2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(9)
2017年 02月 27日 (月) 05:47 | 編集
- 三日目(後編)・和倉温泉「能州いろは」の夜 -

のとじま水族館での観光を終え、バスに乗って和倉温泉の温泉街へとやって来ました。ちなみに和倉温泉、列車の駅と温泉街のある辺りは離れているので、バスで降りるのも和倉温泉駅ではなく、和倉温泉のバス停になります。

そしてバス停から歩くこと数分。本日の宿に到着。

201701noto133s

こちらが本日お世話になる宿、「能州いろは」さん。結構大きな建物に見えるのですが、和倉温泉の中では割とこじんまりした部類の旅館になるみたいですね。

(和倉温泉はやたらとバカでかい建物の旅館が多いですw)


中に入ると純和風。ロビーからして完全に和風です。

201701noto134s

そしてこの宿、まず玄関で靴を脱ぐのですが、その後は素足もしくは靴下で過ごす形になります。館内は風呂などを除き、エレベータ内に至るまで全て畳敷きとなっていて、そのためスリッパ等も無く素足でどうぞおくつろぎ下さいと言うことなんですよね。

なるほど…これはくつろげます…足元が完全に開放されるとすっきりしますよね…w


部屋も純和風。広々とした和室です。

201701noto135s

201701noto136s

海側の部屋だったので景色も良いです。まあ、実際には泊まってご飯食べたらあとは寝るだけなので景色の良し悪しもあまり関係ない気もするのですが…でも、チェックインして部屋に入った瞬間にこう、窓の外に海が広がるのいいですよね。

≫ "2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(9)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...