2015年7月・九州鉄道旅(15)
2015年 11月 21日 (土) 20:30 | 編集
- 五日目(後編)・熊本での一夜 -

大満足のイルカウォッチングを終え、松島港から船に乗って三角へと戻ります。そして三角駅からは16時20分発の特急「A列車で行こう」6号に乗車します。

201507kyusyu212s

数時間ぶりの「A列車で行こう」。こうして見ると黒く輝く車体がなんとも言えない独特の存在感を醸し出していますね。鉄道車両に黒色って意外と少ないんですよね…SLだとかを除けば。

乗車率は朝の便よりは少し少なめと言った感じ。とは言え、結構たくさんの乗客が乗っています。

ただ、朝の便では窓側席が取れなかったのが今度はしっかりと窓側席。なので車窓もバッチリと堪能できました。三角線の車窓はとにかく海が綺麗ですね。

201507kyusyu214s


車内では行きと同じくバーカウンターでハイボールを買ってしまいました。

201507kyusyu213s

朝とは別の味のハイボール。とても爽やかで甘酸っぱい。ジャズの流れるお洒落な列車の中で飲むハイボールと言うのもまたオツなものですw


さて、今回これでこの日乗った「A列車で行こう」を含め、九州の観光列車3種類を乗り比べることが出来ました。乗ってみた感じ、一番ゆったりとした旅を楽しめたのは宮崎の「海幸山幸」だったかなと思います。

まあ、沿線の関係上他の2つよりも乗客が少なかったと言うのはあるかもしれません。「ゆふいんの森」は言わずもがな由布院・別府がありますし、この「A列車で行こう」も天草巡りと言う観光ルートを持っています。

比べると「海幸山幸」の走る日南線は風景は良いけれど純粋なローカル線と言う色合いが強い様にも思えますね。

しかし3種類の観光列車、その旅はどれも楽しく甲乙つけがたいものでした。車両自体の素晴らしさと言うのももちろんですが、アテンダントさん初めJR九州の皆さんが楽しい鉄道旅を作り上げようとしっかり努力されているからこそ、だと思います。


そして「A列車で行こう」は17時に熊本駅に到着しました。ありがとう、楽しい旅だったよ!!

≫ "2015年7月・九州鉄道旅(15)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...