日本酒小瓶で飲み比べなど。
2014年 09月 29日 (月) 21:48 | 編集
では昨夜飲んだお酒の感想日記行ってみましょう。

昨夜は地元のショッピングセンターで売られている日本酒の小瓶を2つほど買って飲み比べてみることにしました。


まず1本目は宮城県・一ノ蔵さんの「ひめぜんスウィート」。

sake20140928_01s

sake20140928_02s

一ノ蔵さんと言えば宮城の有名な酒造会社ですが、そこが造ったちょっと変わったお酒がこちら。なんと極甘口のお酒なんだとか。ちなみにお値段は小瓶で515円。

≫ "日本酒小瓶で飲み比べなど。" の続きを読む...
2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(11)
2014年 09月 28日 (日) 12:23 | 編集
- 最終日・支笏湖の絶景、そして北海道よまた会う日まで -

7月28日(月)。いよいよ北海道旅行も最後の日となってしまいました。天気は昨日までの雨が嘘の様に快晴。ああ、昨日がこの天気なら最高だったのに…w

ホテルで朝ご飯を食べて出発。この日は午後の飛行機に乗って帰るのですが、その前に支笏湖を観光してみることにします。


札幌のホテルを出て30分ほど車を走らせるとどんどんと山の中へと入って行きます。支笏湖は山の中にある様ですね。突如として山の中に視界が開け、湖の姿がちらりと入って来るようになります。

札幌のホテルを出て50分程で、支笏湖の遊覧船乗り場へと到着です。


が、ここで異変が。

遊覧船売り場にはなんと「欠航」の文字!!

昨日までの雨で湖面が荒れていたと言うことなのでしょうが、しかしそうは言っても今日はとても穏やかに晴れています。これで欠航だなんて…。


とは言っても実際に「欠航」とある以上どうしようもありません。諦めてこのまま千歳の方へ向かうか…その前にせっかくなので湖だけでもしっかり観ておくことにしました。

ここまで来る道中、道が開けて湖が綺麗に臨める場所があったので、そこまで戻ってみます。

201407hokkaido140s

201407hokkaido141s

素晴らしい…実にすばらしい眺めです。

この支笏湖、日本最北の不凍湖と言われている湖で、またその透明度の高さでも有名な湖なのだとか。実際、湖面を見てもかなり水が澄んでいるのがよく分かります。

ああ…この美しい湖で遊覧船に乗りたかったなぁ…。

≫ "2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(11)" の続きを読む...
ミュスカデとボルドーの赤と。
2014年 09月 25日 (木) 14:10 | 編集
昨日・今日と珍しく連休です。と言っても、どこかに出かけたりするでもなくずっと家に引きこもってだらだら過ごしていますが…w

天気が良ければ出かけたい気持ちもあったのですが、あいにく昨日は台風の影響もあって午後から大雨でしたしね…今日は台風も去って晴れてきましたけど、まあもう今更どこか行く気にもならないですし。

このところ連休取った時はどこか旅に出たりライブ観に行ったり等で遠征してることが多かったので久々にこんなのんびり連休も良いかな、と。


そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。

まずは白。白は久々のミュスカデですね。

「DOMAINE DE LA PAPINIERE MUSCADET SEVRE ET MAINE SUR LIE 2012」
(ドメーヌ・ド・ラ・パピニエル・ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー)

WINE_20140924_01s

WINE_20140924_02s

ミュスカデと言うと個人的には初夏が似合うワインのイメージなのですが、あえて時期をハズして今飲んでみるのもアリかな、と。

まあ本当のことを言うと初夏に飲もうと買っておいたのをずっと忘れてそのまま残ってた…と言うところだったりもしますがw

ちなみに買ったのは地元のディスカウントショップ。レシート紛失しちゃったので値段が幾らだったかは分かりませんが恐らく1000円ちょい位だったと思います。

≫ "ミュスカデとボルドーの赤と。" の続きを読む...
「まんがタイムきららMAX'14年11月号」感想。
2014年 09月 24日 (水) 15:43 | 編集
では、19日発売のきららMAX感想行ってみましょう。


kirara_max201411s


・表紙
今月の表紙は「きんいろモザイク」。そして5人全員での登場。なんだかこの感じ…ものすごく久しぶりな気もします。思えばごちうさのアニメ化まではしばらくずっときんモザが表紙でしたものね…。

