艦これ日記'16年1月30日(初春ちゃんが改二になりました)。
2016年 01月 30日 (土) 08:43 | 編集
このところ演習旗艦などでちまちまと育ててきていた初春ちゃんが今朝の演習で65レベルになりました。これで彼女を改二へと改装してあげることが出来ますね。

kankore20160130_01s

次なる改二艦として彼女を選んだ理由は大きく分けて2つ。

まず1つは、改装レベルの低さ。彼女は65レベルと比較的低いレベルでの改装が可能なんですよね。実際あと残っているコ達ってもう、駆逐艦のコでも70レベル必要なコばっかりですし…。

(更に駆逐艦以外はもう、改装設計図が必要なコしか残っていなかったりします…w)


もう1つは、前に初霜ちゃんを改二にした時にも書きましたが、せっかくならば色々な絵師さんの手がけられた駆逐艦のコ達を改二にして運用したい。

そう考えた時に、そう言えば初春ちゃんなどを手掛ける彩樹先生絵のコはまだ誰も改二にしていなかったな…と。となればもう、初春ちゃんを改二にするしかありません。


さて、改装前の初春ちゃんステータスはこちら。

kankore20160130_02s

対空以外は改修MAXにまで育っていました。まあ、駆逐艦のコを運用する時は基本、雷装と装甲は事前に近代化改修を済ませておくのがセオリーなので対空以外MAXになってるのは何の不思議もありませんw

≫ "艦これ日記'16年1月30日(初春ちゃんが改二になりました)。" の続きを読む...
METAFIVE「METALIVE 2016」。
2016年 01月 26日 (火) 12:52 | 編集
めっちゃめちゃ久々のライブレポですが…(汗)、先週の木曜日・1/21に六本木のEXシアターで行われたMETAFIVEのライブ「METALIVE 2016」に行ってきました!!

20160121meta00s

この「METAFIVE」のメンバーですが、「高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井」と言う錚々たるメンツ。

元々このメンバーでのライブは今からちょうど2年前、2014年の1月に一晩限りのユニットとして行われたんですよね。しかしそれで終わるかと思いきやその後もこのメンバーでワールドハピネスに出演したり、この1月にはアルバムも発売されて…。


2014年のライブは意外にもYMOの曲だったり幸宏さんの過去のソロ曲だったりが多いラインナップでしたけど、果たして今回のライブではどうなるのでしょうか。

発売されたばかりのニューアルバムからの曲が多くなるのではと思いますが、このニューアルバムの「META」がまたかなり良い感じなんですよね。全編に渡って非常にテクノでロック。

これはきっと、2014年のライブとは全然違った雰囲気になるのでは…と期待に胸が膨らみます。


さて当日。東京駅に昼過ぎに到着し、お昼を食べてちょっと街をブラブラした後はホテルでのんびり。夕方にホテルを出て六本木へと向かいます。


今回のライブの会場、EXシアター。

20160121meta01s

イルミネーションがやたらと綺麗なのが印象的でした。しかしこのEXシアター、もちろんライブの会場自体は室内なので良いのですが、開場待ちまでの間が屋外での待機になるのでちょっとツライんですよね…w

待つことしばらく。18時半に開場となり、整理券の番号順に会場内へと通されます。まずはコインロッカーへと上着を預け、そしていよいよライブ会場となるホールへ。

EXシアターは地下の方がライブ会場のホールとなっていて、地下3階にステージと立見席(と言うかダンスホール?)があって、地下2階と地下1階が座席の指定席となっています。

立ち見の地下3階へ行くと前の方のステージ寄りの方にはもう結構な人がいましたが、それでもステージ真ん中寄りのそこそこ前の方、割と良い位置をキープしてここで待機。

しかし…この時間が意外とツライんですよね。周りを見ると友人同士で来ているのか、喋りながら楽しく待っている人たちの姿が多いのですが…こっちは独りで観に来てるんじゃい(血涙)

