南アフリカ産、ソーヴィニヨン・ブランのスパークリング。
2017年 04月 28日 (金) 05:45 | 編集
では、一昨日の夜に開けたワインの感想日記、行ってみるとしましょう。


一昨日は南アフリカのスパークリングワインを開けました。ところで何気に、今月に入ってから3本目のスパークリング。別に今月をスパークリング強化月間と定めてるわけじゃないのですが、なぜか重なってしまいましたねw


「BALANCE SAUVIGNON BLANC BRUT 2016」
(バランス・スパークリング ソーヴィニヨン・ブラン)

WINE_20170426_01s

WINE_20170426_02s

南アフリカ・バランスのスパークリングワイン。ラベルに描かれた象のイラストが特徴の、このバランスのワインはこれまでにも何本か飲んだことありますが、スパークリングは初めてですね。

それもソーヴィニヨン・ブラン種で造られたスパークリング。南アフリカはソーヴィニヨン・ブランがなかなかクオリティ高いものが多いのでこれはちょっと期待。

ちなみに、地元ショッピングセンター内のKALDIで買ったもので、お値段は1382円。

≫ "南アフリカ産、ソーヴィニヨン・ブランのスパークリング。" の続きを読む...
2017年3月・特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩の旅(6)
2017年 04月 26日 (水) 08:21 | 編集
- 二日目(後編)・旅のラストは伊勢志摩ライナー -

イルカ島、ミキモト真珠島の観光を終え、鳥羽駅へと戻ってきました。ここでお土産品などを買ったりして…そして帰途へとつきます。


帰りに乗車するのは鳥羽を15時02分に出発する特急。

201703iseshima91s

やって来ました。車両は伊勢志摩ライナーこと23000系。


この伊勢志摩ライナー、現在は黄色いカラーリングのものと赤いカラーリングのものとが運行しているのですが、本日のこの時間は黄色い方が運行されているみたいですね。

さて、僕はこの伊勢志摩ライナーも実は乗ったことが無かったので楽しみ。そう言えば近鉄特急って名阪特急のアーバンライナーなんかは割とよく利用しているんですが、伊勢志摩方面はあまり乗ったことがないんですよね。

それにしても伊勢志摩ライナー、登場から20年以上経っていますが、このシャープでスマートな前面フォルムは今見ても新鮮でかっこいいですね。

≫ "2017年3月・特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩の旅(6)" の続きを読む...
2017年3月・特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩の旅(5)
2017年 04月 22日 (土) 08:23 | 編集
- 二日目(中編)・イルカ島とミキモト真珠島 -

マコンデ美術館の見学を終え、バスで鳥羽駅へと戻ってきました。今度は船に乗ってイルカ島へと行ってみることにします。

鳥羽駅から歩いて10分弱くらいのところに鳥羽湾めぐり遊覧船の乗船場があります。そこから遊覧船で行く鳥羽湾めぐりのコースの道中にイルカ島があります。

201703iseshima76s

イルカ島へはこんな船で、乗船場から15分位で到着します。

船に乗ってる途中、物凄い数のカモメたちがずっと船の後をついてきてました。

201703iseshima77s

これ、遊覧船から餌もらえるから、それ目当てでついてくるんですよね。船内の売店でその為の餌だとか売られていたりもしますw

≫ "2017年3月・特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩の旅(5)" の続きを読む...
「まんがタイムきららミラク'17年6月号」感想。
2017年 04月 19日 (水) 09:25 | 編集
では、15日発売のきららミラク感想、行ってみましょうか。今月は16日が日曜だったのでいつもよりも1日早い発売日だったんですよね。


kirara_miracle201706s


・表紙
今月の表紙は「うらら迷路帖」。しかし今月の表紙、ミラクらしくない…と言うかこの作品らしくない表紙だなぁと見た瞬間に感じました。

多分それは千矢ちゃんの服装に起因するのでしょう。この作品って和モチーフの世界観で、千矢ちゃん初め登場人物も全員和装っぽい服装が多く、こんなオーバーオール着ている姿なんてまず作中ではお目にかかれないですからね…。

