「スイート マジック シンドローム」3巻。
2015年 01月 29日 (木) 16:15 | 編集
では、先月の12月発売のKRコミックスの中から、きららミラクに連載されていたCUTEG先生の「スイート マジック シンドローム」3巻の感想行ってみましょう。


20150129sms01s


表紙には主人公の甘子ちゃんとプリンちゃんの2人。プリンちゃんが甘子ちゃんにぴったりと抱きついて、一つのマフラーを2人で仲良く首にかけて…この2人の親密性がよく分かると言うものです。

そう言えばこの作品の表紙って1巻から3巻までずっと甘子&プリンの2人のみで描かれてきたんですよね。何気にこれって割と珍しいパターンな気がします。巻が進んで新キャラが出てくるにつれ、他のキャラを表紙に…てパターンがきらら系には多いですしね。

思えばきらら中随一の百合度を誇る桜Trickにしたって表紙は主役カップルのみかと言うとそんなことは無かったワケで…逆にだからこそ、このスイマジの表紙が全巻通して甘子&プリンのみと言うのは新鮮さと特別さとがある様に思えます。


帯には「甘くて、可愛らしくて、いい匂い。」の文句。この作品の特性を端的に、非常に上手く言い表してるなぁと思います。ホントこの作品は読んでるだけでいい匂いが漂ってきそうな、そんな作品なんですよね。

甘いお菓子の美味しそうな匂いと、おんなのこ達の優しくて甘い良い香りと…。


裏表紙はこちら。

20150129sms02s

主役2人以外のレギュラーキャラ達が描かれていますね。

≫ "「スイート マジック シンドローム」3巻。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...