≫ "METAFIVE「METALIVE 2016」。" の続きを読む...
「まんがタイムきららミラク'16年3月号」感想。
2016年 01月 23日 (土) 06:39 | 編集
では、16日発売のきららミラク感想、行ってみましょうか。


kirara_miracle201603s


・表紙
今月の表紙は「城下町のダンデライオン」。アニメ放映中はこの作品がずっと表紙でしたけど、放映終了後から休載が続いたりで…こうして表紙に出てきたのは随分久々な気もします。

そして今回の表紙、なんだか茜ちゃんの隣に見知らぬキャラが…まさかのここに来て新キャラ登場と言うわけですね。この辺りは本編のお楽しみにと言うことで。


ところで今回の表紙、さりげなく「Miracle 4th anniversary!!」なんて書かれてるんですよね。おや…と思って調べてみたら、この雑誌が隔月刊から月刊誌として独立創刊したのが2012年の3月号。つまり…ちょうど4年前と言うことになりますね。

ビックリですよ…新しいきららの雑誌だと、そう思っていたのがいつの間にやらもうかれこれ4年も続いていたんですね…正確には、隔月刊時代もあるのでもう少し…4年半くらい続いていたことになりますね。

うーんビックリだ…本当にビックリです。創刊当時の表紙だとかラインナップだとか見返してみると色々と懐かしい気持ちになりますね…w

そしてまさか、桜Trickがこの雑誌で一番の長寿作品…と言うか創刊号から唯一続いている作品になるだなんて、全く予想も出来ませんでした。桜Trick大好き人間の僕ですら意外過ぎると思っている位だからなぁ…。

ともあれきららミラク。今後も5年、10年目指して頑張っていってもらいたいですね。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららミラク'16年3月号」感想。" の続きを読む...
艦これ日記'16年1月14日(霞ちゃんが改二になりました)。
2016年 01月 21日 (木) 07:55 | 編集
つい一昨日のアップデートで、霞ちゃんに改二が実装されましたね。それを見越してウチでも霞ちゃんをずっと演習旗艦に添えたりして育ててきました。そして75レベルで当日を迎えて改二改装待ち。

…だったのですが、当日は会社の同僚たちと飲みに行くことになっちゃったりで結局改装してあげられず。そしてようやく、今朝改装してあげる運びとなりました。


これが霞ちゃん改装前のステータス。

kankore20160121_02s

全て改修MAXにまで育っていますね。ちなみにレベルが76になってるのは、当日を75レベルで迎えてそこから遠征等に出したりしていたらまた1レベル上がってしまいました…w

それにしても霞ちゃん、改二改装レベルが一体どうなるか…ドキドキハラハラものでした。事前に運営からかなり高練度と言われていたのでまさか75で足りなかったらどうしよう…と。

≫ "艦これ日記'16年1月14日(霞ちゃんが改二になりました)。" の続きを読む...
アルザス・オルシュヴィレールのリースリング。
2016年 01月 18日 (月) 21:52 | 編集
では、昨夜飲んだワインの感想日記を。

昨夜は久々に…ずいぶん久々にアルザスのワイン、それもリースリングを開けました。


「VIN D'ALSACE RIESLING 2012 CAVE VINICOLE ORSHWILLER」
(オルシュヴィレール・リースリング)

WINE_20160117_01s

WINE_20160117_02s

ビックカメラの通販で買ったもので値段は1600円くらい。

ちなみにこのオルシュヴィレールと言う醸造所のワイン、過去のブログを見なおしてみるとここのゲヴュルツトラミネールは一度飲んだことがあるみたいですね。

≫ "アルザス・オルシュヴィレールのリースリング。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'16年2月号」感想。
2016年 01月 17日 (日) 07:39 | 編集
では、9日発売のまんがタイムきらら感想、行ってみましょうか。


kirara201602s


・表紙
今月の表紙は「三者三葉」。アニメ化が決まりましたし、当面はこの作品が表紙を飾っていくこととなるのでしょう。そして今回の表紙は季節にちなんでか晴れ着姿の3人。まあ、3人と言っても葉子様と葉山ちゃんはデフォルメキャラですけどw