しかしこういう、現代的なファッションに身を包んだ千矢ちゃんも良いものですね。他のキャラでもこういう服装しているところ見てみたいです。

では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららミラク'17年6月号」感想。" の続きを読む...
アーサーメッツ・アルザスのブレンドワイン。
2017年 04月 18日 (火) 22:18 | 編集
では、一昨日の夜に開けたワインの感想日記を。

一昨日も、前にビックカメラ酒販でまとめ買いしたアルザスワインの中からのチョイス。


ARTHUR METZ ALSACE 2014」
(アーサーメッツ・アルザス)

WINE_20170416_01s

WINE_20170416_02s

「アルザス」と書かれたアーサーメッツのワイン。普通、アルザスのワインってラベルに品種名を明記することが多いのですがこれは「アルザス」とだけ。変わっています。

要はブレンドのワインですね。アルザスには単一品種でなく数種をブレンドして造られたワインもありますが、このワインもそういうワイン。裏ラベルを見ると使用品種が書かれています。

どうやらミュスカ、シルヴァネール、ピノ・ブランそしてリースリングをブレンドしているみたいですね。ちなみにお値段は1,598円。この時まとめ書いしたワインの中では最も安かった一本だったりします。

≫ "アーサーメッツ・アルザスのブレンドワイン。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'17年5月号」感想。
2017年 04月 16日 (日) 09:29 | 編集
では、9日発売の無印きらら感想、行ってみましょうか。


kirara_201705s


・表紙
今月の表紙は「三者三葉」。この作品もいつしか、表紙の常連となりましたね。以前は超・長期連載作品ながら全然表紙には出てこないと言うイメージだったのですが…そういう意味ではやはりアニメ化って凄い影響力あるのかなぁ、と。

しかし今月の表紙、添えられたアオリ文が良いですね。

「笑顔の裏には毒がある!?」

これ、三者三葉と言う作品、もっと言えば荒井チェリー先生の作品全般の本質を端的に表している一文だと思いますw

では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'17年5月号」感想。" の続きを読む...
アルザス・ヒューゲルのピノ・ブラン。
2017年 04月 15日 (土) 22:02 | 編集
では、一昨日の夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。

一昨日は、少し前にビックカメラ酒販でまとめ買いしたアルザスワインの中からチョイス。


「PINOT BLANC HUGEL BLANC de BLANCS 2012」
(ヒューゲル アルザス ピノ・ブラン)

WINE_20170413_01s

WINE_20170413_02s

アルザスでは有名な造り手の一つ、ヒューゲルのピノ・ブラン。お値段は2,138円。

さて、ピノ・ブランと言うと自分の中では、アルザスでよく使われる品種の中でも他の品種、ゲヴュルツトラミネールやリースリング、ピノ・グリなんかと比べてイマイチ掴みどころの無い品種と言う印象があります。

果たしてこのワインはどんな感じでしょうか…?

≫ "アルザス・ヒューゲルのピノ・ブラン。" の続きを読む...
2017年3月・特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩の旅(4)
2017年 04月 13日 (木) 06:48 | 編集
- 二日目(前編)・マコンデ美術館 -

旅行2日目の3月23日(木)。天気はやや曇りがちと言った感じで、昨日の様な快晴とは行かない模様。とは言え、雨が降るようなことも無さそうなので別に構いません。

この日は鳥羽の辺りを色々と回ってみることにします。と言うわけでまず、ホテルをチェックアウトして、鵜方から近鉄電車に乗って鳥羽へ。

201703iseshima57s

鵜方から鳥羽までは近鉄の普通電車で大体40分くらい。少し早めに鵜方を出たこともあって、8時ちょっと過ぎには鳥羽に到着。


さて、この日はまず、「マコンデ美術館」へと向かってみることにします。マコンデ美術館があるのは二見の辺り。鳥羽からはバスで行くことが出来ます。

で、僕もこの時現地に来てから初めて知ったのですが、鳥羽の周辺のバスは普通の路線バスだけでなく、伊勢・鳥羽・二見の観光スポットを結ぶような形で走ってる「CANばす」と言うのがあるんですね。

