「まんがタイムきららミラク'16年5月号」感想。
2016年 03月 19日 (土) 11:11 | 編集
では、16日発売のきららミラク感想、行ってみましょうか。


kirara_miracle201605s


・表紙
今月の表紙は「うらら迷路帖」。主役4人組勢揃いで華やか・賑やかな感じですね。

そしてそしてなんと…この作品、アニメ化決定です!!

いやはや…ビックリだ。まあ、はりかも先生はきららミラク創刊号からずっと連載続けている作家さんですし、前作の「夜森の国のソラニ」からその実力・人気共に充分なのは分かっていたのでいつかその作品がアニメ化と言うことも起こりうるかとは思っていましたが…。

それにしてもミラク、創刊した時はきららの中でもマニアック路線の雑誌だし、アニメ化なんてものとは永遠に縁の無い雑誌だと思っていましたが、いつの間にやらこれでもう4つ目のアニメ化作品となるんですよね。うーん…本当にビックリです。

しかし「うらら迷路帖」。この作品アニメにするのは相当難しいんじゃないかと、個人的にはそう思います。

ミラクでアニメになった作品のうち、「桜Trick」「幸腹グラフィティ」は原作中でも毎回キスだったり食事だったりと言う、一話ごとの核になるシーンがあるので、それを中心に描いていけば15分単位なり30分単位なりのアニメには比較的しやすかったんじゃないかと思います。

でも「うらら迷路帖」にはそういった毎話ごとのお約束的な見せ場シーンがあるわけじゃなく、それでいてストーリー的にはかなり筋がしっかりしている。これ、原作中のどの辺りの話までやるとかその辺りからまずしっかり決めないと中途半端なアニメ化になりそうです。

加えて絵。はりかも先生の美麗丁寧な絵、その画力は創刊当初からずっとミラク内でトップクラスかと思いますが、果たしてこの絵柄で生み出される緻密な世界観を、どこまでアニメで表現できるのかなぁ…と言う。

まあ、とりあえずは続報待ちってところでしょうね。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららミラク'16年5月号」感想。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...