アニメ「幸腹グラフィティ」第8話感想。
2015年 03月 05日 (木) 07:25 | 編集
では、幸腹グラフィティアニメ第8話の感想行ってみましょう。

第8話のタイトルは「ほくほく、はぷっ。」

原作で言うと第10話の話が元となっています。体育祭のリョウちゃんのお弁当をきりんちゃんが作ってあげて…と言うお話ですね。


大体の流れは原作とほぼ同じだったのですが、大きく変わったポイントとしてはきりんちゃんが作ってくれたお弁当に対するクラスメート達の反応が加わっていますね。

原作ではほんの1コマだけの描写でしたが、アニメの方ではここを大きくクローズアップ。リョウちゃんがあまりに美味しそうにお弁当食べるものだからクラスメート達がつい手を伸ばして…。


だけど…。

kohukug32.jpg

「あれ…意外と普通?」
「て言うか、普通よりちょっと…」


それに対してこのリョウちゃんの美味しそうな表情と言ったら…!!

kohukug33.jpg

この対比が実に良いですね。リョウちゃんにとって、きりんちゃんが作ってくれたお弁当がどれだけ特別で美味しいものだったのか、それがよく伝わってきます。

≫ "アニメ「幸腹グラフィティ」第8話感想。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...