時間的にも普通の路線バスよりもこちらを利用した方が便利そうなので、乗ってみることにします。

201703iseshima58s

派手なブルーのカラーリングが特徴の「CANばす」に乗って鳥羽から10分。池の浦のバス停へとやって来ました。ここが、これから向かうマコンデ美術館の最寄りのバス停となります。

≫ "2017年3月・特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩の旅(4)" の続きを読む...
シャルドネ単一で造られたスパークリング。
2017年 04月 11日 (火) 20:07 | 編集
さて、それでは一昨日の夜に開けたワインの感想日記、行ってみるとしましょうか。


前回のワイン日記ではちょっと変わったスパークリングワインについて触れましたが、今回もまた前回に引き続いて、ちょっと変わったスパークリングワインを飲んでみました。


LOUIS DES VICOMTE CHARDONNAY SPARKLING WINE」
(ルイ・ドゥ・ヴィコント・シャルドネ)

WINE_20170409_02s

WINE_20170409_01s

地元のショッピングセンター内のCALDIで見つけたもので、値段は1490円。

フランスのスパークリングワインなんですがこれ、ラベルにある様にシャルドネ単一で造られたスパークリングワインなんですよね。シャルドネと言えば全世界的に有名な葡萄品種で、生産量・知名度共に白ワインの王とでも呼ぶべき品種。

スパークリングワインの品種としても、他の品種と混ぜて補助的に使われていたりすることはよくありますが、でもこうやってシャルドネ「のみ」を前面に押し出して造られたスパークリングと言うのはかなり珍しいのではないかと。少なくとも僕は初めて見ました。

≫ "シャルドネ単一で造られたスパークリング。" の続きを読む...
艦これ日記'17年4月9日(鈴谷ちゃんが改二になりました)。
2017年 04月 09日 (日) 08:37 | 編集
艦これなんですが、先日、5日にアップデートがありましたね。春の艦娘限定ボイスとか新任務とか色々と実装されましたけど、なんと言っても今回のアプデの目玉は航空巡洋艦鈴谷改二、ではないでしょうか。


さて、ウチの鈴谷ちゃんですがレベル91。

kankore20170409_01s

勿論、火力雷装対空装甲と全て改修MAXとなっております。

そして今回の鈴谷改二の要求レベルは84レベル…と言うことでもう、余裕で超えていたので早速改装してあげると致しましょう。


改装に必要な資材は弾薬1200に鋼材2000。

kankore20170409_03s

それと、改装設計図も要求してきますが、ウチはもう勲章余りまくってるので問題ありません。艦これ始めた頃はいつも勲章足りない気がしてたんですけどね…いつの間にこんな余るようになったんだろう。

≫ "艦これ日記'17年4月9日(鈴谷ちゃんが改二になりました)。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'17年5月号」感想。
2017年 04月 08日 (土) 05:55 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat201705s


・表紙
今月の表紙はAチャンネル。アニメ化決定のブレンド・S、アニメ二期決定のNEW GAME!を差し置いての表紙と言うことでどうしたんだろう…と思ったのですが、この作品もアニメのBDボックス発売が決まったんですね。それと黒田bb先生の画集発売記念と言うところでしょうか。

それにしても今月の表紙、いい…すごく良いです!! めちゃくちゃ綺麗ですよね。

トオルの表情とか衣装、それに周りを飛ぶ青い蝶に花をイメージした背景。すべてがもう完璧過ぎる程にマッチング。黒田先生の美意識が詰まった、そんな表紙だと思います。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'17年5月号」感想。" の続きを読む...
ちょっと変わり種、ピノ・グリージョのスプマンテ。
2017年 04月 06日 (木) 22:11 | 編集
では、一昨日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