しかし改めてこうやって見るとやっぱりきんモザの5人ってホント可愛いですよねぇ。なかでもやっぱり僕はカレンちゃんがお気に入りなのデス。


はぁ…カレンちゃんの金髪さらさら触って匂いかぎたい…。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららMAX'14年11月号」感想。" の続きを読む...
2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(10)
2014年 09月 23日 (火) 21:50 | 編集
- 四日目(後編)・札幌、千歳鶴の美味 -

美瑛・富良野の絶景を心行くまで満喫して一路札幌へと向かいます。道中でお昼ご飯を食べたりしながら、富良野を出て2時間半かそこらで札幌へようやく到着。


本日の宿はこちら。札幌クレセントホテル。

201407hokkaido128s

一見ごく普通のビジネスホテルと言った赴きなのですが特筆すべきことが二つ。まず全館全室禁煙であると言うこと。嫌煙派の僕としてはありがたい限りですw

そしてもう一つ。

201407hokkaido129s

なんと…各部屋にマッサージチェアが完備されているのです!! これはビックリ!!

このチェア、勿論無料です。折角なので早速試してみましたが実に快適。宿に着いたのがまだ16時過ぎで夕食へ行くにはちょっと早いので、ずっとこのチェアでマッサージして貰って休んでました…w


あとこのホテル、実は線路沿いに建っていて、僕の部屋からは線路がしっかり見えました。見ていると札幌駅へと向かっていく、あるいは札幌を出発した電車達がかなりの頻度で走って行きますね。車両は721系と731系が大半。

≫ "2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(10)" の続きを読む...
モクズガニと「純米大吟醸 谷川岳」。
2014年 09月 22日 (月) 20:51 | 編集
一昨日の夜なんですが、約1年ぶりの秋の味覚を賞味。

kani20140920s

ここ数年、毎年秋になると必ず食べている四国・四万十川(正確にはその支流)産のモクズガニですね。1年ぶりのその味はもう…格別でした。ミソがとにかく甘くって濃厚で…。

海のカニと比べて味が丸いんですよね。塩っぽさがないからでしょうか。例えばワタリガニなんかと比べるとカニ自体の大きさも小さいし可食部分も少なくて食べにくいのですが、でもこの味は一度知ってしまうと病みつきになりますね。


さて、美味いカニには当然、美味い日本酒を合わせたくなると言うものです。

そこで今回チョイスしたのがこちらのお酒。

群馬県・永井酒造さんの「純米大吟醸 谷川岳」。

sake20140920_01s

こんな立派な箱に入ってます。ラベルの金色が高級感を出しまくってる…w

値段の方も720ミリ瓶で1500円くらいと結構いいお値段でした。

≫ "モクズガニと「純米大吟醸 谷川岳」。" の続きを読む...
「女子大生生活様式」2巻。
2014年 09月 20日 (土) 15:28 | 編集
では、先月末に発売されたKRコミックスの中からオゲ先生の「女子大生生活様式」2巻の感想行ってみましょう。


20140920jdyoshiki01s


この「女子大生生活様式」、無印きららの今年の8月号まで掲載されていた作品ですね。なのでこれが2巻にして最終巻となります。

ところで1巻が発売されたのが昨年の10月、そして2巻発売が今年の8月なので、通常のきららコミックスよりもややペースの早い刊行となっていますね。

通常は1年ちょっとの開きがあることが多いのですが、それが1年未満で続巻が出たと言うことは、1巻発売当初に幾分掲載話の余裕があったと言うことなのでしょうね。


さて、1巻では主役の女子大生三人組(ことね・ねね・こよ)が表紙に出ていましたけど、この2巻の表紙はこよちゃん&ねねちゃんの2人ですね。


20140920jdyoshiki02s

そして裏表紙にことねちゃんと、1年後輩の柚ちゃんとが載っています。


1巻では3人の話がほとんどでしたけど、2巻では後輩の柚ちゃん交えた4人が主となって話が進んでいきます。と言っても後輩が出来たからと言って特に何か大きく変わるワケでもなく…。