しかし…なんだかこの作品でこういう、季節にちなんだ衣装のカラー絵とか見ると物凄く新鮮な気がしますね。まあ、そもそもこれまでカラー絵自体がほとんど無かったですしね。


・三者三葉スマイル通信
何やら三者三葉のアニメ特集コーナーが出来ていましたね。しかし…早くもキャスト発表とはね。そして主役3人娘のキャスト、誰一人として分かりません!!w新人さん…なのかな?

しかしきららアニメで新人(もしくは新人に近い人)を起用するパターンって最近多い気もします。

そう言えば僕の好きな桜Trickにしたって主役2人は有名ですけどコトネ役の相坂さんとかほぼ新人って感じでしたしね。でも彼女の場合は非常にハマり役でしたし、今回の三者の3名もそんな感じだといいですね。


では以下、気になった作品のツッコミとか感想とか。

≫ "「まんがタイムきらら'16年2月号」感想。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'16年2月号」感想。
2016年 01月 15日 (金) 18:34 | 編集
では、遅くなりましたが先月末発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat201602s


・表紙
今回の表紙は「NEW GAME!」。アニメ化が発表されましたし当分この作品が表紙を飾っていくのは間違いないでしょうけど、しかしひふみちゃんソロと言うのは珍しいですね。

それも新年、晴れ着姿と言うちょっと節目の時期の表紙なのに、あえて主人公の青葉ちゃんではなくひふみちゃんと言うチョイス。ひふみちゃん推しな僕としては個人的にはナイスチョイスと言わざるを得ませんw

しかしこうして見ると…ひふみちゃんってホントべっぴんさんですよねぇ。晴れ着姿がとってもよく似合ってる。髪飾りも良い感じです。ああ…こんな晴れ着姿のかわいいひふみちゃんと初詣に行きたいだけの人生だった…。


では以下、気になった感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'16年2月号」感想。" の続きを読む...
艦これ日記'16年1月14日(摩耶様改二☆爆誕)。
2016年 01月 14日 (木) 09:16 | 編集
演習や5-4連れ回しでちまちまと育てていたウチの摩耶様が今朝、レベル75にまで育ちました。

kankore20160114_02s

これでようやく…ようやく彼女を改二へと改装することが出来ます。

彼女の姉妹艦である鳥海ちゃんはウチで初の重巡改二としてかなり前に改二へと改装済みなのですが、摩耶様の方は改装するのがかなり遅れてしまいました…。

改装設計図が必要な鳥海ちゃんはさっさと改二にしたのに不要な摩耶様の方はなぜここまで遅くなってしまったのか。まず一つは必要レベルの差がありますね。鳥海ちゃんは65レベルに対して摩耶様は75レベル。ここでの10レベル差はなかなかにしんどい。

もう一つは、鳥海ちゃんはウチで初めてお迎えした重巡だから優先して育てていた、と言うのはありますね。初の設計図は彼女に使ってあげようとずっと思っていましたし。

最後に…単純に摩耶様のあの、ちょっと粗暴なキャラが苦手だったからつい育成を後回しにしてしまってた…と言うのはありますw

うーん…曙・霞・満潮のツンツン駆逐艦トリオとかは全然平気なのに、摩耶様の口の悪さは苦手だとか自分でもこの辺りの基準はよく分かりません…w


ともあれ、改装前の摩耶様ステータスはこんな感じ。

kankore20160114_05s

いつの間にやら全て改修MAXまで育っていました。まあそりゃ、75レベルまで上げれば…ねえ?

