2016年2月・瀬戸内の旅(3)
2016年 03月 12日 (土) 21:25 | 編集
- 一日目(後編)・呉散策、そして本場の広島お好み焼き -

大満足の艦船めぐりを終え、次に向かったのは「酒工房せせらぎ」での酒造見学。

201602setouchi035s

三宅本店さんと言う酒造会社さんの酒造り見学が出来る施設です。艦船めぐりの呉中央桟橋からタクシーで10分少々、呉の街中を抜けてちょっと閑静な住宅街っぽいところへ行ったところにあります。


敷地内にある大きな煙突が目を引きます。

201602setouchi036s

が、この煙突はもう実際には使用されていないのだそう。今のお酒の造り方ではもうこんな大きな煙突を使うことは無いのですよね…だけどそのまま残してあるこの煙突は、いわば三宅本店さんのシンボルマークの様なものなのでしょう。


工場の入り口にはこんな杉玉が。

201602setouchi037s

江戸時代の頃は当然、今の様にネットもテレビも、広告すらも何も無かったので、新酒が出来た場合のお知らせをどうしていたのかと言うと…こうして店先に杉玉を吊るすことでその合図としていたのだそうです。

ちなみにこの杉玉は今でも毎年、秋に付け替えているのだとか。当然、吊るした時は緑色の玉なのだけれど、そこから2ヶ月程、新年を迎えた頃にはもうこんな感じに茶色くなっているのだそう。

≫ "2016年2月・瀬戸内の旅(3)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...