「スロウスタート」1巻。
2014年 08月 30日 (土) 14:43 | 編集
では今月27日発売のKRコミックスより、篤見唯子先生の「スロウスタート」1巻の感想っぽいの行ってみたいと思います!!


20140830slowstart01s


この「スロウスタート」、きらら誌の中でもまんがタイムきらら-いわゆる無印きらら(あるいは本誌とも呼ばれている)に連載中の作品ですね。

ウチのブログのきらら感想読まれている方なら分かっていらっしゃると思いますが、現在きらら誌の中では僕の中で最も評価が低いのが無印きららだったりします。

が、そんな中で唯一の希望の星とも言えるのがこの作品かな…と、そんな風に最近は思っていたりもします。


表紙には4人の女の子達が仲良さげに笑顔で寄り添っているカット。きらら系コミックスにはよくある光景ですね。話の主役となるのはもちろん彼女たち4人。皆、高校1年生ですね。

その中でも主役は真ん中のショートカットの花名ちゃん(「はな」ちゃんと読む)。


裏表紙を見てみるとこんな感じ。

20140830slowstart00s

裏表紙のこのおっぱいの大きい大人っぽい女性は志温さん。花名ちゃんの従妹で、花名ちゃんが今住んでいるアパートの管理人を勤めていたりします。

そして帯には表の4人と志温さん合わせて5人の人物紹介が載っています。表に載っていた花名ちゃんのクラスメートは栄依子ちゃん(えーこちゃん)、たまてちゃん(たまちゃん)、冠ちゃん(かむちゃん)の3人。

そしてここには載っていませんが、1巻のラストの方ではもう一人、アパートの住人で現在浪人中の大会さん(「ひろえ」さんと読む)も主要キャラとして話に加わって来ます。

≫ "「スロウスタート」1巻。" の続きを読む...
2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(8)
2014年 08月 27日 (水) 20:07 | 編集
- 三日目(後編)・富良野線乗車と旭川での一夜 -

旭山動物園・そして美術館の観光を終えてホテルへとやって来ました。

201407hokkaido101s

201407hokkaido102s

本日の宿は旭川コートホテル。特筆すべきことは無いのですが清潔で綺麗なビジネスホテルと言った印象の宿ですね。駅からも非常に近いところにあるので、列車で回る人達にとっても便利なホテルなのではないでしょうか。

(僕らは今回レンタカーなのでその辺りあまり関係ありませんが)

≫ "2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(8)" の続きを読む...
2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(7)
2014年 08月 26日 (火) 07:26 | 編集
- 三日目(前編)・旭山動物園と旭川観光 -

小樽での一夜が明けて7月26日(土)。北海道旅行も3日目に入りました。今日は旭川・旭山動物園へと向かうのですが、どうやら天気が崩れそうでちょっと嫌な感じではあります。

ホテルでの朝食を済ませて出発。小樽から旭川まで車で約2時間半と言ったところ。


10時ちょっと過ぎに旭山動物園へと到着しました。

201407hokkaido079s

僕らが入ったこちらはどうやら「西門」の様ですね。正門の方がもっときちんと門らしい何かがあったのかもしれませんが、後々になって考えてみると正門じゃなくてこっちの西門から入って正解だった気がします。

と言うのもこの西門の辺りに人気のあるスポットが集中しているんですよね。


この旭山動物園も、今回の北海道旅行の中では大きな楽しみの一つでした。あれだけ世間で色々と話題になった旭山動物園、他の動物園とはきっと違う何かがあるのでしょう。


さあ、早速中に入って見学してみます。

≫ "2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(7)" の続きを読む...
「まんがタイムきららMAX'14年10月号」感想。
2014年 08月 24日 (日) 07:38 | 編集
では19日発売のきららMAX感想、行ってみましょう。


kirara_max201410s


・表紙
今月のきららMAX、なんと創刊10周年記念号だったりします!!