一昨日はちょっと変わったワインを開けました。

「LA JARA ORGANIC PINOT GRIGIO ROSE」
(ラ・ジャラ ピノ・グリージョ・ロゼ スプマンテ)

WINE_20170404_01s

WINE_20170404_02s

ビックカメラ酒販で少し前にアルザスワインをあれこれ買った時に一緒に買ったもの。これはアルザスじゃなくてイタリアですが、品種がピノ・グリージョ(ピノ・グリ)と言うことでアルザスゆかりの品種だから一緒に買ってしまえ、とw

それにしてもこれは珍しいですね。ピノ・グリージョのスプマンテ。しかもロゼと言う。ちなみにお値段は1814円でした。

≫ "ちょっと変わり種、ピノ・グリージョのスプマンテ。" の続きを読む...
2017年3月・特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩の旅(3)
2017年 04月 04日 (火) 12:35 | 編集
- 一日目(後編)・鵜方で志摩の美味を食す -

遊覧船、そして志摩マリンランドと賢島での観光を終えました。今日は鵜方に宿を取っているのでこれから向かうとします。賢島から鵜方へは近鉄の普通列車で。

201703iseshima45s

201703iseshima46s

一般的な近鉄の通勤車両と言った感じの電車。4扉ロングシートとオーソドックスな造り。

ただ、近鉄の通勤車両って他と較べてちょっと変わってるなぁと思うのが、そんなに凄い古い車両でなくっても荷物棚が昔ながらの網棚だったりするんですよね。あと、連結面に窓ガラスがあるのも特徴かと。


賢島~鵜方は普通電車でもほんのわずか5分ほど。あっと言う間に着いてしまいます。ただ、一つ注目すべきは賢島を出てすぐに短い橋を渡るところ。実はここが本州と賢島と繋がっている部分になるんですよね。

もっとも、20メートルも無い位の橋なのでボーッとしていると渡ったことすら気付きませんが。それもあって賢島はどうもあまり「島」と言うイメージはありませんねw

≫ "2017年3月・特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩の旅(3)" の続きを読む...
伊勢志摩土産の日本酒飲み比べ。
2017年 04月 03日 (月) 21:26 | 編集
先月下旬に行ってきた伊勢志摩旅行の旅日記を当ブログ内でちまちま執筆中ですが、その旅行の際に土産で買ってきた日本酒を開けましたので、その感想日記を行ってみたいと思います。


買ってきた日本酒はこの2本。

sake20170402_01s

伊賀市・若戎酒造さんの「義左衛門 純米吟醸」、そして多気郡・元坂酒造さんの「酒屋 八兵衛 特別純米酒」。

伊勢志摩へ旅行に行った際の土産…と言う割には全然伊勢志摩のお酒じゃなかったりもしますが…でも同じ三重県なんだからいいじゃない!!(逆ギレ)

≫ "伊勢志摩土産の日本酒飲み比べ。" の続きを読む...
2017年3月・特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩の旅(2)
2017年 04月 02日 (日) 06:17 | 編集
- 一日目(中編)・賢島エスパーニャクルーズと志摩マリンランド -

さあやって来ました賢島。


まずはここで、遊覧船「賢島エスパーニャクルーズ」に乗ってみることにします。駅を出て5分ほど歩いたところに賢島エスパーニャクルーズの乗船場があります。

そしてこちらがその遊覧船。

201703iseshima24s

「エスペランサ」と名付けられたこの船は、スペインの大航海時代の帆船をモチーフにして造られているのだとか。


201703iseshima26s

船内に乗り込んでみると、階上の開放デッキ部分にはやはり、スペインの大航海時代の人っぽい人形たちが立っていますw

ただ、この日は肌寒かったのでデッキにいるのは多分寒いだろうと言う判断で室内へ。

≫ "2017年3月・特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩の旅(2)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...