≫ "艦これ日記'16年1月14日(摩耶様改二☆爆誕)。" の続きを読む...
「幸腹グラフィティ」6巻。
2016年 01月 12日 (火) 13:00 | 編集
では、先月末に発売のKRコミックスの中から川井マコト先生の「幸腹グラフィティ」6巻の感想、行ってみましょう。いつの間にやらこの作品ももう6巻…名実共にすっかり、きららミラクの看板作品となった感がありますね。


20160106kohuku01s


6巻の表紙を飾るのはリョウちゃんと、そして4巻のラストから登場した内木アキさん(ユキさん妹)が表紙に初登場ですね。リョウちゃんの手には美味しそうなケーキ、アキさんの手にはクラッカー。これからパーティでも始めると言ったところでしょうか。

しかしこの作品も随分と賑やかになりましたね。最初の頃はリョウちゃんときりんちゃん、それに椎名さん交えた3人の関わりが主でそこにたまに周りの大人達が加わってくると言った感じでしたけど、大人達との関わりが深くなったのと登場人物も随分増えました。

それに、今巻で見られる明さんと露子さんの関わりなど、リョウちゃん達の周りの人間同士の新たな関わりなんかも出来て作品の世界がどんどん広がっている感じもしますね。


裏表紙にはリョウちゃん、きりんちゃん、椎名さんの主役トリオ。

20160106kohuku02s

頭のとんがり帽子と手にはケーキ…やはりパーティでしょうか。

あと、何気に注目すべきは帯。帯に載っているのは保護者二人組。ええ、上に書いた明さんと露子さんと言う新たな組み合わせですね。この2人、ある意味で立場が似ていて共感し合えることが多いのか、この6巻で急接近して物凄く仲良くなっちゃったりしていますねw

≫ "「幸腹グラフィティ」6巻。" の続きを読む...
艦これ日記'16年1月11日(お正月モードの艦娘達)。
2016年 01月 11日 (月) 22:08 | 編集
もうすっかり正月明けてしまって今更感アリアリですが…そう言えば艦これの元旦のアップデートで何人かの艦娘達に正月らしい晴れ着モードが実装されていましたね。

本当に今更ですが彼女たちの姿を改めてちょっと振り返ってみましょう。


まず、潮ちゃん。

kankore20160101_05s

このところの限定グラでは第七駆逐隊はずっとレギュラーですが、その中でももっとも限定グラが多いのが彼女ではないでしょうか。それも潮ちゃんの場合、改二とそれ以前とで限定グラが違ってくると言う凝りっぷり!!

ちなみにウチの潮ちゃんは改二なのですが、これが改以前だと髪を下ろしていたりでそれがまた可愛らしい…でも改二だと髪を結ってるのは、一生懸命におせち料理の準備をしてたからなんですよね、きっと。

ああ…潮ちゃんが手に持ってるおせち料理を食べたいです…潮ちゃんにあーんしてもらって食べさせてもらいたいなぁ(妄想)


しかしそんな潮ちゃん…戦闘だと…。

kankore20160102_21s

いやもうこれどう考えても、おせち料理で深海棲艦ぶん殴ってますよねwww
≫ "艦これ日記'16年1月11日(お正月モードの艦娘達)。" の続きを読む...
シャトー・ボーモンのワイン。
2016年 01月 07日 (木) 22:03 | 編集
では、新年初のワイン日記と行きましょうか。昨夜開けたワインの感想を。


「CHATEAU BEAUMONT HAUT MEDOC 2010」
(シャトー・ボーモン・オー・メドック)

WINE_20160107_01s

WINE_20160107_02s

いただきもののボルドーワイン。かなり前からウチに置いてあったので両親の知り合いか誰かから貰ったもののハズだけど不明。少なくとも僕が買ったものでは無いハズ。

ネットで調べたところお値段も2500円前後と僕が普段飲みに買うにしてはちょっと高いですしねw

品種はネットで調べたところカベルネとメルロー主体みたいですね。

≫ "シャトー・ボーモンのワイン。" の続きを読む...
艦これ日記'16年1月6日(如月ちゃんが改二になりました)。
2016年 01月 06日 (水) 08:21 | 編集
昨年末に改二にした睦月ちゃん同様、姉妹艦の如月ちゃんも毎日の東急遠征で64レベルにまであがっておりました。なので今朝、5-4へ連れて行って65レベルへとレベルアップ!!