それもあってか(?)表紙は「きんいろモザイク」「ご注文はうさぎですか?」のコラボ表紙。このコラボ表紙もこれでもう3回目か4回目になりますよね。

今回はアヤヤ&リゼちゃんと言うツインテコンビで来ましたね。どちらもとてもかわいい…しかしこのお互いの手で♡を作るポーズ、リゼちゃんが少し照れているのは分かるとして、アヤヤがノリノリでやってるのが結構意外な気もします…こういうの普段嫌がりそうなのにw

しかしそれにしても、ツインテかつ黒髪と言う見た目的にはちょっと似た部分もある二人ですが、それだけにある特定部位(おっぱい)の差が際立ってしまいますね…ああ、残酷な現実。


そして今月のきららMAX、10周年記念号と言うことで特別冊子がおまけに付いてきました。そちらについてはまた後ほど。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


≫ "「まんがタイムきららMAX'14年10月号」感想。" の続きを読む...
「まんがタイムきららミラク'14年10月号」感想。
2014年 08月 23日 (土) 07:35 | 編集
では16日発売のきららミラク感想、行ってみましょう。


kirara_miracle201410s


・表紙
今月の表紙も「幸腹グラフィティ」。アニメ放映が始まって終わるまではもうずっとこの作品が表紙で行くのでしょう。そして今回の表紙、この作品には珍しい…と言うか恐らく初披露の水着姿ですね!!

いやそれにしてもこのリョウちゃんのむっちりぷにぷに感…素晴らしい!!

リョウちゃんがおっぱいとか結構素晴らしいのは分かってはいましたが、こうして改めて水着になってみると本当に本当に素晴らしいですね…マーベラス!!!

そしておっぱいもさることながら個人的にこの、下腹部の辺りの柔らかそうな感じとかが…ああ…ああ。

しかし水着になってもきちんと食べ物(フルーツカクテル)を手にしているところがいかにもこの作品らしいですね。こういうブレないコンセプト、大好きです。


・TVアニメ幸腹グラフィティ情報
早々に制作会社やスタッフ・キャストの一部が発表されました。総監督が新房昭之さん、シリーズ構成が岡田麿里さん、制作会社がシャフトだと言うことで。

しかし制作シャフトと言うのはちらりと噂で聞いてはいたのですがまさか本当にそうなるとは…正直あの独特のシャフト演出がこの作品に合うのかどうかちょっと微妙な気はします。

この作品は絵的には一番大事なのは食事シーン・そして食べ物そのものなのですが、シャフトってそういう描写って得意なのかなぁと。むしろ食べ物に実写カット織り交ぜてきそうで怖いんですよねw

あとシリーズ構成岡田さんと言うのも一体どう転ぶのか…岡田さんと言えばどっちかと言うとドロドロしたドラマと言うイメージが強いのですが、この作品ってむしろそういうのとは逆な気もしますし…うーん…。

と、正直期待よりも不安の方が強かったのですが、でも公式サイトのアニメキャラデザを見たらこれが予想外にいい雰囲気だったので、ちょっと期待の方が強まりつつあります…w

まあどちらにせよ始まってみるまでは何とも言えないですよね。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららミラク'14年10月号」感想。" の続きを読む...
久々のワイン日記でボルドー飲み比べ。
2014年 08月 22日 (金) 21:29 | 編集
さて、かなり久々のワイン日記です。気が付けば一か月以上ぶりですね…。

と言っても勿論その間ずっとワイン飲んでなかったとかそんなことは無いワケで、休みの度に何かしら空けていたのですが既に試し済みの銘柄ばかりだったと言うのと、イベントレポやら旅日記やら他に書くネタが詰まっててワイン日記まで手が回らず…w


そんな久々のワイン日記なんですが、一昨日飲んだボルドーのワインを。


まずは白。

「BARON de LESTAC BORDEAUX BLANC 2011」
(バロン・ド・レスタック・ボルドー・ブラン)

WINE_20140820_01s

WINE_20140820_02s

ボルドーのワインでは割と定番的なヤツですね。品種は明記されていないので分かりませんがボルドーの白なのでソーヴィニヨンブランとセミヨンのブレンドで間違いないでしょう。

ちなみにお値段は、地元のショッピングセンターで1500円位だったかと。

≫ "久々のワイン日記でボルドー飲み比べ。" の続きを読む...
桜Trick スペシャルイベント「SBJK~夏の桜と女子高生」。
2014年 08月 20日 (水) 11:21 | 編集
と言うわけで先週、8/16(土)に行われた桜Trickのスペシャルイベント行ってきました!!


