでたまりません!!

で、普通アニメソングでテクノポップを取り入れようとすると、いわゆる「電波ソング」ぽくなっちゃうことが多いんですよね。だけどこの曲は違う。

むしろちょっと懐かしのアイドルソング調に仕上がっています。なんだろう…80~90年代のアイドルソングを現代の音でリメイクして、そこにテクノポップで味付けしたみたいな、そんな感じでしょうか。

どちらにせよ、テクノポップ好きで昔の曲が好き(と言うかおっさん)な僕にとっては本当にたまらない曲となっています。いやこれ、ここ数年で聴いたアニソンの中では間違いなく5本の指に入る位に好き…♡

≫ "桜Trick主題歌「Won(*3*)Chu KissMe!」「Kiss(and)Love」。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...