「まんがタイムきららMAX'15年12月号」感想。
2015年 10月 27日 (火) 22:05 | 編集
では、19日発売のきららMAX感想を。


kirara_max201512s


…といきたいところなのですが、今月のMAX、なんだか凄くもやもやします…。


まず1つは、「○本の住人」突然の最終回。まあ、ここ最近の展開から終わることは薄々分かってはいましたけど、それにしても何の告知も無しで突然と言うのはどうなのかな、と。

この事前告知無しでの終了はどうやら編集の意向らしいのですが、しかし仮にもきららMAX創刊号からずっと雑誌を支えてきた作品。ならばきちんと告知もして、最後はセンターカラーなりで華々しく送り出してあげるべきだったのではと言う気がしてなりません。


それともう1つ、「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」のあからさまな終了フラグ。この作品まで終わってしまったらもう本当になんと言うか…。


まあ、1つ1つの作品を見ていけば今月号も「ハナイロ」がもうロング茉乃ちゃん可愛すぎてヤベェとか「ペンにまします神サマの」があまりにやりたい放題やっててちょっと心配になるとか色々面白い部分はあるのですが、しかしどうも誌面全体を見た時になんと言いますか…。

どうも今のきららMAX、「ごちうさ」「きんモザ」のアニメ化2大看板に頼り過ぎていると言うか、もっと言えばそこから入ってきた層にウケることばかり考えて昔からの読者とかベテラン作家さんをないがしろにしているんじゃないかな…と言う気がしてしまうんですよね。


とりあえず、ちょっとMAXとは距離置いてみようと思います。勿論購読は続けますが、当面毎月の感想だとかブログで書かなくても良いかな…と。

まあ正直、ミラクと発売日近過ぎるのもあって、両方の感想書くのがいい加減キツくなってきていたのでちょうど良い潮時、なのかもしれません。


copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...