20140816sbjk00s


今回のイベント、そのタイトルも「SBJK」。

「SBJK」と言えば桜Trickの作中で何度も出てくる単語なのですが今回のSBJKは

・S:Summer
・B:Blossom
・J:Joshi
・K:Kosei

つまり「夏の桜と女子高生」と言う意味だそうで。


さて、当日ですが地元を午前中早々に出発し、名古屋経由で東京へと向かいます。今回のイベント、開演自体は18時からなのですが、先行してグッズ物販を13時から行うと言うことで早めに現地入りしようと思います。

東京駅に着いて中央線に乗り換えて水道橋へ。ここでまず宿泊先のホテルへ荷物を預け、そしてこの日に発売だったきららミラクを本屋で購入。

…なのですが、ミラクを置いてある本屋がなかなか見つからずに苦戦。結局本屋を3軒回ることとなってここで体力と時間のロス…ああ…。


そして会場の文京シビックホールに到着したのは12時ちょっと前。

20140816sbjk01s

文京シビック、予想以上にでかい建物が建っていてビックリしました。いやまあ勿論、このビル全体がイベントホールになっているわけじゃないでしょうけど。


中へ入ってみると既に物販待ちの行列が出来ていまいた。と言ってもそんな殺人的な人数ではなく、僕が並んだ時点で前にいたのはせいぜい100名~200名程度。

それに屋外ではなく屋内での列待機なので雨など天気も気にしなくて良いですし実に快適。同じ日に行われていたコミケ企業ブースが相当な地獄だった(らしい)ことと比べると天国と言っても過言ではないでしょうね…。

≫ "桜Trick スペシャルイベント「SBJK~夏の桜と女子高生」。" の続きを読む...
SBJK行って来ます!!
2014年 08月 16日 (土) 06:37 | 編集
と言うワケで今日は待ちに待った桜Trickのイベント「SBJK」の日です!!


20140816sbjk00s

「SBJK」→「夏の桜と女子高生」

S:Summer
B:Blossom
J:Joshi
K:Kosei


正直こういうアニメのライブイベントと言うか声優さんのイベントと言うか自体参加したことが無いのでどんな感じなのか想像もつきませんが…でもすごく凄く楽しみです。

ちょっと早めに東京入りして、物販なんかもしっかり見てこよう(買ってこよう)と思ってます。


その翌日・明日にはコミケをぶらりと。なんだか濃い二日間になりそうでワクワクしてますw


では、もうちょいしたら行ってきます。



2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(6)
2014年 08月 15日 (金) 21:46 | 編集
- 二日目(後編)・運河観光と小樽の旨い寿司 -

さて、ホテルを出てこれから運河観光へと向かいます。

201407hokkaido063s

小樽は運河の街と言われるだけあって、ホテルのすぐ目の前がこんな運河になっています。


まずはこれからこんな船に乗ります。小樽運河の観光クルーズです。

201407hokkaido064s

総勢で20人ちょっとくらいしか乗れなさそうな小さな船です。

最も運河自体がそんなに幅の広いものでは無いですし、この位の船の大きさが妥当なのでしょう。

≫ "2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(6)" の続きを読む...
2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(5)
2014年 08月 13日 (水) 12:10 | 編集
- 二日目(中編)・小樽観光 -

小樽の駅前でレンタカーを借り、まず向かったのは小樽水族館。小樽の郊外にある水族館で小樽駅からは車で10分ほどでしょうか。


201407hokkaido048s

やって来ました小樽水族館。なにかよく分からないマスコットキャラの様なものが入口付近に二体立っていますねw

この小樽水族館、ちょっと高台の様なところにあります。と言うか車で走っているとよく分かるのですが小樽と言う土地自体が非常に坂が多く、高台の中に作られた街なのかなと言う感じですね。


この日は鮫に関する特別展示をやっていたのか、館内に入るなりこんなものがお出迎え!!

201407hokkaido049s

巨大な鮫の歯!!

これはレプリカではあるのですが、とは言えいきなりこんなものが目の前に飛び出してくるとなかなかにビックリしますw

≫ "2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(5)" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'14年9月号」感想。
2014年 08月 11日 (月) 22:08 | 編集
では、9日発売のまんがタイムきらら感想、行ってみましょう。


kirara_201409s


・表紙
今月の表紙も「ゆゆ式」。と言うか個人的にもう無印の表紙はゆゆ式固定で良いんじゃないですかねと思います。 無印の中で表紙飾った、いわゆる「看板的」な作品の中では最も安定していますし。

さて今月の表紙、ゆずこ一人なのですが水兵さん風のこの衣装が可愛過ぎるっ…!!

ゆずこって基本、どっちかって言うと「可愛い」てよりは「ウザ可愛い」ってキャラだと思うのですが、今回のこの表紙は素直に普通に可愛いですよね。

またお腹が見えているのがたまりません…ああ、これでもうちょっとだけこっちに向いていてくれてたらきっとおへそが…おへそがあああ!!!