kankore20160106_02s

ボーッとしてて、LEVEL UP!の文字が出た瞬間を取るのを忘れてしまいました…が、この時にきちんと65レベルになっているんですw

ともかくこれで、彼女を改二にしてあげることが出来ますね。


これが如月ちゃん改装前のステータス。

kankore20160106_03s

全て改修MAXにまで育っていました。とは言え睦月型…そのステータスはお察しなのがなんとも悲しいところではありますが。

ちなみに中破してしまっているのは、5-4一戦目でめでたく65レベルになれたのにその後調子乗ってボスまで行ってみたら、フラタにやられてしまったのであります…フラタ許すまじ!!

≫ "艦これ日記'16年1月6日(如月ちゃんが改二になりました)。" の続きを読む...
「箱庭ひなたぼっこ」2巻。
2016年 01月 03日 (日) 19:55 | 編集
では、先月発売のKRコミックスの中からちろり先生の「箱庭ひなたぼっこ」2巻の感想を。この「箱庭ひなたぼっこ」、きららミラクで1月号まで連載されていた作品ですね。なので今回のこの2巻が完結となります。


20151231hakoniwa01s


表紙には主役の4人組。1巻の時はこの4人の中でも表紙に載っているのは陽向ちゃんとゆかりちゃんの2人だけでしたけど、2巻ではきちんと4人全員で仲良く載っていますね。

そして注目すべきは皆のその手。陽向ちゃんとゆかりちゃん、それに蘭ちゃんと翠子センパイとがそれぞれぎゅっと固く恋人握りで手と手を繋いじゃっています…!!


…が、これはある意味表紙詐欺かとw

こんな風に女の子同士が仲良く手を恋人握りしていたらいかにも百合っぽい作品な感じがしてしまいますが、実際にはそんなことは全くありません。

勿論作中での4人は仲が良いですし、百合的な要素が完全にゼロとは言いませんが…でもこの表紙だけで百合的なものを期待していると多分肩透かしを食うと思いますw


裏表紙はこちら。

20151231hakoniwa02s

陽向ちゃんが、他の3人のディフォルメ的なキャラ(ぬいぐるみ?)を抱いていると言う構図。あと、彼女の左隣には謎の生物が…この作品のファンならばご存知のヤソミンですねww

≫ "「箱庭ひなたぼっこ」2巻。" の続きを読む...
2016年飲み始め。
2016年 01月 01日 (金) 16:54 | 編集
皆様、新年あけましておめでとうございます!!

…と言ったところで早速、本年度最初の酒日記をば。正月・元旦と言うことで、今日はもう朝っぱらからお屠蘇と称して飲んだくれておりましたw貰い物の日本酒を3つほど飲み比べてみましたのでその感想を。

3本とも、白鶴酒造の日本酒。大手メーカーの日本酒なだけに、正直どうなのかな…と飲む前は思っていましたが…。


まずは吟醸酒。

sake20160101_05s

sake20160101_06s

酒器に注いでみると非常に透明感が高いです。日本酒はわずかに黄みを帯びたような色合いのものも多いのですが、このお酒はほとんど無色透明。

香りはわずかに、フルーツの様な吟醸香が感じられます。ほんのり甘く心地よい香り。

口に含んでみると…飲み口軽やかで甘やか。しかし、飲み口は軽いのだけれど味わいは結構濃い目でしっかりしています。酸はほとんど無く、甘さと辛さとをほどよく感じますね。

クセが全く無く、とても飲みやすいお酒です。ほのかな吟醸香が口の中で、鼻の奥の方へと抜けていくのがなんとも心地よいですね。
≫ "2016年飲み始め。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...