シャルドネ単一で造られたスパークリング。
2017年 04月 11日 (火) 20:07 | 編集
さて、それでは一昨日の夜に開けたワインの感想日記、行ってみるとしましょうか。


前回のワイン日記ではちょっと変わったスパークリングワインについて触れましたが、今回もまた前回に引き続いて、ちょっと変わったスパークリングワインを飲んでみました。


LOUIS DES VICOMTE CHARDONNAY SPARKLING WINE」
(ルイ・ドゥ・ヴィコント・シャルドネ)

WINE_20170409_02s

WINE_20170409_01s

地元のショッピングセンター内のCALDIで見つけたもので、値段は1490円。

フランスのスパークリングワインなんですがこれ、ラベルにある様にシャルドネ単一で造られたスパークリングワインなんですよね。シャルドネと言えば全世界的に有名な葡萄品種で、生産量・知名度共に白ワインの王とでも呼ぶべき品種。

スパークリングワインの品種としても、他の品種と混ぜて補助的に使われていたりすることはよくありますが、でもこうやってシャルドネ「のみ」を前面に押し出して造られたスパークリングと言うのはかなり珍しいのではないかと。少なくとも僕は初めて見ました。

≫ "シャルドネ単一で造られたスパークリング。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...