「ウィーンで歌ってみて」1巻。
2016年 11月 20日 (日) 07:45 | 編集
では、今月の11日に発売されたKRコミックスの中から「ウィーンで歌ってみて」1巻の感想記事っぽいの、行ってみましょうか。


20161113wienna01s


作者は以前、きららMAXで「水瀬まりんの航海日誌」を連載されていたフクハラマサヤ先生。そう言えば「水瀬まりん~」は4コマ形式とは言え、非常にストーリー性の高い作品でした。特に物語後半になってからの息もつかせぬ展開には毎月ドキドキワクワクしながら読んだものです。

そんなフクハラマサヤ先生が今度は4コマではなく、本格的なストーリー漫画に挑戦して帰ってきました。きららレーベルでストーリー漫画と言えばきららフォワード。

…なのですが、この作品きららフォワードで連載されているわけではないのです。ニコニコ静画内にある「きららベース」と言うきらら公式チャンネルにて連載されていると言う、ちょっと変わった形式を取っています。

WEB連載だから単行本出ないままで終わったらどうしよう…と、ちょっと心配していたのできちんとこうして手元に残る形で出てくれて何より。ホッとしてますw


裏表紙はこちら。

20161113wienna02s

表と続きの絵柄でウィーンの美しい町並みが描かれていますね。

≫ "「ウィーンで歌ってみて」1巻。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...