アニメ「幸腹グラフィティ」第1話感想。
2015年 01月 14日 (水) 09:45 | 編集
このブログは別にアニメ感想ブログとかじゃないので書くつもりは無かったのですが…でも「幸腹グラフィティ」のアニメ、第1話がもうあまりに素晴らしかったので感想書くことにします!!

アニメ感想記事書くの、ちょうど去年のこの時期の「桜Trick」以来ですね。そしてそのどちらもがきららミラクの作品で、どちらも原作が大好きな作品。

原作に思い入れのある作品が、素晴らしい形でアニメにされると本当に嬉しいですね…。


さて、幸腹グラフィティ、アニメ第1話(ひとしなめ)は「ほかほか、じゅわっ。」

原作で言うと1巻第1話と第2話の話ですね。この作品の一つのメインとも言えるご飯はお鍋ときつねうどん、それにおいなりさん。

ざっと観た感じ、かなり原作に忠実に造られていたと思います。桜Trickのアニメの時にも思ったのですが、ミラクの掲載ページ数(12~14ページ)と言うのは、30分アニメの1パートを作るのにちょうど良いページ数なのかもしれませんね。

他のきらら誌(8ページ)だとどうしてもそのままだと尺が足りなくなってオリジナルエピソードを追加したり、幾つもの話を分解して再構築…と言ったことが必要になってくるのが、ミラクの多ページ掲載だとほぼそのままの流れでアニメに出来るみたいですね。


とは言え、完全にそのまま原作通りかと言うと勿論そうではなくって、色々と細かい部分での差異はありました。例えばBパート(原作第2話)、きりんちゃんが風邪をひいて…と言うストーリーの大筋はそのままなのですが、舞台が変わっていますね。

原作では週末にきりんちゃんがリョウちゃんを訪ねてきて…と言う時間軸、つまり第1話の翌週で描かれていたのがアニメではAパートの翌日となっています。そして原作では描かれていなかった予備校のシーンも。


しかしここでまさか、原作では名前の無い(と言うか原作出てたっけ…)モブの子達がいきなり出てくるとは思いもしませんでした。

kohukug01

まあ、予備校とかに通っていれば当然そこでは知り合いや友達だっているわけで、そう考えればここでクラスメートの子達が出てくるのは自然と言えば自然とも言えます。


そして登場と言えば、ここで椎名さんも登場。

kohukug02

でもセリフはありませんw

ところで椎名さん、原作では結局下の名前が分からないままでしたけど、まさかアニメになっても判明しないとは…大体アニメになる際に改めて名前の設定直したりと言うパターンが多いのでこれは逆に新鮮。

しかし原作では椎名さん出てくるのはもう少し先なのですが、こうやって1話目の段階で主要キャラはあらかた出してしまおうと言うことなんでしょうね。

≫ "アニメ「幸腹グラフィティ」第1話感想。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...