1巻の頃と同様にゆるくのんびりとした…もっと言えばある種の「ぐだぐだ感」のある、そんな女子大生ライフが繰り広げられています。

この大学生ならではのまったり感、その空気が非常に上手に再現されていて、ああ大学生って確かにこんな感じだったよなぁ…と頷いてしまいますw

≫ "「女子大生生活様式」2巻。" の続きを読む...
「まんがタイムきららミラク'14年11月号」感想。
2014年 09月 17日 (水) 16:20 | 編集
では、昨日発売のきららミラク感想行ってみましょう。


kirara_miracle201411s


・表紙
今月の表紙も「幸腹グラフィティ」。今月はリョウちゃん一人、しかもどアップですね。

そして何より…ああっこのピザの美味しそうなこと!! 伸びるチーズとたっぷりの具、それにこんがりと焼けた生地のミミの部分がパリパリサクサクしてて本当に美味しそう…。

かつてまんがタイムきらら史上、こんなに美味しそうな表紙があったでしょうか?
別の意味で美味しそうな表紙なら多々ありましたが。水着とか。

そして頬張ってるリョウちゃんの表情も良いんですよね。「幸腹グラフィティ」って料理そのものも勿論すごく美味しそうに描かれているのだけれど、何より食べている皆が本当に美味しそうにしているのが良いんですよね。

ああ…それにしても本当に美味しそう。リョウちゃんと一緒にピザ食べたい。いやむしろいっそピザになってリョウちゃんに食べられてしまいたい…。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららミラク'14年11月号」感想。" の続きを読む...
2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(9)
2014年 09月 16日 (火) 23:27 | 編集
- 四日目(前編)・美瑛と富良野、絶景巡りの旅 -

旭川での夜が明けて7月27日(日)。今回の北海道旅行もいよいよ4日目となりました。今日は美瑛と富良野の絶景を巡る予定です。

…が、天気はあいにくの雨。昨日からの雨が引き続き断続的に降っている状況で、よりによって絶景を観る旅を計画していた日にこの天気とは…と、ややテンションが下がり気味になってしまいます。


が、そうは言っても始まらないのでホテルで朝食を取って出発。

まずは旭川から美瑛へと向かいます。旭川~美瑛は意外と近くって、30分程も車を走らせるともうそんな感じの風景になってきました。

植物豊かな丘陵がどこまでも広がり、その中をまっすぐに道路が貫いている。そしてその道路はほとんど車なんて通らない…ああ、北海道に来たんだよなぁと感じさせる風景です。

201407hokkaido114s

そう言えば今回の北海道旅行、車で走るのも街の中だったり都市間移動が多かったりしたせいかあまりこういう、「いかにも北海道」な風景に出合ってない様に思います。


そしてこの辺りには一つ有名なスポットがあります。

201407hokkaido115s

それがこの「セブンスターの木」。かつてタバコ「セブンスター」のパッケージに使われたカシワの木なんだそうです。

≫ "2014年7月・北海道「カシオペア」と絶景の旅(9)" の続きを読む...
御在所岳に登ってきた。
2014年 09月 14日 (日) 17:59 | 編集
今日、天気が物凄く良かったので、このところ最近ずっと行きたいなぁと思っていた三重県の御在所岳に登ってきました。

まあ、なんで山に登ってみたくなったかと言えば、現在放映中のテレビアニメ「ヤマノススメ」を観て更にその原作コミックス買って一気読みしたからと言うところなんですけどね…ええ、それ位に影響受けやすいダメな人ですよ僕はw

しかし「ヤマノススメ」なんですが、よくよく考えたら僕、作者のしろ先生が4,5年前にきららMAXに読み切りで掲載した「ふたりトラベル」が物凄く気に入っていたので、もっと早くにコミックス買っておくべきだったんですよね…反省。