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'14年9月号」感想。" の続きを読む...
2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(4)
2014年 08月 09日 (土) 16:48 | 編集
- 二日目(前編)・ありがとうカシオペア、そしていざ北海道 -

カシオペアでの一夜が明け、7月25日(金)の朝。僕が目覚めたのは朝6時くらいでしたでしょうか。見ると部屋には両親の姿はありません。早起きの彼らのことだからさっさと起きてラウンジにでも行っているのでしょう。

僕も着替えてラウンジカーへと行ってみることに。案の定両親がいて合流。彼らがあらかじめ買っていたサンドイッチを食べて軽い朝食とします。

(ダイニングカーでの朝食は物凄い行列だろうと言うことで最初からあきらめましたw)


ラウンジカーの車窓に目をやると、そこはもう北海道の風景でした。

201407hokkaido038s

緑の原野がどこまでも広がるこの光景。ああ…10年以上前に一人で北海道へ旅した時に眺めた風景を思い出します。あの時の旅は色々あって楽しかった…いや、今回の旅もきっと色々と楽しいものになるのでしょう。


ラウンジカーの前方に目をやるとそこも昨日とは異なる風景。

201407hokkaido039

機関車が昨日のEF510形電気機関車から、DD51形ディーゼル機関車へと変わっています。

カシオペアは上野を出て青森まではEF510形に牽引されますが、そこから函館までがED79形、更にそこからはDD51形と牽引する機関車が変わるんですね。


列車は今、果たしてどのあたりを走っているのでしょうか。

201407hokkaido040s

いつしか風景は海沿いのものへと変わって来ます。


ラウンジカーで風景を眺めたり、これからの旅行日程について両親と話をしたり…そうこうしている間にも列車はどんどんと走っていきます。

途中、名所のある場所では車掌さんによるアナウンスも入ったりします。例えば昭和新山や有珠山のある辺りなど…。


そして定刻の9時32分よりは5分ほど遅れて、終点の札幌へと到着しました。

≫ "2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(4)" の続きを読む...
2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(3)
2014年 08月 08日 (金) 07:56 | 編集
- 一日目(後編)・カシオペアでの一夜 -

カシオペアが上野駅を出発してしばらく、乗務員さんが部屋に回って来ました。そしてウェルカムドリンクの注文を取っていきます。

なんとこのカシオペア、全室個室A寝台なだけあって、全室ウェルカムドリンクのサービスが付いているのです!!

(更にスイートだとアルコールも選べるらしいです)

201407hokkaido021s

結局冷たい緑茶を頼みましたが、こんな風にきちんと「CASSIOPEIA」のロゴの入った紙コップで出てくるのが良いですね。

そう言えば部屋に備え付けのタオルなんかにもやっぱりロゴ入っていますし、部屋着(寝間着)も昔からの寝台車にある浴衣ではなく、ちょっと小洒落たオリジナルのものだったりと、やっぱり色々と凝っている気がします。


ウェルカムドリンクを頂き、部屋でちょっと寛いだ後はせっかくなのでラウンジカーへと行ってみることに。僕らの部屋は11号車、そしてラウンジは12号車とすぐ隣。

201407hokkaido022s

ラウンジカーの車内、片側には長いソファーが並び、もう片側には回転式のソファーがセットされています。この回転式ソファーに腰掛けてみたのですが、これが実に掛け心地バツグン。

窓の方へ向けて景色を眺めるも良し、向かい合わせにして談笑するも良し…シーンにあった使い方も出来て実に良いですね。


201407hokkaido023s

ラウンジカー先頭の大きな窓の外には機関車の姿が。EF510が力強くカシオペアを牽引していってることがよく分かります。


さて、このラウンジなんですが結構ひっきりなし入れ替わりに人が入って来ますね。でもその大半はしばらく景色を眺めて部屋へ戻っていく人達ばかりですが。

また、意外にも親子連れの姿が多く見受けられました。カシオペアは基本全室2人用個室と言うことで、元々はある程度富裕層・高齢層の夫婦連れをターゲットにしていると思われますが、やはりこの時期は夏休みと言うこともあってか、親子での利用も多い模様です。


ラウンジカーで過ごすひと時、親子連れが少々騒がしいことを覗けば実にゆったりとした時が流れ、贅沢な気持ちになります。正直、部屋で過ごしているのよりも快適かもしれません。移り変わる風景を眺めたり、両親とこれからの旅について色々話をしたり…。


≫ "2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(3)" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'14年9月号」感想。
2014年 08月 05日 (火) 20:33 | 編集
ではちょっと遅くなりましたが、キャラット9月号の感想行ってみましょう。


kirara_carat_201409s


・表紙
今月の表紙は「ひだまりスケッチ」。そして水着…水着…水着です!!!