さて、「山に登った」なんて言うと凄く聞こえが良いのですが何のことはありません。ロープウェイでさくっと山頂まで行ってきただけです。なのでとても登山なんて言えるシロモノじゃあないw


御在所岳に向かうにはまず名古屋から近鉄電車で四日市へ。そして四日市で同じく近鉄の湯の山線へと乗り換えます。

20140914gozaisyo01s

20140914gozaisyo02s

電車自体は何の変哲も無い、昔から近鉄をよく走っているタイプの通勤車両ですね。

しかし近鉄、久々に乗って気付いたのですが、ちょっと変わっているのが終着駅に着くときのアナウンス。他の鉄道会社なら「終点○○です」と言う言い方するところをそうは言わずに「この電車はこの駅までです」と言う言い方をするんですよね。「終点」て言葉が出てこないんですよ。

この辺り、鉄道会社ごとの違いみたいのが感じられて興味深いですね。


四日市から30分弱で終点の湯の山温泉駅に到着。

20140914gozaisyo03s

山間の小さな駅と言った風情です。そして周りが驚くほど寂れています…てっきり駅前に温泉街が広がっているのかと思ったのですがそんなことは無く…いやそれどころか土産物屋の一軒すら見当たりません。

さて、まずはここでバスに乗ります。バスを待っている間に気付いたのですが、周りを見ると意外にも本格的に登山に挑む服装の人達が見受けられるんですよね。今流行りの山ガール風な若い女の子の姿も。

御在所岳はロープウェイで気軽に山頂まで行ける山ですが、そうでなしにきちんと自らの足で挑んで登山する人達も多いみたいです。

≫ "御在所岳に登ってきた。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'14年10月号」感想。
2014年 09月 13日 (土) 23:45 | 編集
では9日発売のきらら感想、行ってみましょう。


kirara_201410s


・表紙
今月の表紙は「あっちこっち」。この作品が表紙飾る時ってつみきさん&伊御くんのカップルと言う構図が多かったですけど、今回はヒロイン三人組。つみきさんも姫ちゃんも凄く可愛いです!!

あえてマヨイさんはスルー。

背景に散らされた小物だとかの全体的なポップ感も凄く良い感じですね。個人的にこの作品が飾った表紙の中では今までで一番好きかもしれません。

しかし「あっちこっち」、こうやって表紙飾ればとても可愛かったりするのだし、もうちょっと本当に掲載を安定させて欲しいものです。だってねぇ…仮にも看板作品なのに載っているのが珍しいとか明らかにおかしいですよこれは本当に…。

雑誌としても休載ばっかの作品が看板飾ってると言うのは異常なことだと言うのを編集の方もきちんと認識してもらいたいところですね。

…まあこれは本誌だけじゃなくってキャラットにも言えることですが。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'14年10月号」感想。" の続きを読む...
コノスルのピノグリージョとマルベック。
2014年 09月 12日 (金) 21:18 | 編集
では、一昨日飲んだワインの感想日記行ってみましょう。


すっかりウチの定番となったチリ・コノスルのワインなんですが、ここのヴァラエタルラインのものはもう全種類飲んだとばかり思っていたのですが…先日ビックカメラ酒販の通販サイト見ていたら飲んだことない品種を発見!!

なので慌ててポチりましたw


それがピノグリージョとマルベック。なかなかにマニアックなところ突いてきたなぁ…と。

しかしこの辺りの品種って僕がコノスル飲み始めた時にはラインナップに無かった気もするんですけどね、年々品種を増やしているのか、それとも単に僕が知らなかっただけなのか。

ちなみに値段はどちらも708円。やっぱりお安いですよね、コノスルのヴァラエタル。


ではまず白、ピノグリージョの方を行ってみましょう。

「CONO SUR VARIETAL PINOT GRIGIO 2012」
(コノスル・ヴァラエタル・ピノグリージョ)