しかし新キャラの茉里ちゃんのおっぱい大きいのはまあ分かってましたけど、こうして見るとゆのっちって実はそれなりにおっぱいあるんですね…。

いやゆのっちって背低いし雰囲気も幼いから物凄いちっぱいなイメージがあったのですが、この表紙のビキニ見るとそれなりにはきちんとした膨らみがありますよね。

あとおへその周りのぷに感とかがたまらないです…ああ、ゆのっちのビキニになって上も下もまとわりつきたい…。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'14年9月号」感想。" の続きを読む...
「青春過剰Sisters」1巻。
2014年 08月 03日 (日) 11:13 | 編集
では先月発売のKRコミックスより、きららミラク連載中・ぼるぴっか先生の「青春過剰Sisters」の感想っぽいの行ってみましょう!!


20140802seishun01s


この「青春過剰Sisters」、表紙を見ると分かる通り5人の姉妹の話ですね。そして特徴的なのは帯に書かれていますが全員が「2年生」であると言うこと。

「2年」と言うと「中二病」なんて言葉もありますが、まさにそれですね。

長女から五女までが社2病・大2病・高2病・中2病・小2病、そんな姉妹の物語ですw


主役は高校2年生の桔梗ちゃん。表紙ではオーバーニーをはきかけている女の子ですね。彼女には川崎さんと言う想い人がいて、それが5人姉妹と並ぶ物語のもう一つの大きな軸となっています。


裏表紙はこちら。

20140802seishun02s

帯には七草家5人姉妹全員の名前と自己紹介的な一言(?)も載っていて、コミックスで初めて読む人にも分かりやすい仕様になっていますね。

≫ "「青春過剰Sisters」1巻。" の続きを読む...
2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(2)
2014年 08月 02日 (土) 20:55 | 編集
- 一日目(中編)・初めてのカシオペア体験 -

上野駅13番線ホームに到着した寝台特急「カシオペア」。

201407hokkaido001s

201407hokkaido012s

車両はE26系客車。

他の寝台特急(北斗星・トワイライトエクスプレス)が既存の古い客車を改造して造られたのに対し、この「カシオペア」用のE26系は完全に新造車として造られた車両ですね。

これまでの寝台列車には無い、シルバーメタリックの塗装がなんとも印象的です。これまでとは違う新しい寝台列車を走らせようと言うJR東日本の意気込みの様なものが伝わって来ます。


牽引する機関車はこちら。

201407hokkaido010s

EF510と言う交直両用電気機関車ですね。いかにも力強そうな面構えをしています。


201407hokkaido011s

サイドには「がんばろう日本!がんばろう東北!」のロゴマークが記されています。

≫ "2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(2)" の続きを読む...
2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(1)
2014年 08月 01日 (金) 21:27 | 編集
- 一日目(前編)・出発の時 -

7月24日(木)~28日(月)の5日間、北海道まで旅行に行ってきました。


今回の旅、目的は色々ありますが、まずは行きに乗る寝台特急「カシオペア」。思えば今回の旅行、最初は「トワイライトエクスプレス」に乗ろうと切符申し込んだものの全く取れず…。

一時は旅行そのものを諦めかけたのですが、日にちを変えて再度「カシオペア」に挑戦してみたら今度はあっさりと取れてしまいました…。


さて、いつもは旅と言えば基本独り旅な僕なのですが、今回の旅行は両親と三人で。ただ、これが僕のおごりとかなら良いのですが決してそうではなく、また現地でのレンタカー運転も全て父親まかせと言うとんでもない親不孝旅行…(苦笑


それはさておき、24日の出発当日。愛知の天気は晴れでむんむんとした暑さ。

まずは昼過ぎの新幹線で東京へと向かい、そして一路上野駅へ。


上野駅の13番線ホーム。

201407hokkaido002s

ここが今回の旅の出発地点です。

上野駅を始発とする寝台特急「カシオペア」「北斗星」はこの13番線ホームから発着します。


13番線入り口付近にはこんな看板もあります。

201407hokkaido003s

「北斗星」「カシオペア」の編成案内表ですね。ああ、このホームから寝台列車が出発するんだなぁと言う実感がふつふつとこみあげてきます。

≫ "2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(1)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...