WINE_20140910_01_s

WINE_20140910_01_s

ところでピノグリージョと言う品種、イタリアでは確かにピノグリージョですがフランスではピノグリと言う名前だったりしますよね。そしてコノスルではピノグリージョ。と言うことはイタリア寄りのスタイルで造っているのでしょうか。

≫ "コノスルのピノグリージョとマルベック。" の続きを読む...
「桜Trick オリジナルサウンドトラックmore」。
2014年 09月 10日 (水) 14:57 | 編集
では久々の音楽レビュー的な記事を一本行ってみましょう。このところかれこれもうずっとこればっかり聴いてます!!って一枚がコチラ。


「桜Trick オリジナルサウンドトラックmore」


sakuratricksoundmore_s


先月の桜Trickスペシャルイベント「SBJK」会場で先行発売されてたもので、そこで買ってきて以来もうずっとほぼ毎日こればっか聴いてると言うハマりっぷりw

SBJK後に一般発売もされている様ですが、ただ発売方法が限定されている上に(きゃにめ通販のみ)枚数も限定らしいですね。なので気になる人は早めに買った方が良いかも?

≫ "「桜Trick オリジナルサウンドトラックmore」。" の続きを読む...
「アリノス☆ワンダーランド」1巻。
2014年 09月 07日 (日) 10:45 | 編集
では、先月27日発売のKRコミックスの中から「アリノス☆ワンダーランド」1巻の感想っぽいの行ってみましょう!!


20140907arinosu01s


この「アリノス☆ワンダーランド」、きららMAXに連載中の枕辺しょーま先生による作品ですね。

主役は表紙に載っている2人の少女。小さなルリちゃんとメガネで巨乳のみかちゃん。

そして帯には「アリの巣の奥に、彼女と彼女。」なんてなにやら意味深なことが書かれてますが…まあぶっちゃけ女の子同士の同棲生活の話だと思ってもらえば良いと思います(幾分誇張)


裏表紙はこんな感じ。

20140907arinosu02s

ルリ&みかの2人に加えて、彼女らの隣人である高見さん(たかみん)とその友人・ナカちゃんとが描かれています。この2人も徐々に話に絡んでくる形となります。

≫ "「アリノス☆ワンダーランド」1巻。" の続きを読む...
珍しいパイナップルワイン「ラグリマ・デル・ソル」。
2014年 09月 04日 (木) 21:05 | 編集
なんかこのところ雨ばっかりでスッキリしない天気が多いですね。どうにも今年の夏は涼しい上に晴れた日が少なくてあまり夏らしくない夏だった様な気もします…。

と言ってもまあ、基本的に休みの日も家にこもってだらだらしてることが多いので、天気が晴れようが雨だろうがあまり関係無いんですけどねw


と、そんなところで昨夜飲んだお酒の感想でも。

昨夜は勤め先の友人からの貰いものですが、ちょっと珍しいものを飲みました。なんと、パイナップルで造られたワインなのです!!


「Lagrima Del Sol」
(ラグリマ・デル・ソル)

WINE_20140903_01s

なんともトロピカルでカラフルな箱に入ってます。いかにも南国って感じ。

(と言うのもこのワイン、沖縄で造られたものだったりします)

ちなみに「ラグリマ・デル・ソル」とは「太陽の涙」を意味するのだとか。


WINE_20140903_02s

WINE_20140903_03s

箱から出してみると、ボトルのラベルの方も色鮮やかでとってもトロピカル。飲む前からなんだか楽しい気持ちになってくる、そんなワインですね。

≫ "珍しいパイナップルワイン「ラグリマ・デル・ソル」。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'14年10月号」感想。
2014年 09月 03日 (水) 08:53 | 編集
ではちょっと遅くなりましたが、キャラット10月号の感想行きましょう。


kirara_carat_201410s


・表紙
今月の表紙は「GA芸術科アートデザインクラス」。夏の終わりの夕暮れの一コマ…と言った感じのカットでしょうか。色遣いがとても素敵で、季節感を感じさせる表紙だと思います。

しかしそれにしても…こうして見るとトモカネって女の子に見えないですよね全く…w


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'14年10月号」感想。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...